ペット 祭壇。 ペットの祭壇は手作りできます!大切なペットへの想いを込めて作ろう|生活110番ニュース

【経験談あり】ペットの祭壇を手作りする方法!手順・必要な材料を紹介

ペット 祭壇

ペットはまさしく家族の一員。 しかし大抵のペットは人間よりも寿命が短く、先に旅立って行くものです。 だからこそペットの供養もしっかりとしてあげたいものですね。 ペットにも人間同様の仏壇を飾って、毎日手を合わせたいものですが、ペットの仏壇っていったいどこで売ってるの?って考えたことありませんか。 ペット用の仏壇も実はちゃんと売っているのです。 しかもペット専用に、仏壇・仏具・骨壷を売っている専門店がたくさん存在するんですよ。 ただしその数は、人間のそれに比べればまだまだ少ないのが現実です。 しかし、実際に足を運ばなくても、ネットショップで可愛いペットの仏壇や仏具を購入することが出来ます。 ちなみにこれらのペット仏壇店って、見た目も全然仰々しくなくて、何だかファンシーショップのような造りをしている店が多いんです。 店内を見回したり、ネットショップで商品を観覧しているだけで、とても温かく優しい気持ちになれるはずです。 ペット仏壇が買えるお店をまとめてみました にじのかけ橋KOBEのかわいい仏具セット 大切な家族同様のペットを亡くし、心がふさぎこんでしまっている人たちには、是非「」をご紹介したいですね。 ペット用のかわいい仏具セットが揃っているのはもちろん、ペットロスカウンセラーがあなたの心を癒してくれるでしょう。 にじのかけ橋KOBEはたんなるペット仏具の販売だけでなく、ペットを失った飼い主さんの心をケアしながら、かわいい仏具セットを始めとしたトータルコーディネートをしてくれます。 またメモリアルルームという、ペットをなくされた人同士が、SNSなどに想いを書き込めるといった心のケアも同時に展開しています。 いつまでもペットロスからの心の痛みが消えないという方は、1度にじのかけ橋KOBEのHPを訪れてみてください。 ペット供養なら大黒屋仏壇店 大正7年創業の老舗仏壇屋「」。 名古屋に拠点を構える伝統ある仏壇屋さんですが、このお店が提供するペット供養に最適なペット用電子仏壇が今注目されています。 この商品はプラスチック製で、とてもコンパクトで軽く、それでいながら亡くなったペットの思い出をよみがえらせてくれるような愛らしいデザインをしています。 電子線香・ろうそく・お花が揃ったセット商品で、火の心配をする必要もありません。 亡くなったペットの遺影が写されている電子仏壇本体の裏には、単四乾電池2本がセット出来る様になっており、優しいともし火を部屋にあたえてくれるでしょう。 スターキッズのペットメモリアルグッズ スターキッズファクトリーのペットメモリアルグッズを皆さんはご存知でしょうか? いわゆるペット仏壇の一種ともいえますが、このメモリアルグッズはガラス製のメモリアルプレートに大好きだったペットの遺影をプリントした非常に愛らしいグッズに仕上がっているんです。 部屋のインテリアとしても十分に利用出来ますし、天にめされたはずのペットが毎日微笑みかけてくれているようで、ペットロスに悲しむ飼い主さんたちの心も多少なりとも癒してくれると思います。 ペットの名前はもちろんのこと、生まれて旅立って行ったまでの年月、さらにはオリジナルメッセージまでも書き込むことが出来るんです。 こんな素敵なメモリアルグッズなら、きっと天国のペットも喜んでくれることでしょうね。 よねはらの骨つぼモニュメントで大切な思い出を永遠に! 大切な時間を共にしたペットを真心をこめて供養してあげたいのなら、仏壇仏具、神具、墓石の専門店「 よねはら」のペット仏壇をお考えになってはいかがでしょうか。 創業明治30年の老舗で、豊富な品揃えと安心な価格、さらに高品質と業界でも評判高い仏壇仏具の専門店です。 よねはらではペット仏壇や骨つぼモニュメント「」などを取り扱ってます。 骨つぼモニュメントとは、遺骨や思い出の品を収めることができる新しいペット供養の形。 イタリア生まれの思わずなでたくなるような柔らかいフォルムの骨壺で遺骨や思い出の品を収めます。 有料オプションで首輪ネーム彫りをやってもらえます。 安伽堂のペット仏壇は10300円から 静岡県に拠点を構える仏壇仏具のまごころショップ安伽堂は、産地メーカーより直接仕入れた高品質の商品を安心して安くで購入することが出来る優れたお店です。 豊富な仏壇、仏具のラインナップの中には、人間以外のペット仏壇も存在するのです。 このお店のペット仏壇の強みは、安伽堂という名前が示すとおりにとにかく商品がお安いということです。 ペット用の仏具セットは位牌のないものなら約1万円、位牌付のものでも2万円も出せばかわいいペット仏壇が手に入ります。 カラーはホワイト、オーク、ピンクの三種類。 亡きペットのイメージに合う色を選んであげて下さいね。 ペット仏壇に毎日手を合わせ、ペットの遺影を見て楽しい日々を思い浮かべてあげれば、いつまでも心を共に出来ることでしょう。 仏縁堂のペット仏壇ラブリーとプルミエ 埼玉狭山市に店舗を構える仏壇仏具の専門店「 仏縁堂」は、豊富な仏壇、神具のラインナップはもちろんのこと、愛らしいペット仏壇などのペット供養にまつわる商品もたくさん取り揃えているんです。 仏縁堂で人気のペット仏壇「 ペット仏壇・ラブリー」。 大・小とサイズを選べて作りもしっかりしています。 デザインもインテリアに馴染むと好評です。 そして骨壷を内蔵出来るボックスタイプの「 プルミエ」。 ボックスの正面にペットの遺影をはめ込むことが出来るシステムになっています。 骨壷も収納でき省スペースでシンプルなペット仏壇をお求めの方へおすすめです。 ペット仏壇、いくらぐらいのものを買えばいい? 「 ペット仏壇っていったいいくらぐらいなの?」と思う方も多いと思います。 ペットにちゃんと葬式を出してあげたり、仏壇を飾って供養をする習慣がまだそれほどポピュラーではないので、ピンと来る人は少ないかもしれませんね。 ペット仏壇の値段も当然マチマチではありますが、少なくとも人間用の仏壇と比べればはるかに安くつきます。 手のひらサイズの小さな仏壇に、写真を添えたようなものなら数千円で購入することが出来ます。 3〜4寸の骨壷が入る、ボックスタイプのものでも1万円ちょっとで購入可能です。 リビングに置いておいても、まったく違和感のないインテリアとして活用することが出来ます。 「 それでは少し物足りない!」という方には、ひな壇タイプの大き目のペット仏壇がお勧めですが、これも10万円も出せば立派なものが手に入ります。 大切なペットの仏壇が部屋の片隅にそっと置いてあるだけで、今も大切なペットの思い出と共に過ごしているような気分になれると思います。

次の

ペット火葬車で業者トラブルを避ける方法。安心して遺骨を供養しよう|生活110番ニュース

ペット 祭壇

軽く濡らしたタオルで、身体を拭いたり、櫛で毛並みをとかして、お身体を清めてあげましょう。 また、口元やお尻から、体液が流れ出てくることがあります。 拭いたり、脱脂綿を詰めるなどして清潔に保ち、身体の下にはペットシーツや新聞紙を敷いてあげましょう。 おケガや擦り傷などがある場合、ケガをされた部分から先に、臭いや体液が染みだしてくることがあります。 夏場は特に虫が寄ってくることも考えられますので、可能な限りで構いませんので、傷ができている部分をガーゼや薄い布で覆ってあげましょう。 また、お亡くなりになったペットの形見として毛を保管しておきたい方は、火葬してしまった後では手遅れになってしまいますので、櫛で優しく梳いてあげた際に残った毛を取っておきましょう。 短毛の場合や、櫛で取れない場合は、ハサミを使ってわきの下やしっぽの裏などの毛が比較的長いところを探して取りましょう。 毛を無理に引っ張ったり、ハサミでお身体を傷つけたりしないよう丁寧に行ってあげて下さい。 【2.正しく安置する】 ちょうどよいサイズの段ボール箱などを用意して、寝かせましょう。 箱の底はタオルや毛布を敷いた上に体液が漏れてきてしまう場合に備えてペットシーツや新聞紙を敷いて下さい。 お身体が大きいワンちゃんや、ちょうどいいサイズの箱がない場合、シーツやタオルの上に寝かせてあげて下さい。 ご葬儀にてご遺体を移動する際にシーツやタオルが敷いてあると、端を数人で持つことができるため、お一人で無理にお遺体を動かすことなく、スムーズにお運びすることができます。 安置する場所は、できるだけ涼しい直射日光の当たらない所にしてあげましょう。 腐敗を防ぐためにも、お腹周りにドライアイスや、保冷材を置いて、保冷してあげましょう。 また、保冷効果は、毛布などでお身体と保冷材を覆ってあげると高まります。 ペット火葬・葬儀屋さんに連絡しましょう】 最愛のペットと別れるのは辛いですが、いつまでも遺体のまま自宅に置いてはおけませんので、心にひとつの区切りがついた段階でお近くのペットの葬儀屋さんに連絡しましょう。 ペット葬儀社がどこにあるか分からない場合は、当サイトでも地域別にペット葬儀社さんをまとめていますので、お近くの葬儀社さんがないか探してみてください。 葬儀社さんの選び方ですが、愛するペットを火葬してもらうところなので、気分よく葬儀をしてもらえるところを選びたいものです。 いくつか葬儀社さんのサイトを見ていると、ペットに対する「気持ち」が伝わってきます。 お近くの葬儀屋さんのホームページを何サイトか比較してみて、気に入った葬儀社さんに連絡をしてみてください。 そこから後の段取りは葬儀のプロである葬儀社さんに任せれば安心です。 最愛のペットを安らかに送り出してあげるのが飼い主さんの最後の務めです。 ありがとうの気持ちを込めて、家族みんなでペットの冥福を祈ってあげましょう。

次の

ペット仏壇※売っているお店まとめました。

ペット 祭壇

自宅で埋葬できる移動火葬車について 移動火葬車は、ペットの火葬をおこなうために 飼い主の自宅に訪問する専用の車のことで、ペット火葬車と呼ばれることもあるようです。 見た目は普通のトラックやバンで、そこに火葬炉や排煙装置を積んで、 通常の火葬と同じようにおこなうことが可能です。 距離や時間などの都合で火葬場に出向くことのできない場合や、ペットを葬儀場へ運ぶことがむずかしい場合に選ばれることが多い火葬方法です。 そういった事情を抱えている方から必要とされている移動火葬車ですが、葬儀に関するトラブルの中には移動火葬車による問題もいくつか報告されています。 ペット移動火葬車で起きたトラブル事例 移動火葬車による問題の中に、こんな悲しい事例がありました。 移動火葬車を自宅に呼び、大型犬の火葬を依頼すると、自宅に火葬車が到着し 火葬が始まった途端に業者が高額な追加料金を請求したというものです。 それは、ホームページに掲載された金額のなんと 4倍にものぼっていたとのことでした。 ホームページにはペットの体重別の火葬料金が記載されており、この料金のほかに費用はかからないという文句まで書かれていてもこのようなトラブルがあとを絶ちません。 支払いを断ると、 「生焼けで犬を返す」などとひどいことを言って脅され、仕方なく追加の料金を払うことになってしまいました。 飼い主のペットへの愛情を踏みにじり、利用する酷い手口だといえます。 ほかにも、火葬が始まった途端に 「火葬をするために使ったオイル代と骨壺代」としてかなり高額な料金を請求されたというケースも報告されています。 大切なペットの最後の別れがこんなことになってしまうなんて、飼い主はどれだけ傷ついたでしょうか。 こうした飼い主の優しい心に付けこんだ犯罪は、悲しいですが数多くあります。 移動火葬車でのペット葬儀をおこなうときは、 慎重に業者を選ぶことが大切です。 移動火葬業者は利用者の多い方法でもある 移動火葬車は、 ペットの体が大きすぎる場合や、どうしても 火葬場へいくことができないという方にはとても重宝されています。 大まかな流れとしては、移動火葬車はまず自宅にペットの遺体を迎えにいき、そのあと住宅街を避けて近隣の迷惑になりにくい場所を選んで駐車します。 そしてそこで火葬をおこないますが、火葬以外にもオプションで花を添えることができる業者もあるようです。 24時間対応可能なところもあるので、生活スタイルによって日中時間を取れないという方でも気軽に相談することができるのです。 また、火葬の際はその臭いや煙、有害物質などが排出されることもなく、車のエンジンは止めるので騒音などの心配もいりません。 ほかにも、 ご自宅付近やペットとよく遊んだ思い出の場所の近くで火葬をおこなうことができるので、移動火葬はペットとの思い出を大切にしたいという方からも必要とされているのです。 問題を起こす悪徳業者もいますが、移動火葬車自体にはこうしたよい点がたくさんあります。 信頼できる業者を選ぶことができれば、気持ちよくペットを送り出すことができるのです。 ただし、葬儀業者によっては 太り過ぎているペットや 90kgを超えるような一部の大型犬を受け入れられないところもあるようです。 ちなみに、ペットとすることを許可されていない野生動物や、ペットではなく飼育されている鳥や豚などの動物も火葬はできません。 ほかに、火葬をおこなう際の天候も重要です。 葬儀業者によっては 悪天候が原因で火葬や収骨ができず、後日に延期する場合もあります。 ペット火葬車に依頼する際には、このような点も事前に確認しておくとよいでしょう。 ペット霊園と移動火葬車どちらを選べばよいのか これまで移動火葬車の特徴や利点についてご紹介してきました。 ここでは、ペット霊園と移動火葬車のどちらを選べばよいのか選択にお悩みの方に向けて、ペット霊園を利用するメリットについてもあわせてご紹介します。 火葬車は忙しくなくても供養しやすい ペットを火葬車で供養する場合は、 時間の融通が利きやすいため、忙しい方でも家族そろってペットを見送ることが可能です。 また、 自宅付近の慣れ親しんだ環境で供養できることもあり、近所の親しみのある方などに見守らながら火葬をおこなうこともできます。 霊園は手厚く供養できる 霊園で火葬をおこなう場合は、自然に面した立地であることが多いため、よい環境で供養することが可能です。 個別に火葬すれば、 人間と同じように手厚く供養でき、しっかり気持ちに区切りをつけることもできるでしょう。 また、合同火葬は、ほかの犬と一緒に供養されるため、ペットに寂しい思いをさせたくないという方に適した火葬方法です。 遠方の方や、移動手段がない方は、頻繁に来園することが困難になるため、霊園を選択する場合は、立地や場所、移動方法などをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。 ペットの埋葬をよりよい供養にするために 移動火葬車でペットの火葬をする場合は、信頼できる業者を探すことが大切です。 また、移動火葬車でおこなう葬儀の流れについても詳しく知っておく必要があります。 移動火葬車での問題の中には、 飼い主と業者のあいだで認識のずれが発生してしまったことで、納得のいかない結果になってしまったというケースも多くあるのです。 移動火葬車でのペット火葬の流れは、まず自宅まで移動火葬車に来てもらいます。 ペットの遺体を乗せて、そこで飼い主とペットはお別れし、火葬は自宅から離れたところで業者がおこなう場合があります。 目の前でペットが火葬されるところを見たくないという飼い主が、こういった手段を希望することがあります。 また、移動火葬車と一緒に、近所の邪魔にならない場所へ移動して、飼い主の手により点火をおこなえる業者もあるようです。 火葬を終えたあとも、お骨上げから遺骨を骨壺に入れるところまで業者がおこなうところもあれば、お骨上げからすべて飼い主ができるところもあり、業者によってさまざまです。 依頼する前に、その業者が どういった流れで火葬をおこない、立ち会いやお骨上げなどを どこまでなら飼い主が参加できるのか、事前に調べておきましょう。 そうすることで、トラブルを防ぐことができるはずです。 飼い主自身も、そして亡くなったペットにも悲しい思いをさせないためにも、 葬儀を依頼するときは信頼できる業者をじっくり選ぶことが大切です。 まとめ 移動火葬車による問題だけでなく、ペット葬儀に関するトラブルは数多く起きています。 トラブルに巻き込まれないためには、飼い主自身がペットの葬儀方法やその流れ、また実際に起きたトラブルの例などについて詳しく知っておくことが重要です。 現在ペットを飼っている方は、こんなに元気に生きている子の葬儀についてなんて、なかなか考えられないと思うかもしれません。 しかし、早いうちから飼い主が葬儀に関する知識を持っておくことで、いざというときに愛するペットを守ることができるのです。 いつか訪れるお別れの日に悔いを残さないためにも、今一度ペット火葬車や葬儀方法について考えてみることをおすすめします。 この記事は2020年3月25日に加筆・修正しています.

次の