ソフトバンク光 ルーター 設定。 ソフトバンク光のおすすめルーターは?光BBユニットは意外と優秀だった!

初心者でも大丈夫!ソフトバンク光で市販のルーターに交換して利用する方法

ソフトバンク光 ルーター 設定

この記事の目次• ソフトバンク光の光BBユニットをレンタルする• 市販のWi-Fiルーターを購入する• NTT無線ルーターを利用する また、ソフトバンクには光回線を利用せずにモバイル通信網を使った、ソフトバンクAirというサービスも提供していますで、それについても紹介します。 1ソフトバンク光で光BBユニットをレンタルする場合の注意点 ソフトバンク光には、Wi-Fiルーター機器(光BBユニット)のレンタルが出来るオプションがあります。 しかし、光BBユニットというルーター機器をレンタルするだけでは、ルーターとしての機能しかなく、「Wi-Fiマルチパック」というオプションも契約しないとWi-Fi通信はできません。 しかし、ソフトバンクのスマホとネット回線のセットで、通信費の割引きが受けられる「おうち割光セット」を契約することで、「光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話」が500円(税抜)のパック料金で利用できるようになります。 「おうち割光セット」の契約なしに、ソフトバンク光の光BBユニットを利用する場合は、毎月1,457円もWi-Fi通信の為にかかることになり、現実的ではありません。 2市販のWi-FiルーターとNTT無線ルーターと光BBユニットの選び方 「光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話」のオプションは、おうち割光セットの適用条件でもあるため、ソフトバンクユーザーは、市販Wi-Fiルーターを使わず「光BBユニット」をWi-Fiルーターとして使う方が多いです。 それ以外には、NTT無線ルーターを使う方法もあり、条件によってはソフトバンクの光BBユニットを使うよりも、NTT無線ルーターを利用したほうが安く済む場合があります。 ソフトバンク光でWi-Fiを使う4つのケース 利用形態 料金 おうち割を使わない 光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック 毎月1,457円 おうち割を使う 『光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話』のオプションパック 毎月500円 NTT無線ルーターレンタル(光電話有り無し、東西などで料金が異なる) 毎月100~750円 市販Wi-Fiルーター購入(性能が良いものほど高額) 購入費用5,000~20,000円 表を見て分かるように、「おうち割光セット」を使うか使わないのかで、Wi-Fiルーター機器の選択肢が変わります。 「おうち割光セット」を利用しない場合、光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパックは1,457円と割高なので、NTT無線ルーターレンタルか市販Wi-Fiルーターを購入したほうが良いでしょう。 3ソフトバンクAirってなに? ソフトバンクでは、光回線を使ってネット通信をする「ソフトバンク光」とは別に、無線でネット通信ができる「ソフトバンクAir」というサービスも提供しているので紹介します。 ソフトバンクエアーは基本的にWi-Fiを使った利用形態を想定したもので、自宅の電気コンセントにソフトバンクのホームルーターを繋ぐだけで、モバイル通信網を利用したインターネット通信ができます。 Wi-Fi区間 ホームルーターと端末 の通信速度は最大866Mbpsで、ホームルーターと通信基地局間の通信速度は、最大下り350Mbps上り10Mbpsです。 Wi-Fi区間の通信速度はとても速いのですが、ホームルーターから通信基地局間はあまり速度が出ないため、ソフトバンク光(光回線)に比べると通信品質は劣ります。 ソフトバンクエアーの料金は、「おうち割光セット」を使う場合は「月4,300円」、おうち割光セットを使わない場合は「月3,800円」です。 工事が不要でソフトバンク光より安くWi-Fiが利用できるという特徴があるので、ネット検索やメールなどが主な利用法のライトユーザーの方は、ソフトバンクAirでも十分でしょう。 1光BBユニットの通信速度は遅い? Wi-Fiを使用した場合にネットの通信速度を決めるのは、「Wi-Fi通信の速度」「アクセス区間の速度」「網内速度」の3つです。 ソフトバンク光のアクセス区間の通信速度は、最大1Gbpsです 転用時のプランによっては100Mbpsや200Mbpsもある。 次に、網内速度ですが、ソフトバンク光で光BBユニットを使うとIPv6高速ハイブリッドが利用でき、これにより、インターネット利用者が増える時間帯でも網内で混雑せず、安定した高速通信が可能となり、プロバイダーが原因による通信の遅延は起きません。 ソフトバンクの光BBユニットから端末までのWi-Fiの速度は、最大300Mbpsでとくに遅くはありませんが、市販のWi-Fiルーターでは1Gbps以上出る高性能なWi-Fiルーターもたくさんあります。 Wi-Fiでに通信速度が300Mbps出れば十分快適にインターネットが利用できますが、家が広い場合は光BBユニットでは性能的に不安が残ります。 光BBユニットのLANポートに有線でPCなどを接続し、インターネットが高速で安定していることが確認できたら光BBユニットの性能の問題と判断できます。 その際は、光BBユニットのLANポートに市販の高性能Wi-Fiルーターを取り付けて、光BBユニットのWi-Fi機能をOFFにして使うのがベストでしょう。 2光BBユニットを使わないデメリット ソフトバンク光は、光BBユニットを使わないことによるデメリットが2つありますので解説していきます。 【おうち割光セットが適用されない】 ソフトバンクのスマホとネット回線のセットで、通信費の割引きが受けられる「おうち割光セット」ですが、その適用条件として毎月500円のオプションパックに入る必要があります。 おうち割光セット適用のオプションに、光BBユニットレンタルも含まれているので、光BBユニットの契約が必要なのです。 【IPv6高速ハイブリッドが使えない】 IPv6高速ハイブリッドは、BBIX株式会社の通信網を通る高速インターネットサービスです。 ソフトバンク光のプロバイダーであるYahoo! BBに依存しない接続のため、Yahoo! BBが混雑していても関係なく、通信速度は速いままです。 ソフトバンク光でIPv6通信をする場合には、専用のルーターが必要で、それが光BBユニットになります。 以上のことから、ソフトバンク光では光BBユニットのレンタルをおすすめしますが、おうち割光セットの割引きを受けない、IPv6高速ハイブリッドが不要という方は、市販のWi-Fiルーターを取り付けるのも良いでしょう。 3市販のWi-Fiルーターの取り付け方法 ソフトバンク光で、市販のWi-Fiルーターを使う場合には、ONU またはVDSLモデム にLANケーブルで市販のWi-Fiルーターを接続し、「Yahoo! BBのユーザーID・PW」を設定しインターネットに接続します。 おうち割光セット・IPv6高速ハイブリッドも利用したいが、Wi-Fi通信をもっと快適にしたい場合は、光BBユニットの下部に市販Wi-Fiルーターを接続して使う方法もあります。 この場合は2重ルーターになってしまうので、光BBユニットの無線機能をOFFにし、市販Wi-Fiルーターのルーター機能をOFF ブリッジモード にして使います。 4おすすめの市販Wi-Fiルーター紹介 市販でおすすめの無線ルーターを紹介します。 定価:14,300円• LANポート数:4つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大1300Mbps• 住宅:3階建て戸建て、4LDK以上のマンション このルーターさえあれば、無線が繋がらないという心配はほとんど無いというくらい高性能なWi-Fiルーターです。 3階建ての戸建てでも、2階にこのWi-Fiルーターを設置すれば家全体をカバーできます。 無線のつながりをよくするビームフォーミングは子機を検知し、電波を集中的に飛ばすので伝送速度・安定性を向上させてくれます。 ルーターから飛び出した3本のアンテナは自由に角度を変えられるので、繋がりにくい部屋があったとしても、アンテナの傾きを調整することより繋がり具合の改善ができます。 定価:8,900円• LANポート数:4つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大867Mbps• 住宅:3階建て戸建て、4LDKマンション 一般的な戸建て住宅であればこの機種で十分でしょう。 アンテナは内蔵されているので角度を調整することはできませんが、ビームフォーミング機能は搭載されているので繋がりやすくなっていて、価格もリーズナブルです。 定価:4,300円• LANポート数:1つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大300Mbps• 住宅:2階建て以下の小さめの戸建て、3LDK以下のマンション バッファローの公式サイトでは、この機種は1ルームの1人用と記載されていますが、実際は3~4人ぐらい使っても問題ありません。 2階建ての戸建てでもそれほど大きい家でなければ、ルーターを家の中心部に置くことにより無線が届きます。 ただし、LANポートが1つしかないので、有線で使うときは1台しか端末を接続できません。 1 Wi-FiルーターとONUの接続方法 まずは、光コンセントとONUを光コードで接続し、ONUと光BBユニットをLANケーブルで接続します。 光BBユニットを使わない場合は、ONUと市販Wi-FiルーターをLANケーブルで接続します。 2 Wi-Fi設定方法 光BBユニットも市販Wi-Fiルーターも、Wi-Fiの設定方法は同じです。 SSID(Wi-Fiルーターの識別記号)と暗号キー(パスワード)の2つの情報が、端末側とWi-Fiルーター側で一致すれば無線通信が確立します。 SSIDと暗号キー(パスワード)はWi-Fiルーター機器の側面や底面に記載されています。 PCやスマホ(各端末)は、常に近くに飛んでいるWi-Fi電波をキャッチしており、端末が拾っているSSIDと自分のWi-Fiルーターが一致していれば、そこに暗号キー(パスワード)を設定するだけでOKです。 ソフトバンク公式サイトに、詳しいWi-Fiの設定方法が載っているので参考にしてください。 ソフトバンクのルーター以外を使う場合でも方法は同じなので参考になります。 光BBユニットがあると「IPv6高速ハイブリッド」通信ができるというメリットがありますが、光BBユニットのレンタルだけではWi-Fi機能が使えないので、Wi-Fiマルチパックの契約も必要となり、料金が高くなってしまいます。 しかし「おうち割光セット」を契約すると、光BBユニットとWi-Fiマルチパックが500円で利用できるので、光BBユニットは「おうち割光セット」を利用する方に限られるでしょう。 光BBユニットでは、Wi-Fi通信が遅いと感じた場合は、光BBユニットの下部に市販Wi-Fiルーターを接続して利用する事も出来ます。 ソフトバンクのスマホユーザーでない方は、市販のルーターで自宅の規模のあったものを購入しましょう。 ソフトバンク光を契約前の方は、この記事も読んで参考にしてくださいね。 工事や初期設定が面倒な方にはソフトバンクエアーもおすすめ! 工事の手間や、初期設定が面倒な方には、ソフトバンクエアーもおすすめです。 「」の記事で料金や特徴、ソフトバンク光との違いについて詳しく解説しているので、ご参考ください。

次の

ソフトバンク光でのwifi接続方法

ソフトバンク光 ルーター 設定

この記事の目次• ソフトバンク光の光BBユニットをレンタルする• 市販のWi-Fiルーターを購入する• NTT無線ルーターを利用する また、ソフトバンクには光回線を利用せずにモバイル通信網を使った、ソフトバンクAirというサービスも提供していますで、それについても紹介します。 1ソフトバンク光で光BBユニットをレンタルする場合の注意点 ソフトバンク光には、Wi-Fiルーター機器(光BBユニット)のレンタルが出来るオプションがあります。 しかし、光BBユニットというルーター機器をレンタルするだけでは、ルーターとしての機能しかなく、「Wi-Fiマルチパック」というオプションも契約しないとWi-Fi通信はできません。 しかし、ソフトバンクのスマホとネット回線のセットで、通信費の割引きが受けられる「おうち割光セット」を契約することで、「光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話」が500円(税抜)のパック料金で利用できるようになります。 「おうち割光セット」の契約なしに、ソフトバンク光の光BBユニットを利用する場合は、毎月1,457円もWi-Fi通信の為にかかることになり、現実的ではありません。 2市販のWi-FiルーターとNTT無線ルーターと光BBユニットの選び方 「光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話」のオプションは、おうち割光セットの適用条件でもあるため、ソフトバンクユーザーは、市販Wi-Fiルーターを使わず「光BBユニット」をWi-Fiルーターとして使う方が多いです。 それ以外には、NTT無線ルーターを使う方法もあり、条件によってはソフトバンクの光BBユニットを使うよりも、NTT無線ルーターを利用したほうが安く済む場合があります。 ソフトバンク光でWi-Fiを使う4つのケース 利用形態 料金 おうち割を使わない 光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック 毎月1,457円 おうち割を使う 『光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパック+電話』のオプションパック 毎月500円 NTT無線ルーターレンタル(光電話有り無し、東西などで料金が異なる) 毎月100~750円 市販Wi-Fiルーター購入(性能が良いものほど高額) 購入費用5,000~20,000円 表を見て分かるように、「おうち割光セット」を使うか使わないのかで、Wi-Fiルーター機器の選択肢が変わります。 「おうち割光セット」を利用しない場合、光BBユニットレンタル+Wi-Fiマルチパックは1,457円と割高なので、NTT無線ルーターレンタルか市販Wi-Fiルーターを購入したほうが良いでしょう。 3ソフトバンクAirってなに? ソフトバンクでは、光回線を使ってネット通信をする「ソフトバンク光」とは別に、無線でネット通信ができる「ソフトバンクAir」というサービスも提供しているので紹介します。 ソフトバンクエアーは基本的にWi-Fiを使った利用形態を想定したもので、自宅の電気コンセントにソフトバンクのホームルーターを繋ぐだけで、モバイル通信網を利用したインターネット通信ができます。 Wi-Fi区間 ホームルーターと端末 の通信速度は最大866Mbpsで、ホームルーターと通信基地局間の通信速度は、最大下り350Mbps上り10Mbpsです。 Wi-Fi区間の通信速度はとても速いのですが、ホームルーターから通信基地局間はあまり速度が出ないため、ソフトバンク光(光回線)に比べると通信品質は劣ります。 ソフトバンクエアーの料金は、「おうち割光セット」を使う場合は「月4,300円」、おうち割光セットを使わない場合は「月3,800円」です。 工事が不要でソフトバンク光より安くWi-Fiが利用できるという特徴があるので、ネット検索やメールなどが主な利用法のライトユーザーの方は、ソフトバンクAirでも十分でしょう。 1光BBユニットの通信速度は遅い? Wi-Fiを使用した場合にネットの通信速度を決めるのは、「Wi-Fi通信の速度」「アクセス区間の速度」「網内速度」の3つです。 ソフトバンク光のアクセス区間の通信速度は、最大1Gbpsです 転用時のプランによっては100Mbpsや200Mbpsもある。 次に、網内速度ですが、ソフトバンク光で光BBユニットを使うとIPv6高速ハイブリッドが利用でき、これにより、インターネット利用者が増える時間帯でも網内で混雑せず、安定した高速通信が可能となり、プロバイダーが原因による通信の遅延は起きません。 ソフトバンクの光BBユニットから端末までのWi-Fiの速度は、最大300Mbpsでとくに遅くはありませんが、市販のWi-Fiルーターでは1Gbps以上出る高性能なWi-Fiルーターもたくさんあります。 Wi-Fiでに通信速度が300Mbps出れば十分快適にインターネットが利用できますが、家が広い場合は光BBユニットでは性能的に不安が残ります。 光BBユニットのLANポートに有線でPCなどを接続し、インターネットが高速で安定していることが確認できたら光BBユニットの性能の問題と判断できます。 その際は、光BBユニットのLANポートに市販の高性能Wi-Fiルーターを取り付けて、光BBユニットのWi-Fi機能をOFFにして使うのがベストでしょう。 2光BBユニットを使わないデメリット ソフトバンク光は、光BBユニットを使わないことによるデメリットが2つありますので解説していきます。 【おうち割光セットが適用されない】 ソフトバンクのスマホとネット回線のセットで、通信費の割引きが受けられる「おうち割光セット」ですが、その適用条件として毎月500円のオプションパックに入る必要があります。 おうち割光セット適用のオプションに、光BBユニットレンタルも含まれているので、光BBユニットの契約が必要なのです。 【IPv6高速ハイブリッドが使えない】 IPv6高速ハイブリッドは、BBIX株式会社の通信網を通る高速インターネットサービスです。 ソフトバンク光のプロバイダーであるYahoo! BBに依存しない接続のため、Yahoo! BBが混雑していても関係なく、通信速度は速いままです。 ソフトバンク光でIPv6通信をする場合には、専用のルーターが必要で、それが光BBユニットになります。 以上のことから、ソフトバンク光では光BBユニットのレンタルをおすすめしますが、おうち割光セットの割引きを受けない、IPv6高速ハイブリッドが不要という方は、市販のWi-Fiルーターを取り付けるのも良いでしょう。 3市販のWi-Fiルーターの取り付け方法 ソフトバンク光で、市販のWi-Fiルーターを使う場合には、ONU またはVDSLモデム にLANケーブルで市販のWi-Fiルーターを接続し、「Yahoo! BBのユーザーID・PW」を設定しインターネットに接続します。 おうち割光セット・IPv6高速ハイブリッドも利用したいが、Wi-Fi通信をもっと快適にしたい場合は、光BBユニットの下部に市販Wi-Fiルーターを接続して使う方法もあります。 この場合は2重ルーターになってしまうので、光BBユニットの無線機能をOFFにし、市販Wi-Fiルーターのルーター機能をOFF ブリッジモード にして使います。 4おすすめの市販Wi-Fiルーター紹介 市販でおすすめの無線ルーターを紹介します。 定価:14,300円• LANポート数:4つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大1300Mbps• 住宅:3階建て戸建て、4LDK以上のマンション このルーターさえあれば、無線が繋がらないという心配はほとんど無いというくらい高性能なWi-Fiルーターです。 3階建ての戸建てでも、2階にこのWi-Fiルーターを設置すれば家全体をカバーできます。 無線のつながりをよくするビームフォーミングは子機を検知し、電波を集中的に飛ばすので伝送速度・安定性を向上させてくれます。 ルーターから飛び出した3本のアンテナは自由に角度を変えられるので、繋がりにくい部屋があったとしても、アンテナの傾きを調整することより繋がり具合の改善ができます。 定価:8,900円• LANポート数:4つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大867Mbps• 住宅:3階建て戸建て、4LDKマンション 一般的な戸建て住宅であればこの機種で十分でしょう。 アンテナは内蔵されているので角度を調整することはできませんが、ビームフォーミング機能は搭載されているので繋がりやすくなっていて、価格もリーズナブルです。 定価:4,300円• LANポート数:1つ• WAN・LAN速度:1Gbps• 無線速度:最大300Mbps• 住宅:2階建て以下の小さめの戸建て、3LDK以下のマンション バッファローの公式サイトでは、この機種は1ルームの1人用と記載されていますが、実際は3~4人ぐらい使っても問題ありません。 2階建ての戸建てでもそれほど大きい家でなければ、ルーターを家の中心部に置くことにより無線が届きます。 ただし、LANポートが1つしかないので、有線で使うときは1台しか端末を接続できません。 1 Wi-FiルーターとONUの接続方法 まずは、光コンセントとONUを光コードで接続し、ONUと光BBユニットをLANケーブルで接続します。 光BBユニットを使わない場合は、ONUと市販Wi-FiルーターをLANケーブルで接続します。 2 Wi-Fi設定方法 光BBユニットも市販Wi-Fiルーターも、Wi-Fiの設定方法は同じです。 SSID(Wi-Fiルーターの識別記号)と暗号キー(パスワード)の2つの情報が、端末側とWi-Fiルーター側で一致すれば無線通信が確立します。 SSIDと暗号キー(パスワード)はWi-Fiルーター機器の側面や底面に記載されています。 PCやスマホ(各端末)は、常に近くに飛んでいるWi-Fi電波をキャッチしており、端末が拾っているSSIDと自分のWi-Fiルーターが一致していれば、そこに暗号キー(パスワード)を設定するだけでOKです。 ソフトバンク公式サイトに、詳しいWi-Fiの設定方法が載っているので参考にしてください。 ソフトバンクのルーター以外を使う場合でも方法は同じなので参考になります。 光BBユニットがあると「IPv6高速ハイブリッド」通信ができるというメリットがありますが、光BBユニットのレンタルだけではWi-Fi機能が使えないので、Wi-Fiマルチパックの契約も必要となり、料金が高くなってしまいます。 しかし「おうち割光セット」を契約すると、光BBユニットとWi-Fiマルチパックが500円で利用できるので、光BBユニットは「おうち割光セット」を利用する方に限られるでしょう。 光BBユニットでは、Wi-Fi通信が遅いと感じた場合は、光BBユニットの下部に市販Wi-Fiルーターを接続して利用する事も出来ます。 ソフトバンクのスマホユーザーでない方は、市販のルーターで自宅の規模のあったものを購入しましょう。 ソフトバンク光を契約前の方は、この記事も読んで参考にしてくださいね。 工事や初期設定が面倒な方にはソフトバンクエアーもおすすめ! 工事の手間や、初期設定が面倒な方には、ソフトバンクエアーもおすすめです。 「」の記事で料金や特徴、ソフトバンク光との違いについて詳しく解説しているので、ご参考ください。

次の

ソフトバンク光の遅い原因は光BBユニット。改善策と速度を2倍にする解決策

ソフトバンク光 ルーター 設定

今までのインターネット接続はIPv4という接続のみでしたが、インターネット利用者の増加により圧迫している状況で最近になってIPv6という新しい接続方式が採用され始めています。 住所の役割をする「IPアドレス」 インターネットに接続するパソコンやスマホなどの端末には、それぞれまったく違う「IPアドレス」という番号が割り振られています。 「IPアドレス」は住所のような役割です。 解りやすいように「ハガキ」に例えて以下のイラストを使って解説します。 相手住所の記載がないと送れない 例えば、相てにハガキを送りたい時にハガキに相手の住所を記入しておかないと、どこにハガキを送ればよいか郵便局員さんも解りませんよね。 ハガキには相手住所の記入が必要 ハガキを送りたい相手の住所を記入しておけば、郵便局員さんもどこに届けてよいか解ります。 契約中のソフトバンク光がIPv6接続かの確認方法 これからソフトバンク光を契約する人は関係ないのですが、既にソフトバンク光を契約して利用中の人は、あなたがIPv6で接続されているかを確認する方法をご紹介します。 My SoftBankでIPv6接続確認 ソフトバンク光を契約するとという会員ページにログインすると契約状況などを確認する事が出来ます。 お客様情報のページへ進む My SoftBankにログインすると「お客様情報」というボタンがあるので、そちらをクリック(タップ)してください。 ソフトバンク光でIPv6接続するには「光BBユニット」が必要 上記でご紹介したように既にソフトバンク光を契約中の人がMy SoftBankにログインして確認してみたら「私はIPv6じゃなかった」、また、これからソフトバンク光の契約を考えていてIPv6接続を希望している人、そんな人はどのようにすればソフトバンク光でIPv6接続できるのでしょうか。 IPv6には光BBユニットのレンタルが必要 ソフトバンク光でIPv6接続したい場合は、 必ず「光BBユニット」と呼ばれる機器をレンタルしなければなりません。 答えから言いますと 市販ルーターでは IPv6接続出来ません。 あるブログではbuffalo(バッファロー)製のIPv6に対応した市販のルーターでIPv6接続してみたような情報が書いてありましたが、 市販のルーターのみではソフトバンク光のIPv6接続は不可能です。 しかし、どうしても市販ルーターを使いたいという人は裏技があります。 ONUと市販ルーターの光の間に光BBユニットを挟む ソフトバンク光を契約すると必ずNTTのロゴが付いた「ONU」と呼ばれる機器が自宅に設置されます。 その機器「ONU」とソフトバンク光でレンタルする「光BBユニット」をLANケーブルで繋げ、そして「光BBユニット」と「市販ルーター」をLANケーブルで繋げれば市販ルーターを利用してIPv6接続が可能です。 ソフトバンク光のIPv6の申し込み・切り替え・設定方法 上記でご紹介したようにソフトバンク光でIPv6接続をしたい場合は「光BBユニット」のレンタルが必ず必要だという事はご理解いただけたと思います。 では、IPv6への切り替え申し込みや変更手続き方法、設定方法などは難しいのでしょうか? IPv6への設定不要で自動切り替え ソフトバンク光を申し込み契約する時から「光BBユニット」をレンタル申し込みしている人は最初からIPv6接続になっていますので、 何か申し込みや切り替える変更設定など一切不要です。 また、ソフトバンク光を既に契約中で「光BBユニット」をレンタルしていない人は、 「光BBユニット」をレンタルすれば自動で(ソフトバンク側で)IPv6へ切り替えるので 難しい設定や切り替えの手続き、変更設定など一切する必要はありません。 「光BBユニット」をレンタルすれば申込や設定など不要でソフトバンク光でIPv6接続が可能になるんですね。 IPv6に切り替わらない場合 光BBユニットをレンタルして接続してみたらIPv6でつながらない!ならない!切り替わらない!という口コミを見たことがあります。 上記でもご紹介したように光BBユニットをレンタルしさえすればIPv6の設定などは不要で自動で切り替わります。 もし、自動でIPv6への接続できない場合は ソフトバンク側の設定がまだ完了していない可能性があります。 そんな時はソフトバンク光のサポートセンターへ電話して問い合わせてみてください。 マンションやVDSLではIPv6接続できない? ある情報ブログを見ていると「ソフトバンク光はマンションだとIPv6が接続できない」とか「建物内の配線がVDSL方式だとIPv6接続できない、光配線方式は対応してる」など書いている人がいましたが本当なのでしょうか? 答えは嘘です。 数年ぶり?に自宅のwifi速度が改善された… 光だとずっと思ってたけどVDSLだったので、光BBユニットレンタルしてIPv6効くようになったら大分改善された — てんてん😇 tenten0213 上記のツイートのように、マンションがVDSL方式で光BBユニットをレンタルしたことにより速度が改善されたようですね。 ソフトバンク光はマンションでも一戸建てでもIPv6接続可能ですし、建物内の配線がVDSL方式だろうと光配線方式だろうとIPv6接続可能です。 もし上記のような誤った情報で不安になっている人がいるのであれば安心してください。 申し込み手続き方法 既にソフトバンク光を契約中の人はIPv6を利用する為に光BBユニットのレンタル申し込みが必要です。 その他、IPv6の切り替え手続きなどは必要ありません。 また、 これからソフトバンク光を契約しようと考えている人は ぜひ光BBユニットもレンタル申し込みを同時にして最初からIPv6接続でインターネットが楽しめる環境を作りましょう。 ソフトバンク光のIPv6でWiFi接続するには もう説明が必要ないと思いますのでWiFiの説明は省きます。 今やiPhoneなどのスマホやiPadなどのタブレット端末、PS4などのゲーム機はWiFiが対応しておりルーターから発信されたWiFiと接続することでインターネットに接続出来ますよね。 しかし、ソフトバンク光のIPv6で光BBユニットのレンタルが必要で、さらにWiFi接続する場合は2つの方法があります。 市販のルーターを使う• 光BBユニットはオプションに加入しなければWiFiが使えない 光BBユニットは光電話やBBフォン、WiFiルーター(無線LANルーター)の役割もする機器です。 「じゃ、光BBユニットをレンタルすればWiFiルーター(無線LANルーター)の役割もあるからWiFiが使えるね!」と思った人は 大間違いです。 光BBユニットでWiFiを利用する場合は Wi-Fiマルチバックの加入が必要 実は光BBユニットをレンタルしただけではWiFiは飛びません。 「Wi-Fiマルチパック」という オプションに加入すれば光BBユニットからWiFiが飛び出すのです。 ソフトバンク光でIPv6接続するには「光BBユニット」のレンタルが必要で、スマホなどでWiFi接続したい場合はレンタルした光BBユニットからWiFiが使えるようにするオプション「Wi-Fiマルチパック」というオプションにも加入しなければなりません。 IPv6接続するためのソフトバンク光の料金(費用)について 高速のインターネットが出来るIPv6接続がソフトバンク光では利用出来ますが、「光BBユニット」という機器のレンタルが必要でWiFiを利用するなら「WiFiマルチパック」というオプションの加入が必要でした。 では、月額料金はトータルでいくらになるの?という声も聞こえてきそうなので以下で計算してみました。 以下は、ソフトバンク光の月額料金、そして光BBユニットのレンタル料、光BBユニットでWi-Fiを利用するためのWi-Fiマルチパックの月額料の合計(税抜)です。 一戸建て タイプ マンション タイプ ソフトバンク光 月額料金 5,200円 3,800円 光BBユニット レンタル料 467円 Wi-Fiマルチパック (オプション) 990円 月額合計 6,657円 5,257円 出典:、 ソフトバンク光でIPv6接続するための光BBユニットのレンタル料と、光BBユニットでWiFi接続できるようにするオプション「Wi-Fiマルチパック」の 合計月額料金は1,457円もします。 ソフトバンク光の月額料金に加算すると一戸建てタイプは月額6,657円、マンションタイプは月額5,257円もしてしまいます。 意外に高額になってしまいますね。 また、その光BBユニットでWiFi接続するにもオプション「Wi-Fiマルチパック」も月額990円必要なのもご理解いただけたと思います。 しかし、 これらレンタル料とオプション料月額合計1,457円を私は 月額500円で利用しています。 その理由は 「おうち割 光セット」を適用させているからです。 おうち割 光セットとは、ソフトバンクのスマホを契約している人がソフトバンク光にも契約する事で、 毎月最大1,000円もスマホ代が割引される制度です。 そんな割引制度「おうち割 光セット」を適用するには、ソフトバンク光の以下の3つのオプションの加入が必須なのです。 光BBユニットのレンタル• Wi-Fiマルチパック(オプション)への加入• 光電話(オプション)への加入 上記3つのレンタル及びオプションに加入するとスマホ代が毎月最大1,000円割引される「おうち割 光セット」が適用できる訳です。 そこで、 これら3つをまとめて申し込み 「おうち割光セット」を適用すると、3つのオプション月額料金を500円に割引してくれます。

次の