早速のご対応恐れ入ります。 ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

早速のご対応恐れ入ります

「迅速な対応」の敬語 尊敬語の接頭語「ご」を付けて「迅速なご対応」なら目上・上司に使える 「迅速な対応」だけでは敬語ではありません。 そのため、目上の相手には「ご」を付けて 「迅速なご対応」としましょう。 「ご迅速な対応」より「迅速なご対応」がベター 敬語の接頭語「ご」は、文脈により尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなることができます。 「ご迅速な対応」の「ご」は「迅速」をただ丁寧に言ってるだけなので、丁寧語になります。 「迅速なご対応」の「ご」は相手の行為である「対応」の敬語表現なので、尊敬語になります。 よって、「ご迅速な対応」は正しい敬語ですが 「迅速なご対応」の方がより丁寧な敬語(相手を敬っている)になります。 迅速な対応をお願いします 相手にすぐ対応をしてもらいたいときに使います。 「迅速な対応をお願いします」は、対応すべき事項の優先順位がとても高いことを表します。 「お願いします」のより丁寧な言い回しとして「お願いいたします」「お願い申し上げます」があります。 また、「素早い対応をしてください」とお願いするときはクッション言葉をつけましょう。 「大変恐縮ですが」「お忙しいところ恐れ入りますが」「ご多忙の折と存じますが」など、相手を気遣う言葉を心がけましょう。 ただ、 どれだけ丁寧な言葉を使っても、目上の人に「急いでください」といった催促のニュアンスは失礼にあたるため気をつけましょう。 例文 ・大変恐縮ですが、迅速な対応をお願いします。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、期限が迫っておりますため迅速な対応をお願いいたします。 ・ご多忙の折とは存じますが、迅速な対応をよろしくお願い申し上げます。 「迅速な対応」の英語 「迅速な」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「迅速な対応」の英語の例文.

次の

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

早速のご対応恐れ入ります

・パソコンの動作環境を整える ・一日のうちにネットを見る回数を決める ・効率の良い検索のしかたをする ・メールが届いたら即返信はしない といった、自分がネットを使うときの環境を最適化したうえで、 効率よく情報を集めたり、メールの返信、気になることリサーチといったタスクの処理方法が99のコツとして紹介されています。 「仕事を早くしよう」と思うと、普通は自分の仕事のやり方を見直すことから始めてしまうと思うのですが、そのための道具、つまり パソコンの使い方や設定にも仕事を早くこなすためのテクニックがあるんですね。 ある程度パソコン慣れしている方が読んでも、きっと目からウロコの情報があると思います。 そして、この本に書かれているようにメールやSNSに費やす時間を短くすることで、 他のことに向き合う時間も確保できるようになるはずです。 複数購入した場合でも、送料に変化はないということですね。 それでは、本日中に代金を振り込ませていただきます。 商品が届くのを楽しみにしております。 それでは、この住所に商品を送付いたしますので、到着まで今しばらくお待ち下さい。 【1分でわかる】 早速のご対応ありがとうの意味やビジネスメールでの使い方と例文、また、敬語表現のまとめ さて、「早速のご対応ありがとう」という言葉についてご紹介してきましたが、最後にここまでのポイントをおさらいしておきましょう。 【意味】 すぐに対応してくれてありがとう 【使い方】.

次の

「早々のご対応」は上司に使える?意味とビジネスの例文と類語、英語表現

早速のご対応恐れ入ります

「早速のご返信」の意味と使われるシーンとは? 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」 「早速のご返信」の意味は「すぐに返信をくださり」です。 「早速」には「あることに対してすぐ」という意味があり、手紙やメールの返事をくれる「返信」に丁寧の「ご」がついた「ご返信」がついています。 そこで「早速のご返信」とは「すぐに返信をくださり」という意味になるのです。 すぐに返信をくださったことへのお礼や、感謝を伝えるときに使われる言葉です。 「早速のご返信」の後には「ありがとうございます」が使われるのが一般的です。 「早速のご返信」と書いたメールを送るのは、自分が送ったメールに対して、相手がすぐに返事をくれた時に使います。 相手のメールにさらに返信するときに、メールの冒頭に「早速のご返信ありがとうございます」と書くことで、すぐにお返事がもらえて嬉しい気持ちや、感謝しているお礼を伝えることができるでしょう。 ビジネスの関係では、遠くにいる人でも、直接会わない人でもメールでやりとりすることができますので、ビジネスシーンで使われることが多いのです。 また、「早速のご返信」は目上の方にも、取引先の方にも使うことができる敬語表現になりますので、相手に失礼な印象を与えずに使うことができる便利な言葉です。 仕事をスムーズに進める上でも、使いやすいフレーズとして覚えておくとよいでしょう。 「すぐにご返信くださりありがとうございます」という感謝の気持ちを伝えられるフレーズになりますから、メールの冒頭に入れてまずはお礼をしましょう。 その後に仕事の詳細について詳しく書くと、相手も気持ちよく読んでくれます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 来週の資料について添付してお送りします。 よろしくお願いいたします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 ご参加いただけるとのことで、当日お会いできることを楽しみにしています。 」というように使います。 自分から連絡したことに対して、対応してくれたお相手にひとまずお礼メールをするという方法があります。 少し時間が欲しい時にもひとまず送っておくと、相手の印象がよくなるでしょう。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 詳細につきましては、資料をまとめて10日までにお送りしたいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 社内で検討してまたご連絡差し上げます。 よろしくお願いいたします。 」と使います。 「早速のご返信」は社外の方にだけでなく、もちろん社内でも活用できる言葉です。 丁寧な言葉の「ご」という敬語表現がついていますので、目下の方にはもちろん、目上の上司にも使うことができます。 たとえば「早速のご返信ありがとうございます。 いただいたアドバイスをもとに、再度作り直したいと思います。 よろしくお願いします。 」「早速のご返信ありがとうございます。 皆さんに楽しんでもらえる打ち上げにしたいと思っておりますので当日もよろしくお願いします!」と使います。 もちろん「早速のご返信ありがとうございます」だけでも構いませんが、相手の状況に合わせて言葉を選ぶと、より丁寧さやあなたの気遣いが伝わるようなお礼の言葉となるでしょう。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信ありがとうございます。 」「出張中でお疲れなのに、早速のご返信ありがとうございます。 」「出先にいらっしゃるのに、早速のご返信ありがとうございます。 」などと使います。 状況を加味した上でお礼をしているので、メールをもらった相手もホッとしてくれることでしょう。 朝早く返事をくれたことや、夜遅くに返事をくれることに対して一言加えると、相手への印象も良くなりますし、わざわざしてくださったことへきちんと感謝している気持ちを伝えることができます。 たとえば「早朝にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「夜遅い時間にも関わらず、早速のご返信ありがとうございます。 」「休憩中のところ、早速のご返信ありがとうございます。 」と使います。 「早速のご返信」に、もらう」の謙譲語である「いただき」をつけることで、より丁寧な印象を与えることができるようになります。 たとえば「早速のご返信をいただきありがとうございます。 それでは来週お会いできることを、楽しみにしております。 」「早速のご返信をいただき、ありがとうございます。 詳細をお送りしますので、ご確認くださいませ。 」と使います。 「恐れ入ります」は「恐縮です」と同じような意味があり「すみません」「申し訳ない」などの謝罪と、感謝の意味を表す言葉です。 ありがとうの代わりに使うことで、恐縮しているニュアンスを伝えることができます。 たとえば「お忙しいところ、早速のご返信恐れ入ります。 メールの件、承知いたしました。 」「早速のご返信恐れ入ります。 添付の資料をもとに、プレゼン資料を作成していきます。 またご連絡させていただきます。 」と使います。 早速のご返信は「すぐに返事をくださり」という意味がありますが、少し状況が違うと感じる場合には、「ご丁寧な返信」を使うことができます。 相手が礼儀正しく、こちらが気持ちよくなるような気持ちをくれた時に使うのがおすすめです。 たとえば「ご丁寧な返信ありがとうございます。 来週の会議の議題について、承知しました。 」「ご丁寧な返信ありがとうございます。 会場でお会いできることを楽しみにしております。 」と使います。 「連絡」は相手からつながりをつけてくれることになりますから、「返信」と同じ意味で使うことができます。 そこに丁寧な「ご」がつきますから、目上の方にも使える敬語表現として使うことができます。 たとえば「早速のご連絡ありがとうございます。 先ほどは有意義な時間が過ごせて、私どもも勉強になりました。 今度ともよろしくお願いいたします。 」「早速のご連絡ありがとうございます。 ご欠席ということで承知いたしました。 また機会がありましたらよろしくお願いします。 」と使います。 「返答」は「返事をすること、答えること」という意味がありますから、「返信」と同じ意味の類語です。 同じように「ご」がついていますから、「ご返答」は丁寧な敬語表現として使うことが可能です。 使い方は「早速のご返答ありがとうございます。 ご希望に添えるように検討して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。 」「早速のご返答ありがとうございます。 参考にさせていただきます!」「お忙しいところ、早速のご返答ありがとうございます。 」と使います。 「返事」は「呼びかけに対して答えること」という意味になりますから、「返事」とほぼ同じ意味で使うことができます。 「返事」の場合には、丁寧な表現に「ご」ではなく「お」がつきますので、間違えないようにご注意くださいね。 たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。 「早急(そうきゅう、さっきゅう)」は「非常に急なこと」という意味がありますから、「早急なご連絡」は急いで連絡をくれたことに感謝を伝える意味になります。 もちろんご連絡でなくても「ご返信」でもOKです。 たとえば「早急なご連絡ありがとうございます。 助かりました。 」「早急なご返信をいただき恐れ入ります。 それではこのまま進めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。 」と使います。 「ご連絡」「ご返答」「お返事」を織り交ぜながら、言い換えることも可能ですので、使える幅は広がります。 ビジネスメールでは、「早速の」は「prompt」を使って表現していきます。 使い方は「早速のお返事ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt response. 」となります。 「速い」という意味の「fast」を使って、「早速のご返信ありがとうございます」を「Thank you for your fast reply. 」とも言い換えることができます。 「Reply」は「返信」という意味がありますので、類語も含めてそのまま使うことができます。 使い方は「早速のご返信ありがとうございます。 」は「Thank you for the prompt reply. 」となります。 「返信」は「返事」の「Response」にも言い換えることができます。 早速のご返信ありがとうございますをビジネスメールで使いこなそう! ビジネスメールでよく登場する「早速のご返信ありがとうございます」について、詳しくご紹介しました。 相手にお礼を伝えることで、その後の仕事もスムーズに進めることができるフレーズです。 相手の状況を配慮したり、何にお礼を伝えたいのかを少しプラスするだけで、その場に応じた気遣いの言葉にもなるでしょう。 ビジネスでは、メールや手紙でのやり取りはつきものです。 ビジネスメールの件名のマナーや、返信用封筒のマナーについても押さえておくと万が一の場合に安心です。 こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね! たとえば「早速のお返事ありがとうございます。 大切に読ませていただきますね。 」「早速のお返事ありがとうございます。 ご参加いただけるということで、感謝申し上げます。 当日はよろしくお願いいたします。 」と使います。

次の