アプリ セールス。 治療アプリの展開を担うセールス、マーケティング担当を募集!

【日本発】B2B版Facebookを目指す/営業同士のビジネスマッチングアプリ「セールスバンク」をローンチ|CXOバンク株式会社のプレスリリース

アプリ セールス

新しい Salesforce モバイルアプリケーションが公開されました。 携帯電話から、より速く簡単に、AI を活用しながらビジネスを進めることができます。 Salesforce モバイルアプリケーションは、まったく新しいレベルの生産性、パーソナライズ、スピードを実現します。 AI でスマートな意思決定を Einstein Analytics が提供するビジネスに対するインテリジェントなビューとインサイトがスピーディーな対応を可能にします。 必要なときに必要な情報を得られるため、どこからでも情報に基づいて的確な意思決定を下すことができます。 モバイル環境をすばやく構築 Lightning がモバイル対応になったことで、カスタムモバイルアプリケーションをより速くより簡単に構築できるようになりました。 コードを書くことなく、クリック操作だけで構築できます。 モバイル固有の Lightning コンポーネントや、動的でリッチなモバイルレコードページも用意されており、誰でもすばらしいモバイルアプリケーションを短時間で構築できます。 ビジネス全体にアクセス 端末から Salesforce のフルパワーを利用できるようになります。 Salesforce モバイルアプリケーションには、お気に入りの Lightning アプリケーションがすべて含まれています。 また、新しいナビゲーションバーから、よく使用するアプリケーションにかつてないほど簡単にアクセスできます。 オフィスにいても、飛行機で移動中でも、コーヒーショップからチェックインしても、新しい Salesforce モバイルアプリケーションが生産性の向上を実現します。

次の

AppStore月間アプリセールス予測

アプリ セールス

CXOバンク株式会社が、営業マン同士のビジネスマッチングアプリ「セールスバンク」をローンチした。 同社が既にリリースしていた経営者向けマッチングアプリ「CXOバンク」とは異なり、経営者以外でも利用できる点が特徴だ。 営業に関わるビジネスパーソンに対して、良質なマッチングの創出を強力にサポートするアプリとなっている。 アプリの概要 「セールスバンク」では、すべての機能が無料で提供される。 プロフィール内容などによる審査を通過したユーザーだけが利用可能なため(現在は会社名のみで審査が完了)、質の高いマッチングが期待できる。 主な機能は、毎日昼12時に3名をレコメンドするというもの。 ユーザーは「興味ある」「興味なし」の2択で判断し、双方が「興味ある」を選択した場合はマッチングが成立。 チャット機能で会話が可能となり、その後はZoomなどのオンラインツールでミーティングも行える。 登録可能なユーザーは「営業に関わる方」と定められており、全業界が対象。 また、役職も不問となっている。 営業のアポイントも取りづらく、営業職をはじめとした多くの販売従事者が苦境に立たされているという。 今回開発された「セールスバンク」は、このような状況の打開を強力にサポートする。 FacebookやTwitterなどの個人向けSNSとは異なるのは、登録ユーザーをビジネスパーソンに限定することにより、良質なマッチングを可能としている点。 従来のSNSアプリに物足りなさをおぼえていた営業マンにとって、心強い相棒となってくれそうだ。 (文・早川あさひ).

次の

【無料】営業マン ビジネスマッチング アプリ セールスバンク で 販促!│netNews|web広告、新サービスの解説

アプリ セールス

スポンサード リンク こんにちは、計測マニアの Iwasaki です。 新作 iPhone アプリ「 」 英名:RankSales が、審査にパスしました。 まもなくリリースします。 もうしばらくお待ちください。 以前から、App Store のランキングがどうやって決まるのか、いろいろ解析してきた結果、一応の形ができたので、アプリとして出すことにしたわけです。 開発者の方には、いろんな使い方ができるアプリだと思います。 既知のデータとして2組の順位と売上を入力しておけば、あとは自由に順位から売上、逆に売上から順位を大まかに推定できます。 どうやって推定が可能になったのかを何回かに分けて解説してみたいと思います。 今回はまず、ランキングに影響を及ぼす要因を取り上げます。 ダウンロード数(DL数、Units) 言うまでもなく一番重要な要因です。 ただし当日のDL数だけではなく、前日や前々日分もある程度関係があるようです。 また、木曜日にはリセットされる、つまり木曜日は当日分だけでランキングが決まると言われています。 売上金額(Revenue、Grossing) ランキングには、トップ有料、トップ無料、トップセールス、の3つがあります。 有料と無料は主にDL数で決まりますが、トップセールスは売上金額で決まります。 売上金額は「有料のDL数 x 単価」ですが、アプリ内課金もこれに含まれます。 以後、DL数と売上金額をひっくるめて、売上と表現することにします。 市場規模 同じ売上でも、カテゴリーが違えば順位も異なります。 カテゴリーごとに市場規模が違うからです。 無料総合や有料総合は、全カテゴリーの総和ですので、市場規模は桁違いです。 総合で25位に入るには、カテゴリーで25位に入るのの数十倍の売上を必要とします。 国によっても市場規模が異なるため、同じ売上でも順位は大きく異なります。 市場規模とは、その市場の全てのアプリの総売上です。 ですが大まかに言って、ある順位を穫るために必要な売上が、市場規模を表すと考えていいでしょう。 市場規模は、日々変動しています。 一番目立つ変動は、曜日による変動です。 上のグラフは拙作「 」の国内スポーツカテゴリーにおける順位変動とDL数変動です。 順位は曜日による傾向はなさそうなのに、DL数は曜日によって周期的に変動していることが分かります。 土日は平日より明らかにDL数が増えています。 つまり、土日は市場規模が大きくなるため、同じ順位を得るのに必要なDL数が増えるわけです。 この変動のしかたは、カテゴリー、国、季節、祭日などによって異なります。 たとえば、夏休みや連休には、この傾向が乱れます。 また iPhone の新機種が発売されると、その特需によって市場規模は何割か膨らみます。 寡占係数 同じ市場規模でも、少数の人気アプリが売上の大部分を占めている市場と、さまざまなアプリが幅広く売れている市場とがあります。 後者のようにロングテールな市場では、トップの売上は相対的に少なく、中位のアプリの売上が多くなります。 この寡占係数を得るために、アプリ「順位売上」には、2組の順位と売上のデータが不可欠なわけです。 起動頻度とアップデート数 言い換えるとアクティブユーザーの数ということになります。 アプリをダウンロードしたものの、ほとんど使わなかったり、削除してアップデートしなかったり。 これらの要素もランキングに加味されていると言われています。 実際、私のアプリでも、同じカテゴリー、同じDL数なのに明らかに順位が違うものがありますので、この影響はあることは間違いありません。 しかし、どの程度の影響なのかは定量化できていませんし、そう大きな要因ではないことは確かです。 したがって、アプリ「順位売上」では、この要因は無視することにしました。 以上のように、実にさまざまな要因を複合してランキングが決定されます。 しかしアップルは、そのアルゴリズムを公表していません。 具体的には、前日や前々日の売上に、どのくらいの係数を掛けて加味しているのか、起動頻度やアップデート数に対する係数はどうなのか、が知りたいわけです。 しかし、それらが分からなくても、自分のデータを弄りまわしてみると、一定の条件下では意外と正確に推定できることが分かりました。 は、どうやってその推定が可能になったのかを解説してみたいと思います。 ではまた! このサイトを気に入ってもらえたら、RSS登録していただけると嬉しいです。 順位売上 1. 1(¥250) カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス 販売元: (サイズ: 0. 2 MB)• アーカイブ•

次の