なす の 挟み 焼き。 レンジで簡単はがれない。なすのはさみ焼き

レンジで簡単はがれない。なすのはさみ焼き

なす の 挟み 焼き

レンジで作れば油を使わずに、はがれない挟み焼きが簡単に作れます。 肉の旨味をなすが吸ってくれるので、油不使用でもジューシーでコクのある味になります。 肉汁が染み込んだなすはとろとろに柔らかく、ねぎとしょうがの香味で蒸し暑い日でもパクパク食べられます。 油ハネの心配なく、安全に作れますのでぜひお試しいただけたら嬉しいです。 調理時間:20分 冷蔵保存:3日 人数:2~3人分• なす 中2本• 豚ひき肉 200g(赤身がおすすめです)• しょうが ひとかけ(約10g)• ポン酢• なすは3ミリ幅の薄切りにする。 30枚弱、切っておく。 耐熱皿の上に薄切りにしたなすをのせ、ふんわりラップをかけ600wの電子レンジで2分加熱する。 ねぎ、しょうがをみじん切りにする。 薄切りにしたなすに4をのせ、はさむ。 耐熱皿に5をのせ、ふんわりラップをかけ電子レンジで4分30秒~5分加熱してできあがり。 ポン酢をつけてお召し上がりください。 なすのヘタに近い部分が余ってしまいますが、いつも焼きトマトのスープに入れています。 焼きトマトのスープのレシピはこちらです。 しょうがはチューブ入りよりも生のしょうがを細かくみじん切りにして入れるのがおすすめです。 食べた時にしょうがからジワっと香味が出て旨味を引き立てます。 1枚のお皿に乗り切れない場合は、2枚に分けて同時に加熱しても問題ありません。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

なすのはさみ焼きのレシピ/作り方

なす の 挟み 焼き

レンジで作れば油を使わずに、はがれない挟み焼きが簡単に作れます。 肉の旨味をなすが吸ってくれるので、油不使用でもジューシーでコクのある味になります。 肉汁が染み込んだなすはとろとろに柔らかく、ねぎとしょうがの香味で蒸し暑い日でもパクパク食べられます。 油ハネの心配なく、安全に作れますのでぜひお試しいただけたら嬉しいです。 調理時間:20分 冷蔵保存:3日 人数:2~3人分• なす 中2本• 豚ひき肉 200g(赤身がおすすめです)• しょうが ひとかけ(約10g)• ポン酢• なすは3ミリ幅の薄切りにする。 30枚弱、切っておく。 耐熱皿の上に薄切りにしたなすをのせ、ふんわりラップをかけ600wの電子レンジで2分加熱する。 ねぎ、しょうがをみじん切りにする。 薄切りにしたなすに4をのせ、はさむ。 耐熱皿に5をのせ、ふんわりラップをかけ電子レンジで4分30秒~5分加熱してできあがり。 ポン酢をつけてお召し上がりください。 なすのヘタに近い部分が余ってしまいますが、いつも焼きトマトのスープに入れています。 焼きトマトのスープのレシピはこちらです。 しょうがはチューブ入りよりも生のしょうがを細かくみじん切りにして入れるのがおすすめです。 食べた時にしょうがからジワっと香味が出て旨味を引き立てます。 1枚のお皿に乗り切れない場合は、2枚に分けて同時に加熱しても問題ありません。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

レンジで簡単はがれない。なすのはさみ焼き

なす の 挟み 焼き

お好みで小ねぎを散らします。 お料理メモ メモ1:皮をところどころむく 食感と見栄えのために皮をむいています。 好みでむかなくてもよいです。 メモ2:なすに片栗粉をまぶす• 1.なすと肉だねがちゃんとくっつくように。 2.たれがからむように。 以上2点のために片栗粉をまぶします。 なすが変色しないよう、切ったら手早くまぶします。 メモ3:はさむときのポイント• 直径が同じくらいのなす2つで肉だねをはさみます。 ちゃんとくっつくよう、なすを肉だねに少し押し込むようにするとよいです。 肉だねは焼くと縮むので、なすの直径から少しはみ出るような感じではさみます。 なすや肉だねが余ったら、一緒にテキトーに焼いてください。 メモ4:冷凍保存 冷凍保存用のポリ袋に重ならないように入れ、霜がつかないようなるべく空気を抜いて凍らせます。

次の