刀剣 乱舞 pixiv。 【刀剣乱舞】ジワジワ来る3000users入り漫画『出戻り審神者』が面白い。

刀剣乱舞 涙腺崩壊

刀剣 乱舞 pixiv

イラスト 58• 漫画 22• 漫画 18• 漫画 27• 漫画 71• イラスト 26• 漫画 15• 漫画 78• 漫画 18• 漫画 74• イラスト 3• 漫画 4• イラスト 4• 漫画 73• イラスト 37• イラスト 17• イラスト 39• 漫画 10• 漫画 3• 漫画 22• 漫画 51• イラスト 39• 漫画 71• 漫画 21• 漫画 11• イラスト• イラスト 62• イラスト 8• イラスト 66• イラスト 49• イラスト 18• イラスト• イラスト 3• 漫画 20• うごく• 漫画 10• 漫画 10• イラスト• イラスト 40• イラスト 8• イラスト• イラスト 25• 漫画 2• イラスト 9• 漫画 11• イラスト 25• イラスト 27• イラスト•

次の

#刀剣乱舞 #女審神者 おやすみなさい

刀剣 乱舞 pixiv

【注意書き】 駄 文 に つ き 注 意。 妄想、捏造お手の物。 二次創作は魔法の言葉。 キャラと口調は袈裟懸けにバッサリとヤられました。 文章力は逆袈裟です。 誤字脱字・矛盾等がありましたら、乾燥させて燃料にしてください。 さて、読んでしんぜよう。 という方は次ページへどうぞ。 要約すれば、今日の午後から二週間、見習いの受け入れをしろ。 拒否権はない。 すぐに担当者へ電話をするが繋がらない。 メールをしようとしても送信できない。 知り合いにメールをしようとしても、やはり無理であった。 頼みの管狐『こんのすけ』はアップデートがある。 と言って昨日、政府へ赴き、まだ戻ってきていない。 しかも書き込みが出来ないようになっている。 審神者は勢いよく立ち上がると、ゲートに向かった。 万屋へと行くパスコードを打ち込むと『エラー』と赤く表示された。 遠征・出陣は行けるらしいが、演練はダメだ。 「やられた……」 審神者の頭の中で浮かびあがる『乗っ取り』の四文字。 とにかく、現状と見習いについて皆に説明しようと、審神者は肩を落として大広間へと向かうのであった。 審神者となって三年。 現在、顕現が確認されている全振りが揃っていて優秀な戦績を誇る本丸だが、これが狙われた理由であろう。 「なるほど…。 それは頭が痛くなる問題だね」 初期刀である歌仙兼定が「まったく雅じゃない」と眉根を寄せる。 「あるじさま、大丈夫ですか?」 初鍛刀の五虎退が心配そうに見上げてくる。 天使か?天使だ。 知ってた。 「こんな驚きはいらないぜ」 初レア刀である鶴丸国永が真顔で呟く。 美人の真顔は怖いので、いつもの飄々とした表情をください。 「まぁ、乗っ取り目的かどうかはまだ分かってないけどね…」 「だが、外部との連絡手段が断たれているのではなぁ…」 審神者の言葉に、三日月宗近がうっそりと目を細める。 いつもの笑顔をください。 「ええと…、ほら、真面目に勉強する子だと嬉しいね」 「…そうですね。 それならたたるひつようがありませんからね」 今剣が可愛い笑顔で空恐ろしい事を言う。 不真面目ならどうなるのか?考えたら負けだ。 小狐丸と岩融、それに石切丸が頷いているのに、気付かない振りをする。 と審神者は思った。 「面倒クセェな。 変なコトすりゃ、叩っ切ればいいんだろ?」 「俺は刺すことしかできないけど、刺せばいいよな?」 やだ、この子達、物騒。 審神者が遠い目をする。 「ぶっすりとやりゃ、大人しくなるだろ」 「ふふ。 ボクも頑張っちゃうよ」 「主さん、任せときんしゃい」 「主君のお手は煩わせません」 途中で審神者は意識を失いかける。 「暗殺はダメだよ」 とだけ言うと、不満そうな顔をする可愛い短刀達。 審神者は胃が痛くなってきた。 「とにかく、どうにか研修期間を無事に乗り切りましょう。 お願いします」 最後に審神者が頭を下げると。 刀剣男士達は頷き、見習いを受け入れる準備をするのであった。 [newpage] 見習いの出自、容姿は俗にいう『テンプレ』というもので、政府高官の父親と財界有数の名家出の母親。 腰まである艶やかな黒髪。 透き通るような白い肌に少し垂れ気味の大きな目。 鼻も愛らしく、唇は少し肉厚で色っぽい。 華奢だが魅惑的な肢体は同性である審神者も「その胸を揉ませろ」という思いを抱かせる二十歳になったばかりの若い女であった。 明日で研修期間が終わるが、見習いは最初から勉強する気はゼロ。 見目麗しい神々の傍でそれは嬉しそうな笑顔を見せていた。 「…まぁ、こうなるわよね」 そして現在、審神者の傍にいる刀剣男士は歌仙、五虎退、鶴丸の三振りだけである。 始まってすぐは、見習いと適正な距離をとっていたが、呪具(数種類)の影響により徐々に距離が縮まり、一週間経過した時は、審神者を見ると、ゴミを見るような目で見たり、舌打ちをされたりした。 特に可愛い短刀達の蔑むような目には泣いた。 どうにか目を覚まさせようとしたが、それは無駄に終わった上、本日めでたく一方通行のメールで見習いに本丸(刀剣男士込)を渡せという命令まできた。 重苦しい溜息を審神者が吐き出した時、 「ところで、主」 と鶴丸が声をかけた。 「何?」 審神者がどんよりとした目で鶴丸を見る。 「俺達と神域に行かないか?」 「そうだね。 それがいいね」 「そうしましょう。 あるじさま」 鶴丸の言葉に歌仙と五虎退が笑顔で促す。 (神域……神隠しかぁ…) もう、この本丸にはいられない。 もしかすると、殺される可能性だってある。 それなら……。 「うん。 連れてって…」 審神者は頷いた。 [newpage] 「では、これを読んで署名と捺印をしてくれ」 「は?」 鶴丸が懐から取り出した紙を見て、審神者は目を円くした。 その紙には『神域通行許可申請書』と書かれており、その内容を簡単に言うと、 『どうにもならなくなったから、神域を通って脱出したいので、許可をお願いします』 というものであった。 「何?これ?」 「何って、その文章そのままの意味だよ」 「これで神域が通れます」 審神者の疑問に歌仙が「何、馬鹿な事を言ってんだコイツ」という顔をし、五虎退はニコニコと可愛い笑顔で答えてくれた。 「ア、ハイ」 審神者が愛用の万年筆で審神者名を書き、捺印をして鶴丸に渡す。 「よし、それじゃ、俺達も…」 そう言って、鶴丸、歌仙、五虎退も立会人兼同行者の欄に署名をして、拇印を押した。 その数秒後、審神者と三振りは柔らかな光に包まれ、本丸から姿を消した。 「ここは『鶴丸国永』の神域だ」 口角を上げた鶴丸の視線の先を見れば、出番待ちの『鶴丸国永』達が各々自由に過ごしていた。 昼寝をしていたり、鼻眼鏡をかけたり、落とし穴を掘っていたり、明らかにネタ的な『吹き戻し』を装着してピロロロロ…という音を出していたりしている。 「よっ。 ほら、これでも食え」 人懐っこい笑顔で『鶴丸国永』が審神者の口に何かを突っ込んだ。 「んぐっ…」 優しい甘さが口の中に広がる。 歯触りと味からクッキーだと分かった。 舌が異物を感じ、それを口から出すと、丸めて筒状にした紙であった。 それを開くと、『大吉』と書いてある。 「どうだ。 驚いたか?」 「…はい」 優しい『驚き』に審神者は笑顔になる。 「そいつは良かった。 お、俺が呼ばれているようだな。 じゃあな」 笑顔の『鶴丸国永』が光に包まれ消えた。 何処かの審神者に顕現されたのであろう。 「主、あそこが『出口』だ」 鶴丸が丘の上にある門を指差した。 「ほら、行くよ」 「あるじさま。 早く行きましょう」 三振りに袖を引かれて審神者は歩き出した。 「ほら、主。 門を押してくれ」 「それじゃ、いくわよ」 鶴丸に促され、審神者が門に触れた瞬間、足下に大きな穴が空いた。 重力に従い、一人と三振りはその穴に吸い込まれる。 「どうだっ!驚いたかっ?」 鶴丸の楽しげな笑い声が穴に響いた。 [newpage] 「よっと…」 「きゃう」 鶴丸が難なく着地して、落ちてきた審神者を受け止める。 「まったく…」 「…ふう」 歌仙と五虎退もふわりと降り立った。 子虎達も綺麗な着地を決めている。 「ここは…?」 鶴丸に抱かれたまま審神者が周囲を見回す。 そこは応接室のような場所だった。 高級そうな机とソファーがあり、毛足の長い絨毯が敷いてある。 「お待ちしておりました」 ガチャリとドアが開くと、黒いスーツを着た男が入ってきて、お手本のようなお辞儀をする。 「私は歴史修正対策本部監察課の者です。 歌仙、五虎退、鶴丸もソファーに腰を下ろす。 はい」 審神者が自分の本丸について何の説明もしないまま、話が進められる。 「乗っ取りされた本丸にいらっしゃる刀剣男士様方は、こちらで対処した後、新しい本丸にお送りするか、刀解という選択になりますが、いかがなさいますか?」 「ええと、皆が望んでいるなら、新しい本丸にお願いします」 皆にまた会えるかもしれないと思い、審神者は泣きそうになった。 「かしこまりました。 では、手続きをしてまいりますので、お寛ぎになってお待ちください」 丁寧に頭を下げて男が出て行くと、若い女性がコーヒー、お茶、オレンジジュース、ミルク等の飲み物。 そしてクッキー、煎餅といった食べ物をテーブルに並べた。 「安心してお待ちくださいね」 「ありがとうございます」 女性の柔らかい笑みに審神者も笑顔で返す。 数十分後、審神者と三振りは新しい本丸に足を踏み入れるのであった。 [newpage] 時間は研修最終日の朝。 見習いは満足そうな顔で大広間の上座に坐していた。 ずらりと並ぶ美丈夫達に胸が躍る。 その中にレア太刀である鶴丸国永がいないのは腹立たしいが、天下五剣で最も美しいとされる三日月宗近と同じく天下五剣の数珠丸恒次。 源氏の重宝、髭切と膝丸の兄弟太刀。 レアではないが入手しにくい小狐丸と明石国行。 三名槍も揃っている。 打刀の歌仙兼定はいないが、比較的出やすいので、どうでもいい。 短刀の五虎退とて同じだ。 (ふふ。 私の為にありがとう。 センパイ) これから、この美しい神々を従え称賛を浴びる未来が待っているかと思えば、見習いの頬は自然と緩んだ。 ふわふわと心が浮き立ち、この二週間過ごしてきた本丸とは全く違う所にいるように感じる。 「お邪魔いたします」 そこに見習いの父親と親しい政府職員が鞄を抱えて入ってきた。 「ご苦労様です」 見習いが満面の笑みで迎え入れる。 「前任者の姿がみえませんが…?」 どうやら彼の中で、既にこの本丸の主は見習いとなっているようだ。 「センパイは気分が悪いそうよ。 それよりも引き継ぎの書類を」 引き籠った地味な女よりも、政府職員が持ってきている書類が見習いにとって大切である。 「はい。 こちらが書類で…ぐわあぁああぁあっっっ!! 」 政府職員の言葉が途中で切れ、絶叫が大広間に響く。 左手で右腕を掴んで畳の上で蹲っている。 鞄から書類を取り出した彼の右手が見習いのすぐ傍でピクピクと痙攣していた。 「きゃーーーーっっっ!!! 」 勢いよく血が噴き出る手首と動かなくなった右手を交互に見てから、見習いが叫び声を上げた。 「もう、うるさいなぁ」 刀に付いた血を振り払った髭切が眉根を寄せる。 「静かにしていただけませんか?」 江雪左文字が見習いの口を手で塞ぎ、力を込める。 「ひ…ひぃ…手が…ああ……」 「黙れ」 膝丸が呻く政府職員の背に刃を突き立てると、彼は一瞬だけ大きく体を跳ね上げ、そのまま静かになった。 見習いの顔から血の気が引き、寒くもないのにガクガクと身体が震える。 「質問がありますので、答えていただきましょうか」 一期一振が穏やかな笑みを浮かべて見習いに近付く。 「貴女のご両親のお名前は?」 江雪がそっと見習いの口から手を離す。 「いや…助け…」 「聞こえませんでしたか?貴女の両親の名前を教えなさい」 一期が笑顔のまま見習いの頭頂部の髪を掴んだブチブチとした音が聞こえてくる。 「いっっ!! 言うっ!言うから離してっっ!! 」 涙と鼻水を流しながら見習いが答える。 「ありがとうございます」 一期が洗練された笑みを浮かべて見習いの髪から手を離した。 カタカタと震えながら見習いが刀剣男士達を見る。 逃げる事は叶いそうにない。 もし、逃げる素振りを見せれば、動かなくなった政府職員の二の舞になる事は明らかである。 「おお。 お疲れさん」 日本号が今剣と乱の頭を撫でてから球体を受け取ると、その二つを見習いの口に押し込んだ。 「うっ…ぐえっ!ぐ…ぐぅっ!! 」 見習いはソレのあまりの不味さに吐き出しそうになったが、日本号によって吐き出すことも許されずに涙を流しながら喉を動かし飲み下した。 「コレもあるぞ」 膝丸がどこから取り出したのか、同じような球体を見習いに無理矢理飲み込ませる。 涙と鼻水、涎に塗れた見習いに、 「両親とそこの役人の魂は美味かったか?良かったな。 これで寿命が延びたぞ」 と獅子王が嗤いながら言った。 見習いはその言葉で己が飲み込んだ物を理解し、衝撃のあまり嘔吐したが、出たのは胃液だけであった。 「ちょっと褒めれば嬉しそうに父と母に買ってもらったと言ってたからな」 鶯丸の言葉に見習いは愕然とした。 綺麗な飾りだと、似合っていると極上の笑みで言われて有頂天となり、両親からのプレゼントだと言ったからだ。 呪具が効いているはずだった。 刀剣男士達の心を操り、自分に魅了され、主を憎む。 そんな効果と聞いて両親に感謝したのだ。 「え?」 見習いが目を見張る。 「修行した術者なら兎も角、ただ霊力だけある者が扱えるものではありません」 「そうそう。 アタシ達は末端とはいえ神だよ。 簡単に縛ることができると本当に思っているのかい?」 太郎太刀と次郎太刀の言葉に他の刀剣男士達も頷く。 神と人では『格』が違うのだ。 格下の人に寄り添い力を貸すという事は神の好意によって成り立っている。 その好意を踏み躙り、謀ろうとした愚か者に対して神が行う事はただ一つである。 「この本丸の外には貴女のような人間と、人を見限り堕ちた刀剣男士達がいます」 数珠丸が静かに口を開く。 「堕ちた奴等は人が本当に憎いみたいでさ、人間がいたら攻撃するんだ」 蛍丸がにっこりと笑い、「怖いね」と続ける。 「何…?急に何言ってんの…?」 「不要なものは捨てなければいけぬからの」 「察し悪いなぁ。 その頭ん中には何が詰まっとるんや?」 小狐丸と明石がくつくつと冷たく笑う。 「それじゃあ、そろそろ外に出るか」 岩融が見習いの襟を掴み立ち上がらせる。 「いや…たすけ……」 見習いが己の未来を察してボロボロと涙を流していると、 「まあ、待て岩融。 これから辛酸を嘗める人の子に我等が言祝ぎをしよう」 三日月が妖艶な笑みを浮かべながら口にした言葉に、他の刀剣男士達は口角を上げて同意した。 「「「老いぬ身体を…」」」 ずっと恐怖の鬼事ができるように…。 「「「すぐに癒える身体を…」」」 何度でも傷付けられるように…。 「「「飲食せずとも死なぬ身体を…」」」 苦しみが続くように…。 「「「狂わぬ心を…」」」 苦痛をずっと味わう為に…。 「あ…あ……」 怒れる神々の言の葉に、見習いはただ恐怖する。 「もう、よいぞ」 三日月がふんわりと笑いそう言うと、 「では」 と岩融は見習いの後ろ襟を掴み引き摺るように門に向かう。 門を開け放つと、岩融は無言で見習いを投げ捨てた。 七丈(約21m)程飛んで、見習いがどさっと地面に落ちた。 見習いが手のひらを見ると、落ちた際にできた擦り傷がすうっと消えた。 もはや『人』でないコトを自覚した見習いは呆然とし、己の背後に立つ気配に気付かなかった。 [newpage] 見習いを投げ捨てた岩融が門を閉める時、最後に見たのは腐肉と怨嗟を身に纏った『鶴丸国永』が女に刃を振り下ろす直前だった。 「終わったぞ」 岩融が大広間に戻ると、三日月が「帰るか」と微笑み立ち上がった。 [newpage] 【あとがき】 今更ながら『刀剣乱舞絢爛図録』を買ってしまい、用語集を見て思い付いたネタでございます。 審神者は神である刀剣男士よりも下の存在って書いてあるし…。 なお、刀解を選んでもすぐにコンプできる仕様になっております。 良い『主』から離れるという選択は神様にはありません。 ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

次の

刀剣乱舞5000users入り (とうけんらんぶごせんゆーざーずいり)とは【ピクシブ百科事典】

刀剣 乱舞 pixiv

概要 DMM. 二振りで出陣すると回想9『神剣までの道』を見ることが出来る。 (ステージはどこでもよい) アニメでは一話から共に出陣し、「石切丸さん」「青江さん」と呼び合っていることが判明。 もうひとつのアニメ化作品では、6話の本丸シーンで会話を交わしながら朝食を運ぶ二振りの様子が見られた。 ミュージカル刀剣乱舞でも共演し、こちらでは「石切丸さん」「にっかりさん」と呼び合っていることが判明した。 また、 リンク先外部サイト は本作のにっかり青江を「石切丸の理解者」と評している。 共通点 石切丸とにっかり青江に史実上の関わりは一切ない と思われる。 また刀派・刀種にも接点はなく、作刀年代や地域も異なっている。 現存する同名の刀剣が共に「重要美術品」に認定されているところが共通点であると言えなくもない。 体格差 図録にて判明した人の身での身長差は22cmである。 関連イラスト.

次の