重力 ポケモン。 じゅうりょく (場の状態)

じゅうりょく (場の状態)

重力 ポケモン

米吉73号とは、のである。 は(重要) 概要 投稿者として に、のでとしての活動を開始。 の技「」を広めるため、パをとしたをしている。 編では「」という大会に出場。 全試合をパで戦い抜き、「」で着々とを 魅了している。 より、編でのを開始した。 尚、最近7が生まれたらしい。 編集技術について 『=』の通り 癖がにが行きがちだが、 の編集技術が妙に高く、稀にされたが歌い出すなど、 を身に着けている。 有名どころで言うなら、の最で作成した「」だろう。 一見、のが飛んだり跳ねたりしているだけの可らしいに見えるが、その実 「の各の内容や結末、そして様々なを反映したすさまじい一作」である。 大会終了後のでは、このを見た 参加者の闇薙優氏に はわかるけど、相当な労がいる とされた他、の氏には 皆でさぎょイプしてた時、吉さんずっと黙ってるんですよ。 で、「吉さん何やってるんですか」って聞いたら、「みんなの描いてます」って返ってきて。 それがこれだったって、とんでもないなって思いますよね と、それぞれされている。 また、その後で行われた大会である UP では戦で、で行われた Rでそれぞれ手描を披露している。 対戦について を用いた非常に丁寧な・解説が特徴的で、を見ているうちにいつの間にかパの基礎知識が身についていたり、パを使ってみたくなっていたりする ()。 使用ポケモンについて や等、 が使用できるが軸であるため、対戦ではあまり見かけないどころが多い。 は の有は言及されていないが、 で使用されている対戦では入っていない で「」を巧みに操る特殊な戦術を使い、他とは一味違ったを披露する。 は だけど最近扱いが雑。 プレイングにおいて 使用するの加減、の雰囲気から醸し出される狂気、での戦績 から評価されにくいが、 「」を使用した戦術においては他の追随を許さない理解度を誇る。 また、を長年使用しているためか、 大会の特殊への対応が高く、が変則的であればあるほど強い傾向にある。 ただ、その分が使用される機会は少なくなり、 最終的に「を合法的にブン殴れる」という理由だけでPTに入れたりする等、情がゆがみ始めている。 各大会において 白刀杯 編では「」という大会に出場し、を使える統一で試合に臨んだ。 より開催された「」に出場。 ここではであるをに入れてはいるものの、 「取られたら合法的にを殴れる」 「を外して相手からも扱い」 など、への情とへの謀反ともとれる強化に対する狂った情を垣間見ることができる。 各参加者がなれないで自滅や失敗を繰り返す中、間違いなくこのに対して一番の理解を示し、結果として を掻っ攫った。 様々な大会に呼ばれ、戦績に関わらずを増やしてきた氏であるが、遂にを果たすことになった。 重力=愛 そもそも「」とは何かを知らない方は、にもあるので調べてみることをお勧めする。 簡単に説明すると、「5の間、場にいる全てのは浮くことが出来ず、回避率が低下する(=技の命中率が上がる)」という効果を持つ補助技である。 や「」のは地に降ろされるため、の攻撃が当たるようになる。 これによりの強な攻撃技「」が効化されなくなり、パのとなる。 また低命中率の技が当たりやすくなるため、強な効果・威を持つが命中不安で使いにくいといった「」「」「さいみんじゅつ」「ばくれつ」などを容赦なく放つことができる。 倍率は1. 66倍であるため、必ず全ての技が当たるようになるわけではないが、そこを含めての技と言えよう。 、それはたった5の。 手描き=愛 米吉73号氏のでを引くのは、なんといってもがで作成したであろう。 なんというか、とても個性的で、その、うん。 毎回ので登場する達を絵に起こしていることから、氏のに対するがうかがえる。 の本数が増えるたびに編集も増しており、のたちが画面内を所狭しと飛び回ったり、急に動き出すといったな演出は必見。 上記の大会編「」を視聴すれば、氏の編集がうかがえることだろう。 詳しくはをご覧いただきたい。 ちなみに吉氏はこれを気に入っている様子。 良くも悪くも、=吉という、及び吉=というを創り出した元である 尚、本人は『は出してある!』と言っての様子。 また教の輪は大会参加者にも広まり、大会中やその後の通常回でパを使いだす者が現れるほどであった。 関連動画 関連商品 関連項目• 戦績自体は奮わなかったが、いずれも運に見放された試合であり 特にナタケ戦や戦 であり、まともにを絡めた戦略を止めたのは最ののみ。 尚、氏は催でありながら全勝を達成している。

次の

米吉73号とは (コメキチナナジュウサンゴウとは) [単語記事]

重力 ポケモン

重力を使った戦い方とは? 重力を使った戦い方には大きく分けて2種類存在します。 重力+地震 重力で浮いていられなくなったところに地震を決めていく戦術があります。 浮いている電気タイプにも地震を当てていけるのが楽しいですね。 味方も巻き込んでしまうため重力役には テレパシーの特性をもったポケモンが望ましいですが、とても珍しい特性のため使えるポケモンがかなり限られてしまいます。 重力+催眠術 重力下では命中率が大幅に上がりますが、中でも 催眠術を使った戦術が強力です。 催眠術はそれなりに覚えられるポケモンも多く構築の自由度もあります。 ですが、7世代ではカプ・コケコやカプ・レヒレによるフィールドにより催眠が通らなくなる点には注意が必要です。 重力の始動要員を考える 重力を覚えるポケモンはそう珍しいポケモンではありませんが、ある程度シナジーもあったほうが良いでしょう。 トリプルであれば補助専門でもいいのですが、シングルやダブルで使う場合には重力役もある程度動けるポケモンを採用していくべきですよね。 ムシャーナ トリックルームが使える、特性テレパシーで味方の地震を受けない、催眠術も使えると三拍子揃っているポケモンです。 対戦でムシャーナを見かけたらまず重力の可能性を疑いましょう! ヤレーユータン ムシャーナ同様トリルとテレパシーを持ち合わせていますが催眠術は覚えません。 その代わりに采配が使える点、精神力の可能性も考慮しなくてはならないため猫騙しが飛んできにくい点が長所として挙げられます。 デンジュモク 意外にもデンジュモクも重力が使えます。 あの特攻からの雷も恐ろしいですが催眠術も使えるので一人で全てこなせるポケモンになっています。 どちらかといえばシングル向きと言えるでしょう。 ポリゴン2 種族値が高く輝石の効果もあって重力の始動には困らないと思いますが、重力を発動させたあとの動きが吹雪くらいしかなくいまいちかもしれません。 でんじほうは100%にならないのが残念ですね。 ドータクン 鋼タイプの重力使いで催眠術もこなせるポケモンです。 大爆発で能動的に退場することもできるため、ダブルやトリプルだけでなくシングルでも採用していけます。 重力前提の場合は浮遊ではなく耐熱の個体を用意しましょう! 霊獣ランドロス 重力と地震を1匹でできるポケモンです。 高種族値で威嚇持ち、優秀なタイプを備えているため、繰り出し性能が高く潤滑油的な役割を担えます。 大爆発やとんぼ返りも覚えるのでルール問わず活躍できるのもいいですね。 ヤミラミ 悪戯心の重力持ちです。 猫騙しや先送りも覚えるため補助面は頼り甲斐がありますね。 フェイントで相手の守りを崩しながら味方の地震で退場したりもできますが、癖が強いので少し上級者向けかもしれません。 猫騙しやファストガードも使えるため、できることならトリプルバトルで使いたいポケモンです。 トリプル復活しないですかね?? 重力を取り入れられそうな構築 重力をダブルバトルで活用するアイデアを考えました。 シングルに関しては特筆すべきことがないので省略させていただきます。 雨パ 熱湯で我慢していた雨パのエースがハイドロポンプを使えるようになったら強いのは間違いないですね。 ニョロトノが催眠術や気合玉を覚える点もあり、雨パとの相性は良いと思います。 トリパ ムシャーナやヤレーユータンでトリルを貼り、ドサイドンで地震を連打しているだけでもそれなりに強そうです。 滅びパ メガゲンガーが滅びの歌と催眠術を覚えるので組み込んでみるのも悪くはないでしょう。 猫騙しも使えてメガゲンガーの上から重力を使えるヤミラミと組ませるのが良さそうですね。 まとめ 地震との組み合わせは構築を大きく歪めてしまうため、とっつきにくいものになってしまいました。 一方、催眠術との組み合わせであれば自然に組み込んでいけるのでおすすめです。 7世代では高火力ががんがん飛び交う環境であるため、重力を使うタイミングがなく正直厳しい印象ではあります。 ですが、ポテンシャルは秘めているのでメガやZのなくなる8世代では化けるかもしれません。 実際、メガシンカの登場する前の5世代では重力を見かけることが多かったです。 新ポケモンのジュラルドンも重力を覚えそうな見た目ですし、戦術の幅も広がるかもしれません。 今から使い方を練習して剣盾に備えておきましょう!•

次の

じゅうりょく (場の状態)

重力 ポケモン

67倍 に上がり、ようになる。 じゅうりょくは、ポケモンの技の一種。 説明文 たたかうわざ• ・・:5ターンの あいだ じゅうりょくを つよくして ふゆうや そらへ とぶ わざを つかえなく する。 ・(漢字):5ターンの あいだ 重力を 強くして ふゆうや 空へ 飛ぶ 技を 使えなくする。 :5ターンのあいだ ふゆうや ひこうタイプに じめんタイプの わざが あたるようになる。 くうちゅうに とぶ わざも つかえない。 漢字 :5ターンの間 ふゆうや ひこうタイプに じめんタイプの 技が 当たるようになる。 空中に 飛ぶ 技も 使えない。 コンテストわざ• :その ターンでは ボルテージが ふえなく なる。 :このあと アピールする ポケモン みんなを きんちょう させる• 低命中だが高性能の技を遠慮なく採用していける。 状態を無効化するため技との相性もよい。 実質ターン数は4ターンであり、に対するなどと違いターン数を延長させるアイテムはないので、動ける回数が多いダブル以上での使用率が高い。 におけるじゅうりょく PP10。 フロア全体をにする。 状態についての説明はを参照。 では使用できず、などでこのわざが選ばれた場合失敗する。 のみ、この技とに関するバグがある。 詳しくはを参照。 ・ではから出現するが使用する。

次の