ハイメディック リゾートトラスト。 株式会社リゾートライフ

法人案内

ハイメディック リゾートトラスト

私はトラストガーデン株式会社で取締役をしております寺尾と申します。 当社のホームページをご覧戴きます皆様にご挨拶をかねて、当社の考え方などを掲載させて戴きます。 人は誰でも住み慣れた地を離れ、新しい環境の中で新しい生活を始めるには勇気がいり、また不安が伴うものです。 私は地方の生まれですが、18歳になる頃、まさしく住み慣れた信州の地を離れ、この東京に越してきました。 右も左も分からない都会に一人放りだされたような気がして、不安どころか一日も早く故郷へ逆戻りしたかったことを今でも時々思い出します。 何時の時代でも家族との生活は掛け替えのないものであることに変わりはなく、この掛け替えのない家族との生活を思う気持ちを大切に日々の業務に携わっております。 そんな経験も踏まえながら、当社の施設をお選び下さる皆様には、生活の場所が変わっても今までと同じように笑顔に満ちた日々をお過ごし戴けるような、そんな施設、生活の場をご提供させて頂きたいと思っております。 ご入居に際しましては、ご本人様のみならずご家族の皆様にも、施設での生活を充分にご理解いただき、今までと同じようにご家族の皆様との生活が継続できるような、そんな施設運営を心掛け日々の活動に臨んでおります。 そのため、弊社では事前のご説明や、ご体験いただく機会にも充分時間を割き、様々な角度からのご提案もさせて頂いております。 皆様に選ばれる施設を目指して今後も社員一同ホスピタリテイの精神で介護、看護をはじめと致しまして皆様の生活をトータルサポートさせて頂きます。 ご関心のおありの方、是非当社施設へ一度コンタクトをお取り下さい。 また何時でもお気軽に各施設へお越し下さい。 社員一同皆様との出会いを心よりお待ちしております。 取締役執行責任者 寺尾 勇一 企業理念.

次の

‎「smart HIMEDIC」をApp Storeで

ハイメディック リゾートトラスト

「がん検診」という概念さえなかった1994年、日本で初めてPETを用いたがんの早期発見プログラムを検診に導入し、その後それが国際的に「山中湖方式」と称されるように。 この出来事が、ハイメディックが担うべき役割を象徴的に物語っています。 「山中湖方式」が変えたことは、いくつかあります。 まず、がんの精密検査は痛いもの、つらいものという常識を覆したこと。 そして、CTやMRI、血液検査など、既に確立されている検査方法とは全く異なるアプローチ(がん細胞が取り込む「ブドウ糖」を目印にしてがんを見つける)での検査を可能にし、がんの発見チャンスを広げたこと。 そしてそれは、より早期の段階でのがんの発見を可能にしました。 常識を覆し、これまでできなかったことを可能にする、それがハイメディックの存在意義と信じ、挑戦を続けています。 現在では東京大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院とは研究講座を開設しております。 大阪大学医学部附属病院や日本医科大学付属病院など、多くの国内大学病院や地域有力病院との診療連携、医療連携を実現することで東京圏、中部圏、関西圏の国内8拠点を展開し、18,000人の会員様をお迎えする規模となりました。 また、プライマリ・ケアやエイジングケアサービスを拡充して参りました。 私自身も経営者の一人として、会員の皆様の多くが抱える「家族や社員のために倒れるわけにはいかない」という思いを共有しております。 病気は怖いもの、だからこそ、徹底して身体を知ることにこだわり、何か見つかったら早期になんとしてでも治したいという気持ちを倶楽部としてお支えしたく、日々の倶楽部運営に努めております。 今後の超高齢社会の中、時代のニーズは、早期発見・早期診断・早期治療から「健康長寿」、すなわち心身共に健康な状態でハイクオリティな人生を長く楽しめることへと変化しています。 会員様のより良い人生の実現のお役に立つべく、これからも更なる医療の発展に向け研究、精進を重ね、皆様の「生涯メディカルサポート」をご提供してまいります。

次の

東京ミッドタウンメディカルセンター

ハイメディック リゾートトラスト

この記事のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2017年8月) 株式会社ハイメディック HIMEDIC, Inc. )は、をし、会員制の総合メディカル倶楽部「グランドハイメディック倶楽部」を販売しているのである(の100%子会社)。 を主に専門としており、周辺に8ヶ所の検診拠点を持つ。 やの敷地内にも検診施設がある。 概要 [ ] に世界初の試みとして 陽電子放射断層撮影装置 による画像診断を取り入れた高度先進検診施設「ハイメディック山中湖」を開設し、一般のでは発見されることのなかったがんを検出するなど、初期がんの発見に数々の成果をあげた。 その実績は世界的に評価され、先進の予防医療検診システムの代名詞として「山中湖方式」の名は、世界の検診医療施設のスタンダードとなっている [ ]。 施設数 [ ] 2017年3月現在の施設数(開設順)。 ハイメディック山中湖 山梨県• ハイメディック大阪 大阪府• ハイメディック東大病院 東京都• ハイメディック・ミッドタウン 東京都• ハイメディック東京ベイ画像センター 東京都• ハイメディック東京ベイ 東京都• ハイメディック京大病院 京都府• ハイメディック名古屋 愛知県 山中湖方式 [ ] の早期発見に、やなどの画像診断装置を取り入れ、従来では見過ごされがちだった微小な病変までもとらえる検診システムのこと。 脚注 [ ].

次の