大人 の 休日 倶楽部 群馬。 定年後の過ごし方、生き方

群馬県中之条町にある廃駅「旧太子駅(きゅうおおしえき)」が、2018年4月から一般公開されています。 「群馬鉄山」の鉄鉱石を運ぶ専用線として日本の戦後復興に貢献した他、1971年に廃線となるまで住民の足としても重宝された「太子線」。その始発駅であった「太子駅」は、当時としては大規模な貨物駅でした。 現在では、鉄鉱石を積み込むための施設(ホッパー)や、ホーム、駅舎などが復元され、鉄道ファンのみならず、草津温泉など近隣の観光地を訪れる方の新たな観光スポットとして人気を集めています。 この他にも、鉱石などの運搬に使われていた屋根なしの「無蓋車(むがいしゃ)」も見どころのひとつです。新緑の散歩が気持ちいいこれからの季節、群馬県へのご旅行の際にぜひ立ち寄られてはいかがでしょうか。 【旧太子駅】 press.prosperity.com

大人 の 休日 倶楽部 群馬

前日に横浜入りしてスタンバイ。 宿泊地は横浜・乳頭温泉・高湯温泉・蔵王温泉・草津温泉・温泉津温泉・出雲 パス券が切れる最終日には草津温泉に泊まり、翌日は安価な高速バスで新宿へ戻ります。 その後は姉と別れて一人旅、 念願の寝台特急サンライズ出雲にて島根へ移動し これまた念願の温泉津温泉 ゆのつおんせん 、 日本温泉協会の天然温泉の審査で最高評価の「オール5」という温泉へ。 8泊9日、旅の最終日には出雲大社の神様にしっかりご挨拶して 兵庫の自宅へ戻ってきました。 このNo5は5泊目、草津温泉宿泊と 翌日新宿へ帰る前に立ち寄った伊香保温泉の記録です。 トップ写真は、伊香保石段街の風景。 11:17 "伊香保石段街"バス停にいます。 JRバス "草津バスターミナル"10:00発に乗りました。 予定より10分早くの到着です。 このコース、さらっと書きましたが、実はヒヤヒヤものでした。 草津温泉・伊香保~新宿 上州ゆめぐり号 JRバス 1月から3月迄最繁忙期らしいです。 空いていれば乗せてもらえるといった感じです。 前日に"草津温泉バスターミナル"の窓口でどうすれば乗れるのかを訪ねます。 答えは非常に冷たくて、バスの運転手に尋ねるようにとの事。 で、当日です。 先着順なら急がなくてはと、 少し早めに"草津温泉バスターミナル"に待機です。 10:00発の新宿行のバスはすでに止まっていますが、運転手さんがいません。 丁度15分程前でしょうか運転手さん現る! スターの出待ちならぬ、運転手さんに駆け寄り"伊香保温泉"までの空席を訪ねます。 しばらくしてからの「乗れますよ」の答えに良かったと安堵、 この日はまだ2席程は大丈夫だったようです。 ちょっとした、賭けに勝ったような心持です。 伊香保の遊歩道 ロープウェイ見晴駅から伊香保神社 徒歩約15分~20分・距離800m 案内では 当初は"熊注意"の山道を枯れ葉を踏みしめ歩きます。 やがて手すり付きのコンクリート階段が現われます。 整備された遊歩道に楽勝楽勝と元気もりもりのおばさん二人。 その内、先の見えぬつづら折れ階段が続き、 足はがくがく、早や20分越え 「ねえ、20分って言ったよね、どこまで続くのかなこの階段」 「片道ワンコインなんてケチったから、こんなえらい目に合うんだよ」 無口な二人になりました、、、 やっとです、見覚えのある神社らしき姿が見えました。 神社のベンチで腰を下ろします、 ・・・いつぶりだろう・・・膝か笑ったのって、、、• わが野崎行に共感いただいてうれしく思いました。 草津から出雲!!!!とてもとてもダイレクトな移動の上、温泉ですよね。 ゆったり浸かったら私なら沈没(そこに根を張る)です。 お写真は、きっと良いカメラをお持ちなんだろうなあとうらやましく思いました。 夜景も素敵に写されていますから。 私は最も安価なデジカメ。 で、だんだん小さく、安価なカメラになっているのです。 昨年度の旅写真コンテスト入賞の作品を見るとうっとりです。 私のややピンボケ写真にも投票ありがとうございます。 カメラを何度も紛失されているなんて、 本体プラス瞬間、瞬間の思い出も失うのですから どれだけ、悔しい想いを何度もされた事だろうと察しています。 そう、なんといっても旅行には軽くて小さなコンデジが一番です、賛成です。 ところで、【夕闇迫る 旧野首教会】旅行記見せて頂きながら 文章のさばき方が男性かな?なんて当初 思いながら見ていました。 ごめんなさい、、、 サバサバした文章に、何が撮りたいという思いの伝わる写真の数々。 つい、何冊もの旅行記続けて見てしまいました。 島の旅行は時間もお金もかかり大変なのに、 ここと目標を決めて行かれる挑戦的な姿に女性なのに男前だな 笑 って・・・ どの旅行記にもmom Kazukoさんのパワーが伝わって来て気持ちいいです。 これからの旅行記も楽しみにしています。 こちらこそ、 クリント東木さんのパワーを感じつつ旅行記楽しく読ませて頂いております。 伊香保へ行かれるのでか? だらだらと書き綴った記録ですが、ほんの少しでもお役に立つ部分があったのなら、 嬉しい限りです。 お天気が良ければ是非、展望所に行ってみて下さいませ。 そして、天気に関係無く、もしよろしければ 切り絵美術館をお勧めしたいです。 歩きだと、坂道が大変ですが、近くを通るバスが便数は少ないですが出ているようです。 時間等、美術館で尋ねてから行くのもいいかも知れません。 行ってらっしゃい、良いご旅行を・・・ だいこく.

次の

大人の休日切符の割引距離

大人 の 休日 倶楽部 群馬

日本三大峡谷(日本三大渓谷)と通称されるのは、黒部峡谷(富山県)、清津峡(新潟県)、そして関西では有名な大杉谷(三重県)。 長らく人跡未踏だった黒部峡谷(国の名勝)、柱状節理が見事な清津峡(国の特別名勝・特別天然記念物)... カテゴリ:• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。 水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。 さらに加えて、湖上遊覧など観光スポット... カテゴリ:• 日光東照宮の神馬(しんめ)の厩舎(きゅうしゃ)である神厩舎の長押には、人間の人生を表す合計で16匹の猿が彫られています。 そのうち、もっとも有名な猿が「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿(さんえん・さんざる)です。 厩舎に... カテゴリ: , , ,• 日本三大砂丘は、静岡県の御前崎から浜松まで続く南遠大砂丘、有名な鳥取砂丘、そして鹿児島県の吹上浜の3ヶ所を数えるのが一般的。 ただし、この日本三大砂丘は、誰が決めたのか定かでない「詠み人知らず」のため、九十九里浜を入れたり... カテゴリ: ,• 古代のヤマト王権の大王や、地方の豪族が築いた古墳。 とくに前方後円墳は、墳丘長486mという大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を筆頭に巨大古墳の上位に君臨しています。 なんと巨大古墳は27位までが西日本に築かれていますが、ベスト10に... カテゴリ: , ,• 毎年6月30日15:00〜、新潟県弥彦村の弥彦神社で『大祓式・茅の輪まつり』が執り行なわれます。 半年間、知らず知らずのうちに積もった罪と穢(けがれ)を祓う行事で、『大祓式』(おおはらえしき)では、茅の輪をくぐり抜ける行... カテゴリ: , ,• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 歴史的に有名な日本を代表する滝3つを選んだ日本三名瀑。 一般的には日光の華厳の滝、熊野の那智の滝、奥久慈の袋田の滝が日本三名瀑ですが、選者がいるわけではなく、あくまで一般的にということに。 というわけで、華厳の滝、那智の滝に... カテゴリ: , ,.

次の

社会福祉法人 日本身体障害者団体連合会

大人 の 休日 倶楽部 群馬

「上毛野はにわの里公園」内に「かみつけの里博物館」と「保渡田古墳群」があり、 「保渡田古墳群」とは「二子山古墳」「八幡塚古墳」「薬師塚古墳」の総称です。 (上毛野はにわの里公園内にあるのは「二子山古墳」と「八幡塚古墳」です) 八幡塚古墳 いちばんの見どころは、詳細に再現された「八幡塚古墳」です。 によると: 発掘調査所見にもとづいて、1500年前の姿の古墳を再現しました。 内堤の一角には、人物・動物の形をした埴輪群像が復元されています。 後円部には、王の棺(舟形石棺)の実物が見学できるドーム施設があります。 …とあります。 さっそく周ってみます。 まず現れるのは、兵馬俑を彷彿させるような埴輪の大群。 権力者のお供として、こんな感じで埋葬されていたとのこと。 なんか…会議?飲み会?! 馬に混じって鹿さんも。 どれもユーモラスですが、発掘調査に基づいているのだそう…。 では、こちらの古墳に登らせてもらいます。 再現した埴輪や土器は、地元の小学生らが作成したものが多いようです。 前方後円墳で、「後円」の部分は入場することができます。 内部には石棺がありました。 ガラス越しに見学できます。 頂上からの見晴らしがよいです。 古墳のまわりに「中島」という丸いところが4つあるのですが、用途は不明とのこと。 副葬品?お供の方も一緒に…とかそういう感じなのかな?? 二子山古墳 八幡塚古墳からほど近くに「二子山古墳」があります。 八幡塚古墳は埴輪などで当時の様子を徹底的に再現!していますが、二子山古墳は普通のこんもりした丘。 でも、こちらのほうがちょっと大きいです。 近くには古墳を調査した際の様子がわかる説明と、出土したときの状態を保存しているところがありました。 その他 公園内にはお土産や地元の農産品などを扱う売店もあります。 さいごに 何の気になしに訪れた場所ですが、かなり満足度が高かったです。 群馬県って古墳の里だったんですね~。 博物館は今回はパスしてしまいましたが、 他の古墳とともに、また訪問してみたいと思いました。

次の