あおぞら ファミリー クリニック。 あおぞらファミリークリニック

あおぞらファミリークリニック(鎌ケ谷市

あおぞら ファミリー クリニック

あおぞらファミリークリニックのホームページへようこそ。 あおぞらファミリークリニックは、2019年2月に誕生し、無事、1年が経ちました。 これからも、 皆様が安心できる身近なクリニックとして頑張っていきたいと思います。 新型コロナウイルス感染症について 受診希望の全ての患者様は、クリニック入口で質問票を記入ください。 次の項目に該当する方は、 下記の電話相談窓口にご相談する か、 来院前に電話連絡 をお願いします。 クリニックに来院する場合、クリニック入口のインターフォン を押してください。 ・ 風邪の症状や37. (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)、味覚・嗅覚障害がある。 予防接種(おたふくかぜ・日本脳炎・ロタウイルス)の料金改定のお知らせ 予防接種を受けやすくするため、2020年1月よりロタウイスルワクチン、6月よりおたふくかぜ・日本脳炎の料金を値下げいたしました。 おたふくかぜ:3,000円 日本脳炎 :3,000円 ロタテックワクチン1回分:6,000円 (3回接種が必要) ロタリックスワクチン 1回分:10,500円 2回接種が必要) 当院の特徴• 新生児からお年寄りまで、受診可能です。• 乳児健診、予防接種などは、専用の時間帯に行っております。 鎌ヶ谷大仏駅から徒歩1分。 19時まで 診療しており、会社・学校帰りにも受診可能です。• クリニック裏には、 無料専用駐車場(7台) を用意しております。 風疹の流行について 現在、全国的に風疹が、大流行しています。 風疹に妊婦が罹患すると、先天性風疹症候群の乳児が生まれる懸念があり、流行を抑制する必要性が高い疾患です。 感染予防・流行の抑制には、ワクチン接種が有効です。 鎌ヶ谷市では、妊娠中・妊娠を希望する女性とそのパートナーの抗体検査(自費)で抗体価が不十分の場合、ワクチン接種の費用が助成されます。 自分の風疹の感染歴や予防接種歴を確認して、必要ならば、早めにワクチン接種を受けるようにしましょう。 抗体価検査やワクチン接種の必要性や助成制度について不明であれば、お問い合わせください。 予約について 午前の診察の予約は、6時から受付ます。 午後の診察の予約は、12時10分から受付ます。 診療は予約無しでも受診できます。

次の

「豊洲 はるそらファミリークリニック」が4/15に開業、呼吸器内科・アレルギー内科

あおぞら ファミリー クリニック

皆さまはじめまして。 この度「すずかけ内科クリニック」を継承し、新たにここに「豊洲はるそらファミリークリニック」を開業させていただくことになりました院長の土屋 裕と申します。 私はこれまで昭和大学の関連病院や海外などで20年ほど医師としての研鑽を積み、うち5年は昭和大学江東豊洲病院で診療にあたってまいりました。 再開発で急速に人口が増えているここ豊洲とその周辺エリアは若いご家族がとても多い街です。 しかし実は同時にお年寄りの数も年々増えております。 私は昭和大学江東豊洲病院呼吸器アレルギー内科で働く中で、お子さまからお年寄りまでたくさんの人たちが、この街でずっと健やかな呼吸で元気に暮らせるためのクリニックを作りたいと思っていました。 そんな折にあるご縁で、すずかけ内科クリニック院長の若海美智先生からクリニックを継承させていただくことになりました。 「はるそらファミリークリニック」の名前は、私のわんぱくな息子(そら)と障害がある娘(はる子)からもらい、皆さまがいつも元気でいられるよう、またつらいご病気がある時には私たちが常に思いやりを持ってサポートできるように、との思いで名付けました。 春のうららかな空のもとで気持ちよく深呼吸するような、そんな優しく心地よいクリニックを目指し頑張っていきたいと思います。 皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

次の

小児科・内科

あおぞら ファミリー クリニック

皆さまはじめまして。 この度「すずかけ内科クリニック」を継承し、新たにここに「豊洲はるそらファミリークリニック」を開業させていただくことになりました院長の土屋 裕と申します。 私はこれまで昭和大学の関連病院や海外などで20年ほど医師としての研鑽を積み、うち5年は昭和大学江東豊洲病院で診療にあたってまいりました。 再開発で急速に人口が増えているここ豊洲とその周辺エリアは若いご家族がとても多い街です。 しかし実は同時にお年寄りの数も年々増えております。 私は昭和大学江東豊洲病院呼吸器アレルギー内科で働く中で、お子さまからお年寄りまでたくさんの人たちが、この街でずっと健やかな呼吸で元気に暮らせるためのクリニックを作りたいと思っていました。 そんな折にあるご縁で、すずかけ内科クリニック院長の若海美智先生からクリニックを継承させていただくことになりました。 「はるそらファミリークリニック」の名前は、私のわんぱくな息子(そら)と障害がある娘(はる子)からもらい、皆さまがいつも元気でいられるよう、またつらいご病気がある時には私たちが常に思いやりを持ってサポートできるように、との思いで名付けました。 春のうららかな空のもとで気持ちよく深呼吸するような、そんな優しく心地よいクリニックを目指し頑張っていきたいと思います。 皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

次の