リュウジ チャーハン。 【学生応援★キュンごはん】料理家リュウジさん考案 第8回 「<人気の定番メニュー3選!>実家の味にも負けない!? 基本レシピをマスター」

リュウジのバズレシピ.com

リュウジ チャーハン

2.フライパンにオリーブ油を熱し、豚ひき肉をよく炒め、脂を出していきます。 リュウジさんによると、動物性の脂が入るとすごく美味しくなるそうです。 3.肉の色が変わったら 1 の玉ねぎとにんにくを加え、一緒に炒めます。 4.炒まったら、カレールーと水を入れ、カレールーを熱で溶かします。 ポイント:カレールーとひき肉を炒めることで香ばしさをプラス! 5.カレールーが溶けたら端に寄せ、空いたスペースに溶き卵を入れ、スクランブル状にしてご飯を入れてよく混ぜます。 チャーハンの極意:温かいご飯ならお米同士がほぐれやすく、調味料が混ざりやすくなります。 6.砂糖と中華ペースト、ウスターソースを加え、さらに炒めます。 ポイント:ウスターソースは数種類の野菜や香辛料が入っているため、うま味やコクがアップ! 7.最後に酒を加え リュウジさんによると、お酒の水分と油分が結びついてチャーハンの油っぽさが軽減されるそうです。 最後に リュウジさんによると、かなり食べ応えがあり、玉ねぎと卵も入って栄養価はバッチリだそうです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

リュウジ チャーハン

たまごはご飯と混ぜておく? チャーハンを作るとき、生の溶きたまごをご飯と絡めてから入れるという方法があります。 これはご飯をたまごでコーティングすることで、ご飯をくっつきにくくするため。 ですが、こうするとたまごの水分をご飯が吸ってしまったり、たまごが具材としての存在感を失ったりしてしまいます。 生のたまごはご飯と絡めず、一度先に焼いて後から混ぜ合わせるのがおすすめです。 チャーハンを作るときフライパンを振るのはなぜ? お店のチャーハンは、作るときに大きな中華鍋を振っているイメージがありますよね。 ただ、それをイメージしておうちで作ると、ご飯がこぼれてしまったり、うまく振れなくて失敗してしまうことも。 実はお店の火力は家庭の何倍も強くて焦げやすいため、フライパンを振る必要があるのです。 家庭で作るときは火力がお店よりも弱くなるので、振らなくても大丈夫!そうは言えども、ご飯がべちゃっと仕上がったり、たまごが固くなってしまったり、失敗しやすい点が多いチャーハンの作り方。 コツ[1] たまごは先に焼いて取り出す たまごは生の状態でご飯と絡めるのではなく、先に炒めておきましょう。 ただしたまごを炒めたところにご飯を加えると、たまごが固くなってしまう場合があります。 ふわふわのたまごに仕上げるには、一度取り出すのが失敗しないポイントです。 またご飯を焦らずにしっかり炒められるので、パラパラに仕上がります。 コツ[2] 熱々のご飯は使わない 冷やご飯または粗熱の取れたご飯を使いましょう。 熱々だとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。 コツ[3] フライパンは振らない ご飯は中火でじっくり炒めましょう。 コツ[4] 具材の大きさは細かく揃えて 具材の大きさが違うと、火の通り加減が変わってきます。 細かく揃えると手早く炒めやすいですよ。 これできっとパラパラチャーハンの達人に。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

【家事ヤロウ】リュウジさんの即席麺アレンジ!新チャーハンの作り方・レシピ!|東京カフェBLOG

リュウジ チャーハン

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の