お手間を取らせてすみません。 お手間を取らせてしまいの意味は?敬語や英語・ビジネスメールの例文も

「手間をかける」の敬語表現・の使い方と例文・別の敬語表現例

お手間を取らせてすみません

「手間」とは、仕事を仕上げるのにかかる労力や時間のことを言います。 つまり、「手間をかける」とは、仕事を仕上げるために、自分自身が労力や時間をかけることを指す言葉です。 相手に対して手間をかけさせてしまったことを敬語表現にする場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 似たような言葉に「手数(てすう)」という言葉があります。 手数とは、「他人のためにことさらかける手間」という意味があります。 手数(てすう)には他人のために手間をかけるという意味がありますので「手数をかける」という使い方になります。 「お手間をおかけして~」という使い方をすることがありますが、相手に対して手間をかけさせてしまったと言う意味で敬語にする場合は、「お手間を取らせてしまい~」もしくは「お手数(てすう)をおかけして~」という使い方が正しい使い方です。 「手間をかける」のは自分自身? 「手間暇(てまひま)をかける」という言葉がありますが、手間暇をかけて何かを成し遂げるのは自分自身です。 つまり、「手間暇かける」とは、時間や労力を惜しまないという意味がありますが、時間や労力を惜しまないのは、自分自身ということです。 たとえば、「手間暇をかけて友達のためにたくさんのパーティー料理を準備しました」や「手間暇をかけて、おそろいの浴衣を作りました」などのように自分が時間や労力を惜しまずに何かを作った場合に「手間暇をかける」という言い方をします。 「手間をかける」のは自分自身であって、他の誰かにかけてもらったというときに使う言葉ではないというのが、この言葉からもわかるのではないでしょうか。 「手間をかける」の敬語での使い方 上記でご説明のとおり、「手間をかける」のは自分です。 敬語表現にする場合は、相手がかけた手間つまり相手に対して「手間をかけさせてしまった」という意味の言葉を敬語にしなければなりません。 「手間をかける」という正しい敬語表現は、「手間を取らせる」です。 これを敬語にした「お手間を取らせる」が正しい敬語表現ということになります。 また、相手がかけた手間のことを表現する言葉に「手数(てすう)」があります。 これは他人に対してかけた手間という意味がある言葉なので、「お手数をおかけする」ということは、相手に対して、「手間をかけさせてしまって」という意味になります。 この2つの言葉が混同してしまい「お手間をおかけしてしまい~」という使い方をする人がいますが、これは敬語の使い方として間違いということになります。 敬語の種類 敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」といった種類があります。 「手間をかける」というのは自分の仕事に対してかけた手間を表す言葉なので、相手が仕事に対して手間かけたという意味を表す言葉ではありません。 つまり、相手に対して、「手間をかける」という表現はそのまま敬語にしてしまいますと、誤りということになります。 相手に手間をかけさせてしまったという意味を敬語にする場合は「手間を取らせる」という表現になります。 この言葉を敬語にする場合は、「お手間を取らせる」になるということです。 使い方 相手に対して手間をかけさせてしまったということを伝えたい場合は、「お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした」のような使い方をします。 また、自分のために労力を費やしてもらわなければならない場合は、「お手数をおかけしますが~」のような使い方をします。 「お手間をおかけしますが~」という使い方は間違いですので、間違えないように注意しましょう。 メールでの使い方 メールなどで「手間をかける」ことに対して申し訳ないということを伝えたい場合や、「手間をかける」必要のある作業を依頼しなければならない場合に、「手間をかける」ということを敬語にする必要があります。 はっきりとした使い分けに決まりがあるわけではありませんが、相手のところに訪問するためのアポイントなどを取る場合は、「来週、出張で東京に参ります。 お手間は取らせませんので、ご挨拶の時間をいただきたくご連絡いたしました」のように使うと良いでしょう。 また、相手が「手間をかける」作業をしなければならない場合は、「お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします」といった使い方をすると良いでしょう。 上司への使い方 上司に対して「手間をかける」という言葉を敬語にする場合も、メールでの使い方と同じように使うと良いでしょう。 報告するのは、自分なので、どれくらいの時間がかかるか予測することが可能です。 この場合は、相手にそんなに時間をかけずにお話しすることが可能ですと伝えても失礼にはなりません。 手間を取らせないは失礼になる? 上司に対して何かを依頼しなければならない場合は、「手間をかける」ではなく、「手数をかける」を敬語にし、「お手数をおかけしますが~」という表現を使う方が良いでしょう。 この場合、作業を行うのは自分ではなく上司です。 依頼した仕事の作業時間がどれくらいになるかは、依頼した本人にはわからないため「手間を取らせない」という言い方は失礼になることがあります。 「手間を取らせない」という言葉には、そんなに時間はかかりませんという意味合いがあります。 相手の「手間」に対して、第三者がそんなに時間はかからない仕事ですという言い方は失礼になります。 何かを依頼する場合は、「お手数をおかけしますが~」を使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンで相手に対して「手間をかける」ということを敬語にするシーンは、ほんの少しでかまわないので会う時間がほしいということを伝えたい場合や、不手際や予測できなかった事態が発生してしまい、説明などをする際に予想以上に時間がかかってしまった場合などです。 このようなシーンでは「手間をかける」を敬語表現にした「お手間は取らせませんので~」や「お手間を取らせてしまいまして~」のような使い方をします。 上記でご紹介のように「手間をかける」は、基本的に自分が仕事などに対して、どれくらいの時間と労力をかけたかということを表現する言葉です。 「手間を取らせる」という言葉には、労力に対する意味合いよりも時間に対する意味合いが強いので、自分で時間をコントロールできる場面の場合に、「手間をかける」を敬語表現にした「手間を取らせる」を使うようにしましょう。 たとえば、挨拶に伺いたいというのであれば、意識をすることで挨拶にかける時間を短縮することは可能です。 しかし、相手に何か作業をお願いしたい場合は、相手の作業にかける時間を依頼した本人にはコントロールすることができません。 このような場合は「手間を取らせる」と言う敬語は使わない方が良いでしょう。 【例文】 ・お手間は取らせませんので、本日担当者交代のご挨拶に伺う時間をいただくことは可能でしょうか。 「手間をかける」の別の敬語表現例 「手間をかける」は、自分が作業を行う際に、自分に対して表現する言葉です。 相手が「手間をかける」ことを表現する場合は、「手間を取らせる」を使います。 お手間を取らせる お手間を取らせるという言葉は、相手が「手間をかける」ことを敬語表現にした使い方です。 しかし、「手間を取らせる」という言葉には、時間に関する意味合いが強いため、相手に対して、時間をかけませんということを伝えたい場合や、時間がかかってしまい申し訳ありませんということを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 何かをお願いする場合は、「手間をかける」という言葉を敬語にするのではなく「手数をかける」という言葉を敬語にした「お手数をかける」という言葉を使う方が印象が良くなるでしょう。 「お手数をおかけする」は二重敬語? 「お」や「ご」を言葉の前につけることで丁寧な言葉にすることがあります。 本来であれば、1つの文章に対して、2回以上の敬語を重ねることを二重敬語と呼び、このような使い方はマナー違反とされています。 つまり「お手数をおかけしますが~」という使い方は、二重敬語になり、マナー違反ということがいえます。 しかし、この言葉は、「手数をおかけしますが~」や「お手数をかけますが~」という使い方ではなく「お手数をおかけしますが~」という使い方をしている人が多いです。 そのため、「手数をおかけしますが~」という使い方は、マナーとしては正解なのですが、やや丁寧さに欠ける印象になるため、一般的には「お手数をおかけしますが~」という使い方をする方が良いでしょう。 「手間を取らせる」と「お手数をかける」の使い分け 「手間をかける」という言葉を敬語表現にする場合に「手間を取らせる」と「お手数をかける」という言葉をご紹介しました。 では、この2つの言葉はどのように使い分ければ良いのでしょうか。 「手間をかける」という言葉を敬語にした。 「手間を取らせる」は、時間に関して相手に何かを伝えたい場合に使うと良いでしょう。 相手に対して時間は取らせませんのでといった時や、時間がかかってしまってすみませんでしたということを伝えたい時に、「お手間は取らせませんので」や「お手間を取らせてしまい」といった使い方をすると良いでしょう。 「お手数をかける」を使う場合は、相手に何かを依頼する、お願いする場合です。 作業にかかる時間は相手次第ということになりますので、「お手数をおかけしますが~」という使い方をすると良いでしょう。 お手を煩わせてしまい~ 「手間をかける」のは、自分自身であって、他の誰かではありません。 つまり「手間をかける」という表現をそのまま敬語にするのは間違っているということになります。 相手に対して使う場合は、「手間をかける」ではなく、「手間を取らせる」が正しい使い方です。 「手数(てすう)」をかけるという言葉があるため、混同してしまい、間違った使い方をしている人も多いですが、相手に対して使う場合は、「手間をかける」のではなく、「手間を取らせる」になりますし、「かける」という言葉を使うのであれば、「手数をかける」が正解です。 このように敬語の中には、似たような表現があるため知らずに間違った使い方をしていることがあります。 「手間をかける」のように意味を理解し、正しい敬語を使えるように心がけましょう。

次の

「お手数をお掛けして申し訳ありません」の意味と正しい使い方

お手間を取らせてすみません

日常的に見聞きすることが多い「お手間を取らせてしまい」という言葉。 ビジネスシーンだけでなく、日ごろからよく耳にすることが多く、だいたいは相手に迷惑をかけてしまった場合の謝罪の言葉として用いられることが多いです。 しかし、この言葉の正しい意味はこれで合っているのでしょうか? 言葉の感じから想像できるのは「手を煩わせる」や「迷惑をかけた」などですが、いざ正しい意味となると調べたりせず使っていることも多くあります。 今回はこの「お手を取らせてしまい」という言葉の意味と使い方についてみていきましょう。 まずは「お手を取らせてしまい」の意味を紹介します。 「お手を取らせてしまい」:相手の時間や労力を使わせてしまう 上記では「手間を取らせてしまい」は、相手の労力や時間を割いてもらった場合に使う謝罪やお願いをするに用いる言葉であるということがわかりました。 しかし、この言葉と似たような言葉で誤用されることが多い言葉に「手間をかける」という言葉があります。 この言葉で使われている「かける」を手間という言葉に合わせることは間違っています。 ここで正しい表現をするならば「手数」という言葉になります。 手数とは「とらせる」ものではなく、「かける」ものです。 似た言葉で混合しがちですが、「手間をかける」と「お手間を取らせてしまい」という言葉は別々の言葉であることを理解しましょう。 また、意味も似ていますが微妙な違いがあります。 「かける」と「とらせる」の違い 「かける」とは、手数に使う言葉であり、手間に使うならば「とらせる」が正しい使い方であるということがわかりました。 しかしこの2つは何が違うのでしょうか。 この2つの違いは、「誰のために」労力をかけているかの違いにあります。 「手間」というものは上記でも説明した通り、目的のために労力や時間を割くことです。 そして「手数」とは、自身や相手が第三者の誰かのために労力や時間を割いた場合に使う言葉です。 つまり、「目的」か「誰か(第三者)」かの違いになります。 ですので、目的のために相手に労力や時間を割いてもらった場合は「お手間を取らせてしまい」になり、自身や誰かのために労力や時間を割いてもらった場合は「お手数をかけてしまい」という表現になりますので注意しましょう。

次の

「お手間を取らせてしまい」の本当の使い方と意味は?ビジネスで使える例文や言い換え表現も|MINE(マイン)

お手間を取らせてすみません

「お手数をおかけしました」はどの程度、相手を煩わせたのか。 どの程度、厄介をかけたのかで、表現が異なる。 相手にごく簡単な頼みごとをしたとか、わずかながら余分の仕事を作ってしまったときのお礼の気持ちなら、 Thank you for your time. Thank you for taking your time. がもっぱら使われる。 「お時間ありがとうございます」「あなたのお時間ありがとうございます」と表現する。 これが基本の形だ。 日本語の発想では相手の手間に感謝するが、英語の発想では、相手が自分のために貴重な時間を使ってくれたことに礼を述べる。 たとえば、自分が何かを聞いて、相手が回答をしてくれときの謝辞などがこれにあたる。 Thank you for taking your time responding to my question. Thank you for your time responding to my inquiries. 相手を結構わずらわせてしまったとか、面倒をかけたときには別の言い方がある。 「ほんとうにお手数をおかけして申し訳ございませんでした」というような時だ。 日本語では「申し訳ございませんでした」と謝るのが普通だが、英語ではどちらかといえば、やはり「ありがとう」と表現する。 Thank you for your trouble. この状況では、感謝するのは相手の時間に対してよりも、「面倒」や「手間」に対してということになる。 「ごめんなさい」のsorryを使うのは「お手数をおかけしました」との謝辞では不十分なぐらい、相手に迷惑をかけたときだ。 こんな時に使われているのが、 So sorry to have troubled you. I'm sorry to have troubled you. などだ。 逆にいえば、相手のごくわずかな手間に対し、sorry は言い過ぎとなる。 ということは日本語のお手数ををおかけしました」はかなり幅広く使える言葉と言える。 引野剛司・甲南女子大学教授 ここで紹介した表現は、米国での複数の実用例に基づいています。 その他の実用例や関連表現は実用・現代用語和英辞典 本体 (www. waeijisho. net)をご覧ください。

次の