49 日 お供え。 四十九日に供えるお餅とは?四十九日餅の意味や由来を徹底解説します|終活ねっとのお坊さん

四十九日のお供えを郵送時の手紙の例文と注意点!

49 日 お供え

1.四十九日とは? 49日目に何がある? 仏教では亡くなってから49日間を「中陰」と呼び、四十九日目にあたる日を「満中陰」と呼び忌明けとされます。 四十九日までの間、厳密には七日ごとに七回の法要があります。 この間、一般的には初七日以外の法要は遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 このページでは四十九日の香典袋について説明します。 この日を境に故人が仏様になるとされ、供養のための香典の表書きも御霊前から御仏前に変わります。 ただし、宗派によって異なります。 もし故人の宗派がわからない場合には一般的な作法に従って四十九日までは「御霊前」、四十九日の法要およびそれ以降は「御仏前」を持参しましょう。 そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多いほか、仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。 [納骨・納骨式] 遺骨をお墓に埋葬する儀式。 納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。 四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。 [開眼供養] 仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。 [香典返し] 通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。 一般的に四十九日の忌明けにタイミングを合わせて手配をします。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 包む金額が多くなると双銀の水引き) 関西の一部の地域では黄白の水引き。 (2-2)仏教以外の場合には? 参考情報 水引きの種類と色 四十九日は仏教の法要なので、他の宗教にはありません。 ここでは他の宗教の場合の同様の儀式の際の香典袋の書き方について参考情報として紹介します。 香典袋・不祝儀袋の表書き書き方 仏教・仏式 神道・神式 キリスト教 御仏前、御佛前、御供物料など 神道では四十九日の法要はありません。 50日めに五十日祭があり、その時に持参します。 表書きは御玉串料、御神前料、御神撰料、御供物料など キリスト教では四十九日の法要はありません。 一ヶ月目に追悼ミサ(プロテスタントでは昇天記念日)があり、その時に持参します。 表書きは御花料、お花料、御供物料など 香典袋の水引きの種類、水引の色など 仏教・仏式 神道・神式 キリスト教 黒白・双銀が一般的。 関西では黄白を使う地域もあります。 また四十九日以降に黄白を使う地域もあります。 双銀の水引のついた香典袋を使います。 蓮の花や蓮の葉の絵柄がついた袋は使えません(使えるのは仏教だけです)。 白い封筒に入れ、水引はかけません。 白い封筒を使わない場合には、市販の袋でキリスト教専用の十字架がついた音花料の袋や白い花の柄が描かれた袋もあります。 ・仏教の場合の、法事ののし袋の表書きは「御仏前」「御佛前」「御供物料」「御香料」などです。 (御霊前という表書きは四十九日には使いません。 ) ・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。 ・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には出席者の氏名(フルネーム)を書きます。 蓮の花の入ったのし袋は、仏教にしか使えません。 ・夫婦で法要に参列する場合、夫の氏名だけでも構いませんが、夫婦二人とも故人にお世話になった場合には、右の見本画像のように連名で書きます(中央に夫の氏名を書き、左側に妻の名を書き添えます)。 (2-4)四十九日の香典袋の入れ方 Q. 四十九日は新札を使っても良いの? A. 四十九日はあらかじめ日程がわかっている法要なので、新札でも良いとされます。 もし新札が用意できない場合でも汚れたお札やシワシワのお札は避けるようにします。 (ちなみに…通夜・葬儀では新札はNGです。 突然の訃報に際し、まるで新札をあらかじめ用意していたようで失礼だとされます。 それに対し四十九日の法要は日程がわかっているため新札を用意しても良い、と考えられています。 ) Q. お札の向きは? A. ) お札の向きをどうするのかについて気にしないという場合でも、二枚以上のお札を入れる時には、 お金の向きを揃えて入れるようにしてください。 裏から見たときの折りたたみ方は? A. 背面からみた時には、上から下にかぶせるようにして水引をかけます。 また、四十九日の法要のあとで会食(おもてなしの食事。 お齋(おとき)と言います)があるかどうかによっても包む金額が変わって来ます。 年齢やおつきあいの深さによっても変わってまいります。 また、自宅での法要とホテルなどでの法要とでは相場も変わってくるようです。 更に地域によっても金額に差があります。 ・ 四十九日の法要以降、一周忌を過ぎると次第に故人との付き合いがある程度あった人だけが参列するようになってきますので、香典の金額も3,000円以下のような少額な人は少なくなります。 ・ 故人の孫、ひ孫といった立場の場合などは、他の親族と相談して金額を揃えても良いでしょう。 一人当りの金額が少額の場合には、香典ののし袋の下段を「孫一同」「曾孫(ひまご)一同」とし、まとめた形でお供えすることもあります。 四十九日の香典袋の中袋の金額の書き方 ・市販の香典袋の中には、中袋(中包み、内袋)がついているものもあります。 ・ 中袋に金額や住所を書く欄があるものは、その中に記入します。 ・下記は、中袋に書く漢数字の表記のしかたの例です。 上に金という文字を書くのが通例ですが、「金参萬圓也」のような也はつけなくて良いとされています。 香典袋の中袋の表側 / 金額を書く [弔事の場合] 金額の例 10,000円 漢数字を書く場合には縦書きで。 もしアラビア数字で書く場合、5,000円、10,000円、30,000円などは横書きで書きます。 四十九日からは濃墨で書いても構わない 薄墨を使うのは、悲しみの涙で墨がにじんでいますという意味だとされます。 そのため突然の訃報に涙で文字がにじんだという意を表して四十九日よりも前まで(通夜や葬儀・葬式)は薄墨を使います。 四十九日に忌明けを迎えるだけでなくこの日が法要であるとすでにわかっていることなので、濃い墨で書いても構わないとされます。 毛筆の代わりに筆ペンでもOK。

次の

四十九日 お供え お返し】返礼品・法要の引き出物・のし・表書き

49 日 お供え

「のし」とは、慶事や四十九日などの弔事の際にお供えをする場合に、包装紙の上にかける水引が描かれた紙のことをいいます。 のしには水引が印刷されたものなどさまざまな種類があり、贈る目的やお供え物によって使い分ける必要があります。 いざ四十九日の法要に参列するときになって、表書きを書く場合、香典のように薄墨なのかどうか分からないという方も多いでしょう。 四十九日ののしについて、 表書き・名前・墨の色を解説していきます。 表書きの書き方 表書きとは、その贈りものが 何のために贈られるものであるか記すために書かれます。 のし紙はすでに水引が印刷されているものもあります。 水引が印刷されているものに表書きを書く場合には、水引を中心に上部分に書き入れましょう。 お店に出向き、お供え物を購入する時にお店の方にお願いすれば包装と一緒にのしと表書きを書いて頂けます。 お店でお願いをするときは、四十九日の法要にお贈りするお供えものであることをお伝えしておきましょう。 それでは次に、ご自分でのしを用意される時のために、表書きの書き方について宗教別にご説明します。 仏式 仏式での四十九日にお供えするのしの場合は、表書きに 「御供物料」「御仏前」と書きます。 ただし、 関西方面では「御供」と書くのが一般的ですが、これは都市部に限ります。 どうしてもわからない場合は、一緒に参列される方に尋ねてみましょう。 神式 神式では仏教の四十九日にあたる 「50日祭」が行われます。 新式では香典の代わりに「玉串料」が用意されますが、この「玉串料」のお返しとしてのしを書く場合には、表書きに 「偲草」または「偲び草」と書き入れるのが一般的です。 キリスト教式 キリスト教には四十九日の法要はありません。 そのため、キリスト教の場合は 香典返しの習慣がありません。 ただし、キリスト教ではカトリックの場合であれば30日目に「追悼ミサ」、プロテスタントであれば1カ月目に「昇天記念日」というものが行われます。 その場合の表書きには、のしに 「偲草」や「志」と書き入れます。 名前はどこに書く? 香典と同じく、のしにもお供え物の贈り主のお名前を書き入れる必要があります。 のし紙の中央部分にある水引を中心として、その下にお名前をフルネームで書き入れましょう。 薄墨でいいの? 一般的には四十九日までの法要での のしには薄墨を使います。 薄墨を使う理由は、「突然の訃報に硯で墨をする時間もなく駆け付けた」という意味や、「悲しみのあまり涙で墨が薄れてしまった」という意味を持っています。 四十九日以降の法要では濃い墨でのしを書いてもかまいませんが、四十九日までは薄墨を使いましょう。 薄墨で書く方法が分からないという方は、文具店に行けば薄墨の筆ペンも販売されています。 四十九日におけるのしの水引の色は? 四十九日の法要には、お花のほかにもお菓子や果物などのお供え物します。 特に「この果物でなければいけない」という決まりはありませんが、なるべく 旬の果物や日持ちのするものを選ぶと良いでしょう。 日持ちのしない果物を贈られるのであれば、早めに食べて頂けるよう一言述べておくと良いでしょう。 基本的には丸い物 お供えする果物は、個人の好きだったものを選んだりと特に決まりはありません。 もしもお供え物に何を贈るか迷った時は、丸い果物を選ぶと良いでしょう。 日本では、丸いものは昔から「円」つまり 「縁」に繋がると考えられていることから丸いものが良いとされています。 丸といってもまん丸である必要はありません。 ナシやリンゴも人気があり、お供え物として大変喜ばれます。 お供え物の金額相場 お供え物は 5000円から1万5千円程度が相場です。 ただし、金額については香典とのバランスを考えましょう。 例えば、香典に高額をお包みしたうえで1万5千円相当の供物では、受け取られた方の負担になってしまいます。 香典を包んだうえで供物も贈るというのであれば、お線香や焼き菓子など、数千円のもので構いません。 お返しの場合ののしについて• 四十九日の表書きは、仏式では表書きに「御供物料」、または「御仏前」と書き、神式では「玉串料」キリスト教では「偲草」と書き入れるが、関西では「御供」と書く。 四十九日ののしの水引の色は、黒白の結びきりのものか双銀のものを選ぶ。 お供えに果物を選ぶ場合には基本的に丸いものを選ぶ。 四十九日のお供えの相場は5000円から1万5千円が相場ですが、香典をお包みする場合には、お供えは5000円程度のものでかまわない。 四十九日の法要に招かれた場合には、ぜひ参考になさってください。 「終活ねっと」では、四十九日のほかにも、その他の年忌法要についてなど、終活についてのさまざまな記事が用意されています。 興味のある方、マナーやルールについて詳しくお知りになりたいという方は、ぜひそちらの記事についても合わせてご覧ください。

次の

四十九日》香典袋・お布施・服装・花・お供え・忌明け法要・挨拶・納骨・香典

49 日 お供え

Sponsored Link 49日ってどんな意味があるの? 仏教では、故人の魂は亡くなってから49日間は中陰(この世とあの世の間)にいるとされ、 49日を迎えると仏となってあの世へ旅立つと考えられています。 49日までの間は7日おきに仏になるための厳しい試練があるので、 遺族は故人の成仏を祈って7日ごとに法要を行います。 49日目はついにあの世での行先が決まる日であり、49日法要は葬儀後の重要な法事のひとつです。 遺族や近親者、生前縁の深かった人を招いて読経や会食が行われます。 後飾り祭壇の意味って? 故人のお骨が自宅へ帰ってから49日までの間に必要になるのが 「後飾り祭壇」で、地域によっては「中陰壇」とも呼ばれます。 自宅に仏壇がある場合も、49日までの間は後飾り祭壇を使います。 「なぜ仏壇にお骨やお供えをしないのか?」と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、 仏壇は仏を安置する場所なので、成仏前の遺骨やお供えは別の祭壇に行う必要があるのです。 後飾り祭壇には骨壺、遺影、仮の位牌の他、香炉や蝋燭立てなどの仏具、お供えを載せます。 49日法要を自宅で行う場合はこの祭壇の前で僧侶による読経が行われます。 Sponsored Link 後飾り祭壇のお供えに必要なものは何? 後飾り祭壇に必要なお供え物は、次の通りです。 線香 49日までの間、故人にとっての食べ物は香りだけです。 線香の煙はなるべく絶やさないようにしましょう。 とはいえ、外出時や就寝時は火事の不安もあります。 その場合は故人に手を合わせてからいっときだけ消すようにしましょう。 水 毎朝一番に汲んだ新しい水をお供えします。 花(菊が適しています) 花も49日間は切らさないようにします。 同じものをずっと供えていると花が傷んでくるので、その前に取り替えるようにして下さい。 お膳 故人はこの世の食べ物は食べることができませんが、 食べ物の香りを届けることで供養になると言われています。 炊き立てのご飯、汁物、煮物、和え物のお膳を準備し、白い陶器の器に盛って供えます。 宗派によっては1日3食分準備する場合もありますが、朝に一度お供えする場合が多いです。 お膳用に特別な食事を作る必要はなく、普段の食事を取り分けてお供えすればよいです。 お供えして5分ほどしたら、すぐに下げて家族で食べます。 果物 果物はバナナや季節の果物などを2~3種類盛り合わせるようにしましょう。 スーパーで普通に売られているものだと大きすぎて器に 乗り切らないことがあるので、お供え用の果物盛り合わせがおすすめです。 お菓子 お菓子は長期間供えやすいように、なるべく日持ちのするもので個包装されているものを選びます。 古くからのしきたりで「お供えのお菓子は穀物からできた和菓子がよい」という 考えもありますが、今はそこまで厳密なマナーはありません。 季節のお菓子や故人の好きだった物をお供えするとよいでしょう。 その他お供え物 頂いたお供え物は後飾り壇にお供えします。 また、家族が美味しいお菓子を買ってきたり、故人の好きだった料理を 作ったりした場合には、食べる前に一度お供えするようにしましょう。 お供えのお菓子の良い例はある? 49日までの間、お供えのお菓子は和洋などにあまりこだわる必要はないと説明しましたが、 「法要の際など大事なシーンのためにも基本を押さえておきたい」という方もいらっしゃると思います。 仏事で使われるお供えのお菓子は、やはり和菓子がオーソドックスです。 穀物からできたお菓子が良いとされていますので、どらやき、もなか、饅頭などの 甘い物や、あられやおかきなどを組み合わせると良いでしょう。 その他、夏には羊羹やゼリー、寒天などをプラスしても良いです。 まとめ 49日までのお供え物についてまとめましたが、いかがでしたか? 49日法要までの間は後飾り祭壇にお骨や位牌を安置し、お供えをします。 お供えとして必要なものは沢山ありますが、特に線香やお花、水はなるべく絶やさないようにしたいものです。 お菓子やお膳の内容について悩まれる方もいるかもしれませんが、今回紹介した例を参考にしてみて下さいね。 Sponsored Link•

次の