紙 コップ ゲーム。 お家遊びに最適!簡単手作り紙コップのおもちゃ13選〜小学生向けも〜

ポンポン紙コップ倒しゲーム:幼児の室内遊び

紙 コップ ゲーム

視覚探索課題としても活用できますね。 吹き矢 ストローの先っちょに、矢(折り紙を曲げたもの、ストローの袋など)をとりつけて吹いて飛ばします。 セロハンテープなどを巻いて重さを増やすと飛距離も伸びますし、負荷量も調整できます。 紙コップの中に入れたり、立てた鉛筆を倒したりなどゲーム性を持たせることも可能です。 吹き絵 呼吸練習を行いながら、 創作活動も行えます。 絵具を混ぜた水を使用します。 ストローを絵具を混ぜた水の中に入れて、飲み口を指でふたをします。 そのまま持ち上げると、水の中に入れた分だけストローの中に残ります。 それを画用紙などにこぼします。 こぼした水に対してストローを使って息を吹きかけてもらい、絵を作ってきます。

次の

見つかるかな? 高齢者レクリエーション「紙コップお宝探し」

紙 コップ ゲーム

紙コップを用意して上や横に積み上げていく、簡単な高齢者レクリエーションだよ。 基本的には、紙コップをどれだけたくさん積み上げていくかが勝負の決め手です。 大勢で順番に積み上げていって、壊したり、倒したりした人が負けというルールや、みんなで一斉に積み上げていって、タワーの高さを競うというルールなど、色んな遊び方ができますね。 みんなで応援しながら、盛り上げていってね。 ひとりで積み上げていって、記録に挑戦してみるのも楽しいよね。 どれだけ詰めるか、ドキドキワクワク。 さあ、新記録に挑戦できるかな。 この紙コップ積みは、手先を使う集中力が決め手のゲームだよ。 机の上や、平らなところがあればどこでも気軽にできるんだ。 ぜひやってみてね。 その他の「ゲーム・運動」レクリエーション.

次の

見つかるかな? 高齢者レクリエーション「紙コップお宝探し」

紙 コップ ゲーム

紙コップはさまざまな点で使いやすいことから、保育の遊びでも人気のある材料の一つです。 そこで今回は、紙コップを用いた工作においての特性をまとめつつ、紙コップを材料にした遊びやおもちゃの作り方を10個集めました。 今回紹介できなかったものは第二弾で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 紙コップの特性・使い方 紙コップの特性と、それを活かした使い方についてまとめてみました。 絵を描ける 紙コップは紙という性質上、絵を描くのに適しています。 ペンや絵の具などとの相性がよいため、絵を描いたり色を塗ったりして工作を作るのにぴったりです。 曲面になっているので、そのまま描くのが難しいときは、あらかじめ別紙に描いた絵を貼ってもいいですね。 ノリやテープとの相性がよい 紙コップはノリやテープ、ボンドなどとの相性がよいので、他の素材をくっつけるなどして製作するのに適しています。 例えば、画用紙に描いた絵を切り抜いて貼りつけたり、動物の耳を貼りつけたりという使い方も多いですね。 紙コップを2つ使って、底同士をくっつけておもちゃに活かすこともできます。 切れる・穴をあけられる 紙が柔らかいため、ハサミで切ったり、ボールペンでで穴をあけたりなどのことが子どもでも行うことができます。 よって、紙コップの縦方向に切ってひらいたり、横方向に切って紙コップの高さを変えることも可能です。 また、切り込みを入れることで糸や輪ゴムを引っ掛けたり、穴をあけて糸を通したりする使い方もOKです。 ホチキスで挟むこともできるので、使い方が広がりますね。 中にものを入れられる 紙コップの最も活かしやすい機能として、入れ物としての機能があります。 例えば、絵の具を溶いて使うときの入れ物として使ったり、けん玉で玉を受ける皿になったり、プレゼントを入れたりと、紙コップの容量を活かすことで作れる工作の幅も広がりますね。 重ねられる 紙コップは同じ大きさのものであれば重ねることができます。 その特性を活かして、重ねた紙コップの上を顔に、下を体にして動物のおもちゃを作ったり、重ねて木を表現したりということもでき、他の素材にはできない表現が可能になります。 つぶせる 紙コップは適度な柔らかさと固さを持った素材なので、つぶして形を変えることができます。 一度つぶれるとその状態がキープされるため、中に何かものを入れてフタを閉じる代わりに紙コップをつぶすという手法を使うことができます。 それを利用して、絵合わせのおもちゃに応用したり、長い余白のスペースに絵を描いて回し、ストーリーのあるおもちゃを作るのにもよさそうです。 底の円形 底の円の形を活用して工作を作ることもできます。 円を文字盤に見立てて腕時計を作ったり、レンズに見立てて眼鏡を作ったりということもできます。 特に腕時計に関しては、底が少しだけ地面から浮いているので、その点も円形を活かした工作に役立ちそうな要素と言えそうですね。 入手が簡単 100円ショップやスーパー、コンビニなどの身近なお店で買えるため、材料として揃えるのが簡単です。 ただ、最近ではさまざまなタイプの物が販売されているので、白い無地の紙コップを使いたい場合に、お店によっては色付きや柄付きのものしか置いていないという場合もあるかもしれません。 ストックして使わないことはなさそうなので、事前に準備しておいた方がよいかもしれませんね。 プラカップの特性・使い方 プラカップと紙コップの特性はほどんど同じですが、ここではプラカップだけが持つ特性に着目し、それを活かした使い方と注意点についてまとめてみました。 透明さ プラカップの特性として、透明な見た目が挙げられます。 中に絵を貼ったりつるしたりした時にきれいに見えるので、飾りの工作の材料として適していますね。 形をキープできる 紙コップに比べてプラカップは固いので、形を維持することができます。 少し握っても折れずに形が戻るので、それを活かして、プラカップに絵を貼りつけて、人形や動物の動きを楽しむおもちゃに応用できそうです。 耐水性 プラカップはプラスチックでできているため、耐水性に優れています。 そのため、紙コップよりも長い時間水に耐えることができます。 水の中に入れたり、水を使う遊びの工作にも適していますね。 釣りごっこなどで遊ぶとき、釣ったものを入れるための入れ物として使うのもよいでしょう。 切り口に注意 紙コップと同様にハサミで切ったりキリで穴をあけることができるので、さまざまな工作に活かすことができます。 ただ、プラカップをカットすると切り口が鋭くなってしまう場合があります。 ビニールテープなどで保護し、ケガにつながらないように配慮しましょう。 作り方 紙コップを用いた工作の作り方を紹介します。 10個の工作を4つのカテゴリに分けて紹介します。 重ねて作る工作 紙コップの重ねられる特性を活かした工作です。 重ねたときに上になる方をカットしたり、下になる方をカットしたりすることで、かわいらしい動物に仕上がります。 ブタさん 紙コップとプラカップを使った3種類の簡単な工作を紹介しています。 プラカップの固さを活かしてピエロを踊らせるおもちゃと、紙コップの切り込みに輪ゴムを引っ掛けておさるさんを飛ばすおもちゃ、プラカップと紙コップを重ねて回すカメレオンのおもちゃの作り方です。 全て簡単ですぐに製作できるので、工作の苦手な子にもおすすめですよ。 特にカメレオンのおもちゃは、唯一プラカップと紙コップの両方を使う工作。 重ねられる、回せる、透明など、2つの素材両方の特性を活かして作れます。 まとめ 紙コップ・プラカップの工作を楽しもう 紙コップとプラカップの特性、それを活かした工作の作り方を紹介しました。 紙コップは工作に使いやすく、さまざまな動作の練習もできる素材です。 スキマの時間を利用して工作を作りたいときや、子どもたちに動作の練習をさせたいときなどに、ぜひ紙コップを使用した工作を作ってみてくださいね。 第二弾の記事では、11個の紙コップ工作の作り方を紹介しているので、そちらも併せて参考にしてみてください。

次の