メルカリ 評価 期限。 メルカリで購入後・入金後にキャンセルするには?返金や評価も紹介

【メルカリ】商品が不良品だった!受取評価後の返品はできるのか?

メルカリ 評価 期限

個人間がお金が絡むやり取りをする以上、トラブルが起きる可能性はゼロではない メルカリを始めたい人や始めたばかりの人にとって、トラブルはかなり気になる点だと思います。 実際のところメルカリでもトラブルは起きています。 幸い、裁判沙汰になるような大きな問題は起きていませんが、お金が絡んでくる取引なので、今後裁判が起きる可能性は否定できません。 私自身はこれまで大きな問題はありませんでしたが、買った商品が発送されずにキャンセルをした経験はあります。 また受取評価がされなかったこともありますが、メルカリ事務局に問い合わせることでスムーズに解決できました。 今回の記事でトラブルの事例や対処法、回避するための策を紹介したいと思います。 <目次>• (別記事) 事例1.購入した商品が発送されない 購入した商品が発送されないというトラブルの場合、購入者からキャンセルができます。 出品者が設定した「発送までの日数」を過ぎてしまっている場合には、画面の下にキャンセル申請フォームが表示されるので、そこから申請をしましょう。 もし出品者がキャンセルに了承していることがメッセージで確認できるのであれば、事務局に連絡することでキャンセルも可能です。 すでに支払った商品代金は、事務局での取引キャンセル手続が終わったら返金されます。 商品が発送されないトラブルの記事 > 事例2.購入されたのに商品代金が支払われない 出品者として起こりえるのが、購入されたけれどお金が支払われないというトラブルです。 理由としては、他に安い価格で出品されている商品を見つけた、やっぱり必要なくなったなどが挙げられます。 でも、万が一支払いがなくても出品者に大きな痛手はありません。 発送は支払いが終わってからなので、商品は手元にあるからです。 販売手数料の10%も、取引が完了しなければ支払うことはありません。 出品者から取引をキャンセルするときには、画面の下にあるキャンセル申請を使います。 取引が始まった時点ですでに表示されているので、いつでもキャンセル申請することができます。 出品者としては、せっかく購入してくれたから……と考えてしまいがちですが、支払いがあまりにも遅い場合、その後も支払いが行われない可能性が高いと思います。 取引がルーズというか、お金のやり取りをすることへの責任感が薄いのかもしれません。 そのため、早めにキャンセルをして他の購入者を待った方が結果的にスムーズだし、気持ちいい取引ができると思います。 また、コンビニ支払いを選んだ場合、支払いが終わらないと次の購入(コンビニ支払い)ができない仕組みになっています。 そのため購入者が慌てて支払いをすることもあります。 逆に考えると、もし自分がコンビニ支払いを選んでいたら、すぐに支払いをしないと同じ決済方法での購入ができないということです。 メルカリは即購入ができるので、ここで買わないと!ということもあるでしょう。 せっかく欲しい物が見つかっても、支払いが終わってないばかりに買えない……なんてことがないようにしたいものです。 事例3.受取評価をしてもらえないので取引が完了しない メルカリのシステムでは、購入者が支払いをしてもすぐに出品者にお金が支払われるわけではありません。 取引が無事に完了した後に、売上金として反映されます。 でも、中には商品が届いているにも関わらず、なかなか受取評価をしてくれない購入者もいます。 出品者としては、受取評価がないと売上金が入らないのでヤキモキしてしまい、これがトラブルの元になる可能性も否定できません。 もし受取評価が遅い場合には、購入者にメッセージを送ってみましょう。 「商品は届いていると思いますので、受取評価をお願いします」という内容です。 これに気づいてすぐに受取評価をしてくれることもけっこうあります。 一方、いくらメッセージを送っても反応がない場合には、メルカリ事務局に依頼することができます。 問い合わせの画面が表示されるので、ここから事務局に連絡をしてみましょう。 期限がくると、取引画面上に問い合わせフォームが表示される このフォームが表示されるのは、以下のタイミングです。 ・発送通知をした8日後13時以降 ・購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降 ただし、話し合いが継続している場合や、商品に問題がある場合には、事務局でも評価ができません。 また、購入者から何も連絡がない場合、発送通知をした9日後の13時を過ぎると、自動的に取引が完了します。 受取評価についての記事> 事例4.購入希望者専用にした商品を別の人が横取り購入をした メルカリには「専用出品」という独自の文化があります。 これは値段の交渉中や取り置きをしている時などに、他のユーザーが購入しないようにする方法です。 メルカリのオフィシャルなルールではないのですが、ユーザーの間では専用出品の商品は購入しないという暗黙の了解があります。 専用についての記事> でも、専用出品になっていても購入してしまうユーザーがいるのは事実。 先ほど書いたようにメルカリのオフィシャルルールではないので、決して規約違反ではありません。 でも、専用にしてもらった購入希望者からすれば、「どうして?」と思うのは当然でしょう。 出品者としても、専用にしたユーザーに購入してもらいたい気持ちもあり、取引をキャンセルするなどトラブルを引き起こすこともあるのです。 でも、メルカリの仕組みを考えれば、先に購入手続をした人に購入の権利があります。 これがフリマのルールである以上、取引は進めるべきでしょう。 横取りについては、あくまで当人同士のやり取りであって、しかも規約違反などではないことを踏まえると、メルカリ事務局に問い合わせをしても対処してもらえる可能性は低いと思います。 事例5.購入希望者専用出品に変えたのに購入されない 値下げ交渉や取り置きの依頼がきて出品者が専用にしても、購入しないままでいるユーザーがいます。 気が変わったのか、他に安い商品が見つかったのか理由は様々だと思いますが、専用を無視するのはマナー違反です。 出品者の立場での対処法としては、期限を決めて専用を解除することです。 ずっと専用にしておくと、他のユーザーが購入できずに売る機会を逃すことになります。 たとえば「明日までに購入がない場合には、専用を解除します」と最初に断っておけば問題ありません。 また、専用を解除した後はユーザーをブロックするのもいいでしょう。 そうすれば、今後関わりを持つことはありません。 ブロックについての記事> 事例6.購入した商品を返品して返金対応をしてもらいたい 探していた商品が届いて中身を確認したら、商品説明にない傷や汚れが……。 家電の場合には、動かないということもありえます。 こういった状況のとき大切なのは、受取評価をしないということです。 一度受取評価をしてしまうと、事務局側でも対応しにくくなり取引のキャンセルは難しくなってしまうからです。 受取評価についての記事> 商品に問題があるときには、出品者に問い合わせをして、返品・返金の依頼をすることになります。 ノークレーム、ノーリターンとしている出品者もいますが、メルカリのルールではこれが禁止されています。 なので、泣き寝入りせずに対処していくことが大切です。 返品や返金についての記事> ただし、購入者の勝手な都合の場合には、返金・返品は難しくなります。 たとえば「やっぱり使わない」「思っていたものと違った」などです。 あくまで出品者の方に何らかの非がある場合だけ対処してもらえると思っていた方がいいと思います。 事例7.ブランド品が偽物だったのでキャンセル、返金してもらいたい 安く購入できてラッキー!でも本当に本物……? メルカリにはブランド品もたくさん出品されていますが、値段が極端に安かったり、どうみてもコピーだと思うような物も見受けられます。 明らかに偽物だとわかる商品は絶対に買ってはいけないのは言うまでもありません。 でも、場合によっては出品者自身も偽物だとわからずに出品していることもあります。 (もちろん、偽ブランド品は出品禁止物です。 ) もし自分が買ったブランド品が偽物のように思えたら、受取評価をせずに出品者に問い合わせをします。 出品者が返品・返金に応じてくれるのであればすぐに手続をしましょう。 一方、返事がないようならば、すぐにメルカリ事務局に連絡をします。 受取評価の前であれば事務局から適切な指示がくるので、それに従って進めていきます。 メルカリのページにも書いてあるように、偽物の販売は懲役10年以下、罰金1000万円以下という刑罰がかされる可能性がある重大な犯罪です。 偽ブランド品や模造品、レプリカについて書かれている メルカリが安全な場所になるためには、メルカリ側にすべて任せるのではなくて、ユーザー自身も見つけたら通報するといった協力が必要になってくると思います。 メルカリ詐欺に関する記事> 事例8.発送前に受取評価という特殊な事例 以前、メルカリで商品を見ていたら、「受取評価をしてから発送します」と商品説明に書かれていたのを見ました。 これは明らかにメルカリのルール違反です。 メルカリでは、商品を発送して購入者が受け取った後でないと受取評価をしてはいけないことになっています。 でも、メルカリを始めたばかりのユーザーの場合、これがメルカリの取引の仕方だと思って、先に受取評価をしてしまうかもしれません。 あるいは、こういったローカルルールがあると勘違いする可能性もあります。 でも、先ほども書いたようにこれはルール違反なので、商品が届いて中身を確認するまでは絶対に受取評価をしてはいけません。 メルカリは個人間の取引が盛んに行われる場所なので、価値観の違いやちょっとした勘違いからトラブルが起きる可能性があります。 お金が絡んでくるからこそ、事が大きくなることもあるでしょう。 でも、そうなる前にメルカリ事務局に相談するなど対処法はありますし、少なくとも規約やマナーを守っていればトラブルにあう可能性は低くなると思います。 ユーザーの意識がトラブルを減らす最善の策かもしれません。 【関連記事】•

次の

メルカリの発送期限までの正式な日数の数え方を徹底解説!|物販NAVI

メルカリ 評価 期限

yUです。 出品者の皆さんは受け取り評価を してくれない購入者に困った経験が 1度はあるかもしれません。 僕はしょっちゅうありますw このパターンは非常に多いです。 購入者の中には受け取り評価を するのを忘れてしまっていたり、 受け取り評価のルールを知らない という人もいるようです。 出品者からしたらこの「受け取り評価」 をしてもらえないと売上金が確定 しないので気が気ではないですよね。 相手に催促 追跡番号などを付けて発送していれば 到着しているかどうかが分かるので 付けて発送することをお勧めします。 これがないと購入者の元に商品が 到着しているかどうかの判断が こちらでできなくなります。 まず、追跡番号を調べて 「到着」していて そこから数日経っているようであれば 「受け取り評価」の催促を行いましょう。 目安は3日前後です。 ただし、いかにも催促されていると 相手に感じさせてしまうと悪い印象を 与えてしまうので、トゲのないような メッセージを送るよう心掛けて下さい。 先日発送した商品は 届いていますでしょうか? 心配になりメッセージ させていただきました。 もし既にお手元に 届いているようであれば、 お手数ですが受け取り評価 していただけると幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。 ーーーーーーーーーーーーー これに対して反応があり、 受け取り評価してくれる方も 多くいます。 なので、まずは到着していることを確認。 その後3日ほど受け取り評価がなければ 催促のメッセージを送って問題ないです。 しかし、催促のメッセージを送っても 反応がない人がいます。 メルカリ事務局に問い合わせる 発送通知から約1週間経っても 受け取り評価されない場合、 取引ページの中に 「お問い合わせ」 の項目が出てきます。 このお問い合わせからメルカリ事務局に 長期受け取り評価されていない旨を 伝えるとメルカリ事務局が動きます。 メッセージの内容を確認してから 2パターンの動きをします。 1パターン目 メッセージの確認後、 数時間で 取引完了にしてくれます。 お互い相手の評価はできませんが、 売上金は出品者に反映されます。 2パターン目 メルカリ事務局が購入者に 出品者に連絡するよう催促。 その後48時間以内にメッセージ がなければ再度問い合わせをして、 その後は1パターン目と同じ。 こういった対応をしてくれるので、 受け取り評価されないことを理由に 売上金が確定しないという事態は 起こり得ないので安心して下さい。

次の

【メルカリ】評価システムが激変?出品者にどのような影響があるのか解説

メルカリ 評価 期限

ヤフオクの落札者の中には「支払期限が過ぎてしまった!」という経験がある人もいるでしょう。 またその逆で、出品者側も「落札者が支払い期限切れになっても代金を払ってくれない!」という経験がある人も多いと思います。 そんな時、ヤフオクの支払い期限がいつまでなのか?また、商品落札後に支払い期限が過ぎてしまった場合、取引はキャンセルとなるのか?など、出品者・落札者別の対応方法についてご紹介します!• ヤフオクで支払い期限が過ぎてしまった!キャンセルや悪い評価もつく? ヤフオクでは、支払い方法はのみとなりますが、同じYahoo! かんたん決済であっても種類がいくつかあるため、人によって支払い方法が異なります。 また、Yahoo! かんたん決済の「何」で支払うかで、支払い期限が異なります。 ヤフオクのYahoo! かんたん決済の種類は? まずヤフオクでは「Yahoo! かんたん決済」の決済方法を下記通りから選ぶことができます。 PayPay クレジットカード インターネットバンキング ジャパンネット銀行支払い Tポイント コンビニ支払い 銀行振込(取引専用のジャパンネット銀行の振込先口座) 落札者はこの中から、Yahoo! かんたん決済の手続きを行います。 ヤフオクの支払い期限はいつまで? Yahoo! かんたん決済の支払い期限は、支払いの種類により異なります。 PayPay クレジットカード インターネットバンキング ジャパンネット銀行支払い Tポイント 落札日から7日以内に支払い (特定カテゴリを除く) コンビニ支払い ・落札日から7日以内に決済番号の発行 (特定カテゴリを除く) ・さらに、 決済番号の発行から5日以内に支払い (特定カテゴリも対象) 銀行振込(取引専用のジャパンネット銀行の振込先口座) ・落札日から5日以内に振込先口座の発行 (特定カテゴリは対象外) ・さらに、 振込先口座の発行から5日以内に支払い (特定カテゴリも対象) PayPay・クレジットカード・インターネットバンキング・ジャパンネット銀行支払い・Tポイント支払いであれば落札後すぐに支払い手続きが可能です。 ですが、コンビニ支払い・銀行振り込みの場合は決済に必要な番号(口座)を発行してから支払い手続きを行うため、人によっては支払いまでに時間がかかるケースがあります。 注意 ・落札者の削除を行い、補欠落札者を繰り上げて落札者になった場合、 支払い期限はオークション終了日の翌日から計算します。 落札者になったタイミングによっては、Yahoo! かんたん決済で支払えない、または支払い期限が短くなる場合があります。 ・銀行振込で振込先口座の発行後、支払い期限が金融機関の休業日にあたる場合は支払い期限が延長になることがあります。 支払い期限が過ぎると取引はキャンセルになる? ヤフオクで支払い期限が過ぎてしまった場合でも、自動でキャンセルになることはありません。 それでも支払いを待ち取引を続けるか、一度キャンセルをするかは出品者・落札者間で話し合う必要があります。 支払い期限を過ぎるとYahoo! かんたん決済で支払えなくなる 支払い期限を過ぎても自動でキャンセルにはならないため、出品者が同意していれば支払い期限を実質延長することはできます。 ただし落札者も出品者も要注意なのは、 支払い期限を過ぎるとYahoo! かんたん決済では支払うことができなくなることです。 その場合は、取引メッセージで出品者・落札者間で相談し、出品者の銀行口座を教えて銀行振り込みにするしか方法はありません。 または、双方で話し合った上で取引はキャンセルとしても良いでしょう。 ヤフオクで支払い期限を過ぎてしまった場合の対処法 では、ヤフオクで商品を購入したものの支払期限が過ぎてしまった場合、落札者・出品者共にどのように対応をすべきなのでしょうか? 落札者・出品者別に詳しくご紹介していきます。 落札者側の対応 上でもご紹介した通り、支払い期限が過ぎてしまうとヤフオクの仕様上、Yahoo! かんたん決済ではもう支払いができなくなってしまいます。 つまり、ヤフオクを通した決済ができないため、出品者と直接銀行振り込みなどで決済をする必要があります。 また、出品者に直接決済をすることに抵抗があるのなら、その時は出品者にキャンセルの依頼をしましょう。 取引メッセージから「申し訳ありませんが、一旦取引をキャンセルしてもらえないでしょうか?」と聞いてみましょう。 ただし、落札後に落札者都合でキャンセルをする場合は、落札者に悪い評価がついてしまうため、これを了承した上でキャンセル依頼をしましょう。 一度決定した支払い方法は変更ができない また、落札者からすると支払い期限内の場合は「支払い方法を変更できないのか?」と思うかもしれません。 例えば、Yahoo! かんたん決済のコンビニ支払いからクレジットカード支払いへ変更したいなどです。 ですが、残念ながらヤフオクでは 一度決定した支払い方法は変更することができません。 その決済方法で期限内に支払うか、期限を過ぎてしまったら出品者に直接支払うか、一度キャンセルをするしか方法はないのです。 出品者側の対応 ヤフオクでは支払い期限が過ぎても自動キャンセルにはならないため、取引を続けるかキャンセルをするかは出品者次第です。 取引を続ける場合は上でもご紹介した通り、落札者が支払いの意思があるのなら直接銀行口座を教えて代金を振り込んでもらう必要があります。 これに抵抗がある場合は、双方で話し合った上で落札者を削除して取引をキャンセルしましょう。 また、支払いに関するメッセージを送っていても落札者と連絡が取れない、無視される場合も、落札者を削除して取引をキャンセルしましょう。 落札者の削除を行うと落札者に悪い評価をつけることもできる ヤフオクでは落札後のキャンセルは基本的に禁止ですが、止むを得ない場合は落札者の削除を行うことで、取引のキャンセルができます。 落札者の削除は、出品者都合・落札者都合を選ぶことができるため、ここでは 「落札者都合」を選択しましょう。 そうすると、落札者に悪い評価をつけることができます。 また、落札者の削除を行った際に補欠落札者がいない場合、または繰り上げなかった場合は「落札者はいません」と表示され、落札者なしとなり再出品が可能です。 もし補欠落札者がいて繰り上げたい場合は 「削除後補欠を繰り上げる」にチェックを入れた上で落札者の削除を行えば、次の落札者に商品を購入してもらうこともできます。 ただし本来の落札者の支払い期限が過ぎており、商品落札からかなり時間が経ってしまっているため、候補者が落札を辞退する可能性もありますが、念のため繰り上げて辞退をされたら再出品を行いましょう。 落札者削除の方法やブラックリストについてはこちらを参考に! ・ ・ ヤフオクで支払い期限が過ぎたら落札者削除・再出品がおすすめ! 以上が、ヤフオクで商品購入後に支払い期限が過ぎてしまった場合の対処法についてでした! ヤフオクでは、Yahoo! かんたん決済の支払い期限が過ぎると、もうYahoo! かんたん決済では支払えなくなってしまいます。 そのため、直接振込みをしてもらうしか方法がないため、銀行口座を教えることに抵抗がある場合は落札者削除を行って次の落札者を探す方が良いかもしれません。 また、期限内に代金を支払わずにキャンセルとなった場合は、落札者側に悪い評価がついてしまうので、これを了承した上でキャンセルに承諾する必要があります。 ヤフオクではどんな支払い方法でも期限が設けられるので、必ず支払い期限は守るようにしましょう。

次の