まごつく 意味。 失態の意味と正しい使い方の例文!失敗との違いから類語や英語も!|Tips報道局

『典座教訓・赴粥飯法』(道元,中村 璋八,石川 力山,中村 信幸):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部

まごつく 意味

「迷う」の意味とは? 「迷う」の意味• 「迷う」の英語• 「迷う」の言葉の使い方• 「迷う」の類語や類義の表現• 「迷う」を使った言葉と意味を解釈• 「迷う」を使った例文 「迷う」の意味とは? 「迷う」という言葉を知っているでしょうか。 「迷う」は 「まよう」と読む、一般的に良く使われている言葉です。 大学卒業前に、進路について 「迷う」経験をした人もいるでしょう。 また誰かが 「迷う」姿を見て、手を差し伸べた経験がある人もいるかもしれません。 一方で、 「迷う」という言葉の意味がまるで分からないという人もいるでしょう。 そこで 「迷う」の意味や使い方を紹介します。 この言葉の意味を知る事で、 「迷う」とはどのような状態か理解できるようになるでしょう。 あなたが何かに 「迷っている」事に気付けるかもしれません。 「迷う」の意味 「迷う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「迷う」には、 「心が決まらずに判断が下せない」という意味があります。 さらに 「まごつく」 「ためらう」などの意味もあります。 「正常な状態ではなくなる」などの意味もあるため、 「迷う」は様々な場面で使う事ができます。 例えば初めて訪れた街で、どの道を進めばいいのか分からずにまごついてしまう事を 「道に迷う」と言います。 また 「道に迷う」には 「進路に対する判断が下せない」という意味もあります。 二者択一の問題を出されて、どちらを選んでいいか分からず決心できない事も 「迷う」と言います。 このように 「迷う」には、 「心が決まらず判断が下せない」 「まごつく」 「躊躇う」などの意味があります。 「迷う」の言葉の使い方 「迷う」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。 「迷う」には 「心が決まらず判断が下せない」という意味がありますので、そのような場面で使ってみましょう。 例えば部下に対してどのような指示を出せば、良い結果が得られるのか判断が下せない事があるかもしれません。 このような時、 「指示を迷う」という表現をします。 また恋愛の場面では、異性に告白されて、告白を受けるかどうかためらう事があるかもしれません。 このような時は 「返事に迷う」と表現します。 日常的な場面でも、お昼ご飯を何にするか、心が決まらない事があるでしょう。 このような時に、 「迷う」という言葉を使ってみましょう。

次の

シドニー旅行・観光ガイド 「まごつきませんシドニーでは」

まごつく 意味

1 典座教訓• 1.典座の役割• 2.典座の心構え• 3.典座の1日• 4.典座の仕事の実際• 5.自ら手を下す• 6.仕事の手順と食器類の整理• 7.物を大切に、時間を有効に• 8.典座の心の用い方• 9.典座の修行• 10.食数・食量の確認• 11.僧食の作法• 12.中国留学中の体験• 13.禅寺の最高責任者の心構え• 14.食事供養の功徳• 15.物に差別をつけない• 16.人を差別の目で見ない• 17.日本国建仁寺の典座の実情• 18.無道心者の典座の弊害• 19.中国の禅院の典座• 20.先人達の足跡• 21.3つの心構え• 2 赴粥飯法• 1.食と仏道とは一体• 2.食事の合図• 3.僧堂への入り方• 4.牀に上がる法• 5.鉢の下ろし方• 6.聖僧への供養• 7.住持の入堂• 8.食器のならべ方• 9.食前の祈り• 10.施食の祈り• 11.献立の報告• 12.施財の祈り• 13.給仕の仕方• 14.食事の受け方• 15.5つの瞑想• 16.鬼神衆への供養• 17.粥の食べ方• 18.ご飯の頂き方• 19.食器の洗い方• 20.鉢を洗った水の処理• 21.食器の収め方• 22.食後の祈り• 23.出堂の仕方• 24.放参の合図.

次の

テンパる

まごつく 意味

「戸惑いを覚える」「戸惑いの表情を見せる」のような使われ方がされる。 また、「戸惑い」には元々「夜中に目を覚まし、寝ぼけて方角を失うこと。 また、入るべき家や部屋が分からずまごつくこと」という意味がある。 「戸惑い」は「戸に惑う」と書くように、「戸」は文字通り「家や部屋の戸」のことである。 昔の大きな日本家屋には、いくつもの部屋があった。 そのため、夜中に目が覚めて部屋を出ると、寝ぼけて入るべき部屋が分からなくなる。 そんな状況を表した言葉である。 その後、現在のように「手段や方法が思い付かずまごつくこと」という意味に発展した。 「戸惑い」は「途惑い」とも表記される。 これらは同じ意味で使われるが、「途」は「道、道すじ、道のり」という意味である。 つまり、その字から「途惑い」には「進むべき道が分からない」という意味合いが含まれる。 「戸惑い」の送り仮名を略した形で「戸惑」と表記されることもある。 また、「戸惑い」が動詞化した「戸惑う/途惑う」という言葉は「どう対処してよいか分からずまごつく」という意味で使われる。 「突然の申し出に戸惑う」「急に聞かれて戸惑う」のような使われ方がされる。

次の