アジング クーラー ボックス。 【34サーティフォー家邊克己 編】アジ持ち帰り系グッズ特集

メバリング、アジング、エギングにおすすめのクーラーボックス!使い勝手の良いサイズからカスタム方法までご紹介

アジング クーラー ボックス

あーーー!やってもた!! というわけで、魚が足元に潜り込みそうなとき、ラインを出すか、フルロックで力押しするか迷って、 だいたい失敗するMr.クロオビです。 あのバラした瞬間のなんともいえない虚無感。 つらいっすねぇ・・・。 ボクの失敗したクーラーボックスの改造・チューンナップ はい、なにかと申しますと、 ・サイドボックス(横に付ける箱)と ・ロッドスタンド(竿掛け) の取付方向です。 まぁ、使用初日から薄々感づいてはいたのですが、、、 認めたくないんですよ、若さゆえの過ちを。 そう、右投げ左巻きのボクは、この場合いちいち竿を持ちかえないといけないんです。 左手で竿を持って、右手でリールを巻いていらっしゃる方なら問題はないと思います。 左手で竿をロッドスタンドに置き、右手は魚や仕掛けを掴む。 うん、それであれば違和感はありませんね。 でもボクの場合は右手で竿を持っているので、そのまま竿を置くと体はクーラーボックスよの外側に。 つまり、左手で仕掛けを持っているのでサイドボックスがついている反対側で魚を外したり、仕掛けを替えたりエサを付け替えたり。 サイドボックス(道具箱)・クーラーボックスの反対側での作業になってしまい、 ・魚の収納性が悪くなる ・針を付け替えたり、仕掛けを変えたり、エサを付け替える作業がやりにくい 写真でご覧いただける通り、ボックスは竿を挟んで右側。 魚は入れにくい・エサはつけにくい・道具は取り出しにくい最悪。 まぁ、あれですよね、このネット社会がもたらす思い込みです。 今は諸先輩方のやってきた改造・チューンナップがネットの世界にはたくさん。 当然参考にするわけで、、、、、違和感なく同じように、、、、。 がしかし!ルアー釣りが流行り「右投げ左巻き」が増えてきて、もれずボクもその影響を受けていました。 ね、なんで気づかなかったんだろうと後悔。 ま、最近のね、クーラーボックスは両開きの蓋になっているので、蓋の向きを変えればOK!作業終了!! 楽天市場・AMAZON ですが、ボクのクーラーボックスは片開きの旧型、、、。 かといってこの違和感を引っ張ったままの釣行は非常に気持ち悪い!! てことで、修正!! ただ、向きを変えるだけなんですがパーツを外さないように蓋の向きを変えてみました。 幸いなことにデザインが正面と後ろが同じ! 少々の穴あけと付け替えでいけそうです。 デザインが違うと相当きついですこの作業。 その場合は、ロッドスタンド(竿掛け)、サイドボックス(道具入れ)を入れ替える方をおススメします。 快適な釣りに向けて さっそく作業。 見えているビスを外していきます。 ロックハンドルもはずす。 ピンクのガーニッシュ(化粧板)をはずしたら蓋はこれでフリー(自由に外れます)。 これは蓋の上面に平均的に軽い荷重をかけてビス打ちをします。 旧ビス位置が決まったしまっていたら逆らわず取付します。 はい、左右入れ替わりました!!! 実際に竿を置くとこんな感じ。 あとは正面になった裏側をどう料理するかですね。 それは失敗しないようにじっくり考えますわ~~~ ・ ・ ・ ・ ・ それでは今日はこのへんでっ またきてくださいね!!! ばいばいっっっ!!.

次の

【ランガン向け】アジング向けタックルボックスを厳選!使い勝手の良いモデルはこれだ|TSURI HACK[釣りハック]

アジング クーラー ボックス

海のルアー釣りの中で大注目の「アジング」。 食べておいしい鯵をジグ、ワームといったルアーで釣ることです。 釣りファンからは親しみを込めて、鯵+fishing=「アジング」と呼ばれ、ひとつのジャンルとして定着しつつあります。 食べておいしいのもさることながら、道具の準備が簡単、手軽です。 あれこれと準備や装備がいらないからこそ、使う道具にはこだわりたいところ。 ゲットした新鮮な鯵を持ち帰るクーラーボックスもそのひとつです。 ここでは、アジングに持っていきたい、クーラーボックスの選び方とおすすめボックスをご紹介します。 クーラーボックスの中で最も保冷力に優れている「真空断熱パネル」。 釣り用のクーラーボックスとして人気です。 パネルの内部を真空状態にすることで、外気温を伝えにくくする最高クラスの断熱材。 その分お値段も高め。 1か所破損すると密閉性が失われ、同時に保冷効果も失われてしまうので、注意も必要です。 パネルの枚数分だけ重さもあるので、機動性の必要なアジングでは、購入する際、重さの確認も忘れずにしましょう。 また、真空断熱パネルのクーラーボックスの中には、底面だけが真空パネル、蓋以外の5面が真空パネルなど、他の断熱材と組み合わせたクーラーボックスもあります。 底面だけでも真空パネルであれば、底から伝わる熱を遮断できので、堤防や磯、船など、足元から熱が伝わってくるような釣り場で使うのに最適です。

次の

アジング仕様のクーラーボックスカスタム

アジング クーラー ボックス

海のルアー釣りの中で大注目の「アジング」。 食べておいしい鯵をジグ、ワームといったルアーで釣ることです。 釣りファンからは親しみを込めて、鯵+fishing=「アジング」と呼ばれ、ひとつのジャンルとして定着しつつあります。 食べておいしいのもさることながら、道具の準備が簡単、手軽です。 あれこれと準備や装備がいらないからこそ、使う道具にはこだわりたいところ。 ゲットした新鮮な鯵を持ち帰るクーラーボックスもそのひとつです。 ここでは、アジングに持っていきたい、クーラーボックスの選び方とおすすめボックスをご紹介します。 クーラーボックスの中で最も保冷力に優れている「真空断熱パネル」。 釣り用のクーラーボックスとして人気です。 パネルの内部を真空状態にすることで、外気温を伝えにくくする最高クラスの断熱材。 その分お値段も高め。 1か所破損すると密閉性が失われ、同時に保冷効果も失われてしまうので、注意も必要です。 パネルの枚数分だけ重さもあるので、機動性の必要なアジングでは、購入する際、重さの確認も忘れずにしましょう。 また、真空断熱パネルのクーラーボックスの中には、底面だけが真空パネル、蓋以外の5面が真空パネルなど、他の断熱材と組み合わせたクーラーボックスもあります。 底面だけでも真空パネルであれば、底から伝わる熱を遮断できので、堤防や磯、船など、足元から熱が伝わってくるような釣り場で使うのに最適です。

次の