北 朝鮮 公開 処刑。 北朝鮮の処刑方法が残酷すぎる。子供にも公開される犬や高射砲を使った粛清

金正恩氏の残虐な処刑法を米メディア公開 赤ちゃんを犬のエサに

北 朝鮮 公開 処刑

現在、金正恩の言動のみ注目されがちですが、その背景として、金正日・金日成による独裁国家時代としての歴史的背景を知る事で、北朝鮮の処刑の残酷性を知る事ができます。 粛清とは基本「殺す」という事だけではなく、政治に関わる事ができないように追放する事も含まれます。 ですが、北朝鮮の粛清=死刑と捉えてしまう程の残酷性があるのは、北朝鮮という独立国家における、粛清死刑観があると、考えざるをえません。 金正恩氏以前から、北朝鮮では、粛清対象者の頭の中に悪いものがあるから、それを取り除かなければならないという考えがありました。 それを、取り除くために、粛清者の頭を銃器で打ち抜くという事が行われていたのです。 こういう歴史を元に、金正恩氏は高射砲による死刑と捉える事ができる粛清を行っているとも考えられます。 北朝鮮の粛清の中で有名な粛清は、ナンバー2の張成沢氏への粛清です。 これまでは、粛清は結構TVや画像に映らないようにされる事が通常でしたが、張成沢氏の場合は連行される所を明確に映して世界に向けて発信しているようにも見えます。 画像を見れば一目瞭然ですが、張成沢氏の顔や腕をみれば痣があり、暴行を受けた事が予想できます。 また、今までは粛清された幹部は粛清後金正恩氏と映っている画像を消して、あたかも、はじめからいなかったような修正が行われていましたが、張成沢氏の場合はそういう事はされませんでした。 これはある意味、北朝鮮国内に対する公開処刑だけでなく、世界にむけての公開処刑とも捉える事ができるかもしれません。 また、粛清は張成沢氏のみにとどまらず、家族にも及びます。 連帯責任というやつですね。 ですから、もちろん女性や子供といったことにかかわらず粛清されるという訳です。 古い話しですが、織田信長の比叡山焼き討ちを思い出さざるを得ませんね。 最近では2016年に高校生というまだ子供である、男性・女性16人が、アメリカの映画を見たという、自分の国と対立する思想の映画を見たという事で収容所に送りこまれてしまうのです。 高校生というまだまだ子供である女性には悲劇が待っていました。 まず、収容所に行くと女性は、無理やり男の看守に服を無理やり脱がされる事になります。 そして、怪しいものをもっていないか全身を触られるのです。 そのあと女性は様々な拷問を受けます。 女性特有の拷問として、媚薬を塗られるという事があります。 完全にアダルトビデオの世界が許される国なのでしょう。 女性といえども北朝鮮の独立国家を守るために、少しでも疑いがかかればこういう目にあってしまうのです。 もちろん、女性は媚薬で終わるとは考えにくいですよね?女性は性的虐待をされ、精神的におかしくなってしまうまでされてしまうのです。 そして、改めて申し上げますが、高校生というまだまだ子供に対しても行っている状態なのです。 北朝鮮は粛清や処刑において、ビデオや画像を修正する行為がわかってます。 特に、今までは北朝鮮の幹部を粛清する事になると、金正恩氏と映っていたビデオや画像を修正し、あたかもはじめからいなかったような加工がされていました。 それが、張成沢氏の粛清の時にはそのままビデオや画像を修正する事なく、そのまま流しているという事実があります。 ビデオや画像はそれくらい簡単に修正する事ができるという事です。 では真実を知るのにはどうすれば良いのでしょうか? 今は衛星という方法でビデオや画像を確認する事ができます。 これを、一番最初に見ることで実際にどのような処刑及び公開処刑されているかわかります。 私たちは、日本やアメリカ、韓国政府の情報を修正していないと信用せざるを得ませんね。 真実を知るには、自分独自の衛星通信を持つしかないのでしょうか? 北朝鮮ナンバー2張成沢氏の処刑は前段階がありました。 それは、部下2人を張成沢氏の目の前で高射砲による砲撃で肉片化させたのです。 銃で頭を打ち抜くのも残虐だが、ぶっとい砲弾である高射砲による肉片化は、近くにいた張成沢氏を失神させたのもうなずけます。 ちなみに、張成沢氏への死刑は2つの説があります。 一つは銃殺刑。 銃によって北朝鮮の考えである、頭の中の悪い部分を破壊するために、頭を壊すという考えの死刑。 もう一つは犬刑。 大量にいる空腹の凶暴な犬の群れの中に張成沢氏一人を、その檻の中に放りこむのです。 じわりじわりと自分の肉を噛み千切られる恐怖は、自分ならとても耐えられるものではないとかんがえます。

次の

【閲覧注意】残酷な拷問・処刑方法に世界が震えた!! 本当に実在した恐ろしい処刑法【グロ注意】

北 朝鮮 公開 処刑

公開処刑(図はフランスのギロチン刑の例。 で国王が、ギロチンにかけられた様子である。 切断された首が、観衆に見せしめられている。 ) では、のやによるの火刑など中世の死刑などは公開される娯楽として扱われた。 時、特に時代には、国王・貴族をはじめ政争に破れた者などへの公開処刑が、首切り役人による公開のから変更されたにより多数行われた。 フランスではまでギロチンの処刑が公開された。 公開処刑は常にお祭り騒ぎで、最後の処刑では周囲の建物までが見物のため貸切られるありさまであり、このような蛮行は国民道徳によくないとして、ついに公開は停止されるに至った。 イギリス [ ] の公開処刑は、一般庶民から()に対してまで行われていた歴史を持つ。 庶民の娯楽となっていた点はフランスと同じで、のは、からにかけての刑場とされていた。 のの処刑では、当時のロンドン市の人口の3分の1にあたる20万人以上が繰り出したという。 タイバーン刑場はに閉鎖されたが、に場所を移して公開処刑は続けられ、には殺到した見物客100人以上が圧死する事故も起きている。 イギリスにおいて公開処刑が完全に廃止されたのはであった。 イタリア [ ] かつてのには、にて市民の娯楽にまで高めた形の公開処刑が行われていた。 中世から近世にかけても、公開処刑はなど国内数カ所で行われている(など)。 著「」の中には、ローマの公開処刑をモチーフにした節が登場する。 日本 [ ] の以前の死刑は、が高い者のなどをのぞき、ほとんどが公開で行われた。 特にからにかけてさかんに行われ、によるおいのの妻子のや、の釜煎(いわゆる)などは有名である。 それまでの死刑を引き継いだの刑罰では、(はりつけ)、火罪(、火あぶり)などは公開で行われ、(のこぎりびき)は元々処刑に一般市民を参加させる方式である(ただし実際に挽かせることはなく、などと同じく、晒しの効果を目的としていた)。 また、は斬首刑後の頭部を公開する刑である。 になってからは、西洋の法制度(主に)が移入され、公開処刑は廃止された。 477条2項で、「検察官又は刑事施設の長の許可を受けた者でなければ、刑場に入ることはできない。 」と規定されている。 許可があれば刑場に立ち入れるのであるが、政府()の国会答弁などによれば、これは被執行者の希望する教誡師や宗教家などの立会いを想定した規定であり、不特定多数の第三者に立入りを認める趣旨ではない。 実際に被害者の()が立ち会えるように要請したが拒否されている。 には、(当時)がの犯人ら二人の処刑に立ち会っている。 (30年)に行われたの死刑執行では、テレビでが放送された。 第二次大戦中と戦後のヨーロッパなど [ ] 中のが、占領先のなどを捕らえて、絞首して木に吊るすなどして見せしめにしていたところを捉えた写真が多数残っている。 時には、自国のが相次いだが、これらを捕らえて即決ので死刑とし、「妻子と祖国への義務を怠ったため、私はここに吊るされている」というプラカードを首から提げて、街灯に吊るされている光景が、いたるところで見られた。 また、ナチス敗北後、欧州全域でナチスやその協力者に対する激しいが行われた。 特に憎悪の対象となったのが、自国民の中から出た対独協力者で、多数の人間が群衆の面前でされたり、絞首・銃殺により処刑された。 現在それらの様子をとらえた少なからぬ動画が残されている。 中華人民共和国 [ ] は2000年代まで公開処刑を行っていた。 そのような画像は各種報道や上で公開されていた。 例えばの「デイリーチャイナ紙」によると、のクリスマスの一週間前、中国ので13人の犯罪者が2万人の市民たちの前で公開処刑された。 その1ヶ月後の1月20日には、また14人が同じ場所で公開処刑され、2月13日には16人が公開処刑されたという。 また、同じ頃にでも8人犯罪者が公開処刑されたとのことである。 また、 デイリーチャイナ紙のインターネットサイトのWebサイトでは、銃殺による10人の女性の同時公開処刑の画像を掲載している。 またその他の公開処刑の画像では競技場らしい場所(観客席や電光掲示板がある)でも行われているようである。 これは多くのから批判された。 しかしを間近に控えた以降公開処刑を行っていない。 また銃殺から薬殺に変更されている。 2012年に中国は「死刑を執行したことは公開されるべきだが、死刑の執行を公開するべきではない」 という公開処刑の禁止を刑事訴訟法に書き込み、正式に公開処刑を禁じた。 朝鮮民主主義人民共和国 [ ] も公開処刑の噂が絶えない国である。 1990年代から件数が増加したと言われており、1998年にの「に悪い物が詰まっているのだから頭を撃ち抜け」という命令が行われてからは、頭をするが多く行われるようになったという説がある。 日本では、隠し撮りされた映像が取り上げられることがある。 その他の処刑方法については絞首刑やが行われているという説がある。 処刑後、見学者全員に対して遺体に石をぶつけるように命令されたというの証言がある。 以降は食糧難、経済難から中国へ無断渡航する者、への亡命失敗者が後を絶たぬため、見せしめに街中の広場で2、3ヶ月に一度行われている。 これはの収容者が満員になっているためという説もある。 死刑になるのは『反国家犯罪』、『国家転覆陰謀罪』、『テロ罪』、『祖国反逆罪』の罪だが、独裁体制であるためその適用範囲は曖昧であり、または窃盗 でも死刑になる。 2007年に・が配信した情報によると、韓国の北朝鮮支援団体「良き友達」のニューズレターは、北郊にある順川の屋外競技場で10月5日、公開処刑を見に来た群衆が折り重なって倒れ、6人が死亡、34人が負傷したと伝えている。 それによると、処刑されたのは、父親がかつて活動をしていたことを隠し、自らも違法な投資などをしたとされる75歳の工場経営者とされる。 同競技場には約15万人が詰め掛け、死傷した人々は、処刑終了後に一斉に帰り始めた群衆に踏み付けられたという。 なお、韓国のや情報機関・の当局者は同事故を確認していないとのこと。 2016年、韓国のの報道によると、が政権をとってから年平均処刑人数はもともと30人くらいだったが、2016年に入りその2倍となる約60人の住民が処刑された。 公開処刑の例として、2013年に当時北朝鮮の事実上No. 2 であり金正恩の叔父で後見人とされた(チャン・ソンテク)を粛清し、2015年に(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長(国防相に相当)が居眠りを理由に反逆罪でで公開処刑したことがある。 イスラム教国の一部 [ ] の支配力の強い一部の国でも、公開処刑が行われている。 斬首刑のほか、刑のような、見物人が執行に直接加わる形の処刑もある。 では政権時代に公開処刑が盛んに行われていた。 たとえばに、前年に爆弾を爆発させた容疑で有罪判決を受けた男性4人がカブールの大統領公邸近くでクレーン車から吊るされて処刑されたとの報道があった。 では死刑執行は現代でも公開処刑で行われている。 1980年1月9日に行われたの主犯らのはサウジ全土にされている。 このような公開処刑のが海外に流出して問題視されたことから現在では公開処刑のは禁止されている。 また処刑場所はの敷地であるため処刑場所に異教徒(外国人)が立ち入ることは禁止されている。 小型撮影機材の発達した現在では観客による隠し撮りが横行しており、頻繁にネット上に映像が流出している。 イスラム法には「信者を処刑に立ち会わせなさい」とする記述があり、これが公開処刑を行う法的根拠となっている。 また処刑への立会いは被害者遺族の権利であると考えられているため、公開しないことが違法行為であると考えられる場合もある。 このような事情から、見せしめという意味よりも「イスラム教徒の処刑に立ち会う権利」を重視している結果である。 公開処刑が残っている国 [ ] 公開処刑は近代合理主義に基づく民主主義国家体制ではない体制を持つ国家で行われることが多い。 前述の北朝鮮、アフガニスタン、その他のイスラム国家である。 主要な民主主義国家では、公開処刑は20世紀初頭でなくなっており、そもそも欧州諸国をはじめ、死刑制度自体を廃止またはその執行を停止している国も多い。 民主主義国家では条件付きながらアメリカがあげられる。 州と事件性を考慮され、たちによるのようなあまりに社会的反響が大きな事件の場合、遺族に限って死刑執行が公開されることがある。 また厳密には公開処刑と呼べないかもしれないが、邪悪な連続殺人犯だと、生きているという噂を防ぐため、死後死体を写真で公開することがある(など)。 比喩表現としての意味 [ ] 公衆の面前 テレビなど で、第三者による作為的な意図の結果、大変恥ずかしい思いをさせられた場合、その状況説明として使われることがある。 また例えば誰かが、スタイルや顔がはるかに美しい人たちといっしょにメディアに出演させられ、いやおうなく比較され見劣りしてしまうような場合にも「公開処刑」という表現が使われる。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

新型肺炎が招く北朝鮮崩壊のシナリオ 金正恩氏が処刑される可能性も?

北 朝鮮 公開 処刑

恐怖政治、再び(2) 北朝鮮当局は、国際社会からの人権侵害批判を意識してか、ここ2~3年は公開処刑を控える傾向にあった。 ところが、今年2月以降に複数回の公開銃殺が執行されたと、デイリーNKの内部情報筋と米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。 北朝鮮は、どうしてここへ来て公開処刑を再開したのだろうか。 気になるのは、経済制裁の影響である。 1990年代半ばからの大飢饉「苦難の行軍」の期間中に、公開処刑は激増したとの説もある。 国民生活の困窮が秩序の乱れにつながり、それを当局が恐怖心で抑え込もうとしたからだと思われる。 (参考記事:) 北朝鮮専門のニュースサイト・NK朝鮮の2001年3月23日付の記事で、脱北男性のチョン・ナムさん(28=当時)は北朝鮮・咸鏡北道(ハムギョンブクト)の穏城(オンソン)郡に在住していた当時、次のような人々が公開処刑されたと証言している。 ちょうど「苦難の行軍」に当たる時期である。 「1996年からの2年間に、私が直接見た公開処刑の死刑囚は、大豆を盗むため殺人を犯した22歳の青年、協同農場の牛を殺して市場に売り飛ばした47歳の男、6カ月間に数回に分けてトウモロコシ60キロを盗んだ除隊軍人、他人の物を盗もうと走行中の列車の屋根から人を突き落とした32歳の炭鉱労働者、工場の物資を横流しした31歳の女性経理職員などだった」 殺人は別としても、牛や穀物の窃盗、物資の横流しで極刑になるとは、日本社会の感覚ではとうてい、理解できないものだ。 逆に言えば、当局が極刑をもって臨んでも、こうした犯罪を抑止できなかったということだろう。 一方、脱北男性のキム・ウンチョルさん(32=同)も同様に、NK朝鮮に対して次のように証言している。 「最も記憶に残るのは96年、新義州(シニジュ)の飛行場近くにある公開処刑場で行われた除隊軍人の男女5人の公開銃殺だった。 女性2人は20代後半の美人だった。 男たちと一緒に電線を切って中国に売り飛ばして逮捕された。 若い女性が杭に縛られ、銃で撃たれて死ぬ姿を見るのはものすごく気分が悪かった。 電線を切ったのは大きな罪ではあるが、あのように殺す必要があるのかと感じた」 (参考記事:) キムさんは公開処刑という行為に対して疑問を感じると同時に、電線の窃盗が「大きな罪」であるとの認識を語っている。 社会の窮乏が行くところまで行くと、罪科の軽重や人の生命に対する感覚に、重大な影響が及ぶということなのだろうか。 (つづく) (参考記事:).

次の