ゴールデン ハインド。 【プレゼント】イギリスのハーフペニー青銅貨(1967年)

ゴールデンハインド

ゴールデン ハインド

初の世界一周を実現したイギリスの提督、フランシス・ドレイク卿のガレオン船です。 元はペリカン号という名でしたが、彼の世界周航を支援したクリストファー・ハットン卿の紋章が金の雌鹿(Hind)であったことから、ゴールデン・ハインドと後に改名されています。 1577年、フランシス・ドレイクはエリザベス女王の命を受け、ゴールデンハインドと他4隻の船と共に、イギリス・プリマス港を出航しました。 船隊は大西洋を横断して南米沿岸に沿って南下し、マゼラン海峡を経てカリフォルニアを目指し、途中でチリやペルーにあるスペインの船や町を襲撃して莫大な財宝を奪い、カリフォルニアに到着後は太平洋を横断し、現在のインドネシア・モルッカ諸島に到達しました。 その後インド洋と喜望峰を回り、3年の航海を経て、1580年9月にプリマス港へ帰港しています。 ドレイクは初めて世界を一周した提督で(マゼランは世界一周途上で死んでいます。 )私掠活動を行い帰国時には莫大な富を英国に持ち帰りエリザベス女王に航海で得た財宝を献上し一躍英雄となります。 彼はその功績からイギリス海軍中将に任じられ、叙勲(サーの称号)を受けました。 その後も、彼はスペインの無敵艦隊を迎え撃つ際に副司令官として活躍するなど、さらにその名声を高めています。 ゴールデンハインドは非常に有名な船なのですが、船の詳細がまったく不明です。 そのため、様々な学説や資料にもとづき、いくつかの復元船が造られています。

次の

ゴールデンハインド

ゴールデン ハインド

初の世界一周を実現したイギリスの提督、フランシス・ドレイク卿のガレオン船です。 元はペリカン号という名でしたが、彼の世界周航を支援したクリストファー・ハットン卿の紋章が金の雌鹿(Hind)であったことから、ゴールデン・ハインドと後に改名されています。 1577年、フランシス・ドレイクはエリザベス女王の命を受け、ゴールデンハインドと他4隻の船と共に、イギリス・プリマス港を出航しました。 船隊は大西洋を横断して南米沿岸に沿って南下し、マゼラン海峡を経てカリフォルニアを目指し、途中でチリやペルーにあるスペインの船や町を襲撃して莫大な財宝を奪い、カリフォルニアに到着後は太平洋を横断し、現在のインドネシア・モルッカ諸島に到達しました。 その後インド洋と喜望峰を回り、3年の航海を経て、1580年9月にプリマス港へ帰港しています。 ドレイクは初めて世界を一周した提督で(マゼランは世界一周途上で死んでいます。 )私掠活動を行い帰国時には莫大な富を英国に持ち帰りエリザベス女王に航海で得た財宝を献上し一躍英雄となります。 彼はその功績からイギリス海軍中将に任じられ、叙勲(サーの称号)を受けました。 その後も、彼はスペインの無敵艦隊を迎え撃つ際に副司令官として活躍するなど、さらにその名声を高めています。 ゴールデンハインドは非常に有名な船なのですが、船の詳細がまったく不明です。 そのため、様々な学説や資料にもとづき、いくつかの復元船が造られています。

次の

ゴールデン・ハインド

ゴールデン ハインド

大航海時代6で造船する場合に悩むこと 大航海時代6にログインしてやる事と言えば、仲介所の日替り雇用のチェック及び無料で購入できる航海士や船の購入、デイリー任務、ウィークリー任務、ストーリー攻略、造船になります。 材料の組み合わせが大いに悩む 船を建造する場合では船の建材が3つ、内装品が1つ、支援品が1つの 合計5つの材料が必要になります。 たったの5つだけなので簡単で分かりやすいのですが、どういう材料を組み合わせると 高レアな船を建造できるのか?というのがチンプンカンプンになります。 攻略サイトに掲載されている高レア建造報告の材料を使って建造しても造船する船はコモンの船ばかりという 散々な結果に終わってしまうので、資金力がないと造船を毎日のように行うのは難しいです。 船の建造時間も悩み 船を建造する場合に避けて通れないのが 建造時間になります。 ジュエルを消費して一気に完成させる方法もありますけど、こんな事をしていたら、ジュエルがいくつ有っても足りません。 そうなって来ると、 30〜60分短縮できる特許状を複数使って、可能な限り短縮して、ひたすら待つという選択だ妥当になります。 建造時間での悩みは、船によっても 建造時間がバラバラな事になります。 完成するまで23時間59分も掛かるレア船もあれば、13時間程度で完成するレア船もあります。 何時間掛かると高レアな船が建造できるというのが 全く分からないのが大いに悩みます。 造船所でのロッコのセリフ 造船所での悩みといえば、 ロッコのセリフも悩みますというか、何の目的でアドバイスをしているのかな?といった感じになります。 序盤ではよく信じて建造していましたが、結果が全く伴わないので、最近では信じないようにしています。 造船所でのロッコのセリフも大いに悩む 高レア造船にチャレンジする場合に大いに悩むのはロッコのセリフになります。 何か意味が有るんだとは思いますけど、このセリフを信じて建造すると全く的外れな船が完成します。 ロッコのセリフの意味が分からない 造船所では材料をセットすると、ロッコが色々と アドバイスをしてくれますが、このセリフの意味は全くと言って良いほど、的外れなんじゃないのかな?と感じてしまうのは気のせいでしょうか? そのぐらい何度も信じて建造しましたが、建造される船は コモンの船が非常に多いように感じます。 レア船も建造されますけど、一番多く建造されるのはコモンになります。 たまたま 運が悪いのか?ちょっと分からないですけど、 的外れなセリフは正直のところ困ります。 セリフを信じても意味なし? 『なるほど、そいつを使うのか・・・! なかなかイイ船ができるんじゃねえか?』と言っているので、これを信じて建造開始すると僅か 25〜54分で建造できるコモンの船ばかり建造されるのである。 ロッコのセリフには 何の意味が有るんだろう?といった感じになるのは気のせいでしょうか?全然言っている事と実際が大きく異なるので、惑わしというか引っ掛けなんだろう!というのが個人的な見解になります。 セリフに関連性はあるのか? ロッコのセリフを信じて造船しても結果が伴わないので、全く関連性がないのではないか!と感じてしまいますが、ところがどっこい、そうでもないようです。 というのも、『 似てるモンが集まれば集まるほど、それに近い船ができるんだ』とロッコが言った場合では複数の同じ船が建造されます。 あくまでもこういう部分だけはセリフに関連性があるという事かも知れません。 ロッコのセリフはあまり信じないようにしている 筆者の場合はロッコのセリフを信じて船を建造すると、不思議と言っても良いぐらいにコモンの船が建造されてしまうので、3回ぐらいロッコに言わせてから建造するようにしています。 ロッコのセリフは何かしらの意味がある 造船所でのロッコのセリフには大した意味はないのではないか?と思います。 だって 数パターンしかないので、ランダムに表示させているかも知れないでしょう! でも、ロッコがアドバイスをしているという事は 何かしらの意味があるという裏返しでも有るため、それならば3回ぐらい適当に言わせてから建造しよう!という結論に到達しました。 結果はどうなのか?というと、相変わらず 結果が伴っていない場合の方が圧倒的に多いです。 数をこなせば当たる 高レア造船に限って言えば、エピックの チャールズ・Vと サン・マルチーニョを建造する事が出来たので数をこなせば当たるというのは本当かも知れません。 チャールズ・Vに限って言えば、同じ材料で 18回もチャレンジして、 2回建造する事が出来たので、自分なりのこれぞ!という黄金パターンの組み合わせを確立させて、ひたすら造船を毎日の日課のように行うのが良い結果に結びつくと思います。 但し、 サン・マルチーニョに限って言えば、同じ材料の組み合わせで15回も試していますが、10回も建造されている事もあり、 船のランクが8になっています。 ランダムなのか?規則性があるのか?流石にちょっと分からないです。 統計を取るのが良いかも知れない 最近、ふと思うのですが、エピック船が建造できた場合とコモン船の場合とで比較も必要なんじゃないのかな?という事に尽きます。 統計も必要かも知れない ロッコのセリフで良い船が建造できた場合を 記録しておいた方が役立つかも知れないという事に最近になって気が付いたのである。 今までそれはやっていなかったので回り道をしている感が多いです。 頭の中で記憶しているのを頼りにしている状態なので記憶が定かでない事もあります。 ピンポイントで狙った船は建造できない 高レア造船できた 材料の組み合わせで建造しても次回も同じ船が完成するとは限りません。 コモンやレアな船も普通に建造できてしまいます。 攻略サイトに掲載されている 同じ材料を使ったからと言って、必ずしも同じ結果になるとは限らないのである。 この事を承知の上で造船に励むのが 高レアな船を入手できる最短コースになると推測されます。 追記(可能性が高いパターン) 大航海時代6で、連日のように建造に励んでいますが、最近になってようやく分かって来た事があるので、その紹介をさせて頂きたいと思います。 ロッコのセリフで当たる可能性が高いパターン 高レアのエピック船は結構、建造できた種類が多く、現在のところ、チャールズ・V、サン・マルチーニョ、タブーク、パバッキー、ダトゥ・カランチャウ、サン・ガブリエルが建造できています。 レジェンド船も1隻ですが、 ダトゥ・シカトゥナという海戦と交易の両方に向いている船が建造できました。 これらの船に共通している事は、ロッコのセリフで『朝飯前』、『俺の感を信じろ』、『才能の天才だな』と 言っていない時に高レア船が建造されている事です。 逆に比較的に確率的に高いのは『最高の仕上がり』、『入れる価値がある』、『なかなかの品質』と 言っている時になります。 あくまでも確率が高いパターンなので、コモン船が建造される事も日常茶飯事になります。 でも、最高の仕上がりと言っている場合は正直のところ、あまり高レア船が建造されていないような気がします。 それに、もしかすると パターンが変わった可能性も否定できません。 レジェンド船はパターンが異なる エピック船では『最高の仕上がり』、『入れる価値がある』、『なかなかの品質』の場合に建造される確率が高かったのですが、レジェンド船の ダトゥ・シカトゥナはパターンが異なります。 新しい組み合わせを試していたのも影響しているのかも知れませんが、『 なるほど、そいつを使うのか・・・!』と言った時に建造できました。 レジェンド船ゴールデン・ハインドの造船(追記) これまでレジェンド船は、海戦&交易に両対応のダトゥ・シカトゥナしか建造できませんでしたが、時の運の悪戯(いたずら)もありまして、ゴールデン・ハインドを建造する事が出来ました。 ゴールデン・ハインド建造時のロッコのセリフ レジェンド船2種類目になる ゴールデン・ハインドを合計 2隻建造する事が出来たのですが、ロッコのセリフは2つとも異なります。 材料は全く同じなのですがロッコのセリフが異なるのです。 この事から考えると、あんまり関係ないのかな?と思ってしまいます。 それとも パターンが変わったのか?真相はよく分かりません。

次の