北海道エアシステム。 北海道エアシステム

北海道エア・ウォーター株式会社

北海道エアシステム

株式会社北海道エアシステム(Hokkaido Air System Co. , Ltd. )は、北海道のコミューター航空会社で日本航空(JAL)グループの航空会社です。 乗継便も豊富で「道民の翼」として活躍しています。 丘珠空港をベースとして主に道内路線を、2016年10月30日以降全便JAL便にて運航しています。 1997年9月30日に道内遠隔地の高速交通手段として、北海道と日本エアシステム JAS が第三セクター方式で設立し、1998年3月に運航を開始しました。 ハブ空港は丘珠空港、マイレージサービスとしてJALマイレージバンクがあります。 使用機材はサーブ340B-WTを3機で、2018年7月にATR42-600型機3機(確定2機、オプション1 機)の発注に関する覚書を締結し、2020年から運航開始予定です。 座席指定について HACに関する注意点など• HACの航空券は、JALから購入した場合、JALとHACとのコードシェア便扱いとなりHAC便名として利用することができません。 HAC便名で適用される割引運賃を利用するには、HACから航空券を購入して下さい。 座席はダークグレーの革製でスリムなデザイン、以前より足元が少し広くなり、ゆったりとおくつろぎいただけます。 また、非常口近くの座席に着席される方には、万一の場合、客室乗務員の指示のもと緊急脱出時の援助をお願いすることがあります。 座席指定について• 座席指定は便出発予定時刻の15分前まですることができます。 予約と同時に座席指定ができる他、予約だけ先に済ませて改めて座席を指定することも可能です。 シートマップから座席を選んで指定するか、「前方窓側」等座席を大まかに指定する『おまかせ指定』を行うこともできます。 事前座席指定の制限について• 搭乗に際して配慮が必要な方への座席確保や、機体のバランス調整などの理由により、事前に指定できる座席には限りがあります。 また、運賃プランによって事前に指定できる座席が異なります。 希望の座席が取れない、指定できる座席がない場合には搭乗日前日、または当日に座席指定を行って下さい。 搭乗前日 午前5:00から座席指定ができる席が追加されます。 搭乗日当日 空港の自動チェックイン機または、空港カウンターで座席指定をして下さい。 非常口座席について• 国土交通省の通達により2009年4月1日から安全確保のため、非常口座席には以下のすべての項目を満たす方に限り着席ができるようになりました。 満15歳以上• 搭乗に際して付き添いや係員の手伝いが必要ない• 航空機ドアの開閉等、緊急脱出の援助を実施することができる• 脱出手順の案内および乗務員の指示を理解し、他の乗客へ口頭で伝えられる• 緊急脱出時に同伴者の援助をする必要がない• 注意が必要な手荷物など• 楽器をお持ちの方には様々な無料の専用ケースが用意されていますが、機内持ち込み用バイオリンケース、大型楽器用ケースに関してはご利用いただけません。 掲載情報は参照• スポーツ用品(スキー板、サーフボード、ゴルフバッグ、釣り道具、ダイビング機材など)も通常の手荷物と同様に預けることができます。 貴重品や壊れやすいものは預ける手荷物の中には入れないようにしましょう。 酒類はアルコール度数により、危険物に該当する場合があります。 ペット(犬、猫、ウサギ、小鳥、ハムスターなど)は、『ペット+クレートで32kgまで』という条件のもと、ペット料金を支払い預けることができます。 ペットを預ける方は受託手荷物との合計が45kgまでとなります。 国内ペット料金はこちらをご確認下さい。 チェックインについて チェックイン方法• 出発時刻20分前までに、空港自動チェックイン機または、カウンターにてお手続き下さい。 出発時刻15分前までに、保安検査場を通過してください。 出発時刻10分前までに、搭乗口へお越しください。 HACクイックチェックイン HACクイックチェックイン」は、空港カウンターに寄らずに搭乗できる便利なサービスです。 カウンターまでお越し下さい。 取り消し手数料について キャンセルについて ご購入された航空券のキャンセル・払戻しには、弊社規定の取消手数料がかかります。 取消手数料は、ご購入された航空券によって異なります、下記の表をご確認ください。 ご購入前(お支払い前)のキャンセルは、取消手数料がかかりません。 悪天候、機材故障などによる、欠航の場合 基本的に取消手数料はかかりませんが、ご返金方法が航空会社によって異なりますので営業時間内に弊社までお問合せくださいませ。 空港までの交通機関の影響により乗り遅れる場合 ご利用の交通機関の遅延証明書を受け取り、航空会社のカウンターにてご相談ください。 航空会社によって対応が異なりますので、ご了承ください。 なお、払戻しの場合は弊社の営業時間内にご連絡ください。 ご返金方法 クレジットカード決済の場合ご利用のクレジットカードへ返金手続きを致します。 キャンセルの方法 弊社にお電話または、メールにてご連絡ください。 弊社が営業時間外の場合、北海道エアシステム予約センター 0570-006-007 にてキャンセルを行ってください。 その後、払戻し依頼を弊社までご連絡ください。 営業時間外のメールでのご連絡は翌営業日扱いとなる場合があります。 払戻しは必ず弊社にご連絡ください。 航空会社(空港など)にて払戻しをされた場合、一部金額のみの返金となる場合があります。 出発時刻後のキャンセルは、出発後7日以内にご連絡ください。 7日後以降は、払戻しが出来なくなる場合がございます。 取消手数料について 下記表のキャンセル料は全て1名片道あたりの料金となります。 小児は(3歳~11歳)、幼児は(生後8日以上3歳未満)を指し、幼児のお子様には12歳以上の方の同伴が必要です。 満3歳未満の幼児は大人1名につき2名まで同伴でき、1名のみ無償で搭乗することができます。 満3歳未満の幼児が座席を使用する場合は、小児運賃が必要となります。 出産予定日から28日以内の方は、座席を使用する場合に限りお子様1名のみ同伴することができます。 安全上の理由により、3歳未満の幼児を同伴する方は、非常口座席を利用することができません。 座席のテーブルの出し入れ、ひじ掛けの上げ下げ、化粧室の扉の開け閉めの際には、お子様の指をはさまないようにご注意下さい。 事前予約が必要なサービス• 事前予約が必要なサービスは、インターネットにて搭乗便を予約後にスマイルサポートデスクに電話し、「ベビーおでかけサポート」を利用したい旨を連絡して下さい。 「スマイルサポートデスク」• 【営業時間 】7:00~20:00(年中無休)• 貸し出し用チャイルドシート (3歳未満の座席を確保したお子さまを対象に無料でチャイルドシートを借りることができます。 事前予約なしで利用できるサービス 『空港で受けられるベビーおでかけサポート』• 出発空港にて「ベビーカーの貸し出し」サービスがあり、搭乗口まで利用することができます。 到着空港でもベビーカーを使用したい場合には、出発空港でその旨を話しておくと用意しておいてもらえます。 「事前改札サービス」として、3歳未満の小さなお子様連れの方や妊娠中の方は先に機内へ案内してもらうことができます。 希望の方は搭乗口係員にお伝え下さい。 『機内受けられるベビーおでかけサポート』• 機内の「おむつ交換テーブル付き化粧室」には、MまたはLサイズの紙オムツが置いてあり自由に使うことができます。 ミルクをあげたいときには、客室乗務員さんに頼むとミルクをつくってもらえます。 お湯や100%果汁(アップルジュース)などの用意もあります。 お肌にやさしい赤ちゃん専用毛布を借りることができます。 機内Wi-Fiサービス対象便では、Wi-Fiビデオプログラム(無料)で子ども向け番組が観れるほか、貸し出し用絵本を借りることもできます。 機内での過ごし方やサービス、安全に関する案内の他、親子で遊べるコンテンツを盛り込んだ「ベビーと楽しむ空たびBOOK」がもらえます。 「スマイルサポートデスク」• 機内の「おむつ交換テーブル付き化粧室」には、MまたはLサイズの紙オムツが置いてあり自由に使うことができます。 ミルクをあげたいときには、客室乗務員さんに頼むとミルクをつくってもらえます。 お湯や100%果汁(アップルジュース)などの用意もあります。 お肌にやさしい赤ちゃん専用毛布を借りることができます。 機内Wi-Fiサービス対象便では、Wi-Fiビデオプログラム(無料)で子ども向け番組が観れるほか、貸し出し用絵本を借りることもできます。 機内での過ごし方やサービス、安全に関する案内の他、親子で遊べるコンテンツを盛り込んだ「ベビーと楽しむ空たびBOOK」がもらえます。 キッズお出かけサポート 6~7歳(希望により11歳まで)のお子様だけで飛行機に搭乗する場合「キッズお出かけサポート」が受けられます。 スマイルサポートデスクに電話し、「キッズおでかけサポート」を利用したい旨を伝えて予約をして下さい。 なお、当日は「キッズおでかけサポート申込書」が必要となります。 プリントアウトしたものを空港カウンターへお持ち下さい 『空港でうけられるキッズお出かけサポート』• お子様の健康状態など客室乗務員に知っておいて欲しいことが記入できる「スマイルメッセージ」があります。 出発空港では、見送りの方が搭乗口まで付き添ってお見送りをすることができます。 到着後、到着ロビーまで係員がお子様を案内してくれます。 お迎えの方は到着ロビー、看板のところでお待ち下さい。 『機内でうけられるキッズお出かけサポート』• 「キッズお出かけサポート」ご利用のお子様はJALオリジナルグッズがもらえます。 妊娠中の搭乗について 妊娠中の方の搭乗に関する注意点• 出産予定日を含め28日以内に搭乗の方は、医師により記載された「診断書」の提出が必要となります。 搭乗日を含めた搭乗の7日以内に発行された診断書を空港に持参して下さい。 出産予定日から28日以内の方が同伴できる幼児(3歳未満)は1名のみです。 この場合、お子様分の航空券を購入し、チャイルドシートを利用してお子様がひとりで座ることが条件となります。 (満2歳以上のお子様はチャイルドシートなしでひとりで座ることもできます。 ) ママおでかけサポート 妊娠中の方が安心して搭乗できるようにサポートを受けることができます。 「事前改札サービス」として、3歳未満の小さなお子様連れの方や妊娠中の方は先に機内へ案内してもらうことができます。 希望の方は搭乗口係員にお伝え下さい。 欠航、遅延時のサポート• 悪天候などで遅延や欠航が見込まれる便および、遅延や欠航が決まった便は予約変更(振り替え)や払い戻しをすることができます。 航空券の種類により、手続き方法が異なります。 予約変更(振り替え)可能期間は、航空券の有効期限または、もともとの出発予定日+30日のどちらか長い方の日にちまでとなります。 期間内に変更(振り替え)便へ搭乗して下さい。 払戻可能期間は、航空券の有効期間+10日または、もともとの出発予定日+40日のどちらか長い方の日にちまでとなります。 航空券の払い戻しは期間内にお済ませ下さい。 機材故障など会社の都合で欠航や遅延が発生した場合で、当日目的地まで到着できない場合には、JALが定める範囲において交通費と宿泊費を負担してもらえます。 欠航便、30分以上の到着遅延便、到着地変更便、引き返し便について、「欠航・遅延証明書」が発行されます。 JALホームページ「欠航・遅延便検索」より、欠航・遅延証明書が必要な便を検索、便名をクリックして下さい。 欠航、遅延のお知らせ• 登録のメールアドレスに、悪天候などによる運航への影響や欠航や遅延が発生した際の情報が届きます。 JAL、HACホームページから最新の運航状況を確認することができます。 「Twitter」のJAL公式アカウントからも最新の運航状況を確認することができます。 JAL音声自動応答「SKYナビ」では、国内線空席、発着状況および、国際線発着状況の案内を聞くことができます。 TEL 0120-747-222 東京 03-5796-9345.

次の

北海道エアシステム

北海道エアシステム

23日の財政市民委員会では、大通駅地下のリフォーム計画と併せて、札幌市が 大株主として出資している北海道エアシステム HAC の現状について、報告が ありました。 HACは今年春に資金繰りに行き詰まり、筆頭株主の北海道が懸命な支援策を 講じています。 しかし、その後も搭乗率は目標、前年とも下回り、厳しい経営が続いています。 「搭乗率が低迷する」と言うことは、売り上げも思ったように上がらないと言うことです。 この結果、会社の手元資金も6月末の時点で危機的な水準にあることが分かりました。 こんな中、北海道が最近まとめた「経営改革案報告書」ではいくつかの経営 改善策を示しています。 それは、 ・道内不採算路線の撤退(女満別-丘珠、旭川ー函館) ・道外路線の新規開設(三沢-丘珠) です。 企業として事業を継続していくためには利益を出していくことが必要です。 そのためには路線の見直しはやむを得ないことと考えますが、よく考えると 丘珠-函館線以外はすべて赤字なので、そもそも道内路線を維持することが 現実的にできるのか?という根本的な問題に行き着きます。 昨年には濃霧の中で地上激突寸前の重大インシデントがあり、その後は機材が 頻繁に故障して欠航したり、と安全運航体制に利用者の不安が高まっているのが 搭乗率低迷の原因と思われます。 しかし、安全品質がその後も抜本的に改善された、という報告は聞かれません。 「日本航空から安全管理の経験者をスカウトしたので大丈夫だ」 「今度の新社長は元JASではなく、元JALなので安心だ」 などと期待感もあるようです。 でも、JALはHACの所有するSAAB機をオペレートした経験はありませんし、 500人乗りの飛行機を24時間世界の裏まで飛ばしている会社のノウハウが 北海道のローカル航空会社にそのまま活かせるのか、疑問も残ります。 JALは長年の大企業病で倒産し、国営化されたばかりです。 その経営ノウハウを安易に受け入れたら、さらにHACの経営も悪化しかねません。 (私の意見) まずはHACは生産品質の向上を最優先課題に取り組むべきだと思います。 そのための支援先はJALではなく、むしろ、SAAB機の整備、運航の豊富な経験 を持つJAC(日本エアコミューター)のほうがふさわしいでしょう。 安全運航が確保できた上で、HACは身の丈に合ったスリムな経営体制の確立を 目指す必要があります。 売り上げ20億円少々、従業員が100人にも満たない企業に役員が8名、さらに 執行役員が3名と、幹部ばかりの頭でっかちの組織では、コストばかり掛かって 決まるものの決まりません。 社員の年間平均給与も約568万円(平均39歳、勤続年数4年)と、破綻企業に してはやや高いような気がします。 その証拠に平成23年度決算では、売り上げが前年比2割下回ったのに、反対に 経費が2割も増えてしまっています。 HACにいま本当に求められているのは、他人(補助金)任せでは無く、自らの経営 努力でコストを削減し、売り上げを増やし、一円でも利益を出し、「自分たちの手で 会社再建を実現する!」という独立企業としての誇りと覚悟だと思います。 あなたのおっしゃるとおりだと思います。 JALにはこんなちっぽけな機材や離島運航、道内短距離運用するコミューター運航のノウハウは無いでしょう。 離島路線をそんなに維持したいのなら、もっと小型の単発機の不定期運航でことが足ります。 全額税負担した所で運航費用はたかが知れています。 なぜ事故後機材トラブルが増えたかご存知ですか?。 JAL出身の安全管理のスペシャリスト様が、たかが電気の球(運航に支障なし)一個切れただけでも修理するまで飛べないようにしてしまったからです。 HACのような小規模会社は就航先の飛行場すべてに自社整備士が配置されてはいません。 つまり電車で札幌から電球持ってトラブル起こした先に札幌から整備士が向かうのです。 もとは整備持ち越しでOKだったのです。 このような大航空会社様のJAL基準をコミューターにあてはめてしまったのが大きな間違いです。 何でもJAL基準は安全だと言う典型的な例です。 そして給料問題です。 道庁からの出向者と、JALからの人たちはボーナス含めて満額支給です。 しかも、(ここ大事です)JALの出向パイロットは30000000円HACが全額負担だそうです。 道の職員もです。。 (従業員談) ちなみにHAC直接採用者は昇給、ボーナス当然無です。 給与平均568万円を単純に解釈しないほうが良いでしょう。 次に、乗員組合はあの重大インシデントパイロットを復帰させようとしています。 いい加減にして欲しいものです。 つまり今も給料払い続けているという事です。 3千万の給料3人に払ったら9千万円です。 そんなにキャプテン足りないのなら、今は経験者が余っているので、3人JALに返して浮いたお金でサーブの限定取得させたほうがよっぽど良いでしょう。 たしか、JAKに依頼しても一人700万だったような気がします。 何人キャプテン養成できるでしょうか。 もっと聞きたいのならいくらでもお話しましょう。 税の無駄です。

次の

北海道エアシステム

北海道エアシステム

北海道エアシステム(北海道エアシステム、 Hodo )とは、の会社のひとつである。 (元々は旧・)の(なども出資する)であり、親会社と異なり的な連合「()」加盟会社ではない。 通称 H(ハック)。 内のーター路線を運航するため、旧・(S)となどが出資するとして設立。 「H」というから「ーター」と誤解されがちではあるのだが、既に旧・Sでは当時「」という会社が、というであった。 とを避けるためHとなった経緯がある。 なお、Hは「 Hodo A Co. , d」の略。 内発着路線(・発着)を中心に運航していたが、の経営破たんに伴い、はHの持ちのほとんどを手放しや地元財界にH式を売却、Hはからから切り離されることとなる。 経営破たんをきっかけにHはから見捨てられる事態に。。。 にはから撤退し、発着便は発着に集約された。 離脱に伴い、Hは新しいとなり、ものものへ変更となった。 には予約発券業務をへの委託が打ち切られ、自社で行うことになった。 この時点では、マイレークのは積算対であった。 にはとを行うこととなった。 のは便名で予約する場合のみ対となる。 ところが、の業績が回復したことから、Hの再度の化が図られることとなり、にはがや地元財界に売却していたH式を買い戻し、再びHを化した。 Hをは見捨てていなかった。 には・などがに準じたものに変更。 同年には便名での運航へ切り替わる。 予約発券業務は再びにおいて行うことになる。 機材はB機3機のみで予備機はない。 そのため、機材整備があるときは欠航が発生していた。 からは機材整備時は、同じくのから機材を借り入れることとなり、機材整備時の欠航は解消されるようになった。 関連動画 北海道エアシステムに関するのを紹介してください。 関連商品 北海道エアシステムに関するの商品を紹介してください。 関連コミュニティ 関連リンク• 関連項目• (用の機配布やなどはこちらを参照).

次の