めっき。 無電解めっきとは?|めっき加工の真工社

溶融めっき(ようゆうめっき)とは

めっき

【不めっき】 局部的にめっき皮膜がなく、素材面の露出しているものをいいます。 【やけ】 金属亜鉛の光沢がなく、表面がつや消し又は灰色を呈したもので、甚だしい場合には暗灰色となります。 この現象は合金層がめっき表面に露出したものであり、大気中での耐食性には影響ない。 やけは、密着性さえ十分であれば実用上の欠陥とはななりませんので、外観基準を設定される場合は、この点を考慮して頂く必要があります。 なお、金属亜鉛の光沢は酸化の進行とともに失われ、やけの表面と類似した色調に変化していきます。 素材の鋼製造工程(脱酸法〉によってけい素含有量に違いがあり、その影響でやけの発生頻度に差が生じます。 【たれ】 端部又は部分的に、亜鉛が多量に付着しているもので、尖り・山形・線状のものなどがあります。 一般的にやけの発生しやすい素材は、めっき温度を低くしてめっき作業をするため亜鉛の流動性が低下し、たれを発生させてしまうことが多くなります。 たれの部分をヤスリなどで研磨し、平滑面を得ようとするときは、素材表面を露出させないようにします。 しかし、実用上障害とならない限りそのままにされておいたほうが良いでしょう。 【シーム】 素材にきずがあると、めっきしたときに、めっき表面に特徴ある線状の凹凸になるめっきをいいます。 シームは、通常めっき皮膜が形成されているのでそのまま使用しても問題はありません。 しかし、その面を無理に平滑にしようとすれば、素材表面が露出してしまうことになります。 【かすびき】 表面に亜鉛酸化物又はフラックス残さが著しく付着しているものをいいます。 一般に耐食性に影響があるため、付着した場合はヤスリなどで除去します。 【ざらつき】 微粒状の突起があり、めっき浴中の懸濁浮遊物質(ドロス)が鋼材の表面に付着した部分をいいます。 耐食性には影響はありません。 【きず】 めっき作業中めっき用具とめっき表面との接触こん(痕)をいいます。 めっき表面のきずは発生位置大きさ及び深さによってその有害性を判断し、必要に応じて亜鉛末塗料などで補修をします。 【変色】 保管中の薬品などの付着及びめっき浴からの引上げ時に、めっき表面が変色したものをいいます。 めっき引上げ時に生じる変色は、光の干渉・反射に起因したもので、耐食性に影響はありません。 【白さび】 保管中に雨水の付着、結露などによって生じた塩基性炭酸亜鉛などの腐食生成物です。 白さびによるめっき皮膜の消耗はわずかで、耐食性にはほとんど影響はありません。

次の

湿式めっきとは何? Weblio辞書

めっき

めっきには様々な方法があり、めっきする材料や場所、用途などの条件により、めっきの種類は変わってきます。 めっきには大きく分けて「 湿式めっき」と「 乾式めっき」があります。 湿式めっき 液体中に物を入れて電気分解や化学反応を利用してめっきを行う方法をいい、ここでは電気めっき、化学めっきについて説明します。 電気めっき electroplating めっきしようとする金属イオンを含む溶液中に、金属を浸漬し、直流電解によって、その金属表面に金属イオンを析出させる方法です。 めっき層の評価には、 光沢や 平滑などの 外観、厚さ、多孔性、耐食性、硬さ、内部応力などがあります。 外観は素地の仕上げとめっき条件によって決定します。 そのため、めっきの浴組成、作業条件がめっき層の品質に影響します。 また、電気めっきを行う場合、有害薬品を使用するため、廃棄には十分な注意が必要で、水溶液によってはその廃水に厳しい基準があることもあります。 普通のめっきでは めっき層が厚くなると光沢がなくなってしまいます。 そのため、浴に適当な添加剤を加えることで、平滑な光沢めっきを施すことができます。 また クロムめっきは、めっき層の光沢がよく、 空気中での変色もなく、摩擦係数が小さく、耐摩耗性、耐食性に優れているため、様々な用途があります。 亜鉛やカドミウムめっきなどは処理後そのままにしておくと変色してしまいますが、クロメート処理を施すことで、耐食性が著しく向上し、光沢膜または着色膜を得ることができます。 化学めっき chemical plating 化学めっきは電気エネルギーを利用せずに、めっき液の還元物質と金属イオンを反応させることで、他の素材表面に金属イオンを析出させる方法を言います。 この方法の利点は、素材形状に関係なく 、比較的均一な膜ができることです。 しかし、析出速度が遅く、めっき層も比較的薄くなり、装置材料や浴の管理が難しい、そして高価になるなど欠点もあります。 化学めっきでは厚さが均一であること、加熱によって硬度を上げることができるため、耐摩耗性皮膜として利用されています。 さらに、銅の化学めっきはプラスチック上の電気めっきの前処理に多く用いられています。 乾式めっき 乾式めっきには真空中でめっきを行う「 真空めっき」と溶融した金属を用いてめっきを行う「 溶融めっき」があります。 真空めっき vacuum coating 高真空中で金属あるいは化合物を加熱蒸発させ、蒸発した原子または分子をめっきしたい物体にあてることで表面に金属または化合物の薄膜を形成する方法を真空めっきと言います。 工業応用例として、 装飾品、包装紙などの上に、アルミニウムを蒸着して金属光沢を与えるもの、電気的用途として 抵抗、コンデンサに実施しています。 素地はガスを放出しないのであれば、金属だけではなく、非金属を用いることができます。 また、真空めっきの成膜法には PVD法(物理蒸着法)、 CVD法(化学蒸着法)があります。 PVDは固体材料を熱やプラズマのエネルギーを用いて気化させ、基板に堆積させることで成膜します。 CVDは膜としたい元素を含むガスを用いて、熱やプラズマなどのエネルギーを利用して、励起や分解させて基板表面で吸着、反応を経て成膜する方法です。 さらにPVD法は真空蒸着、スパッタリング、イオンプレーティングなどの製法があります。 CVD法にはプラズマCVD、熱CVDなどがあります。 様々な成膜法があるため、それぞれの特徴、用途を考えた上で選択することが必要になります。 気相めっき gas plating 金属ハロゲン化物やカルボニル化合物を熱分解あるいは水素還元することで金属皮膜を得る方法を「 気相めっき」といいます。 しかし、設備が複雑でコストが高いことや、作業温度が高く、材料が熱履歴を受けること、薬品が危険であることなどから特殊分野でのみの実用です。 溶融めっき hot dip coating 被めっき物を溶融した金属浴中に浸漬して引き上げ、表面にその金属の膜を得る方法を言います。 この方法を用いる際、素材の融点がめっきすべき金属の融点より高くなければならないため、 用いることのできる金属、合金の種類が少ないのです。 めっきの操作自体は簡単で、短時間で厚いめっき層が得られますが、その厚さを自由にコントロールすることができません。 また、素材の一部が変質してしまう場合もあります。 溶融めっきの工業応用例として、 トタン板、ブリキ板などが挙げられます。 鉄鋼のさび止め用として亜鉛を用いて、板に施したものがこのトタン板で、建築用材度して用いられます。 また、線に施して有刺鉄線としたり、他にも鉄塔、ボルト、ナットなどにも多く施されています。 ブリキ板は鉄板に鈴を施したものです。 銅線にすずを施したのは電線として使用されます。 すずは防食性とハンダづけのしやすい点が利用されます。

次の

溶融めっき(ようゆうめっき)とは

めっき

めっき()のは、金めっきをたなどにされてきた。 めっきのは、、性、など様々であるが、ではにおいてさらにが、的の向上をとしためっきがされている。 めっきはそのによって、を溶かした中で湿式めっきと、()中でにされる。 湿式めっきにはさらに、のみによってめっきをする(めっき、 )と、処理物にを、中のをさせる(、)がある。 めっきは、のとするを溶かした(めっき浴)処理物を浸し、をのによってし、処理物にをする。 めっきがである。 またをめっきで行う、めっきが可能であることから、へのめっきはのやのに用いられている。 これは中の処理物にを、そのでめっきを行うである。 従って処理物はを。 湿式めっきではめっき浴の、が上重要である。

次の