神奈川 県 人口。 神奈川県秦野市の人口推移

【都道府県】人口ランキング・面積ランキング・人口密度ランキング

神奈川 県 人口

表を印刷 番号 市区町村 平成27年 人口 人 H22~H27 人口増減率 % - 全国 127,094,745 -0. 75 - 神奈川県 9,126,214 0. 86 1 横浜市 3,724,844 0. 98 2 横浜市 鶴見区 285,356 4. 84 3 横浜市 神奈川区 238,966 2. 37 4 横浜市 西区 98,532 3. 86 5 横浜市 中区 148,312 1. 56 6 横浜市 南区 194,827 -0. 68 7 横浜市 保土ケ谷区 205,493 -0. 55 8 横浜市 磯子区 166,229 1. 83 9 横浜市 金沢区 202,229 -3. 37 10 横浜市 港北区 344,172 4. 46 11 横浜市 戸塚区 275,283 0. 35 12 横浜市 港南区 215,736 -2. 56 13 横浜市 旭区 247,144 -1. 57 14 横浜市 緑区 180,366 1. 54 15 横浜市 瀬谷区 124,560 -1. 85 16 横浜市 栄区 122,171 -2. 16 17 横浜市 泉区 154,025 -1. 07 18 横浜市 青葉区 309,692 1. 77 19 横浜市 都筑区 211,751 5. 21 20 川崎市 1,475,213 3. 49 21 川崎市 川崎区 223,378 2. 78 22 川崎市 幸区 160,890 4. 33 23 川崎市 中原区 247,529 5. 82 24 川崎市 高津区 228,141 4. 96 25 川崎市 多摩区 214,158 0. 12 26 川崎市 宮前区 225,594 3. 07 27 川崎市 麻生区 175,523 3. 29 28 相模原市 720,780 0. 46 29 相模原市 緑区 173,612 -1. 46 30 相模原市 中央区 269,888 1. 09 31 相模原市 南区 277,280 1. 07 32 横須賀市 406,586 -2. 81 33 平塚市 258,227 -0. 98 34 鎌倉市 173,019 -0. 74 35 藤沢市 423,894 3. 48 36 小田原市 194,086 -2. 14 37 茅ヶ崎市 239,348 1. 82 38 逗子市 57,425 -1. 50 39 三浦市 45,289 -6. 33 40 秦野市 167,378 -1. 63 41 厚木市 225,714 0. 58 42 大和市 232,922 2. 08 43 伊勢原市 101,514 0. 47 44 海老名市 130,190 1. 94 45 座間市 128,737 -0. 54 46 南足柄市 43,306 -1. 62 47 綾瀬市 84,460 1. 55 48 葉山町 32,096 -2. 04 49 寒川町 47,936 0. 55 50 大磯町 31,550 -4. 49 51 二宮町 28,378 -3. 88 52 中井町 9,679 -3. 31 53 大井町 17,033 -5. 22 54 松田町 11,171 -4. 33 55 山北町 10,724 -8. 84 56 開成町 17,013 3. 93 57 箱根町 11,786 -14. 92 58 真鶴町 7,333 -10. 70 59 湯河原町 25,026 -6. 79 60 愛川町 40,343 -4. 15 61 清川村 3,214 -7.

次の

神奈川県の将来人口推計、2020年~2045年、統計

神奈川 県 人口

概要 [ ] 神奈川県は地方の南西部に位置する県で、元の全域との一部が該当する。 人口は9,222,618人(2020年5月1日現在) で、総人口の約6. 17 km 2 で、国土の約0. 県内の数は33で、うちは19、は13、は1()である。 県内のは・・の3市、はの1市、は・・・・の5市である。 県東部の、は、・が進んでおり、に面したの一角を形成する。 県西部は緑豊かなから、が連なり、が流れるにはの・が開ける。 県中央部は、などの平野部で・が進んでおり、が流れからに注ぐ。 県南東部は、海沿いに、が開け、が置かれたから、以来の軍港都市・があるにかけて、が連なる。 県域は、古くはの中心である相模湾沿岸部と相模川流域部が栄えた。 と横浜市の大部分を占めるの領域は、古東海道()沿いと東京湾沿岸を中心に小規模な農漁村が形成された。 相模は所在地が特定されていないが、平塚市、、海老名市、小田原市に置かれていたという説がある。 からの活動が活発化し、末期には・によりにが置かれた。 の始まりである(開幕の時期は諸説あり)。 鎌倉にはを筆頭に神社仏閣が多数建立され、も整備され、武士の都として機能した。 その後、執権によって運営された鎌倉幕府はの恩賞を分け与えられず、全国的に反乱を招く。 幕府自体もの鎌倉攻めにより滅亡。 によるへと時代は移る。 室町時代にはが東の将軍府として置かれるも、争いが絶えず、最終的にはに移りとなり、武家の都・鎌倉の終焉を迎える。 その際に鎌倉の街並みも破壊され、現在に至る街の連続性は失われた。 にはが相模・伊豆を切り取り、日本最初のとなる。 その後5代続いたの拠点である小田原は隆盛を誇り、制覇に邁進した。 当時の下の発展は西のに対し、東のとまで言われた。 最初のも、この時代に整備された。 しかしの快進撃の前に降伏を余儀なくされ、戦国大名としての北条氏は断絶に至った。 秀吉の全国制覇の際、北条氏の領土はに移り、家康は拠点を小田原からに移した。 その後にはの置かれた江戸への交通路として東海道が整備され、東京湾沿岸部の開発が進んだ。 県域には幕府直轄の支配地と・の所領が多く配された。 江戸時代中期以降、県域内に本拠を置いた領()は西部の(小田原市)及び規模の小さい2藩((厚木市中荻野)、武蔵金沢藩(、横浜市金沢区))のみであるが、一方で県域外に本拠を置く大名の領が多く置かれ(()、()、()など)、県域内の支配はモザイク状 碁盤の目のような感じ に細分されていた。 にはが開港され、に入ると東京湾沿岸部を中心として発展した。 戦前・戦後を通じて、周辺における商工業の発展とに伴う化などにより人口も増加したため、県内には過疎地域自立促進特別措置法によって指定されたが長らく存在しなかった。 しかし、付でが過疎地域に指定された。 また、後述()のように横須賀市や小田原市、など人口の停滞ないし減少が顕著な地域もあり、またなどにを抱えている点に他都道府県と変わりはない。 地理・地域 [ ] から 神奈川県はの南西端に位置し、東西約78 km 、南北約60 kmとなっている。 県域はかつての相模国全域と・・(現在の川崎市および横浜市の一部)からなる。 西は丹沢山地で、箱根山地でと接する。 東はに面し、を介してと連絡する。 南はに面し、三浦半島がに突出する。 北東部の川崎市では下流が東京都との境界となっているが、中流部では東京都に属する、、が多摩川以南に張り出し、町田市はその南西部でを都県境として本県の、と接している。 土地の利用区分面積()は、・原野が39. 県内の最高峰は 1,673 m で、 1,601 m 、 1,588 m が続く。 川の長さは 55. 6 km が最も長く、境川 52. 1 km 、 32. 8 km が続く。 湖の面積は 7. 1 km 2 が最も広く、 4. 6 km 2 、 3. 3km 2 と続く。 地形 [ ] 県域は中央部を南流する境川と相模川によって大きく東部丘陵地帯(境川以東)、中央部低地帯(境川-相模川)、西部山地帯(相模川以西)に分けられる。 線の長さは約430 kmに及び、変化に富んでいる。 東部:多摩丘陵・三浦半島 [ ] 多摩川と境川にはさまれた県内東部の地形を特徴づけるのはを中心とする丘陵地形である。 東京都南西部から続く多摩丘陵のうち、県内に属するのは南部の標高70〜90 mほどの低位面である。 東京湾側斜面と相模湾側斜面とを分けるは西に偏しており、東京湾側では多摩川支流のや五反田川、とその支流の、さらにやなどによって、また相模湾側斜面では境川支流のとその支流によって樹枝状にされた谷(谷戸)が分布する。 川崎市南部から横浜市・・にかけての高台はこの丘陵面よりも一段低い標高40〜60 mほどので、鶴見区内の地名からと呼ばれる。 横浜市中部の野毛山・久保山や根岸台などの高台も同じ面と考えられ、また多摩川対岸の南東部の荏原台や淀橋台とも対比される。 多摩川は北の武蔵野台地と南の多摩丘陵・下末吉台地の間を流れ、を形成する。 川崎市と東京都南部(蒲田・六郷・羽田地区)にかけてを形成しているが、人工的な地形改変が著しい。 多摩丘陵の主稜線は、横浜市の最高地点である 153 m ・大丸山 156 m を経て三浦半島に続く。 三浦半島はそのほとんどをによって占められ、これを侵食する小河川沿いに開けた谷戸に鎌倉、、横須賀などの都市が分布する。 しかし平坦地が乏しいために、横須賀では早い段階から丘陵上にまで市街化が進み、他の地域でも期後半以降大規模な地形改変による宅地開発が行われている。 横須賀市南部の平作川の河谷付近よりも南では衣笠断層や北武(きたたけ)断層、武山(たけやま)断層など、西北西 - 東南東方向に伸びるが並行している。 この活断層群はを挟んだ南部まで続く。 半島南端の武山断層以南のでは大きく分けて3段のが発達し、段丘面上には平坦地が広がる。 段丘を樹枝状に侵食する河谷の末端は沈水して、小網代湾や湾などのが分布する。 中央部:相模平野 [ ] 県中央部の中下流域に広がる階段状の平坦地をと呼ぶ。 広義には関東平野の一部とされることもあるが、多摩丘陵によって分離され、地質構造上は独立の堆積盆地とされる。 相模川の堆積作用によって形成された相模平野は、古い堆積面である(相模原台地)と現在の堆積面である相模川低地とに分けられる(相模川低地の部分を「相模平野」と呼ぶこともある)。 相模野台地は、相模川左岸と境川の間の大部分を占める洪積台地であり、西側の相模川沿いで顕著に見られる階段状の地形は最終間氷期以降に形成されたである。 北部の相模原市(旧市域)では大きく3段の平坦面に分けるが、台地南西端に位置し地質的な由来を異にする高座台地や、さらに古い時代の堆積面が丘陵となってわずかに残る座間丘陵など、詳細には10数段の平坦面が分布する。 一方、相模川右岸にも中津台地と呼ばれる洪積台地が東部から厚木市北部にかけて広がっているが、その規模は相模野台地に比べると小さい。 相模川は相模原市当麻(たいま)付近で流路を南に変え、・厚木付近から両側にとを発達させたを形成する。 この低地は西の丹沢山地から流れ出す水系が相模川右岸に形成した低地と一体となって県中央部に広い平野を作る。 相模国内では早くから開発された地域であり、海老名にはが建立され、には相模国であるが鎮座する。 平塚から藤沢かけての相模湾岸には、高潮期以降の海岸線の後退を反映して10列以上の砂堆列が分布する。 として知られるこの砂浜は、相模川やなどから供給された土砂に由来すると考えられているが、近年はダム建設などによる供給との不均衡から侵食が著しい。 西部:丹沢・箱根火山 [ ] ・より(手前)と地(奥)。 その間(中央左)にと。 左はで、奥の陸地が突き出たところが。 県西部の山地は、それぞれの間に位置するとによって北部の丹沢山地、東部の、西部の箱根火山および足柄山地に分けられる。 足柄平野の北東縁で大磯丘陵との境界をなす直線的な急崖は国府津-松田断層帯と呼ばれる非常に活発な活断層によるものであり、これをのに延長したはを載せるとを載せるの境界と考えられている。 丹沢山地は、フィリピン海プレートに載って南から移動してきた伊豆半島がに衝突することで隆起して形成された山地であり、大磯丘陵は神縄・国府津-松田断層帯の活発な活動の蓄積によって隆起した丘陵である。 神縄・国府津-松田断層帯は相模湾底のに続き、(16年)のや(12年)の()などの大の震源となっている。 箱根火山はに属し、二重のを持つ大規模なである。 約65万年前に活動を始め、現在の - - - 小田原を山麓とする巨大な火山が形成された。 約25万年前に起きた巨大噴火以降、白銀山 - 大観山 - - - - を外輪山(古期外輪山)とする最初のが形成され、約6万5千年前の大噴火の頃までに-および屏風山を東側の外輪山(新期外輪山)とする新しいカルデラが形成された。 現在のであるやなどは約3万年前に活動を開始し、それ以前に形成されていた古い中央火口丘を覆って成長した。 中央火口丘からのやによる堆積物が北側を回って流れていたを堰き止め、やが形成された。 箱根火山では現在でもで噴気活動が見られ、周囲に、など多くのが分布する。 気候 [ ] ほぼ全土がによるとに含まれるが、丹沢山地の高標高地域はまたはに分類される。 (但し相模原市のうち旧・旧・旧地域はに属する)で太平洋側に位置するため、温暖であり、また雨量が多い。 県内の気温観測点は気象台を含めても5つで、全都道府県の中でもっとも少ない。 政令指定都市である相模原市は2地点での雨量観測に限られ、川崎市に至っては雨量観測点を含む、アメダス自体が設置されていない。 の 予報警報規程では 東部(代表地:横浜)と 西部(代表地:小田原)に分けられ、が発表される。 ただしこの区分による「東部」と「西部」の境界は相模川ではなく、相模川東岸の旧市域を含めた相模原市全域が「西部」に、逆に相模川の西側に位置する平塚市・大磯町・二宮町が「東部」に属する。 に同規程が改正され、・は市町村単位で発表されるようになったが、従前の発表単位であった旧「二次細分区域」(改正後は市町村が「二次細分区域」とされている)はそのまま 市町村等をまとめた地域として適宜報道機関などで用いられている。 これも含めた県内の区分は以下の通りである。 横浜・川崎 - 横浜市、川崎市• 湘南 - 鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町• 三浦半島 - 横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町• 相模原 - 相模原市• 県央 - 秦野市、厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村• 足柄上 - 南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町• 西湘 - 平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町 横浜・川崎、湘南、三浦半島、西湘は、相模原、県央、足柄上はを併せ持つ。 各地の気候特色 [ ] 神奈川県内各地の平年値(統計期間:1981年 - 2010年、出典:) 平年値 (月単位) 東部・沿岸部 内陸・多摩丘陵 西部・沿岸部 西部・山間部 辻堂 相模原中央 相模原 平均 気温 最暖月 26. 7 (8月) 26. 3 (8月) 26. 6 (8月) 26. 5 (8月) 25. 9 (8月) 最寒月 5. 9 (1月) 6. 4 (1月) 6. 1 (1月) 4. 6 (1月) 5. 3 (1月) 最多月 233. 8 (9月) 195. 5 (9月) 191. 3 (9月) 243. 6 (9月) 270. 2 (9月) 246. 6 (9月) 271. 1 (9月) 313. 9 (9月) 451. 4 (8月) 最少月 54. 8 (12月) 56. 1 (1月) 57. 7 (2月) 58. 3 (12月) 54. 6 (2月) 60. 2 (12月) 46. 4 (12月) 62. 1 (12月) 87. 4 (12月)• 地区 - 川崎市から横須賀市にかけての沿岸地域が京浜地区に該当する。 この地域の気候は、特にヒートアイランドの影響を非常に強く受けている、横浜市は気象台が海のそばにあるため、にはほとんどならず、冬の最低気温は同じ横浜市内でも内陸部とは大きな差がある。 夏は暑く、熱帯夜が非常に多い。 また、気温が高いために南岸低気圧による積雪も内陸よりは少ない。 ・ - 地域やは海洋性の気候で温暖であり、霜が降りることも少ない。 夏も酷暑とはならずに、1年を通して温暖・温和な気候となっている。 三浦半島南端の三浦市は年間降水量が県内で最も少ない。 ・内陸平野部 - 東京の多摩地域とほぼ同じ気候であり、やの他、横浜市やの内陸地域なども該当する。 冬は寒く、冬日の数もかなり多くなる。 7度と氷点下であり、時に氷点下5度以下まで下がる。 しばしば南岸低気圧による大雪をもたらし、1980年代以降でも30〜40 cm前後の積雪を記録したこともある。 一方、内陸部においては丹沢山地により北風の流入が妨げられる影響で、南西部ほど雪が降りにくく、厚木市中心部や伊勢原市では積雪となる事は少ない。 他方で右影響の小さい横浜市西部などでは積雪が増える。 夏は日中かなり暑くなりも多い。 人口過密であるにも関わらず、この地域のアメダス気温観測地点は海老名しか存在しない。 - 以西の、などの平野部は冬季はが通過する場合も、暖気を巻き込むことが多いために、雨や霙となる場合が多く、ほとんど積雪とはならない。 しかし、晴れた朝は冷え込むため京浜沿岸地区に比べても冬日の数は多い。 また、夏は比較的過ごしやすい。 年間降水量も東部よりも多い。 山間部 - 山梨県に隣接する山間地域の旧、、域やなどは内陸性気候となり寒さは厳しい。 夏は冷涼で避暑地となる。 冬季のによりやなどの山地ではかなりの積雪をもたらす。 また、箱根火山付近を中心とする西部の山岳地帯で年間降水量が県内最多の多雨地帯となり、東部に向かって年間降水量が減る傾向にある。 グラフ(月ごとの値)• 鎌倉大仏 圏域内人口:696,443人• (中核市・保健所政令市)• 県央地域 [ ] 圏域内人口:1,579,555人• (3区) - (政令指定都市)• - -• (施行時特例市)• 愛甲郡• 2007年(平成19年)3月11日の津久井郡・の編入に伴い、新・相模原市全域が「県北地域」となった。 (平成20年)4月1日に県央地域県政総合センターと県北地域県政総合センターを統合して 県央地域県政総合センターを設置した。 これに伴い、相模原市は再度「県央地域」に含まれることになった。 湘南地域 [ ] 相模原・勝坂遺跡 の遺跡は少なく、あまり発掘されていない。 遺跡は県内全域にわたって多く見られ、代表的な遺跡としての名前の由来となった(国の)や、国内でも最大規模を誇る巨大集落址が発掘された等がある。 遺跡は少なく、概ね小規模である。 これは、弥生文化の進出が遅れたことを示すものと考えられる。 またも概ね小規模で、出現は畿内に1世紀以上後れたの中頃ないし後半とされる。 古代 [ ] 前半には、在地土豪がに服属。 流域に、流域に、鎌倉・三浦付近に鎌倉別が任命された。 元年(? )には橘樹郡・久良岐郡にが設けられる。 古代から中世にかけては、住人の中の富者が開墾地を広げ貢納物資の輸送にあたるなどしてさらに富裕となり、これを守るための自衛武力を蓄える。 中央から相模・武蔵に派遣された役人の土着が相次いだ。 神奈川県域は、相模八郡 と武蔵国三郡 からなる。 国司が政務を執る政庁()は、国府と呼ばれた。 相模国の国府は初め海老名に置かれ、後に移された。 移転先の所在地は、はっきりしないが、『』によると 、『伊呂波字類抄』には にあったとされる。 武蔵国の国府は、東京都府中市付近といわれる。 その神社境内から国庁脇殿と考えられる建物跡や敷き瓦が出土している。 によって13年()に詔が出され、全国に(僧寺と尼寺)が造営された。 は東京都国分寺市に所在し、僧寺は中門・金堂・講堂が一直線に並ぶ東大寺式伽藍配置である。 寺域は3〜4町四方(約15)で、全国でも最大規模に属する。 は、海老名市国分にある。 僧寺は東西160m、南北120mの回廊をめぐらし、中門・東西に金堂と塔・講堂が配置された法隆寺式伽藍配置で、詔が出された天平より古いであるので、郡司の氏寺を改修したものと考えられている。 尼寺は、中門・金堂・講堂と並び、講堂の両脇に経蔵と鐘楼がある。 としてはに、余綾郡に、大住郡に、高部屋神社、に(名神大社)などが鎮座する。 中世 [ ] ・ 中世には鎌倉に初めてが開かれ、武家政治の中心となる()。 には、室町幕府により、関東八ヶ国()及び、の十カ国(当初はとを含めた十二カ国であったが、設置のに伴い権限低下)を統治する為にが置かれている。 実質的な政務は、鎌倉府の長であるではなく、補佐役のが執り行っていたため、関東管領の直轄地となっていた。 にはを拠点とするが旧支配勢力を滅ぼし、関東の覇者として不動の地位を固めた。 後北条氏の優れた統治のもと、は関東最大の都市 城下町 に成長した。 独自に日本国外と交易を行い、城下にを抱え、3代当主によって日本で初めての水道であるが建造されるなど、当時「西の山口、東の小田原」と謳われた程国内でも発展した都市の一つとなっていた。 近世 [ ] ・ にはが存在したが、旗本領も多く、三浦按針()がから三浦半島に領地を拝領したことは有名である。 江戸時代中期以降、現県域内に本拠を置いたのは小田原藩のほかに同藩の支藩であるおよび武蔵金沢藩()があり、ほかに県域外に本拠を置く藩(、、など)の飛地が多く配された。 小田原藩は以西にある程度まとまった所領を有していたが(全域を領していたわけではない)、特に相模川以東では幕府領・旗本領・大名領のいずれについても支配が細分されてとされる村が極めて多く、現県域内において地域的なまとまりを醸成するような一円的な支配は行われなかった。 江戸時代初期には徳川家康が好んで鷹狩りを行い、小杉御殿(現在の)、神奈川御殿()、藤沢御殿(現在の)、(現在の)などの将軍滞在所が置かれた。 これらの御殿の使用は3代将軍の代まで行われ、一時廃れたが、8代将軍の代に復活した。 の初頭から外国船(いわゆる「」)が日本近海に現れるようになり、日本の開国を求めてきた。 中には武力で「開国・開港」を迫る国もあった。 沿岸地域の警備が政治問題となり、神奈川県下では会津藩が7年()から観音崎・西浦賀・三崎での台場や陣屋の建設に着手した。 これらの陣屋には会津藩士が常駐し、軍事訓練を行った。 有事には沿岸の村々から漁船・荷物船を徴発する体制が作られた。 その後も黒船の来航は止まず、元年()5月にはイギリス船が、同5年()にはイギリス捕鯨船が洲崎沖(千葉県)、8年()6月にはアメリカ商船モリソン号が浦賀沖に来航した。 これら相次ぐ黒船の来航に、警備が強化されるとともに、非常時には沿岸の村々の人々を広く動員することが決められ、名主や村役人が警備担当者を分担することとなり、江戸湾の周囲の地域は防備の最前線に立たされることとなっていった。 3年()5月、アメリカのビットル艦隊が江戸湾内に来航したときには延べにして船3000隻以上、農漁民4万人以上が防備に徴発・動員された。 幕末 [ ] ペリー提督横浜上陸の図 ヴィルヘルム・ハイネ作 は5年()の、()で「神奈川」を開港場とすることを約したが、繁華な場所への外国人の雑居により騒動などのトラブルが起こることを懸念し、出入りの管理が容易で街道筋から離れた対岸の横浜村(現在の神奈川県庁付近)に開港場を開設した。 これは条約違反であったが、幕府は横浜は神奈川に含まれると強弁した。 当初、欧米列国は条約違反を主張していたものの、この外交論争は間もなく終息する。 横浜の港湾設備その他の施設が充実していくにつれて、神奈川宿は衰退し、横浜が発展し始めたためである。 安政6年()、安政五カ国条約に基づき開港場とされた横浜と近傍区域(神奈川宿、、、根岸など)の行政を担当するが設けられ、神奈川奉行所が武蔵国久良岐郡(横浜市西区紅葉ヶ丘、付近)に、の現在神奈川県庁が建つ位置(横浜市中区日本大通)には神奈川運上所(横浜の前身)が置かれた。 神奈川奉行は横浜周辺の行政とともに、条約で「横浜から十里四方」とされた居留外国人の遊歩区域に関する事務も管掌した。 近・現代 [ ] の 4年(元年)()に神奈川奉行所の戸部役場(内務担当)、神奈川運上所(外務担当)は新政府軍に接収されて 横浜裁判所となり 、次いで同年()には横浜裁判所が改称されて 神奈川裁判所となり、その下に 戸部裁判所(内務担当)、 横浜裁判所(外務担当)が設置される形となった。 さらに、同年()には 神奈川府となり 、同年()に 神奈川県に改称された。 寺島宗則が神奈川県の知県事に任命された。 半年余のうちに4度も機構変革・改称が行われたことになる。 なお、神奈川県史では横浜裁判所が設置された慶応4年3月19日(1868年4月11日)を「立庁記念日」としている。 設置当初の神奈川県は従前の神奈川奉行所・神奈川裁判所の事務を引き継ぎ、「六郷川(多摩川)と酒匂川の間、横浜から十里四方」の旧幕府領・旗本領の行政を担当するものとされた。 発足時の領域は、武蔵国133村、77村、のうち50村、の一部(錯綜をきわめるため詳細は分割後の多摩各郡の項目を参照)、77村、89村、のうち103村、のうち104村(領20村、領1村を含む)、のうち12村(小田原藩領3村を含む)、のうち30村(小田原藩領15村を含む)であった。 ただし、以西の東海道筋や相模川以西の諸村の一部事務をが担当したり、小田原藩や、六浦藩(武州金沢藩)の管轄区域との調整などに関連して、現実の支配関係は錯綜している。 明治2年()、神奈川県域では、小田原藩・荻野山中藩・六浦(むつら)藩がを願い出て同年6月(7月)に各藩主がに任命され、全国的には中央集権化が進んだ。 4年()のの後、同年()に関東地方の府県が統合・再編され、神奈川県の管轄区域は武蔵国のうち・・およびのうち・とされた。 また、相模国のうち境川以西の・・・・・・の区域は全域とともに小田原に県庁を置くに属するものとされた。 これに対して神奈川県は、および武蔵国多摩郡が外国人遊歩区域に含まれることから従前の通り神奈川県の管轄とするべきであるとの上申書を政府に提出し、これを受けて当初は及びに分割された多摩郡の全域と、に属することになったとが改めて 神奈川県の所属とした。 この結果、が神奈川県の管轄となり、相模川がとの県境となった。 なお、多摩郡のうち東京の市街地に近接する中野村ほか31村(後の。 現在の中野区・杉並区)は翌明治5年()に再度東京府へ移管されている。 (明治9年)にはが廃止され、同県の旧相模国地域は神奈川県に、旧伊豆国地域はに編入された。 この時点で、現在の神奈川県の原形が完成した。 しかし、上からの行政区域の改編は地域住民の生活感情を無視するものとして、の廃止の後10年経過した(明治19年)に、再興を願い出ている。 (明治11年)、により県内におよび・・・・・・・・・・・・・・の15郡が編成された(東京府に再移管された旧多摩郡域はとなった)。 その後(明治26年)には、西多摩郡・南多摩郡・北多摩郡が東京府へ再移管されたため 、現在の県域が確定する。 その後(明治29年)、の施行に際してとが統合されてとなる。 近代には東京の外港都市となった開港場・横浜を中心にが形成され、商業・工業が発展した。 (11年)の(関東地震)では、との直下が震源となったことから、大きな被害を受けた。 また、当時としては珍しい大規模なが当時であったで実施され、現在でも碁盤の目の道路などに名残が残る。 では、(19年)以降、を始めとする沿海都市が空襲や艦砲射撃を受けた。 ・の「三笠」 東京湾の入口を制する横須賀市に置かれたは戦前から最大級の軍港であり、戦後も司令部や司令部が置かれている。 また、・に広がる、・に跨る、の、など、神奈川県には現在に次いで多くの米軍関連施設が存在する。 これらの施設は(13年)のにより各施設に厳戒態勢が敷かれ、その後もセキュリティレベルは下がっていない。 人口 [ ] 市町村行政課が、毎年3月31日(平成26年度からは1月1日)現在で公表した人口における数値は下表の通りである。 (単位・人)平成15年以前はを参照。 年度 人口 前年度比 平成16年 8,600,109 53,252 平成17年 8,644,031 43,922 平成18年 8,693,373 49,342 平成19年 8,741,025 47,652 平成20年 8,798,289 57,267 平成21年 8,848,329 50,040 平成22年 8,885,458 37,129 平成23年 8,906,590 21,132 平成24年 8,917,368 10,778 平成26年 8,940,001 11,415 平成27年 8,950,660 10,659 平成28年 8,961,724 11,064 平成29年 8,969,530 7,806 平成30年 8,972,770 3,420 平成31年 8,976,954 4,184 人口は(昭和14年)に200万人、(昭和31年)に300万人を超えて以後、ほぼ7年ごとに100万人ずつ増加していった。 (平成24年)現在では907万2471人と、全都道府県で第2位の人口となっている(人口密度は東京、に次ぐ第3位)。 また、からにおける人口増加率はで東京、に次ぐ第3位となっている。 28と全国の1. 37を下回っている()が、総人口はいまだ増加傾向にあり、特に横浜・川崎・相模原ではに伴って県内の市町村からの転入も多い。 一方で、横須賀・三浦・小田原など東京通勤圏最外縁部に位置する市町では減少傾向にある。 すなわち、県人口の半数以上が、、に集中していることになる。 その一方で、例えば三浦市では人口が5万人を割り込み、戸建て住宅の定住者に10万円の奨励金を交付する三浦市定住促進制度などを導入するなど、人口減が顕著になっている。 同年(同年5月12日):横浜裁判所を神奈川裁判所に名称変更する。 同年(同年8月5日):神奈川裁判所を神奈川府に名称変更する。 同年(同年11月5日):神奈川府を 神奈川県に名称変更する。 明治4年(1871年8月29日):により、を、を、をに名称変更する。 同年:六浦県を廃して、神奈川県に統合する。 同月:荻野山中県、を廃して、荻野山中県の全域と韮山県の旧・に属する地域を小田原県に統合する。 同年(同年12月25日):小田原県をに名称変更する。 およびより多摩郡を移管される。 (明治9年):足柄県を廃して、足柄県の旧相模国に属する地域を神奈川県に統合する。 (明治26年)4月1日:多摩3郡(、、)を東京府へ再移管する。 議長:桐生 秀昭(自民党、横浜市港南区)• 副議長 : 齋藤 健夫(かながわ国民民主党・無所属クラブ、藤沢市) 会派 [ ] 2018年(平成30年)9月19日現在• 議員数103人(定数105)• 14会派 会派名 呼称 略称 議員数 神奈川県議会議員団 自民党 自民 48人 ・民権クラブ神奈川県議会議員団 立憲民主党・民権クラブ 立民 17人 神奈川県議会議員団 公明党 公明 10人 かながわ・無所属クラブ神奈川県議会議員団 かながわ国民民主党・無所属クラブ 民主 8人 県政会神奈川県議会議員団 県政会 県政 6人 神奈川県議会議員団 日本共産党 共産 6人 わが町 わが町 わ町 1人 神奈川ネット 神ネ 1人 神奈川絆の会 神奈川絆の会 絆会 1人 愛甲クラブ 愛甲クラブ 愛ク 1人 大志会 大志会 大志 1人 民主みらい神奈川 民主みらい神奈川 民み 1人 横浜緑の会 横浜緑の会 緑会 1人 川崎県民クラブ 川崎県民クラブ 川ク 1人 議員数計(14会派) 103人 定数 選挙区別定数 [ ] 計49選挙区 定数105((平成30年)現在)。 なお、定数の一部変更と一部の合区が定められた「神奈川県議会議員の定数、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数に関する条例」改正案がすでに成立しており、2019年3月1日以後初めてその期日を告示される一般選挙から施行されることになっている。 以下は現行の、つまり前述の改正が反映される前のものである。 詳細は「」および「」を参照 衆議院 神奈川県はの(定数22)に属し、は県内に18区(定数18)ある。 参議院 のは定数8(改選数4)。 財政 [ ] 平成20年度 [ ]• 予算一般会計額 1兆6832億円• 職員数 一般職 77105名• 内訳 教育職51443名、公安職(警察)17050名、一般職員8612名• 人件費総額 7877億8871万円• 一般会計に占める人件費割合 46. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)17自治体中1位• 一般会計歳出 1兆6641億円• 自主財源の割合 81. 一般財源の割合 79. 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)16自治体中2位• 一般会計歳出 1兆6457億円• 自主財源の割合 69. 一般財源の割合 79. 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)10自治体中2位 平成16年度 [ ]• 財政力指数 0. Iグループ(財政力指数0. 5以上、1. 0未満)8自治体中2位 提携・姉妹自治体 [ ]• かながわインターネット放送局 [ ] 「かながわインターネット放送局」は神奈川県が運営するインターネットテレビ放送である。 知事定例記者会見、県政ビデオクリップ、スポットCMなどのチャンネルを用意して県政の広報に務めている。 経済・産業 [ ] 平成20年(2008年)度の県内総生産は30兆8,997億円である。 ドルに換算すると3,500億ドル前後に相当し、参加国のやの GDP に匹敵している。 一人当たりの県民所得は319. 9万円である。 産業別就業者数は、が4万4,000人、が117万8,000人、が295万5,000人となっている。 産業 [ ] 商工業 [ ] 愛川太陽光発電所(愛川町) 県内の事業所数(工業を含む)は309,441事業所で、全国シェアは4. いずれも東京都、、に次ぐ全国第4位である。 事業所の40. また、従業者の31. 化学工業は東京、大阪、愛知を抜いて1位となっている。 県内の工業にかかる事業所数は10,966事業所で、従業者数は421,464人となっている。 特に東京湾に面する横浜市や川崎市の臨海部は京浜工業地帯として工業が盛んである。 製造品出荷額等は18兆5,660億円で、愛知県に次ぐ全国第2位となっている。 県内の商業にかかる事業所数は74,540事業所(卸売業14,764事業所、小売業59,776事業所)で、従業者数は621,811人となっている。 事業所数の全国シェアは4. 、、の3港合計の貿易額は、輸出額8兆3,112億円、輸入額4兆5,389億円で、それぞれ全国の13. 全国の港別貿易額の順位では、横浜港は、、に次ぐ全国第4位(平成13年以降)、川崎港は第11位、横須賀港は第29位となっている。 輸出品の7割以上は機械類及び輸送用機器が占める。 県内には横浜市・川崎市などの市街地、、などの湘南地域、三浦半島の海水浴場、丹沢・大山、相模湖などのアウトドア・フィールド、、といった温泉地など、レジャー施設・観光地も多い。 県内の観光客数は1億7,118万6,000人(2008年、過去最高)となっている。 うち1億5,725万人が日帰り観光客である。 地域別に見ると、日帰り観光客が最も多いのは横浜・川崎地域の5,084万8,000人、宿泊客が最も多いのは箱根・湯河原地域の578万9,000人となっている。 経営耕地面積は16,978で、うち76. 1戸あたりの作付面積は全国平均より小さいが、土地生産性は非常に高い。 大消費地に近接する地の利を生かして、・などの、、、の生産が盛ん。 果樹はおよびの生産が多い。 西部、中部の中山間地域ではが生産されており、「足柄茶」の統一ブランドで販売されている。 また、が平成28年度が認定する食味ランキングにおいて特Aに認定されたことから、ブランド化を進める動きも出てきている。 農業産出額は761億円で、市町村別では第1位が三浦市(111億円)、第2位横浜市(102億円)、第3位平塚市(63億円)と続く。 また、の年間生産量は34,676キロリットル(平成22年度 )に上り、ワインの生産量は統計上は日本一となっている。 これは藤沢市に大手酒造会社であるのワイン工場があることによる。 漁業・養殖業生産量は57,641tで、うち海面漁業が95. 三浦半島に散在する25の漁港を中心に行われ、による遠洋漁業と大型定置網による沿岸漁業が盛ん。 特に特定第三種漁港の指定を受けるはマグロ遠洋漁業の基地となっており、2005年時点で水揚げ金額は全国2位である。 相模湾では、独自の魚食文化も生まれ、、、などが貴重とされる。 森林面積は、県土の約4割にあたる95,278ha(うち9割が民有林で、1割が国有林)。 林家数は増加しているものの、木材価格の低迷で伐採が控えられているため、造林面積は20ha以下で推移している。 県内の1ha以上の林家について見ると、1 - 3haの林家が全体の67. 県内に本社を置く主要企業 [ ] 詳細は「」を参照• マスメディア [ ] 新聞社 [ ]• その他と()の総局・支局・通信部も県内に所在する。 放送局 [ ] テレビ局• tvk その他、の(・)と5局(・・・・)のになっている。 なお前述した各局は県内各地に中継局がある。 ラジオ局• Fm yokohama 84. 7 アール・エフ・ラジオ日本の本社及び演奏所は横浜市にあるが、生番組の大半は東京支社()に於いて制作・放送されている。 その他在京AM3局(・・)の放送対象地域になっている。 また外国語放送のも横浜市と川崎市が放送対象地域になっている。 更に放送対象地域外の ・ も横浜市、川崎市を中心にになっている。 コミュニティ放送局• (逗子市)• (平塚市)• (横須賀市)• (鎌倉市)• (藤沢市)• (川崎市)• (相模原市)• (大和市)• (横浜市青葉区)• (小田原市)• (横浜市戸塚区)• (清川村)• (海老名市)• (大磯町)• (横浜市中区) ケーブルテレビ局 (参照) 文化・スポーツ [ ] サッカー• ( 川崎市)• (Jリーグ 横浜市・横須賀市・大和市)• (Jリーグ 横浜市)• (Jリーグ 平塚市など10市町)• (Jリーグ 横浜市)• (Jリーグ 相模原市)• (なでしこリーグ)• (なでしこリーグ)• (なでしこリーグ)• (なでしこリーグ) 野球• (・ 横浜市・横須賀市)• ( 横浜市)• (同上 川崎市)• (同上 横浜市) -• (男子、川崎市)• (女子、練習場が川崎市、チーム所在地は東京都) バスケットボール• ( 横浜市)• (Bリーグ 川崎市)• ( 川崎市)• ( 相模原市) アメリカンフットボール -• (川崎市)• (相模原市) ソフトボール• (横浜市) アイスホッケー -• (横浜市) 陸上競技• 横浜ランニングクラブ(横浜市)• 陸上競技部(藤沢市)• 女子陸上競技部(横浜市) 卓球• () - などが所属 ボクシング• (横浜市)• (川崎市) プロレス• (横浜市)• (横浜市)• (川崎市) 県内にファーム本拠地を置くスポーツクラブ(上記記載を除く)• (プロ野球・セントラル・リーグ)• (川崎市多摩区)をに所属するファームチームの本拠地としている 観光 [ ]• 、平成13年4月10日。 『かながわの川』神奈川新聞社かなしん出版、10ページ• 、総務省統計局。 平成17年国勢調査・第1次基本集計結果(表2 都道府県別主要指標)、総務省統計局。 、神奈川県統計センター。 、全国過疎地域自立促進連盟。 国土地理院 2013年11月28日閲覧• 国土地理院 2013年2月22日閲覧• 国土地理院 2013年2月22日閲覧• 統計局 2013年2月22日閲覧• 平塚市四之宮付近が国府域に当たることが明らかにされつつある。 大貫英明「都の支配と自立への道」 神崎彰利・大貫英明・福島金治・西川武臣『神奈川県の歴史』山川出版社、2001年、42-45頁• 西川武臣「国際社会への船出とかわる世の中」 神崎彰利・大貫英明・福島金治・西川武臣『神奈川県の歴史』山川出版社、2001年、254-256頁• 佐野真由子『オールコックの江戸』、2003年、• - 近代デジタルライブラリー• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• - 神奈川県• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー• 西川武臣「国際社会への船出とかわる世の中」 神崎彰利・大貫英明・福島金治・西川武臣『神奈川県の歴史』山川出版社、2001年、270-271ページ• - 藤沢市教育委員会• 神奈川県 2018年5月24日. 日本語. 神奈川県. 2018年9月19日閲覧。 神奈川県 2018年4月11日. 日本語. 神奈川県. 2018年9月19日閲覧。 総務省. 2018年9月19日閲覧。 京王相模原線にはの、小田急小田原線・多摩線にはの、東急東横線(みなとみらい線を含む)には、、東京メトロの、東急目黒線には都営の、東急田園都市線には東武、東京メトロの、京急本線には、都営の車両が乗り入れている。 SEISA コミュニティ FM放送局. 2017年10月12日閲覧。 、商工労働部商業観光流通課観光室、2009年(平成21年)6月9日発表。 (、2013年6月16日) - 参考文献 [ ] 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 で 「 神奈川県」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキボヤージュの ウィキデータの ウィキスピーシーズの• 、 外部リンク [ ]• に関連する地理データ -• - 行政• - 神奈川県観光協会• - ミスユニバースジャパン神奈川事務局• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。

次の

神奈川県秦野市の人口推移

神奈川 県 人口

ロボット君のつぶやき 神奈川県の2015年の総人口は総務省統計局が2016年10月26日に公表した国勢調査結果によると912. 6万人。 5年前と比べると0. 9%の増加。 増加率は都道府県の中で5番目に高い。 また、国立社会保障・人口問題研究所が2010年までの国勢調査に基づくトレンドから予測した2015年人口よりも21,756人 0. 9%減少し、約831万人となる見込み。 このとき2045年の平均年齢は、2015年の 45. 0歳から5. 3 歳上昇し、50. 3歳となる。 また上図の赤い点線であらわした折れ線は、2010年国勢調査までの趨勢に基づき国立社会保障・人口問題研究所が2013年に予測した将来人口の推移を示している。 これを2040年について今回の最新の予測値と比較すると、その差は197,520人 2. なお、「平成20年~24年 人口動態保健所・市町村別統計」 厚生労働省 によると、神奈川県の2008年~2012年における赤ちゃんの出生数は、年平均で77,358人。 人口千人当たりでは8. 7人(全国平均8. 4人)となり、47都道府県中10番目。 同期間の1人の女性が生涯に産む平均子供数を推計した合計特殊出生率では1. 30で42番目。 ちなみに、婚姻件数及び離婚件数は、それぞれ人口千人当たり6. 0件 全国平均5. 5件 、1. 96件 全国平均1. 94件 となっている。 また、2017年12月13日に厚生労働省が公表した最新の「平成27年都道府県別生命表」によれば、2015年の神奈川県の平均寿命(0歳児の平均余命)は、男性が全国平均よりも0. 55歳長い81. 32歳、女性も全国平均より0. 23歳長く、87. 24歳となっている。 参考: 一方、厚生労働省が実施した「健康日本21(第二次)の推進に関する研究(平成25~27年度)」によると、2013年の神奈川県の健康寿命(日常生活を健康上の問題がない状態でおくれる期間)は、男性が全国平均よりも0. 4歳長い71. 6歳 47都道府県中15番目 、女性も全国平均より0. 5歳長く、74. 8歳 47都道府県中15番目 と推計されています。 3年前の2012年に比べると、全国的に健康寿命は伸びているのですが神奈川県では男性も女性も2012年と同じ値で変化はみられません。 ところで、2015年の世界の平均健康寿命は世界保健機関(WHO)の推計では63. 男性で比べれても日本人の方が健康寿命が8年余り長いことになります。 2000年から2019年 2019年1月1日現在 までの神奈川県の人口動態調査に基づく住民基本台帳ベースの人口および世帯数、出生数、人口千人当たり出生数(出生率)の動向については、グラフの15から19をご参照ください。 下記の小さなグラフをクリックし拡大してご覧いただけます。 参考表 神奈川県の市区町村の将来人口の予測値 2015年~2045年 市区町村ごとの将来人口の相違を確認しておきましょう。 2045年の括弧の数値は2015年からの人口の増減率を表しています。 気になる市町村があれば、市町村名をクリックしてグラフで確認してください。 [単位 : 人] 市区町村 2015年 2025年 2035年 2045年 127,094,745 122,544,102 115,215,698 106,421,184 -16. 3 神奈川県 9,126,214 9,069,562 8,750,958 8,312,524 -8. 9 3,724,844 3,714,957 3,604,600 3,446,124 -7. 5 1,475,213 1,545,896 1,566,780 1,549,981 5. 1 720,780 710,539 678,479 636,888 -11. 6 406,586 372,273 331,056 290,983 -28. 4 258,227 247,610 229,642 208,823 -19. 1 173,019 166,392 156,051 147,250 -14. 9 423,894 436,060 432,551 419,956 -0. 9 194,086 180,789 164,233 146,484 -24. 5 239,348 241,060 235,437 227,190 -5. 1 57,425 53,632 49,078 45,223 -21. 2 45,289 38,227 30,851 23,827 -47. 4 167,378 157,909 142,748 125,209 -25. 2 225,714 221,546 209,096 193,759 -14. 2 232,922 234,831 229,225 219,973 -5. 6 101,514 100,091 95,074 88,604 -12. 7 130,190 131,091 126,673 120,575 -7. 4 128,737 123,622 115,438 106,340 -17. 4 43,306 40,263 36,041 31,640 -26. 9 84,460 83,433 79,124 74,898 -11. 3 32,096 30,786 28,559 26,756 -16. 6 47,936 46,648 43,958 40,986 -14. 5 31,550 29,373 26,421 23,467 -25. 6 28,378 25,222 21,633 18,223 -35. 8 9,679 8,689 7,413 6,104 -36. 9 17,033 16,350 15,107 13,845 -18. 7 11,171 9,711 8,147 6,622 -40. 7 10,724 8,636 6,643 4,813 -55. 1 17,013 17,601 17,398 16,796 -1. 3 11,786 10,394 8,880 7,679 -34. 8 7,333 6,096 4,890 3,790 -48. 3 25,026 21,200 17,239 13,510 -46. 0 40,343 35,780 30,015 24,144 -40. 2 3,214 2,855 2,478 2,062 -35.

次の