消化 器。 消化器センターとは|消化器センター|がん研有明病院

消化器外科|診療科・部門のご紹介|大阪大学医学部附属病院

消化 器

消化器(胃や腸など)による消化の働きと栄養吸収 消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。 そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。 これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。 消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。 それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。 いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。 消化器の構造 消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。 消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。 消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。 消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。 唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。 口から食道:食物を取り入れ、咀嚼運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。 よくかまないと消化が悪くなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 膵臓:消化液のすい液をつくり分泌するほか血糖をコントロールするホルモンを分泌します。 肝臓:小腸で吸収された栄養素を、全身へ送り出したり、一時貯蔵したりします。 また、胆汁をつくったり、さらに、人体にとって有害な物質の解毒作用も行います。 小腸・十二指腸:十二指腸は、肝臓からの胆汁、すい臓からのすい液などの消化液がここに分泌され、食物を消化し、食物中の雑菌の殺菌をします。 小腸は、食物を消化し、栄養素を吸収します。 大腸:消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。 また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を一部分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。 定期的に排便しないと便が硬くなり便秘の原因となります。 肛門:大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。 二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」 機械的消化とは 口内における咀嚼、胃腸での蠕(ぜん)動運動などで、食物を砕いて消化液と混合、かくはんし、化学的消化を受けやすくします。 この消化運動には交感神経と副交感神経によって支配されています。 食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。 左の動画は、小腸の動きです。 食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。 機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。 右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。 化学的消化 消化作用の主役的機能で、消化液中、小腸粘膜にある消化酵素による加水分解作用のことをいいます。 (加水分解作用とは、水と混ざりにくい物質が、酸やアルカリなどで分解され、水と混ざりやすく変化することをいいます。 )消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。 消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。 消化器官と消化酵素の一覧 取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。 消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。 消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。 この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。 消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。 粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。 常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。 消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。 筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。 胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。 消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム 食べものは、口から入り食道を通胃の中で強い酸性の胃液とよく混合されます。 胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。 十二指腸では消化液と混ざります。 その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。 また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。 胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。 消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。 ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。 口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。 これは、他の動植物のタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。 ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。 これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

次の

飯田市の消化器内科/消化器科(長野県) DPC参加病院 3件 【病院なび】

消化 器

消化器(胃や腸など)による消化の働きと栄養吸収 消化とは、食物を食べたとき、その中に含まれている種々の栄養を体内に吸収できるものまで分解することです。 そして、いらないものを肛門から体の外に糞便として排出することも消化です。 これは、吸収することができる形に、より小さなコンポーネントに食べ物を分解する機械的および化学的です。 消化は異化の一形態であります。 哺乳類では、食べ物が口に入ると、唾液腺からの唾液中の化学物質と化学処理の開始と、歯で噛んだりしている。 それは酸が最も汚染微生物を殺すの両方胃、中に食道の下に移動し、開始メカニカルいくつかの食品(タンパク質の例:変性)、およびいくつかの化学変化を分解。 いくつかの時間(通常はヒトの1〜2時間、イヌで4-6時間、家の猫でやや短い期間)の後、結果は、大腸を通じて、小腸を通過し、排便中に排泄される事を言います。 消化器の構造 消化器は、食物を体内に摂取し、貯蔵と消化、消化された食物からの栄養素の吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官の集まりをいいます。 消化器における主要な器官は、口腔、消毒、胃、小腸、大腸、直腸などからなる消化管とこれらの働きをコントロールする消化腺や付属腺、さらに歯や肝臓などの付属器も含まています。 消化器系には、口腔、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、結腸)、直腸、肛門にいたる消化管からなります。 消化液とは、消化を円滑に行う為に消化管からは、消化液を分泌しています。 唾液(唾液腺)、胃液(胃腺)、膵液(膵臓)、胆汁(肝臓)、腸液(腸線)などがあります。 口から食道:食物を取り入れ、咀嚼運動によって小さく砕いて唾液と混ぜ、デンプンを分解します。 よくかまないと消化が悪くなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 胃:食物を一時貯蔵し、蠕動運動によって胃液と混ぜ、粥状に消化します。 また、たんぱく質を分解します。 なお、胃液は強酸性ですが、胃の粘膜は粘液によって保護されています。 粘液が減ると胃炎や胃潰瘍ができやすくなります。 膵臓:消化液のすい液をつくり分泌するほか血糖をコントロールするホルモンを分泌します。 肝臓:小腸で吸収された栄養素を、全身へ送り出したり、一時貯蔵したりします。 また、胆汁をつくったり、さらに、人体にとって有害な物質の解毒作用も行います。 小腸・十二指腸:十二指腸は、肝臓からの胆汁、すい臓からのすい液などの消化液がここに分泌され、食物を消化し、食物中の雑菌の殺菌をします。 小腸は、食物を消化し、栄養素を吸収します。 大腸:消化吸収できなかった食物の水分を吸収し、固形状の便を形成します。 また、大腸に住む腸内細菌(腸内環境乳酸菌・ビフィズス菌など)は食物繊維を一部分解し、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンKを合成し、一部吸収されます。 定期的に排便しないと便が硬くなり便秘の原因となります。 肛門:大腸の出口である直腸に一定量溜まった便の刺激により、便を排泄します。 二種類の消化「機械的消化」と「化学的消化」 機械的消化とは 口内における咀嚼、胃腸での蠕(ぜん)動運動などで、食物を砕いて消化液と混合、かくはんし、化学的消化を受けやすくします。 この消化運動には交感神経と副交感神経によって支配されています。 食物を細かく砕き、これに消化液を混ぜ、次第に下方の消化管に移動させることです。 左の動画は、小腸の動きです。 食道、胃を通ってきた食べ物が、小腸でさらに細かくなり、栄養分が吸収され、大腸に送られます。 機械的消化の方法には、蠕動運動分節運動振り子運動の3つがあります。 右の運動は、3つの動きがまじりあったものです。 化学的消化 消化作用の主役的機能で、消化液中、小腸粘膜にある消化酵素による加水分解作用のことをいいます。 (加水分解作用とは、水と混ざりにくい物質が、酸やアルカリなどで分解され、水と混ざりやすく変化することをいいます。 )消化酵素によって、食べ物のでんぷん、脂質、蛋白質が、小腸で吸収しやすい小さなものにそれぞれ分解されます。 消化酵素として、アミラーゼ、ペプシン、マルターゼ、リパーゼ、トリプシノーゲン、サッカラーゼ、ラクターゼ、エレプシンなどがあります。 消化器官と消化酵素の一覧 取した飲食物は、口から肛門にいたる全長8~10m(身長の5~6倍)ほどの筋肉からなる長い1本の消化管の中を通過しながら消化されて、栄養分が吸収されます。 消化管の中には、1日に約8リットルもの大量もの消化液が分泌される。 消化・吸収に要する時間、すなわち飲食物を摂取してから排泄されるまでの時間は24時間から72時間となっている。 この通過時間は滞胃時間に依存をし、脂肪が多いと時間は長くなる。 消化管の内側から粘膜、筋層、漿膜(外膜)に分けられる。 粘膜層は、消化液、粘液を分泌する腺が多く存在している。 常にぬるぬるとして潤っており、食物が通過しやすく、固形物が消化管を傷をつけない構造となっている。 消化管のいたる部分に消化液を分泌する分泌腺がみられるが、食道には消化液の分泌腺はみられない。 一方、消化壁の構造 筋層は、消化管の運動を受けもつ。 筋肉の壁の内側には自律神経系が走り、消化液の分泌や消化運動をコントロールしている。 胃の筋層は消化管の中でも一番発達をしている。 消化の仕組みと消化器における消化のメカニズム 食べものは、口から入り食道を通胃の中で強い酸性の胃液とよく混合されます。 胃の中で食べものはドロドロに溶かされ、その後十二指腸に移動します。 十二指腸では消化液と混ざります。 その一つは胆汁で、胆汁は肝臓で作られた後、一時的に胆のうに蓄えられ、胃の動きが活発になるとその刺激が胆のうに伝わり、胆汁が一気に十二指腸へ流れ込みます。 また、胆汁はアルカリ性なので、十二指腸で胃酸を中和する作用を持っています。 胃の裏側にある膵臓からは消化酵素が分泌されます。 消化酵素は食べものをブドウ糖やアミノ酸と言った栄養素に分解します。 ヒトの体の消化管は、様々な臓器から成り立っており、その各臓器の働きは違っています。 口から入れた食事を効率よく分解して吸収するために物理的な消化と化学的な消化を行います。 これは、他の動植物のタンパク質などの高分子化合物がもつ生物の種特性をなくすことでもある。 ヒトが異種のタンパク質などそのまま取り入れてもアレルギーを起こす。 これを無くす為にも一度、消化管で細かな単位に分解しヒトの体の中へ取り入れられる形に変えてから吸収をしています。

次の

トップ│福岡大学医学部 消化器内科

消化 器

歴史 [ ] のには、の胃腸疾患に関する記述がなされている。 ではや等によって・に関して研究されている。 疾患 [ ] 食道 [ ] (・)、、、、食道、放射線食道炎、。 胃・十二指腸 [ ] 、、、、、(・)、、、、 GIST 、 GAVE 、症、(Functional dyspepsia。 小腸 [ ] 、、。 大腸 [ ] 、、、、(irritable bowel syndrome; IBS)、 UC 、 CD UCとCDをあわせて炎症性腸疾患inflammatory bowel disease; IBD という 、、、、、、、、、。 肝臓 [ ] 、、、、、、、、、、、、、。 胆嚢・胆管 [ ] 、、、、。 膵臓 [ ] 、。 検査 [ ] 消化器学領域で行われる検査は以下の通り。 内視鏡 [ ] 検査は、一般に消化器学領域において最も一般的な検査として広く行われている。 超音波検査 [ ] は内臓器の評価として簡便に行うことが出来、・において広く行われている検査。 消化管を除く臓器を主として検査する。 (例外としてやといった一部の消化管疾患を検出できることもある。 ) X線造影 [ ]• 胃・小腸・大腸のでは・等のを用いて消化管の形態を検査する。 日本では胃がん検診でが現在でも多く行われている。 内視鏡を用いるか、あるいは経皮による造影 ERCP ・造影 ERBD, PTCD も行われる。 血管造影 [ ] 消化管 、などの検査。 難治性出血では術も行われることがある。 肝臓 では、腫瘍の造影・撮影に引き続き経カテーテル動脈塞栓術 TAE や腫瘍栄養動脈内への投与 TACE が行われることがある。 膵臓 では、腫瘍栄養血管が正常組織よりも少なく造影される。 CT [ ] 消化管を除く消化器(肝臓・胆のう・膵臓)では、しばしば施行される。 近年ではによる仮想内視鏡も普及しつつある。 悪性腫瘍を疑う場合には基本的に造影CTを行う。 特にでは早期相・遅延相と各時相での撮影を行う。 以前は三次元再構成ができず、平面的にしかができなかった。 現在ではの性能が良くなった事により、再構成により任意の断面像を合成したり、画像を合成したりすることもできるようになっている。 MRI [ ] CT同様、消化管を除く消化器ではしばしば施行される。 肝臓癌ではGd-EOB-DTPA-による造影MRIが現在主流となりつつある。 X線膵管・胆管造影の代わりに、が検査に用いられることもある。 治療 [ ]• 消化器内科• 内服薬 、、ウルソ、フオイパン• 内視鏡的治療 薬剤散布、薬剤注入、クリッピング• 消化器外科• NOTES 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 脚注 [ ].

次の