と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 14 話。 アニメ「とある科学の超電磁砲T」御坂美琴(CV:佐藤利奈)を救う上条当麻(CV:阿部敦)に視聴者「男前すぎる」第14話

海外の反応【とある科学の超電磁砲T (3期)】第15話 いいアニオリ補完だったな… 次回からドリームランカー編スタート!(レールガン)

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 14 話

アニメ「とある科学の超電磁砲T」の14話を見た感想とネタバレ。 SNSの評判や感想も交えて14話を振り返ってみましょう。 暴走が収まり意識を取り戻しましたが、自身の力ではどうすることも出来ず困惑する美琴。 すかさず上条が右手で美琴に触れるも、能力ではない黒い塊に為す術無く右手がちぎり飛ばされてしまったかと思いきや、腕からドラゴンが現れ美琴の暴走を止めることに成功します。 ちぎれた右腕も無事に元通り、美琴の暴走も収まり一件落着。 記憶改ざんされた黒子達も元に戻り、大覇星祭が何とか終りを迎えました。 美琴と上条との仲を取り持つために佐天と初春が二人にフォークダンスを踊らせるシーン最高でしたね…。 ドラゴンが現れたのはびっくりでしたが、とにかく平和が戻ってきて良かったです! 出典:「」公式ページ 黒子は警策の居場所を探り当てて拘束、動きを封じる。 食蜂は幾重にも張り巡らせた計画によって、『外装代脳(エクステリア)』を崩壊へと導き、幻生によるミサカネットワークへの介入を断ち切った。 しかし美琴は、意識を取り戻したものの、依然として暴走を止められず、黒く渦巻く力の塊は消えないままだった。 能力とはまったく異なる、別世界の、理解の及ばない力。 そこから美琴を開放すべく、削板が根性で道を切り開き、上条を美琴のもとへと送り出す。 ついに上条の右手が届くも、黒い塊にふれた右手は肩から吹き飛ばされてしまう。 大覇星祭も無事に終りを迎え、日常を取り戻すことに成功しました。 黒子達の記憶も取り戻し、上条とフォークダンスをする事になった美琴は幸せ満点そうで見ていてこちらもほっこり! 終わりよければ全て良し! 『とある科学の超電磁砲T』第14話のTwitterでの評判・口コミ とある科学の超電磁砲T 14話 上条さんの右手、なんですかー、これこそLV6じゃないのかと。 一方通行とのタイマンに続き、また助けられた美琴。 上条さん、どんだけフラグ立てるんですか、いいぞ、もっとやれ。 上条さんかっこいいし、美琴デレデレだし、この御時世に、作画も最高。 3人の〝レベル5〝が活躍した〝大覇星祭編〝の大事件、最後はヒーローバカコンビがバッチリ決めてくれた…。 後半Bパートはそれぞれと繋いだ絆を確認するかのようなエピローグで、ようやく帰って来た騒がしい日常が愛おしく感じるのです。

次の

アニメ『とある科学の超電磁砲T』第15話「やくそく」【感想・作品情報】│Hi.アニ!

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 14 話

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。 説明文 総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。

次の

『とある科学の超電磁砲T』14話を一緒に見よう!2週間ぶりの超電磁砲最新話!【アニメリアクション・アニメ雑談】

と ある 科学 の 超 電磁 砲 t 14 話

総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。 説明文 総人口230万人を数える、東京西部に広がる巨大な都市。 特殊な授業カリキュラムを受け、能力を得た学生たちは、定期的な『身体検査(システムスキャン)』によって、『無能力(レベル0)』から『超能力(レベル5)』の6段階に評価されている。 その頂点に立ち、最強と謳われるのが、7人の『超能力者』たちである。 そのひとり、御坂美琴。 電気を自在に操る『電撃使い(エレクトロマスター)』最上位の能力者にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ彼女は、名門お嬢さま学校・常盤台中学に通う14歳の女子中学生。 後輩で『風紀委員(ジャッジメント)』の白井黒子。 その同僚でお嬢様に憧れる初春飾利と、都市伝説好きな彼女の友人、佐天涙子。 そんな仲間たちとの、平和で平凡で、ちょっぴり変わった学園都市的日常生活に、年に一度の一大イベントが迫っていた。 『大覇星祭』。 7日間にわたって開催され、能力者たちが学校単位で激戦を繰り広げる巨大な体育祭。 期間中は学園都市の一部が一般に開放され、全世界に向けてその様子が中継されるにぎやかなイベントを前に、誰もが気分を高揚させていた。

次の