フスコデ 成分。 緑内障に抗コリン禁忌の疑義照会について

フスコデ(製)

フスコデ 成分

はじめに フスコデは、有効成分ジヒドロコデインの咳止め薬です。 風邪やインフルエンザをはじめとする咳がでる病気に用いられます。 日本では、錠剤とシロップの製剤が販売されています。 今回は、フスコデの効果効能、副作用や注意点について紹介します。 目次 フスコデってどんな薬? フスコデは様々な病気の咳を鎮める目的で用いられます。 有効成分は、ジヒドロコデインリン酸塩・dl-メチルエフェドリン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩です。 日本では、錠剤が1967年7月に、シロップ剤が1963年1月に販売開始されました。 効能又は効果 下記疾患に伴う咳嗽 急性気管支炎,慢性気管支炎,感冒・上気道炎,肺炎,肺結核 引用:フスコデ 添付文書 フスコデって何の病気に使えるの? フスコデは咳を鎮める効果があります。 咳がでる原因としては、喉に入ってきた異物を検知して、生じる反応が主です。 反射(意思とは関係なく生じる反応)で生じます。 フスコデってどうやって効くの? フスコデの有効成分は、それぞれ下記の反応を通して、咳を鎮める効果を持ちます。 ジヒドロコデインリン酸塩 ジヒドロコデインは、延髄に存在する咳中枢(咳反射を司る中枢神経)に作用して、咳反射を抑制する効果があります。 クロルフェニラミンマレイン酸塩 ヒスタミンH 1受容体に作用し、ヒスタミンによる刺激をよくすることで、気管支を広げる作用を示します。 フスコデの一般的な使う量と回数 用法及び用量 通常成人1日9錠を3回に分割経口投与する。 なお,症状により適宜増減する。 小児には以下のように投与する。 12歳以上15歳未満の小児に対しては、1日6錠、1回2錠を毎食後が基本量となります。 なお、適宜、使用量に応じて増減しますので、医師の指示に従ってください。 医師の指示と異なる場合は医師の指示を優先するようにしてください。 フスコデで気を付けることは? 服用してはいけない併用薬あり フスコデと一緒に服用してはいけない薬が設定されています。 現在服用している薬は、お薬手帳を活用するなどして、ひとまとめに管理し、適宜医師や薬剤師に確認してもらうようにしてください。 フスコデのジェネリック(GE)ってあるの? フスコデ配合錠にはジェネリックがありません。 フスコデ配合シロップは、それ自体がジェネリックです。 なお、先発の薬名はライトゲン配合シロップです。 フスコデの市販薬(OTC)ってあるの? アイロミン錠 1日量(18錠)中 リン酸ジヒドロコデイン・・・・・・・・27.0mg dl-塩酸メチルエフェドリン・・・・・48.6mg マレイン酸クロルフェニラミン・・・・・・6.4mg グアイフェネシン・・・・・・・・・・165.6mg 乾燥水酸化アルミニウムゲル・・・・・270.0mg キキョウ末・・・・・・・・・・・・・374.4mg カンゾウ末・・・・・・・・・・・・・216.0mg セネガ末・・・・・・・・・・・・・・216.0mg 赤字が、フスコデに含まれている成分です。 それに追加して、たんの排出を促したりする漢方薬が配合されています。 他にも、咳止めで売り出されているOTCの多くに、この3つの成分が含まれているので、ドラッグストアの薬剤師・登録販売者に確認してみるとよいでしょう。 まとめ フスコデは、咳止めの薬です。 ジヒドロコデインリン酸塩・dl-メチルエフェドリン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩を有効成分に含み、それぞれ咳止めの作用を示します。 使用に際しては、医師の指示に従って使用するようにしてください。 関連する薬•

次の

フスコデ配合シロップの副作用と咳への効果は?成分は何?

フスコデ 成分

フスコデに含まれている有効成分 ・ジヒドロコデインの作用機序 細菌やホコリなどの異物が侵入すると、のどがこれを感知します。 このときのシグナルが脳に送られると、くしゃみをします。 もっと詳しく言えば、脳の延髄に存在する咳中枢がのどの違和感を感知すると、咳が起こります。 これにより、のどに詰まっている異物を外へ排出します。 咳中枢が刺激を受けるたびに咳を生じます。 そこで、 薬によって咳中枢に作用すれば、多少の刺激では咳が起こらなくなります。 このような作用によって咳を抑える薬がジヒドロコデインです。 咳を抑えるため、鎮咳薬(ちんがいやく)と呼ばれます。 ジヒドロコデインは麻薬性の鎮咳薬です。 「麻薬性」という括りではありますが、医療用として使用される量では依存性を心配する必要はありません。 そのため、副作用も少ないです。 ・メチルエフェドリンの作用機序 風邪などによってのどに炎症が起こると、その分だけ気道は狭くなってしまいます。 その結果、呼吸を行いにくくなるため、その分だけ咳き込みやすくなります。 そこで、気管支を拡張させることができれば、呼吸をしやすくなります。 メチルエフェドリンは気管支を拡張させる作用を有しています。 これは、興奮時に働く「アドレナリン」と同じ作用をエフェドリンが有しているためです。 運動時など、体が活発に動いているときは相手をよく見るために瞳孔は開き、力を出すために血管は収縮します。 このとき、たくさんの空気を取り入れるために気管支は拡張します。 このときに働く物質がアドレナリンです。 そこで、アドレナリンと同じように「気管支に作用することで、気道を広げる作用」を有する薬を投与すれば、風邪を引いたときにも同じように息がしやすくなります。 このような考えにより、風邪のときに気道を広げるために投与される薬がメチルエフェドリンです。 ・クロルフェニラミンの作用機序 細菌やウイルスが侵入してきたときはアレルギー反応が起こります。 免疫がアレルギーを引き起こすことにより、病原微生物の働きを抑えることができます。 例えば、アレルギーによって起こる鼻水やくしゃみは、細菌などを外に追い出すときに有効です。 ただ、アレルギー反応が強くなってしまうと、体に悪影響を及ぼします。 そこで、アレルギーを抑えるために薬が使用されます。 免疫細胞からは「アレルギーを引き起こす物質」が放出されます。 この「アレルギーを引き起こす物質」を ヒスタミンといいます。 そこで、ヒスタミンの作用を薬によって阻害してしまえば、アレルギー反応を抑えることができます。 ヒスタミンの働きを阻害することにより、アレルギー症状を抑制する薬がクロルフェニラミンです。 ヒスタミンを阻害するため、抗ヒスタミン薬と呼ばれます。 クロルフェニラミンは古くから使用されている薬であり、安全性が確立されています。 クロルフェニラミンを含め、抗ヒスタミン薬の有名な副作用として「眠気」が知られています。 抗ヒスタミン薬の中でも、クロルフェニラミンによる眠気の副作用は特に強いです。 ただ、小児の風邪であれば、眠気の副作用は好都合です。 これらの作用機序・特徴を有する3つの有効成分を組み合わせた薬がフスコデです。 錠剤(フスコデ配合錠)やシロップ(フスコデシロップ)などの剤形を選ぶことができ、小児科で多用されます。

次の

医療用医薬品 : フスコデ

フスコデ 成分

記事の内容• 回答:総合感冒薬(かぜ薬)の『カフコデ』、咳止めの『フスコデ』 『カフコデ』と『フスコデ』は、どちらもを使った配合薬です。 『カフコデ』は、解熱鎮痛薬やアレルギーの薬など6種の薬が入った、 総合感冒薬(かぜ薬)です。 『フスコデ』は、3種の咳止め薬が入っている、 純粋な咳止めです。 ただし、「リン酸コデイン」は全ての咳に効くわけではなく、で、また。 そのため、咳止めがいまひとつ効かない場合は、一度病院を受診するようにしてください。 回答の根拠:配合成分の比較 『カフコデ』には6種類、『フスコデ』には3種類の有効成分が含まれています。 5mg 1 カフコデN配合錠 添付文書 2 フスコデ配合錠 添付文書 どちらにも共通して、咳止めの「リン酸コデイン」、気管支を広げて呼吸を楽にする「エフェドリン」、アレルギーを抑える「抗ヒスタミン薬」が入っています。 幅広い効果が期待できる『カフコデ』 『カフコデ』には、咳止め、呼吸を楽にする薬、アレルギーの薬と併せて、更に解熱鎮痛薬の「アセトアミノフェン」、軽い催眠効果を持つ「ブロモバレリル尿素」も入っています。 そのため、咳やくしゃみ・鼻水のほか、発熱や痛みなど風邪の諸症状に幅広く効き、よく眠れるようにもなります。 咳止めに特化した『フスコデ』 『フスコデ』には、咳止め、呼吸を楽にする薬と、アレルギーの薬が入っています。 このアレルギーの薬「クロルフェニラミン」は、主に咳止めとしての効果を強めるために配合されています2。 そのため、咳止めに特化した薬と言えます。 薬剤師としてのアドバイス:「配合」の薬は、中身に注意する ほとんどの医療用の薬は、1つの錠剤・カプセルに有効成分は1つしか含まれていません。 しかし『カフコデ』や『フスコデ』、です。 こうした薬を飲んでいる際、医師や薬剤師に「薬を1つ飲んでいる」といった伝え方をしてしまうと、薬の内容が正しく伝わりません。 「配合」という名前が薬に入っている場合、複数の有効成分が入っている薬剤であることを意味していることに注意してください。 ポイントのまとめ 1. 『カフコデ』と『フスコデ』は、「リン酸コデイン」の入った配合薬 2. 『カフコデ』は、解熱鎮痛薬を含む6種の薬が入っている「総合感冒薬(かぜ薬)」 3. これは、「リン酸コデイン」の気道分泌抑制作用によって、痰など分泌物の粘度が高まってしまい、気道を閉塞させる恐れがあるからです。 また、や副鼻腔炎などによっても咳が続くことがあります。 こういった咳も、咳止めではなくそれぞれの原因疾患を治療する必要があります。

次の