君はいた確かにここに 曲名。 【King Gnu/壇上】歌詞の意味を徹底解釈!溢れ出す後悔の念。込められた想いに迫る!

最上階から見た景色は。 ヨルシカ(n

君はいた確かにここに 曲名

最上階に君が一人 揺れる影が ずっと ずっと 「ずっと、僕らの愛はもう見つかりはしないでしょう」 言葉を飲み込む音 息を止めた 街中に一人 暮れた夜を混ぜては 喉の奥に 今 落としてゆく 昨日の事は忘れました 明日の事も思い?出せ?なくて? あぁ もう 痛い 痛いなんて 声は 確かに届いてたんです 君が 「嫌い」 きらい なんて 言葉 錆(さび)付いて聞こえないや 愛? のない? 痛い容態 唄も色も まだ六十八夜の そう、これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 最上階から見た景色 落ちる影が ずっと ずっと 「ずっと僕らの声も、もう聞こえてはいないでしょう?」 言葉の錆びてく音 霧のかかる心の奥底 朝焼け色の中に 君は一人 また透けてくだけ 鼓動の音は一つ限り 閉め切った部屋の中で響く 言葉も出ない 出ないような 僕は確かにここにいたんです 君を 見ない 見ないなんて 今も染み付いて離れないよ もう痛い 痛い容態 耳の奥で まだあの日の言葉が あぁこれでお別れなんて そんな 君の声も ねぇ あの日願った言葉がもう 耳に染み込んじゃって 気持ちも切って「バイバイバイ」 何を欲しがったんだっけ? 塵(ちり)も積もって 何年間 僕が 君が 僕が捨てちゃったんです まだ あぁ 心の暗い暗い奥の 底にほんとは隠してたんです 今じゃ遅い 遅いなんて 今更知っちゃったんだ あぁ もう 嫌い 嫌いなんだ 君も 僕も 全部 全部 全部 「透けて消えてなくなって」 言葉も出ない 出ないような 声が確かに響いてたんです 今も嫌い 嫌いなんて 言葉近すぎて聞こえないや もう痛い 痛い容態 唄も 色も まだ六十八夜の そう これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 響く夜空に溶ける 透明哀歌 「透明エレジー」ってどういう意味でしょうか? 「エレジー」について調べてみると 悲歌や 哀歌という意味があるようです。 つまり、悲しみを歌った歌ということでしょうか。 では、「透明」は?単純に「見えない」と解釈していいのか?僕は違うと思います。 n-bunaさんの作曲されたの中でも「透明」という言葉がキーになっていますが、その楽曲の中でn-bunaさんは「 透明は伝えられないから透明」って歌詞に込めてるんですよね。 きっと、n-bunaさんの中では「伝えられないもの=透明なもの」なんでしょう。 つまり、「透明エレジー」は「 伝えられない哀歌」という意味を持つと思われます。 youtube. ここからは、私の解釈になりますが、拡声器を持っている方が「僕」で、耳を塞いでいる方が「君」だと思います。 なぜかというと、「透明エレジーの曲名の意味」の見出しでも解説しましたが、この曲は「 伝えられない哀歌」です。 それを前提に考えると「僕」が「君」に伝えたいので、必然的に拡声器を持っている方のが「僕」となるからですね。 ひいらぎの解釈 最上階に呼ばれてきてみると君は一人、屋上の端にいた。 ずっと、ずっと、間が空いて、君はいう。 「もう私達は永遠に愛し合うことはできないね。 」 歌詞中の「揺れる影」が、死にそうな「君」をみて泣いている「僕」を連想させますよね。 一度は愛し合った「君」が目の前で自殺しようとしている。 死んでほしくない。 でも、近づくと君はきっと死んでしまうだろう。 という 葛藤の中で、きっと「僕」は泣いてしまったのでしょう。 たった、13文字でここまで聴き手に想像させるとは... すごいですよね。 言葉を飲み込む音 息を止めた 街中に一人 暮れた夜を混ぜては 喉の奥に 今 落としてゆく 昨日の事は忘れました 明日の事も思い?出せ?なくて? ひいらぎの解釈 言葉を飲み込む僕。 何も答えられなくてまるで息を止めているみたいだ。 昨日の夜のことを思い出しながら、僕は少しずつ声に出してゆく。 「昨日のことはもういいじゃないか。 」 君は、「嫌い、もういい」と言って飛び降りた。 ここの解釈は人によってかなり分かれると思いますが僕は、ここで「君」が飛び降りたんじゃないかなぁって思っています。 「明日のことも思い出せなくて」の部分は明日のことはわからない=死んだということなんでしょうね。 死んでしまったら明日はわかりませんから。 あぁ もう 痛い 痛いなんて 声は 確かに届いてたんです 君が 「嫌い」 きらい なんて 言葉 錆(さび)付いて聞こえないや 愛? のない? 痛い容態 唄も色も まだ六十八夜の そう、 これでお別れなんだ 僕が 君に 送る ひいらぎの解釈 あぁ、もう、君の助けを呼ぶ声は聞こえてたじゃないか。 君の最後の言葉が「嫌い」なんて聞きたくなかった。 いや、聞こえなかった。 僕たちの間には愛はなかったのだろうか? 君と僕の恋愛は、まだ八十八夜に満たない。 そう、もうこれでおしまいなんだ。 僕が君に送る... ここでは「君」が飛び降りてしまった後、急いで「君」の元へ駆け寄る間の「僕」の気持ちを歌っています。 ひどい後悔の念が歌詞からも、GUMIの歌い方からも感じられますよね。 ここの六十八夜という歌詞。 おそらく八十八夜に満たないと言いたいんだと思います。 八十八夜というのは、雑節のひとつで、立春を一日目として88日目の日のことで、この日に摘まれるお茶の葉は、 上質なものとされるそうです。 つまり、 僕らの恋愛はまだ上質な葉ではない=僕らの恋愛はまだまだ未熟だと言いたいのではないでしょうか。 ひいらぎの解釈 最上階から地上を見下ろして、君が落ちる様子がずっとずっと。。。 「もう、僕らの声も聞こえないね。 」 僕の周りの言葉に色がなくなって 僕の心が沈んでいく。 新しい朝が来て、僕と君はまたすれ違っていってしまう。 閉じこもった部屋の中で、僕の心臓の鼓動だけが響いている。 「君」を救えなくてひどく後悔している「僕」。 徐々に「僕」は鬱になっていきます。 ここの「鼓動の音は一つ限り 閉め切った部屋の中で響く」(引用: n-buna -透明エレジー)という歌詞が個人的にグッと来ましたね。 「君が死んで、ふさぎこんでしまった僕」を的確に表している言葉だと思います。 言葉も出ない 出ないような 僕は確かにここにいたんです 君を 見ない 見ないなんて 今も染み付いて離れないよ もう痛い 痛い容態 耳の奥で まだあの日の言葉が あぁこれでお別れなんて そんな 君の声も ねぇ ひいらぎの解釈 君にかける言葉が見つからない僕がここにいたんだ。 君を見なかった後悔が今も僕の中に染み付いて離れないや。 耳の奥で、君があの日言った最後の言葉が聞こえて来て、 あぁこれで君とお別れなんて嫌だ。 なんて思うんだ。 「君」の気持ちを見ずに、心にもないことを言って「君」を殺してしまった「僕」。 そんな「僕」の後悔をGUMIの泣きそうな声で歌っている部分です。 あの日願った言葉がもう 耳に染み込んじゃって 気持ちも切って「バイバイバイ」 何を欲しがったんだっけ? 塵(ちり)も積もって 何年間 僕が 君が 僕が捨てちゃったんです まだ あぁ 心の暗い暗い奥の 底にほんとは隠してたんです 今じゃ遅い 遅いなんて 今更知っちゃったんだ あぁ もう 嫌い 嫌いなんだ 君も 僕も 全部 全部 全部 「透けて消えてなくなって」 ひいらぎの解釈 あの日、願った思いが頭からはなれなくて辛いから 君のことなんか忘れてしまおう。 そして何年間がたった。 けれど、僕が君を殺してしまったという事実がまだ頭から離れない だって、忘れたふりをして人生を歩んで来たんだから。 今じゃもうどうしようもないなんて今更分かったんだ。 あぁ、もう嫌だ。 君も僕も全てが消えてなくなればいいのに。 主人公は後悔して後悔して後悔して、ついにはその苦痛から逃れるかのように「君」のことを忘れようとします。 けれど、「君が死ぬ」という強い衝撃は、「僕」の中にずっと残ってしまっているようです。 言葉も出ない 出ないような 声が確かに響いてたんです 今も 嫌い 嫌いなんて 言葉近すぎて聞こえないや もう痛い 痛い容態 唄も 色も まだ六十八夜の そう これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 響く夜空に溶ける 透明哀歌 ひいらぎの解釈 あの日、言葉にならないようなうめき声が響いてたんだ。 今も君が言った「嫌い」という言葉が頭に残っている。 そう、君と僕の恋愛は、まだ八十八夜に満たなかったんだ。 そう、もうこれでおしまいなんだ。 僕が君に送るよ。 静かな夜に溶けるような「届かない哀歌」を。 ここでやっと曲名の意味がわかりました。 「透明エレジー」という曲名の意味の「届かない哀歌」は、「君」が死んでしまってもう「届かない」から「届かない哀歌」なんですね。 「透明エレジー」のという曲のまとめ 「透明エレジー」は「君」を失ってしまった「僕」の後悔を歌った曲でした。 「僕」と「君」の間に何があったかはわかりませんが、きっと「僕」は君に死んで欲しくなかったのでしょう。 そして、その気持ちがあったから「君」が自殺しようとしている時、安易に「昨日のことは忘れよう」なんて言ってしまったんだと思います。 何気なく口に出した言葉が、自分の人生を左右したり、大切な人を失ったりする結果に繋がることを改めて再確認させてくれる素晴らしい楽曲でした。 こんな素晴らしい、中毒性のある楽曲を作ってくれたn-bunaさんに感謝を。

次の

ひよっこ 挿入歌 君が好きの歌手は誰?さおりのテーマ!?

君はいた確かにここに 曲名

一人で安倍米店で留守番(?)をしているときに全力で熱唱していたのがまさにこの「君が好き」でした。 この時からさおりが登場するとよく流れるようになりました。 まさに「さおり(米子)のテーマ」「さおりの登場曲」と言ってもよいですよね。 特に曲中に「 好き」という言葉が何度も登場し、さおりの三男への気持ちをまさに代弁した曲となっていました。 内容としては三男がさおりの告白の返事をするというこのシーンですが、ここでのさおりのテンパリ具合が何ともコミカルでしたよね。 話の流れを簡単に説明するとこんな感じでした。 三男がさおりに話を切り出す。• さおりは「返事?違うよね」といつもの調子で茶化した返事をする。• 三男が「そうです」というと、さおりが急にテンパる。 そして「聞きたくない」と全力で三男の返事を拒絶する。• さおりが全力で拒絶している中で「ノーという返事は聞きたくない。 それともイエスだと言うわけ?」と聞くと三男が「Yesです」と答える。• ようやく二人は恋人同士に。 とまあ、さおりらしいと言えばさおりらしい反応でしたね(笑)。 確かに三男とさおりの関係については完全に外堀どころか内堀も埋まっている状態です。 しかし、肝心の三男が首を縦に振らないために、自分への三男の想いはいつまでも一方通行なのではないか?という不安はあったんですよね。 それだけに三男の返事はさおりにとっては思いがけないものだったんでしょうかね。 スポンサーリンク ひよっこの挿入歌「君が好き」の歌手は誰?意外な事実も!? 実はひよっこの挿入歌「君が好き」は既に発売されているサントラに収録されている曲です。 具体的には8月30日発売のに入っているんですよね。 ・・・しかし、既にこのサントラを買っている人は気がついたかと思いますが、実は収録曲の一覧を見ても「君が好き」という名前の曲はどこにもありません。 それもそのはずです。 実は「君が好き」は正式名称ではないからです。 本当の曲名は「恋のうた」です。 これなら確かにありましたよね。 ひよっこの挿入歌「君が好き」こと「恋のうた」を歌っているのは 太田裕美さんです。 太田裕美さんはシンガーソングライターで「昭和の美人歌姫」とも呼ばれています。 太田裕美さんといえば何と言っても「木綿のハンカチーフ」が有名ですが、その他にも今回のひよっこの挿入歌など数々の名曲を出しているんですよね。 今回ひよっこで「さおりのテーマ曲」として定着した(?)「恋のうた」ですが、再び注目を集めることになるんでしょうかね。 以上、ひよっこの挿入歌「君が好き」こと「恋のうた」についてでした。 最後までご覧いただきありがとうございました! PV数ランキング• わろてんかのキャストの「噂」に関する記事です。 どうやら「わろてんか キャスト 佐藤健」というキーワードが結構検索されているようなのですが、一体どういうことなんで... べっぴんさんに出演している小堀正博さんに関する記事です。 べっぴんさんの小堀正博といえば、坂東営業部の社員の1人秋山を演じています。 「べっぴんさん」を見る限りでは... ひよっこの東京編のキャストについての記事です。 以前、「向島電機」時代の相関図については簡単に紹介しましたが、今回は「すずふり亭」時代の相関図です。 ひよっこのキャストの相関図 nhk公式)についての記事です。 いよいよ、朝ドラ「ひよっこ」が2017年4月3日から始まりますね。 気になるのは「ひよっこ」のヒロイン... 2019年上期(春夏)放送の朝ドラ「夏空(なつぞら)」のキャストについての記事です。 早くも2018年4月になつぞらの序盤となる「北海道・十勝編」のキャストについ...

次の

ひよっこ 挿入歌 君が好きの歌手は誰?さおりのテーマ!?

君はいた確かにここに 曲名

最上階に君が一人 揺れる影が ずっと ずっと 「ずっと、僕らの愛はもう見つかりはしないでしょう」 言葉を飲み込む音 息を止めた 街中に一人 暮れた夜を混ぜては 喉の奥に 今 落としてゆく 昨日の事は忘れました 明日の事も思い?出せ?なくて? あぁ もう 痛い 痛いなんて 声は 確かに届いてたんです 君が 「嫌い」 きらい なんて 言葉 錆(さび)付いて聞こえないや 愛? のない? 痛い容態 唄も色も まだ六十八夜の そう、これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 最上階から見た景色 落ちる影が ずっと ずっと 「ずっと僕らの声も、もう聞こえてはいないでしょう?」 言葉の錆びてく音 霧のかかる心の奥底 朝焼け色の中に 君は一人 また透けてくだけ 鼓動の音は一つ限り 閉め切った部屋の中で響く 言葉も出ない 出ないような 僕は確かにここにいたんです 君を 見ない 見ないなんて 今も染み付いて離れないよ もう痛い 痛い容態 耳の奥で まだあの日の言葉が あぁこれでお別れなんて そんな 君の声も ねぇ あの日願った言葉がもう 耳に染み込んじゃって 気持ちも切って「バイバイバイ」 何を欲しがったんだっけ? 塵(ちり)も積もって 何年間 僕が 君が 僕が捨てちゃったんです まだ あぁ 心の暗い暗い奥の 底にほんとは隠してたんです 今じゃ遅い 遅いなんて 今更知っちゃったんだ あぁ もう 嫌い 嫌いなんだ 君も 僕も 全部 全部 全部 「透けて消えてなくなって」 言葉も出ない 出ないような 声が確かに響いてたんです 今も嫌い 嫌いなんて 言葉近すぎて聞こえないや もう痛い 痛い容態 唄も 色も まだ六十八夜の そう これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 響く夜空に溶ける 透明哀歌 「透明エレジー」ってどういう意味でしょうか? 「エレジー」について調べてみると 悲歌や 哀歌という意味があるようです。 つまり、悲しみを歌った歌ということでしょうか。 では、「透明」は?単純に「見えない」と解釈していいのか?僕は違うと思います。 n-bunaさんの作曲されたの中でも「透明」という言葉がキーになっていますが、その楽曲の中でn-bunaさんは「 透明は伝えられないから透明」って歌詞に込めてるんですよね。 きっと、n-bunaさんの中では「伝えられないもの=透明なもの」なんでしょう。 つまり、「透明エレジー」は「 伝えられない哀歌」という意味を持つと思われます。 youtube. ここからは、私の解釈になりますが、拡声器を持っている方が「僕」で、耳を塞いでいる方が「君」だと思います。 なぜかというと、「透明エレジーの曲名の意味」の見出しでも解説しましたが、この曲は「 伝えられない哀歌」です。 それを前提に考えると「僕」が「君」に伝えたいので、必然的に拡声器を持っている方のが「僕」となるからですね。 ひいらぎの解釈 最上階に呼ばれてきてみると君は一人、屋上の端にいた。 ずっと、ずっと、間が空いて、君はいう。 「もう私達は永遠に愛し合うことはできないね。 」 歌詞中の「揺れる影」が、死にそうな「君」をみて泣いている「僕」を連想させますよね。 一度は愛し合った「君」が目の前で自殺しようとしている。 死んでほしくない。 でも、近づくと君はきっと死んでしまうだろう。 という 葛藤の中で、きっと「僕」は泣いてしまったのでしょう。 たった、13文字でここまで聴き手に想像させるとは... すごいですよね。 言葉を飲み込む音 息を止めた 街中に一人 暮れた夜を混ぜては 喉の奥に 今 落としてゆく 昨日の事は忘れました 明日の事も思い?出せ?なくて? ひいらぎの解釈 言葉を飲み込む僕。 何も答えられなくてまるで息を止めているみたいだ。 昨日の夜のことを思い出しながら、僕は少しずつ声に出してゆく。 「昨日のことはもういいじゃないか。 」 君は、「嫌い、もういい」と言って飛び降りた。 ここの解釈は人によってかなり分かれると思いますが僕は、ここで「君」が飛び降りたんじゃないかなぁって思っています。 「明日のことも思い出せなくて」の部分は明日のことはわからない=死んだということなんでしょうね。 死んでしまったら明日はわかりませんから。 あぁ もう 痛い 痛いなんて 声は 確かに届いてたんです 君が 「嫌い」 きらい なんて 言葉 錆(さび)付いて聞こえないや 愛? のない? 痛い容態 唄も色も まだ六十八夜の そう、 これでお別れなんだ 僕が 君に 送る ひいらぎの解釈 あぁ、もう、君の助けを呼ぶ声は聞こえてたじゃないか。 君の最後の言葉が「嫌い」なんて聞きたくなかった。 いや、聞こえなかった。 僕たちの間には愛はなかったのだろうか? 君と僕の恋愛は、まだ八十八夜に満たない。 そう、もうこれでおしまいなんだ。 僕が君に送る... ここでは「君」が飛び降りてしまった後、急いで「君」の元へ駆け寄る間の「僕」の気持ちを歌っています。 ひどい後悔の念が歌詞からも、GUMIの歌い方からも感じられますよね。 ここの六十八夜という歌詞。 おそらく八十八夜に満たないと言いたいんだと思います。 八十八夜というのは、雑節のひとつで、立春を一日目として88日目の日のことで、この日に摘まれるお茶の葉は、 上質なものとされるそうです。 つまり、 僕らの恋愛はまだ上質な葉ではない=僕らの恋愛はまだまだ未熟だと言いたいのではないでしょうか。 ひいらぎの解釈 最上階から地上を見下ろして、君が落ちる様子がずっとずっと。。。 「もう、僕らの声も聞こえないね。 」 僕の周りの言葉に色がなくなって 僕の心が沈んでいく。 新しい朝が来て、僕と君はまたすれ違っていってしまう。 閉じこもった部屋の中で、僕の心臓の鼓動だけが響いている。 「君」を救えなくてひどく後悔している「僕」。 徐々に「僕」は鬱になっていきます。 ここの「鼓動の音は一つ限り 閉め切った部屋の中で響く」(引用: n-buna -透明エレジー)という歌詞が個人的にグッと来ましたね。 「君が死んで、ふさぎこんでしまった僕」を的確に表している言葉だと思います。 言葉も出ない 出ないような 僕は確かにここにいたんです 君を 見ない 見ないなんて 今も染み付いて離れないよ もう痛い 痛い容態 耳の奥で まだあの日の言葉が あぁこれでお別れなんて そんな 君の声も ねぇ ひいらぎの解釈 君にかける言葉が見つからない僕がここにいたんだ。 君を見なかった後悔が今も僕の中に染み付いて離れないや。 耳の奥で、君があの日言った最後の言葉が聞こえて来て、 あぁこれで君とお別れなんて嫌だ。 なんて思うんだ。 「君」の気持ちを見ずに、心にもないことを言って「君」を殺してしまった「僕」。 そんな「僕」の後悔をGUMIの泣きそうな声で歌っている部分です。 あの日願った言葉がもう 耳に染み込んじゃって 気持ちも切って「バイバイバイ」 何を欲しがったんだっけ? 塵(ちり)も積もって 何年間 僕が 君が 僕が捨てちゃったんです まだ あぁ 心の暗い暗い奥の 底にほんとは隠してたんです 今じゃ遅い 遅いなんて 今更知っちゃったんだ あぁ もう 嫌い 嫌いなんだ 君も 僕も 全部 全部 全部 「透けて消えてなくなって」 ひいらぎの解釈 あの日、願った思いが頭からはなれなくて辛いから 君のことなんか忘れてしまおう。 そして何年間がたった。 けれど、僕が君を殺してしまったという事実がまだ頭から離れない だって、忘れたふりをして人生を歩んで来たんだから。 今じゃもうどうしようもないなんて今更分かったんだ。 あぁ、もう嫌だ。 君も僕も全てが消えてなくなればいいのに。 主人公は後悔して後悔して後悔して、ついにはその苦痛から逃れるかのように「君」のことを忘れようとします。 けれど、「君が死ぬ」という強い衝撃は、「僕」の中にずっと残ってしまっているようです。 言葉も出ない 出ないような 声が確かに響いてたんです 今も 嫌い 嫌いなんて 言葉近すぎて聞こえないや もう痛い 痛い容態 唄も 色も まだ六十八夜の そう これでお別れなんだ 僕が 君に 送る 響く夜空に溶ける 透明哀歌 ひいらぎの解釈 あの日、言葉にならないようなうめき声が響いてたんだ。 今も君が言った「嫌い」という言葉が頭に残っている。 そう、君と僕の恋愛は、まだ八十八夜に満たなかったんだ。 そう、もうこれでおしまいなんだ。 僕が君に送るよ。 静かな夜に溶けるような「届かない哀歌」を。 ここでやっと曲名の意味がわかりました。 「透明エレジー」という曲名の意味の「届かない哀歌」は、「君」が死んでしまってもう「届かない」から「届かない哀歌」なんですね。 「透明エレジー」のという曲のまとめ 「透明エレジー」は「君」を失ってしまった「僕」の後悔を歌った曲でした。 「僕」と「君」の間に何があったかはわかりませんが、きっと「僕」は君に死んで欲しくなかったのでしょう。 そして、その気持ちがあったから「君」が自殺しようとしている時、安易に「昨日のことは忘れよう」なんて言ってしまったんだと思います。 何気なく口に出した言葉が、自分の人生を左右したり、大切な人を失ったりする結果に繋がることを改めて再確認させてくれる素晴らしい楽曲でした。 こんな素晴らしい、中毒性のある楽曲を作ってくれたn-bunaさんに感謝を。

次の