お 目 汚し 失礼。 「お目汚し」の意味・使い方・類語とは?失礼しました/失礼します

「お目汚し」の意味、使い方、例文、類語、英語!「お耳汚し」とは?

お 目 汚し 失礼

七章 ある日、またある日 『主がみんなに、日々の記録をつけよということで、日記なるものが支給された。 せっかくだから書いてみようと思う。 新しい主がここにもう2ヶ月。 時間が過ぎるのは早いものだ。 あの地獄は遠い過去になりそうだ。 今日、短刀たちや加州くん、大和守くんが畑に植えた野菜から芽が出たと言って喜んでた。 主もいい歳だろうに、みんなと子供のようにはしゃいでいた。 やはり、20歳とはまだ子供なのかな…あの子たちが育てた野菜を料理するのが楽しみだ。 …こういうのも、風流だな。 またひとつ良いことをしったよ』 『今日、僕は洗濯物をする係でした。 みなさんあまり洗濯に無関心だったからか、回収しに部屋に行くとたくさん貰いました。 でも特に、手入れ部屋の、血で汚れたお布団の汚れがなかなか落ちなくて困ってたところ、水に漬け込んで踏んだらいいと主様が教えてくれました。 なので、薬研さんや五虎退さん、前田さんや平野さんたちといっぱい踏んでみました。 楽しかったし、本当に落ちやすくなったので、これからも参考にします。 …主様の部屋に洗濯物を取りに行った時、一期一振さんが近侍としてお仕事をしてました。 …幸運を呼べないこんな僕でも、主様は近侍に選んでくれるかな……』 『…仕事なんてする気が起きない。 やらなくていいって言われてるんだから、やらなくていーじゃん。 ちょうどいい木陰を見つけたから昼寝しようと思って近づいたら声が聞こえた。 上を見ると主がこんのすけ…たしか毛玉って言ったかな?? そのこを抱えて、助けてください、降りれないんです…って半泣きで俺に行った時は笑うしかなかったな…それに、俺、大太刀っていっても身体こんなに小さいのに…なんで俺に頼むんだか…刀解指示を政府から受けてる時にあれだけ言ってたのに……ほんと、おかしなあるじだよね』 『…あぁ、最近は何故かいらいらする。 ……あの口ばかりな主がきちんと仕事をこなせているとは到底思えない。 だからこそ俺がそばにいた方がいいのにどうしてそんなことも分からないのか…やはり馬鹿なのだろうか…そうだな、馬鹿なのだろうな俺の主は…乗り込んでくるくらいだからな……にしてもなぜ一期一振なのか理解に苦しむ…やはりそこはこの俺が………』 『かっこよく厨のお手伝いに来ましたとやってきた主は、実は本当に料理下手だった…。 かっこよさを追求する以前の問題だよ…これでよく僕らを説得するときに自分もお手伝いしますって言ったものだよ全く…猫の手をまずは覚えてもらわないとだね…』 『ワタシが、主の目の前に急に立ったときに「ぬ、脱がないでくださいね?! 辞めてくださいね?! そ、そういうのは今度!! また今度お願いします!! 」と顔を真っ赤にして逃げながら言っていたのはとてもオモシロかったですネ。 …しばらく、脱ぐだの脱がないだのやってませんでしたネ……少しくらい素を出しても大丈夫なのデスかね…くだらないと鼻で笑われないデスかね… …いけない、ワタシは妖刀、この程度のことで気を落とすなど…あぁ…やはり人の体は、ココロは…ままならないですネェ…』 『新しい馬が来た!! 綺麗な毛並みの栗毛!! やっぱり動物はいいなぁ〜こんなに可愛くて素直なんだもんなぁ〜…なんでみんな馬当番嫌がるのか分かんないな。 今剣と暫くは馬当番になりそうだし、先に俺が背に乗せて貰えるよう頑張ろう。 』 『うまです!きれいなくりいろの毛なみがすてきでつぶらなめがかわいいうまです!!がんばってそだてます!!それで、いわとおしにじまんするんです!! ぼくががんばってそだてたから、いちばんにせにのせてくれたんですよって!! 』 『いち兄のお手伝いのために書類整理をしてたら、主様の悲鳴と足音が聞こえて、何事かと思ったら、半分裸の村正さんに主様が追いかけられてました。 ほんっっとうに驚きました。 前田なんか空いた口が塞がってなかったです。 そのまま走ってきた主様が僕の後ろに隠れたのも驚きでした…僕の後ろに隠れてくださるなんて…困った時に僕を頼ってくださったと自惚れて良いのでしょうか……あぁ、またこんなこと考えてる。 僕は一体、いつからいまの主様を怖いと思わなくなったのだろう…それどころか、お役に立てると、素直に嬉しいと感じるなんて……長らく忘れていた感情のようにかんじます。 』 『今剣は今日も無事だった。 俺のそばを離れて馬当番に行くと自ら言い出した時はどうしようかと思ったが…俺が過保護すぎるのか…かような、小さき審神者に何かできるわけでもなかろうに…あの者をずっと警戒してきたが、以前の審神者と違うと…そう信じて良いものか…やはりまだ怪しい…俺よ、常に冷静たれ…』 『…俺、可愛いんだぁ〜…良かったぁ〜〜。 まさか、主がネイルの変化に気づいてくれるなんてね。 めげずに気を使ってて良かった。 これから頑張っちゃうなぁ…安定に現金なヤツ…って笑われたけど別に構わないし!! 』 『…清光が今日主に可愛いって言われてた。 ……俺も!! って思ったけど、俺には別に何も無い…ただの血なまぐさい刀なだけ…清光みたいに可愛いなんてないから…清光にいじわるいったけど、怒ってないかな。 …主、俺の事見てくれないかなぁ…………明日、誉取ろっと…目標1個できたなぁ…不思議な感じ…明日が楽しみなんだ…』 『大将が、怪我をした腕に包帯を巻いていた。 その様子を見ていたいち兄が、盛大に転んでいたから様子を見ておいてほしいと言われた時には驚いた。 …にしても、大将は自分で怪我の手当をしたことがないのか…傷も洗ってないし、流れる血はそのままでガーゼを使おうともしてない…全く…俺がやってやんないとって思った。 ……まぁ、かく言う俺っちも、医術の心得があるだけで実際にやったことはないんだけどな。 ……大将の体は暖かかった。 血はずっと流れてた。 …大将痛そうだったな……』 『今日の目標 大将の傍に行く 達成 明日の目標 大将に声を掛ける 』 『初めて遠征に行ってきました。 …えと、他の方…鶴丸さんや石切丸さんは練度が高くて、全然疲れないで頑張ってるのに…僕、すぐバテちゃうのが嫌です…もっと……もっと頑張らないと… …けど、主様とこっそり食べたおまんじゅうは美味しかったから…虎くんたちも撫でてもらえて幸せそうだったから…たまにはいいです…よね?? 』 『私は……どうするのが正解なのか…主のこと、この本丸のこと…まだ計りかねている…しっかり…しないと……』 『みんな書いてるらしいな…はぁ…あいつら、絆されすぎだっての…まだ怪しんでるやつは居るけど…あれだな、空気が変わってんだな…………この間落とし穴に主を引っ掛けた時は快感だったが…… いや、違う。 そうじゃない。 俺は絆されない。 もう二度と騙されない。 前の審神者も外面だけは良かった。 わかってる。 信用しない。 信用しない。 …信用しない……』 投げ出された日記、綺麗にしまわれた日記。 可愛くアレンジされた日記、ぐしゃぐしゃになった日記。 気の向くまま、それぞれの思いをそのまま紡いでいく。 そうして毎日がすぎていく。 そんな、ある日の話。 ある日の話が繋がれば、それは日常となり、毎日となり、時間は経過する。 そうして、半年がたとうとしていた。

次の

「お目汚し」の意味・使い方・類語とは?失礼しました/失礼します

お 目 汚し 失礼

ここでは、お目汚しという言葉について詳しく見ていきます。 あまり、見慣れない聞きなれない言葉ですが、知っていると、特にビジネスシーンなどで便利に使える言葉です。 読み方、例文、使い方、類語、対義語など、みていきましょう。 お目汚しとは、おめよごしと読みます。 意味は、目を汚す、見苦しいものを見せる、恐縮しながら見せる、などです。 自分のことやものを恐れ多くも相手に見せるという時に使う謙譲語です。 自分の作ったものに対して、あまりでき映えがよくないのですが、とか、つたないもので申し訳ないのですが、という謙遜の気持ちを込めて使う言葉です。 しかしながら、本当に人に見せられないほどのものに対して使う言葉ではありません。 あくまで、謙遜や遠慮をしている気持ちを表現するために使います。 使う相手は目上の人や取引相手などになります。 「お目汚し」の例文 次に、自社の新製品を披露する場合をみていきましょう。 取引先などに新製品を見てもらう場合は、一方的に、見せつけるような印象にならないためにも、謙遜の言葉が必要になります。 そんな時に、お目汚しという言葉が最適です。 「お目汚しではございますが、ご覧いただけると幸いです。 」といった風に、自社の新製品を謙遜することで、一方的な印象を避けることができます。 お目汚し 写真を見せる時 次に、写真を見せる時のお目汚しの使い方をみていきます。 結婚した人が職場で結婚式に招待できなかった同僚や上司に結婚式の写真を見せたり、旅行に行った時の写真を見せたり、子供の誕生の写真を見せたりなど、ビジネスシーンの中でプライベートな写真をやむを得ず披露しなければならないこともあります。 プライベートな写真を見せる場面でもお目汚しという言葉を使えば、スマートな印象を相手に与えることができます。 ほんのお目汚しですがと一言添えてから見せると、謙虚な姿勢を表すことができ、相手にも好印象を与えることができます。 お目汚しする その他の使い方 お披露目する お披露目とは、周囲の人に見せること、今までに知られていなかったり、見られていなかったりしたものを広くたくさんの人々に公開することをいいます。 「新しい家をお披露目する」「お披露目のパーティーを開く」などといった使われ方をします。 公開する 公開するは、広く一般の人々に入場や観覧や使用などを許すことをいいます。 使い方としては、「長らく非公開だった仏閣が公開された」とか「話題の映画がついに公開される」などです。 ここで公開を使った言葉をいくつかご紹介します。 公開市場、公開講座、公開主義、公開状、公開番組などです。 それぞれ意味をみていきます。 公開市場は、特別な資格がなくてもだれでも自由に市場に参加できることをいいます。 公開状は、広く世間から意見や批判を集めるために、特定に団体にあてた書状を新聞やテレビなどで公開して掲載することです。 公開主義は、物事を隠さずに公開する主義のことです。 公開講座は、大学などで開催される、大学関係者に限らず一般の人も参加できる講座のことをいいます。 公開番組は、放送局のスタジオなどを使い、視聴者も参加しながら作り上げる番組のことをいいます。 公開するに共通する意味 公開するという言葉には、いずれも広くの人々に知れ渡るというような意味合いが含まれていることが言えるでしょう。 独り占めせずに公平に見てもらうというニュアンスの言葉だということが分かります。 見ていただく 見ていただくという言葉は、見るという相手側の行為にいただくという自分側の行為が一緒になった言葉です。 目上の人に、何かを見ることをお願いするという意味で使われます。 「こちらを見ていただけますか」といった風に使われます。 見ていただくというはそのまま敬語として使うことができます。 言い間違いなどの心配もなく、簡単に使える言葉です。 見ていただくは謙譲語なのか 謙譲語は、自分や自分の行為をへりくだって言うことで、相手に敬意を示す表現です。 見ていただくという言葉は、見るという相手側の行為に、もらうの謙譲語であるいただくという自分側の行為が結びついた言葉です。 ですので、見ていただくという言葉は謙譲語には入りません。 見ていただくの謙譲語のは、ご覧いただくという表現になります。 では、見ていただくという言葉に尊敬語はあるのでしょうか。 見ていただくを尊敬語にすると、ご覧くださるやご覧いただくという表現というがあります。 また、見ていただくを丁寧語にすると、見ていただきますになりますが、目上の人に対して使うと、少しおかしな表現になってしまうので、ご覧くださいやご覧になってくださいを使うのが良いでしょう。 ご高覧いただく ご高覧いただくという表現とは、相手を敬ってその人が見ることをいいます。 ご高覧という言葉は敬語ですが、それ自体が単独で使われることはありません。 ご高覧はご高覧くださいやご高覧いただく、ご高覧に供する、という風に使われます。 ご高覧という言葉が、もともと敬語を必要とする場面で使われるので、敬語表現と一緒になって使われることが多いです。 正しい使い方としては、「今回のご講演について、出席者の方からいただいた先生へのメッセージをメールにて送らせていただきました。 ご高覧のほどよろしくお願いいたします。 」となります。 ご高覧いただくという言葉も、お目汚しと同じように、相手に敬意を表するというニュアンスが含まれています。 目に入れる 目に入れるは、自然に目に入ることを意味します。 目に入る(はいる)ともいいます。 正しい使い方は、「散歩の途中で、建築中の家が目に入った」や「彼のことが好きすぎて、他の男の子は目に入らない」などです。 目に入れるについては、「目に入れてもいたくない」ということわざがあります。 ひどくかわいがっているさまを表しています。 正しい使い方は、「あんなに厳しかった父が、孫が生まれてからは目じりが下がりっぱなしの状態です。 本当に、目に入れても痛くないというかわいがり方です。 」です。 見せびらかす 見せびらかすは、誇らしげに見せつける、これみよがしな態度で見せるという意味です。 あまり良い意味では使われません。 正しい使い方は、「彼女は、新しい洋服を皆に得意げにみせびらかしていた。 」や「彼は、新車を見せびらかしていた。 」です。 自慢するような意味合いも含まれています。 お目汚しの類語ではありますが、言葉のニュアンスは全く違ったものになります。 「お目汚し」の使い方 ここからは、お目汚しの適切な使い方についてみていきます。 お目汚しという表現は、初めに「これはほんのお目汚しですが」という風に使うこともできますが、最後に「お目汚し失礼しました」と付け加えることも可能です。 何かを上司や目上の人などに見ていただいたあとに、見ていただいてありがとうございました、といった気持ちを示すために「お目汚し失礼しました」と最後に付け加えます。 見せるものは書類や絵、写真など、目で見るものには何にでも使うことができます。 もちろんビジネス上のもの以外でも、家族の写真などを見せるときにも使えます。 では、お目汚しという言葉を面と向かって使うのではなく、手紙やメールで使う場合はどのように使えば良いか、以下で詳しくみていきましょう。 では、お目汚しという言葉を面と向かって使うのではなく、手紙やメールで使う場合はどのように使えば良いか、以下で詳しくみていきましょう。 手紙 ここでは、お目汚しと同じような表現の言葉をみていきます。 お口汚し お目汚しと同じような表現にお口汚し(おくちよごし)という言葉があります。 この言葉は、手土産のお菓子を渡すときや、お客様をお迎えして料理や茶菓子を出すときなどに使われる言葉です。 お口汚しとはわずかな量をという意味の言葉です。 ここで注意したいのが、お目汚しの場合は、あまり上手でなくて、相手の方の目を汚してしまいそうで申し訳ないというような意味合いでしたが、お口汚しの場合は、あまり美味しくなくて口を汚してしまってしまいそうで申し訳ないという意味合いではありません。 接待などに使える最適な言葉です。 正しい意味は、口を汚す程度のわずかな量しかありませんがということになります。 ですから、たくさんあるお料理を前にして、お口汚しですが、とは言いません。 少量の茶菓子やお饅頭1個やお酒のおつまみの小皿などを出すときに申し添えるのが、スマートな使い方です。 面汚し 面汚し(つらよごし)とは、世間に対して体面をそこなうこと、その人の名誉を傷つけること、面目を失わせることをいいます。 お目汚しやお口汚しが、良い意味合いで使われる表現なのに対し、この面汚しという表現は、良い意味では使われませんし、会話の中でもまず使われることはない言葉といえるでしょう。 面汚しと同じような意味合いの言葉に名折れという表現があります。 面汚しも名折れも、日常会話の中で使われることはまずありません。 お目こぼし お目こぼしという言葉は、お目汚しと似ている表現です。 同じように目を用いた表現なのでややこしくなりそうです。 お目こぼしは、御目溢し、お目溢しとも書かれます。 目こぼしという言葉に「お」を付けることによって、相手に見逃してもらえるように頼み込むときに使います。 お目こぼしを願い出る、お目こぼしにあずかるというような使い方をします。 「お目汚し」の対義語.

次の

「お目汚し」の意味とは?正しい使い方と類語を例文で紹介

お 目 汚し 失礼

「お目汚し」の意味とは?使い方・例文は? 「お目汚し」の意味とは謙虚な姿勢で見苦しい物を見てもらう・披露する意味 お目汚しの意味とは、謙虚な姿勢で見苦しい物を見てもらう・披露すると言う意味です。 目上の方や取引先の方に、書類など目で見る物を提出する際や見てもらう際などに使用します。 また、見苦しい物を恐縮しながら披露する際に使います。 さらに、相手を敬う謙虚な姿勢を表し、ビジネスシーンに関わらず日常でも使用可能です。 お目汚し失礼しますは、上司や取引先に企画書などを見てもらう際に使います。 出来が良くありませんが・つたない仕上がりですが、ぜひご覧くださいと言った謙虚な姿勢を相手に伝えることが可能です。 書類を渡す際に一言添える使い方がおすすめです。 お目汚し失礼しましたは、目上の方や取引先の方に書類を見て頂いた後などに使います。 また、上司や取引先の方に自分のプライベート写真を披露した後などに、お目汚し失礼しましたと一言添えるのも良いでしょう。 「お目汚し失礼しました」や「誠にありがとうございました」は、ビジネスシーンでもよく使われています。 そこで、「誠にありがとうございました」の意味やメールでの使い方などを下記記事でチェック可能です。 また、「誠にありがとうございました」を目上の方へ使う際の言い換え言葉なども紹介されています。 「お目汚し」の使い方例文2つ目は、写真を披露する場面での使い方です。 上司や取引先の方、目上の方などに、自分のプライベート写真や家族・ペットの写真などを披露する際に使います。 お目汚しですがと一言述べてから写真を見せましょう。 また、写真を見せ終わった後に、お目汚しでしたと一言添えるのも良いでしょう。 自社のカタログや企画書などを取引先へ送る際にも、お目汚しと言う言葉はよく使われています。 例えば、「お目汚しでございますが、よろしければご高覧ください」、「お目汚しでございますが、ご高覧賜れば幸甚に存じます」などです。 「お目汚し」や「お手数ですが」は、ビジネスメールでも使用頻度の高い言葉と言えるでしょう。 そこで、下記記事では「お手数ですが」の意味や類語、使い方などをくわしく紹介しています。 また、お手数ですがを使ったビジネスメールの文例や英語での「お手数ですが」の表し方なども紹介しています。 ご覧に入れるは、目上の方に書類や行動などを見せて、見せた相手から指導や意見をなどを受ける際に使います。 ご覧に入れるは、見せる相手を敬って使う言葉で、お目にかけると類語です。 また、御覧に入れるとも表記される場合もあります。 披露するは、目上の方などに文章やパフォーマンスを見てもらう際などに使います。 また、披露は公式に発表すると言う意味や意見を申し上げると言う意味も持つ言葉です。 お披露目する、見ていただく、 目に入れる 、公開するなども、披露するの類語です。 見ていただくは、目上の方や取引先の方などに、相手に見る行為をお願いする際に使います。 例えば、相手が書類を見る行為やプレゼンテーションなどを見る行為などです。 「見ていただく」をより丁寧にした言葉は、「ご覧いただく」です。 公開するは、製品や文章、パフォーマンスなどを多くの一般の方に見てもらうことを意味します。 また、入場や使用などを許可する意味でも使われ、隠されていた物や行為などを世間に知らせる場合にも使われています。 お口汚しは、相手に贈る食べ物が口を汚す程度のわずかな量しかありませんが、粗品ですがと言う意味を表します。 お土産などを上司や取引際の方に手渡す際などに、「ほんのお口汚しでございますが」などと一言添えて使いましょう。 お耳汚しは、見苦しい物を目上の方に聞いてもらう際に使います。 例えば、目上の方の前で歌などを披露した後に、「お耳汚し失礼しました」などと使用しましょう。 お目汚しと同様に、相手を敬い謙虚な姿勢を伝える言葉です。 「お目汚し失礼しました」や「お目汚し失礼します」、「ご査収ください」などは、取引先との書類のやり取りなどでもよく使われる言葉です。 そこで、ご査収のビジネスシーンでの使い方を例文と共に下記記事で紹介しています。 また、ご査収くださいの意味についても下記記事でくわしく紹介していますので、ぜひご覧ください。 三笠書房から出版されている【敬語「そのまま使える」ハンドブック:できる人の「この言葉づかい」「この話し方」】には、そのまま使用できるビジネス敬語が豊富に紹介されています。 また、悪い敬語の使い方もチェック可能です。 SBクリエイティブから出版されている【大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる】は、ビジネス敬語だけでなく日常言葉の語彙力もアップしてくれます。 会議や打合せ、訪問など、シーンに合わせたビジネス敬語もチェック可能です。 クロスメディア・ランゲージから出版されている「ビジネス英語の敬語 微妙なニュアンスを英語で伝える 状況に応じたレベル別丁寧表現」は、発音も学びやすいCD付きで、英語の丁寧表現を5段階に分けて紹介しています。 お目汚しを始めとするビジネス敬語を学べぶための書籍を探す際には、電子書籍を利用すると言う方も多いのではないでしょうか。 そこで、下記記事では安い電子書籍を探したい方にもおすすめの電子書籍サイトを10個紹介しています。 また、電子書籍サイトのセール情報やまとめ買いのメリットなどについてもチェック可能です。 お目汚しをビジネスシーンで使いこなそう 「お目汚し失礼します」・「お目汚し失礼しました」などを上手に使いこなすと、上司や取引先の方に好印象を与えることにもつながります。 また、謙虚な姿勢を示す言葉なので、ビジネスシーンでのコミュニケーションがよりスムーズになるかもしれません。 ぜひ、ビジネスシーンでも「お目汚し」を使いこなしましょう。 お目汚しは、取引先へメールで書類などを送る場面にも使用されます。 下記記事では、ビジネスメールでの質問の書き方についてのマナーについて紹介しています。 また、取引先からの問い合わせメールへの返信例文なども紹介されていますので、自社のカタログなどを取引先へ送った方などもぜひチェックしてください。

次の