錦織 圭 復帰 戦。 錦織の復帰時期は未定 来年は東京五輪で銀メダル以上を期待|【SPAIA】スパイア

錦織圭の復帰戦はいつ?右手首の怪我で長期離脱?手術か?

錦織 圭 復帰 戦

東京オリンピックで輝け! 最注目のヒーロー&ヒロイン テニス 錦織圭 編 2019年に右ひじの手術を行なった錦織圭は、力強いプレーを取り戻せるか 錦織圭は、「いろいろありましたね」というひと言から2019年シーズンを振り返り始めた。 「出だしはすごくよかった。 オーストラリアでベスト8、ほか(のグランドスラム)もベスト8に入ったりして安定した1年ではありました」 シーズン開幕の1月に、錦織は、ATPブリスベン大会で優勝してキャリア通算12勝目を挙げると幸先のいいスターを切った。 グランドスラムでは、オーストラリアンオープン、ローランギャロス(全仏)、ウインブルドンでベスト8に進出して、トップ10プレーヤーとして安定した好成績を収めた。 「最後はちょっとケガだったので、悔しいというか、残念な1年でした」 シーズン後半にかけて錦織は、右ひじの断続的な痛みに悩まされ、テーピングをしてプレーをすることも多く、グランドスラムでは何とか結果を残した一方で、心の中では、対戦相手とは別の敵とも戦っていたことを吐露する。 「ウインブルドンの時はよかったはよかったけれど、やっぱりどこかに(右ひじの痛みが)頭にあるので、今考えると、イラつきは早かったですね。 なんか集中できないというか、(自分の右)腕とも戦わないといけないので」 USオープン以降、9月から戦線を離脱した錦織は、トップ10から陥落して2019年シーズンを13位で終えた。 そして、10月22日に日本で右ひじの内視鏡手術を受けて2本の骨棘を除去した。 手術に至るまでの心境を次のように振り返る。 「(5月下旬の)フレンチ(オープン)から痛みがあって、それをがまんしながらやっていた。 (7月上旬の)ウインブルドンのあとに、2~3週間休んで、ちょっとよくはなっていたんですけど、(8月の)シンシナティ(大会)やUSオープンでプレーしてから、また悪化した。 そもそもの(痛みの)もとを治さないといけないなと、そこらへんから感じ始めていた。 それで、USオープンのあとに診てもらった時に、手術しないといけないと言われた。 もちろん悩みましたけど、(手術を)やんなきゃいけないだろうなと思えた。 ちょっと時間はかかりましたけど、決断までは。 でも、決断してから、手術は早かったですね」 12月初めの時点では、手術の傷口に痛みが残っていたが、錦織はようやくゆっくりラケットを振れるようになったという。 普段使っているものより軽いラケットで、スポンジボールを打ってリハビリに努め、12月後半ぐらいから、通常のテニスボールを打てればいいと語った。 リハビリは順調だとしながらも、復帰のタイミングに関してはまだ明言されていない。

次の

錦織圭復帰戦が無観客、IMGは……。新型コロナ禍に直面するテニス界。

錦織 圭 復帰 戦

Contents• 日本テニス界の歴史を塗り替え続けてきた錦織圭 ここでは あらためて錦織圭のこれまでの歴史を振り返ってみます。 錦織圭選手は1 989年12月29日、 島根県松江市で生まれました。 テニスを始めたのは5歳の時。 両親が趣味でやっていたのがきっかけのようです。 錦織選手は松江市の 「グリーンテニススクール」に通い始め、その才能が開花し始めます。 小学校6年生の時に全国小学生テニス選手権で優勝! この優勝が 松岡修造さんの目にとまり、 「修三チャレンジ」に参加。 この修三チャレンジの参加がきっかけで 「本気でプロになりたい!」 と考えるようになったようです。 単身渡米が錦織圭のテニス人生の転機に! その後、運命的な出会いが。 ソニーの創業者、盛田昭夫氏(故人)の実弟で、日本テニス協会名誉会長の 盛田正明氏。 「世界のトップレベルの選手を育成する」という目的で設立された 「盛田テニスファンド」に練習生として参加。 そこで2003年中学2年生の時、盛田テニスファンドの奨学金制度でアメリカのIMGアカデミーにテニス留学するチャンスが訪れます。 錦織圭選手は、中学2年生で単身渡米を決断。 そして渡米して4年後の2007年プロに転向しました。 怪我との闘いでもあったテニス人生 プロ転向後の2009年、怪我で戦線離脱を余儀なくされています。 この時は右肘の怪我で手術とリハビリでシーズンの半分を休養。 世界ランキングは消滅し、事実上一から這い上がってきました。 錦織圭の右手首の状態は?手術は? 2017年8月のウエスタン&サザンオープンの練習中、サーブを打った時に右手首から 「ポン」と音がし、痛みに顔をしかめ病院に直行したとのこと。 この右手首は、今年3月のマイアミオープンで痛め、4月のバルセロナオープンは欠場、そして完治しておらず5月のマドリードオープンでは痛みが再発。 準決勝のジョコビッチ戦を棄権しています。 気になる右手首の状況ですが、MRI検査の結果、 『尺側手根伸筋腱』の部分断裂と診断されたようです。 手首の小指側にある腱で、サーブやバックハンドなどの手首の曲げ伸ばしをする時に負担がかかる部位のようです。 重症の場合は手術が必要で治るまでには4カ月程度かかると言われていますが、 幸い部分断裂とのことなので、手 術はせずにギプスで固定して腫れが治まるのを待ってからリハビリを始めるようです。 ひとまず即手術ということは回避できたようで安心しましたね。 錦織圭の復帰記事はいつ?復帰戦は? 気になる錦織圭選手の復帰の時期ですが、今季の試合は全休とのことですので、復帰は来シーズン以降となりそうです。 治療にはギブス固定で4~6週間かかり、炎症部の腫れが引いてからリハビリに入るという。 錦織圭選手は来期開幕を目指し治療に専念すると発表しています。 ここで気になるのが錦織圭選手の獲得ポイント。 獲得ポイントは試合への出場がないことから、来季シーズンを迎えるにあたっては、世界ランキング20位へ後退することが予想されます。 しかし20位であればマスターズ1000の大会への出場も可能となります。 しかし復帰戦は、まずは様子見ということも考えられ、大会グレードの低い「ATP250、ATP500レベルの大会から出場することが考えられます。 となると復帰戦は早くて、 2018年1月に開催される大会カテゴリーATP250の 「ブリスベン国際2018」と予想。 この大会には毎年錦織圭選手は出場しています。 復帰後の初戦は初めて出場する大会というよりは、一度でも経験している大会に出場することでしょう。 状態が思わしくない場合には、 2018年1月に開催されるグランドスラム初戦「全豪オープン2018」も欠場し 昨年も出場した2月に開催される大会グレードATP250の 「アルゼンチンオープン」となるかもしれません。 この大会へも昨年出場しております。 最後に 錦織圭選手は今年で27歳と現役バリバリで活躍するナダルやフェデラーと比較してもまだまだ若く活躍できる年齢です。 ましてこの両選手は怪我からの復帰で更に強くなったのではないでしょうか? 錦織圭選手もこの怪我での休養を自身のテニスを見直すよい機会ともなるかもしれません。 フェデラーやナダルのトップの牙城に、アレキサンダー・ズベレスなどの若手が台頭してきたテニス界。 怪我の治療、リハビリの乗越え、精神的にもステージを上げ、錦織圭の時代を刻んでほしいと切に願ってやみません。 スポンサーリンク•

次の

錦織圭復帰戦が無観客、IMGは……。新型コロナ禍に直面するテニス界。

錦織 圭 復帰 戦

ATPカップと全豪は欠場が濃厚 8月の全米後から肘のケガで全大会を欠場した錦織の復帰時期がいつになるのか、待ち焦がれているファンは多いだろう。 現段階では復帰時期が明確になっているわけではないが、先月の記者会見で錦織は「1月か2月になる」と言及した。 つまりここから考えれば年初の国別対抗戦・ATPカップだけではなく、最初のグランドスラム・全豪オープンも欠場する可能性が高い。 ただ、錦織は「リハビリはここまで順調」とも述べ、このまま問題なくいけば少なくとも2月初めのニューヨーク・オープンには復帰できる見込みであることを明かした。 錦織といえば、手首の大ケガから復帰した18年にはチャレンジャー大会からスタートしたものの、その後ツアーで3度の準優勝や全米オープン4強進出を果たし、驚異的なカムバックを見せてATPファイナルにも出場。 20年はオリンピックイヤーのため、代表戦への参戦を増やす見込みだが、ATPツアーでのカムバックやビッグタイトル獲得にも期待がかかっている。 ミルヌイ氏との相性はいかに そんな中、錦織からファンに向けて新たなニュースが先月末に飛び込んできた。 錦織は19年度いっぱいで9年間共に戦ってきたダンテ・ボッティーニ氏(アルゼンチン)との契約を解消し、新たにマックス・ミルヌイ氏(ベラルーシ)とのタッグを組むことを明かした。 ミルヌイ氏は18年に現役を退いたばかりの元ダブルスのプレーヤーで、錦織と同じIMGアカデミーの出身でもある。 男子ダブルスではグランドスラムで全仏での連覇を含む6度の優勝を誇り、シングルスでもタイトルを1つ獲得した。 強烈なサーブと相手を全く恐れないネットプレーで、その猛々しい様子から「Beast(ビースト)」の愛称で知られていた。 すなわち、錦織はネットプレーに磨きをかけ、弱点とも言われるサーブを克服する目的で、チームに迎え入れたと考えられる。 また、ミルヌイ氏とともに、肘に負担がかかりにくいグリップでスピードの出やすいサーブへと改良する意欲を見せている。 錦織にとってはケガからの復活だけではなく、プレー面の変革にも注目が集まりそうだ。 特にサーブは、錦織が最も不得意としてきた分野の一つでもあるが、短いポイントで終われるように改善できれば大きく結果が変わってくる可能性もあるだろう。 銅メダルを超えられるか 先にも述べたが、20年は東京五輪が開かれ、自国でプレーができる錦織にとっては大きな意味を持つ。 すでに大坂なおみとともに五輪強化選手メンバーに指定されている錦織は会見でも、「リオよりもいい結果を出したい」と16年の銅メダルを超える結果を求めている。 11月のデビスカップを欠場したことで、デビスカップの出場規定回数(3回)を満たせないことが決まっているが、肘のケガやこれまでの実績などを考慮し、例外規定適用を申請している。 錦織がメダルを獲得するには、2つの大きな壁がある。 一つはフェデラー・ジョコビッチといったBIG3の存在で、特にジョコビッチは錦織が最も苦手とする対戦相手である。 また、近年の若手の台頭も懸念材料の1つで、チチパスやティームをはじめとしたプレーヤーにも当然ながら勝たなければならない。 リオ五輪ではゴールデングランドスラムを達成したナダルに3位決定戦で勝利し、日本男子テニス96年ぶりのメダルをもたらしただけに、自国での五輪開催は錦織にとってこの上ないチャンスであることは間違いない。

次の