カルボシス。 糖質/ヌクレオシド関連化合物

カルボシステイン:ムコダイン

カルボシス

:383. OA08244• 25 mg• 無 未発注• :383. MA00746• 10 g• 無 未発注• :309. MA00746• 50 g• 無 未発注• :263. ND04237• 10 g• 無 未発注• :263. ND04237• 25 g• 無 未発注• :263. FD04039• 5 g• 無 未発注• Schollkopfキラル補助剤。 :184. EI07011• 25 g• 無 未発注• :238. EI07011• 100 g• 無 未発注• :238. EI07011• 250 g• 無 未発注• :238. EI05931• 25 g• 無 未発注• :238. EI05931• 100 g• 無 未発注• :238. MR06719• 5 g• 無 未発注• :148. MR06719• 10 g• 無 未発注• :148. MS05200• 50 g• 無 未発注• :180. MS05200• 250 g• 無 未発注• :180. MT05249• 2 g• 無 未発注• :420. MT05249• 5 g• 無 未発注• :420. MT05249• 10 g• 無 未発注• :420. MS10475• 50 mg• 無 未発注• :801. NA07954• 500 mg• 無 未発注• 説明文 M. :383. 閉じる• 説明文 M. :383. 閉じる• 説明文 M. :263. 閉じる• 説明文 M. :263. 閉じる• 説明文 M. :263. 閉じる• 説明文 M. :801. 閉じる• :263. ND04237• 100 g• 本製品は取扱 中止になりました 0• 説明文 M. :263. 閉じる•

次の

Carbosynth社のデオキシリボース

カルボシス

効果・効能・作用 いわゆる風邪と言われる上気道炎、気管支炎、気管支喘息などの痰の除去や、慢性副鼻腔炎(ちくのう症)の溜まった膿や鼻水を出すことによく使われます。 ・下記疾患の去痰 上気道炎 咽頭炎、喉頭炎 、急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核 ・慢性副鼻腔炎の排膿 カルボシステイン錠500mg「トーワ」添付文書 カルボシステインの効能効果に関してはサイト内の関連記事でもまとめてありますので併せてご参照ください。 副作用として「眠気」が出る心配をする方もいらっしゃいますが、製薬会社からの情報では眠気の副作用は報告がなく、基本的には眠くならない薬と言えます。 副鼻腔炎に対して使用した場合には一時的に鼻水が大量に出ることがありますが、これは副作用ではなく、鼻の奥に溜まっていた膿がカルボシステイン錠の効果によって出やすくなったと考えられるケースです。 体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。 ・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群) ・肝機能障害、黄疸 ・ショック、アナフィラキシー様症状 カルボシステインの副作用に関してはサイト内の関連記事でもまとめてありますので併せてご参照ください。 症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。 妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。 医師の処方のとおりに使用してください。 飲み合わせ・食べ合わせの注意 カルボシステイン錠は飲み合わせに注意が必要な薬は基本的にありません。 基本的には他の薬と安心して一緒に使ってもらっても大丈夫です。 カルボシステイン錠とよく一緒に使われる薬として、解熱鎮痛剤のロキソニンやカロナール、喉の炎症を抑えるトランサミンや腫れを抑えるエンピナース、咳止め薬のメジコンやアスベリン、感染症の治療薬のクラリシッドなどともよく一緒に使われますが、風邪などの処方でよく使われる組み合わせですので問題ありません。 また、市販薬のイブ、バファリンなどとの飲み合わせも基本的には問題ありませんが、可能であれば処方医に相談してから使用するとよいでしょう。 効果時間 血中での薬の濃度が最も高くなるのは、使用してからおよそ2. 5~2. 6時間後です。 その後、およそ1. 5時間後に血中での薬の濃度が半分になります。 薬効・薬理 カルボシステインには、痰の粘りの原因となる物質を抑える作用があります。 また、異物を外に出す気道粘膜の作用などから、痰を出しやすくサラサラにし、絡まる痰や咳の改善に効果が期待できます。 また、副鼻腔における粘膜を修復する作用があり、病原菌などの異物を除去する作用を改善し、溜まった膿を外に出しやすくして粘膜の正常な働きを回復させ、つまった鼻水などを出しやすくすることで症状を改善します。

次の

ムコダイン(カルボシステイン)の作用機序:去痰薬

カルボシス

Contents• 後鼻漏で病院で処方される薬 後鼻漏の場合、病院で処方される主な薬は次の3つです。 抗生物質• アレルギーの薬• 去痰薬(痰を切る薬) 後鼻漏の原因が慢性副鼻腔炎によるものなのか、アレルギーによるものかによって処方が変わっていきます。 それぞれについて紹介していきますね。 抗生物質 慢性副鼻腔炎が原因の後鼻漏の場合、副鼻腔炎を改善する治療が行われます。 慢性副鼻腔炎であるかどうかは耳鼻科でレントゲンやCTをとってもらうことで診断がつきますよ。 副鼻腔炎の改善に使われるのがマクロライド系の抗生物質になります。 マクロライド系の薬には次のようなものがあります。 エリスロマイシン(エリスロチン)• クラリスロマイシン(クラリス、クラリシッド)• ロキスロマイシン(ルリッド) これらを少量長期投与(3ヶ月~6か月)することで、慢性副鼻腔炎の改善につながり、結果後鼻漏の治療につながります。 アレルギーの薬 後鼻漏の原因がアレルギーによるものの場合、主に処方されるのが抗ヒスタミン薬です。 抗ヒスタミン薬には、フェキソフェナジン(アレグラ)、オロパタジン(アレロック・パタノール)、エピナスチン(アレジオン)など様々な種類がありますが 症状によって合う、合わないがありますので、一度病院で診断を受けましょう。 私の場合、喉の痒みがひどくて、声を発すると咳が止まらないといった症状に悩ませれていました。 その時に処方されたのが• セチリジン10mg その他にカルボスティン500mg(去痰薬)も一緒に処方されました。 セチリジンは痒みによく効く比較的強めのアレルギー薬との説明を受けました。 本来、セチリジンは一日に10mgの処方が基本なのですが、私の場合、症状が酷かったので、朝と就寝前で一錠ずつ、倍量の20mg飲んでいました。 おかげであれだけ酷かった喉の痒みが嘘のように治りました。 今でも花粉症の時期など喉がムズムズしたときはセチリジンを飲むことがたまーーにあります。 後鼻漏のせいで喉が痒くなって、咳が出ることはなくなりました。 また、セチリジンの副作用ですが、眠気が若干強いかもしれません。 でも、私の場合、後鼻漏による喉の痒みで眠れないくらい辛い時期があったので、セチリジンを飲むことでよく眠れて、かえって助かりました。 去痰薬 ムコダイン 痰や鼻水を外に出しやすくしてくれる薬が去痰薬です。 代表的な去痰薬は• ムコダイン(カルボシステイン)です。 私もムコダイン500mgを処方されていました、朝、昼、夜と一日3回飲んでいました。 カルボシステインという成分が痰を切り、喉の不快感を解消してくれます。 その結果、痰による咳が改善されていきます。 また、ムコダインは副鼻腔の粘膜を修復してくれる作用もあります。 私の場合、ムコダインで後鼻漏が治ることはありませんが、後鼻漏がひどい時に飲むとずいぶん楽になりました。 薬は飲みたくない!!と頑張るよりも、辛いときは薬の力を借りて、症状を少しでも楽にしてあげることは精神的にもいいと思います。 あと、ムコダインの副作用はほぼないので、比較的安心して飲める薬です。 後鼻漏に有効な市販薬 忙しくて病院に行かれないとき、市販薬って便利ですよね。 後鼻漏に有効な市販薬はいろいろあるので、いくつか紹介していきますね。 ただ、抗生物質は市販のものはないので、病院で診察してもらった上で、処方してもらいましょう。 抗ヒスタミン薬 私が処方されていたセチリジン10mgと同様のセチリジン塩酸塩を配合した市販薬があるので紹介します。 効果も病院で処方されたものを同じようです。 ただ、お値段は処方されたものよりはお高くなりますね。 ホノミビスキン アマゾン価格:8,414円 商品説明:• ホノミビスキンは、蓄膿症といった鼻づまりの症状や鼻炎を改善するために考え出された生薬製剤です。 ホノミビスキン中のキキョウ・キジツ・シャクヤクは鼻腔・副鼻腔内に溜まった膿汁を排泄するように働き、ケイガイ・ビャクシ・シンイは鼻に生じる不快な症状を改善します。 レンギョウ・ジュウヤク・ソウジは蓄膿症や鼻炎の改善を早めるように働き、センキュウは蓄膿症や鼻炎の回復を手助けするように働きます。 まとめ 以上、後鼻漏に効果のあるとされる薬の紹介をさせていただきました。 ただ私の経験で言わせてもらうと、後鼻漏ってなかなか手強くて、薬で簡単に治るようなものではないんですよね。 でも薬をうまく使って、症状を楽にすることも大事だと思います。 後鼻漏は薬だけじゃなくて、鼻うがいや、Bスポット治療も有効ですよ。 自分にあった治療法をいろいろ試してみることをお勧めします。 では、また〜。

次の