おもてなしレシピ。 特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

簡単なのに華やか!ホームパーティで役立つ、おもてなし料理のレシピ15選

おもてなしレシピ

【材料】2人分• キャベツ…4枚• ロースハム…2枚• コーン…30g• マヨネーズ…大さじ3• 砂糖…小さじ1• 酢…大さじ1• 塩コショウ…少々 【作り方】• キャベツは芯と葉に分けて、数枚重ねたら丸めて千切りにする• 1の芯部分は薄切りにしてから千切りにする• 人参も千切り、ハムは半分に切ってから5mm幅に切る• キャベツと人参は別のボウルに入れて、塩を半量づつ加えて揉みこんで5分置く• 野菜がしんなりとしたら水分を絞る• 別のボウルにAを入れて混ぜ合わせたら、5と水気を切ったコーン、ハムを加える• 全体が馴染むように混ぜ合わせたら完成 【材料】2人分• 骨付き鶏もも肉…2本• 醤油…大さじ2• 白ワイン…大さじ2• ローズマリー…適量 〈A〉• はちみつ…大さじ2• マスタード…小さじ2• おろし生姜…小さじ2• ガーリックパウダー…少々• 塩…少々• 胡椒…少々 【作り方】• 鶏肉は全体的にフォークで穴を数か所開けて、骨の周りに切り込みを入れる• Aを1に擦りこみ、ジッパー付きの袋にその他の調味料とハーブと共に入れる• 1時間以上漬け込んだら、クッキングペーパーを敷いて皮目を上にして並べる• 付け合わせがある場合は周りに乗せる• 220度に予熱をしたオーブンで30分程焼く• 輪切りにしたレモンやライムをトッピングしたら完成 【材料】2人分• 鶏むね肉…1枚• じゃがいも…2個• 酒…大さじ1• 胡椒…少々• 粉チーズ…大さじ2• 片栗粉…大さじ2• サラダ油…適量 〈A〉• マヨネーズ…大さじ1• 薄力粉…大さじ2• 水…大さじ1 【作り方】• 鶏肉はそぎ切りにしてボウルに入れたら、酒と塩コショウを振って混ぜる• 別のボウルにAを入れて混ぜ合わせて、1を加えてからめる• じゃがいもは千切りにして、水にさらしたら水気を切る• 容器にじゃがいもと粉チーズ、片栗粉を入れて混ぜる• 2の表面に4を付ける• フライパンに1cm程のサラダ油を入れて180度に熱する• 5をきつね色になるまで揚げて完成 【材料】6人分• 米…3合• シーフードミックス…150g• 鶏もも肉…1枚• にんにく…1かけ• アスパラ…3本• ミニトマト…10個• オリーブオイル…大さじ2• レモン…8切れ• 刻みパセリ…少々• コンソメ…小さじ1• 胡椒…少々• 水…540cc 【作り方】• 鶏肉は一口大に切る• 玉ねぎは1cm角、アスパラは皮をむいてから4等分、にんにくはみじん切りにする• ホットプレートにオリーブオイルを入れて熱し、1の色が変わるまで炒める• 玉ねぎを加えてしんなりしたら、米を加えて透き通るまで炒める• シーフードミックスとAを加えたら混ぜ合わせて、平らにする• 煮立ったら蓋をして、低温で15分程加熱をする• 電源を切ったらアスパラとミニトマトを加えて蓋をしたら、15分程蒸らす• パセリを散らしてレモンを添えたら完成 【材料】2人分• ご飯…400g• 豚ひき肉…300g• コーン缶…60g• 茹で卵…2個• レタス…4枚• ミニトマト…4個• パセリ…適量• ホットペッパーソース…少々• 粉チーズ…適量 〈A〉• ケチャップ…大さじ4• ウスターソース…大さじ4• すりおろしにんにく…小さじ1• 塩…少々• 胡椒…少々 【作り方】• 玉ねぎはみじん切りにする• 茹で卵は細かく刻む• 耐熱ボウルに豚ひき肉と1を入れてふんわりとラップをする• 600Wのレンジで3分程加熱をしたら、コーンとAを入れて混ぜる• 再度ラップをしてレンジで3分程加熱をする• 軽く混ぜてからホットペッパーソースを加えて混ぜ合わせる• 器に温かいご飯を盛り付けて、レタスと6を乗せる• 粉チーズと2、パセリを散らして、ミニトマトを添えたら完成.

次の

子供が喜ぶおもてなし料理レシピ!作り置きできる豪華メニューも!

おもてなしレシピ

【材料】2人分• キャベツ…4枚• ロースハム…2枚• コーン…30g• マヨネーズ…大さじ3• 砂糖…小さじ1• 酢…大さじ1• 塩コショウ…少々 【作り方】• キャベツは芯と葉に分けて、数枚重ねたら丸めて千切りにする• 1の芯部分は薄切りにしてから千切りにする• 人参も千切り、ハムは半分に切ってから5mm幅に切る• キャベツと人参は別のボウルに入れて、塩を半量づつ加えて揉みこんで5分置く• 野菜がしんなりとしたら水分を絞る• 別のボウルにAを入れて混ぜ合わせたら、5と水気を切ったコーン、ハムを加える• 全体が馴染むように混ぜ合わせたら完成 【材料】2人分• 骨付き鶏もも肉…2本• 醤油…大さじ2• 白ワイン…大さじ2• ローズマリー…適量 〈A〉• はちみつ…大さじ2• マスタード…小さじ2• おろし生姜…小さじ2• ガーリックパウダー…少々• 塩…少々• 胡椒…少々 【作り方】• 鶏肉は全体的にフォークで穴を数か所開けて、骨の周りに切り込みを入れる• Aを1に擦りこみ、ジッパー付きの袋にその他の調味料とハーブと共に入れる• 1時間以上漬け込んだら、クッキングペーパーを敷いて皮目を上にして並べる• 付け合わせがある場合は周りに乗せる• 220度に予熱をしたオーブンで30分程焼く• 輪切りにしたレモンやライムをトッピングしたら完成 【材料】2人分• 鶏むね肉…1枚• じゃがいも…2個• 酒…大さじ1• 胡椒…少々• 粉チーズ…大さじ2• 片栗粉…大さじ2• サラダ油…適量 〈A〉• マヨネーズ…大さじ1• 薄力粉…大さじ2• 水…大さじ1 【作り方】• 鶏肉はそぎ切りにしてボウルに入れたら、酒と塩コショウを振って混ぜる• 別のボウルにAを入れて混ぜ合わせて、1を加えてからめる• じゃがいもは千切りにして、水にさらしたら水気を切る• 容器にじゃがいもと粉チーズ、片栗粉を入れて混ぜる• 2の表面に4を付ける• フライパンに1cm程のサラダ油を入れて180度に熱する• 5をきつね色になるまで揚げて完成 【材料】6人分• 米…3合• シーフードミックス…150g• 鶏もも肉…1枚• にんにく…1かけ• アスパラ…3本• ミニトマト…10個• オリーブオイル…大さじ2• レモン…8切れ• 刻みパセリ…少々• コンソメ…小さじ1• 胡椒…少々• 水…540cc 【作り方】• 鶏肉は一口大に切る• 玉ねぎは1cm角、アスパラは皮をむいてから4等分、にんにくはみじん切りにする• ホットプレートにオリーブオイルを入れて熱し、1の色が変わるまで炒める• 玉ねぎを加えてしんなりしたら、米を加えて透き通るまで炒める• シーフードミックスとAを加えたら混ぜ合わせて、平らにする• 煮立ったら蓋をして、低温で15分程加熱をする• 電源を切ったらアスパラとミニトマトを加えて蓋をしたら、15分程蒸らす• パセリを散らしてレモンを添えたら完成 【材料】2人分• ご飯…400g• 豚ひき肉…300g• コーン缶…60g• 茹で卵…2個• レタス…4枚• ミニトマト…4個• パセリ…適量• ホットペッパーソース…少々• 粉チーズ…適量 〈A〉• ケチャップ…大さじ4• ウスターソース…大さじ4• すりおろしにんにく…小さじ1• 塩…少々• 胡椒…少々 【作り方】• 玉ねぎはみじん切りにする• 茹で卵は細かく刻む• 耐熱ボウルに豚ひき肉と1を入れてふんわりとラップをする• 600Wのレンジで3分程加熱をしたら、コーンとAを入れて混ぜる• 再度ラップをしてレンジで3分程加熱をする• 軽く混ぜてからホットペッパーソースを加えて混ぜ合わせる• 器に温かいご飯を盛り付けて、レタスと6を乗せる• 粉チーズと2、パセリを散らして、ミニトマトを添えたら完成.

次の

特集「おもてなし料理」│キリンレシピノート

おもてなしレシピ

お客さま参加型のセルフ料理でおもてなし! お客さまを自宅に招いておもてなしするホームパーティー。 でもやっぱり自分も一緒に楽しみたいのであまり手間のかかりすぎる料理は敬遠したいですね。 そこでパーティのメイン料理におすすめなのが、お客さまにも参加してもらうセルフ料理。 みんなでワイワイ楽しみながら、食べたいものを、食べたいように、食べたいだけいただいてもらえ、とても評判が良いようです。 事前に手巻き寿司をすることを伝えておき、自慢の寿司ダネを持参してもらってもよいでしょう。 基本の寄せ鍋のほかに、トマトソースベースのイタリアン鍋や、カレーのルゥを和風だしでのばしたカレー鍋などもおすすめ。 鍋の具はそれぞれ持ち寄ってもらってもよいでしょう。 最後の仕上げをお客様の目の前でやると、盛り上がる。 目の前で熱々のソースをかけるとか、キレイに盛り付けたサラダを豪快に混ぜ合わせるとか。 品数がない時に是非!と思うパーティーでのおすすめ技でとにかくディップソースを沢山作る!というのがあります。 私は家にジャガイモしかないのに友達をよんでとにかくポテトを揚げまくり、様々に用意したディップにつけて皆でワイワイ盛り上がりました。 定番のマヨネーズ、塩、ケチャップ、カレー塩、抹茶塩、たらこマヨネーズ、バジルソース、オーロラソース…・七味や大根卸し、もみじ卸も用意したらそれはそれでまた楽しくお酒も飲めましたよ!• サラダバーを作って各自自由に取っていただきメインの料理は出来立てを1人ずつお出しする。 大皿にメインの料理(肉でも魚でも)を真ん中に、まわりに温野菜、生野菜、豆、豆腐、海草など何でものせてしまうとパーティーっぽくなります。 おもてなし料理では、味の濃いものと薄いものを出しています。 最初は、付きだしとして一品。 ビールで。 次は味の濃いものを。 最後は、味の薄いものを日本酒でいただいてもらっています。 パーティー料理は、とにかく段取りが重要です。 サラダ、煮物は作っておき、煮物は温める。 焼き物、揚げ物は下準備をしておいて直前に調理します。 ちなみに、今までのパーティー料理で喜ばれたものは、「チーズと大葉の包み揚げ」「豚の角煮」「鶏の南蛮漬け」「串揚げ」「手巻き寿司」です。 串揚げや手巻き寿司など、自分が食べたいものを食べられるのも魅力的です。 家でおもてなしをする時は、敢えて凝った料理でなくカレーを鍋ごとテーブルの上においてよそったり、コロッケやグラタンなどの家庭料理を味わってもらいます。 他所の家で食べるものがとても新鮮で美味しく感じますよね。 おすすめ料理は、スペアリブやパエリア。 ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、焼酎など色々なお酒を飲むことを想定し、どれにでも合う料理を心がけるようにする。 煮込み料理は前の晩から仕込めるので、はずせません。 冷たい料理も作って冷やして置けるので、二品くらいあると便利です。 私はいつも色鮮やかになるようにしています。 ミニトマト(赤)やブロッコリー、枝豆(緑)は飾りに最適!!!料理に使わない場合は、おつまみにも良いので味をつけてカラフルな串にさして、メインの周りにおいておきます。 みんなお酒を飲むので、ややこしい食べものより簡単に口に入るものが好まれるなぁと思います。 おもてなしにはよくサブで豚汁を作ります。 大きい鍋にいっぱい作って好きにおかわりしてもらいます。 汁物があるとなんとなく安心です。

次の