五 等 分 の 花嫁 まとめ。 『五等分の花嫁』感想、6人の”軌跡”を振り返る!各話の感想・考察・時系列をまとめてみよう!

アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!【五等分の花嫁】

五 等 分 の 花嫁 まとめ

お天気のいい日に散歩です。 五月御用達のレストランで食べますが、1万2千円のランチコースは貧乏舌の風太郎にはあいません。 味わう余裕もなく終始微妙な表情の風太郎です。 一花が出ている映画です。 出演している一花です。 何故かゾンビモノ。 店員からカップルと言われて喜びます。 が、あいまいな返事しか返ってきません。 内容的に、風太郎への買い物のような気が。。。 五つ子の趣味に付き合っているようなものですが、四葉自身の欲しい物は見つかるのでしょうか。 次回、四葉デート回の後篇です。

次の

五等分の花嫁

五 等 分 の 花嫁 まとめ

15,581• 3,708• 7,470• 2,016• 217• 1,633• 497• 598• 169• 116• 11,294• 103• 1,477• 1,568• 540• 276• 372• 544• 130• 272• 364• 196• 295• 226• 329• 446• 213• 126• 427• 237• 116• 139• 2,186• 772• 398• 114• 258• 176• 151• 129• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の

『五等分の花嫁』感想、6人の”軌跡”を振り返る!各話の感想・考察・時系列をまとめてみよう!

五 等 分 の 花嫁 まとめ

零奈とは 零奈は上杉が小学生時代に修学旅行先で出会った少女で、上杉がガリ勉になるきっかけを与えた人です。 上杉の想い人ですが41話で突然現れたと思ったらもう会わない意思を示して消えて行ってしまいました。 作中で何度か零奈と五つ子の関係性を示唆する場面がありますが誰が零奈なのかは明らかになっていません。 一花説 上杉の回想から零奈が兄弟の手本となろうとしていることがわかるので長女の一花がの可能性が考えられます。 しかし、一花のダメ女っぷりから手本となるような行動をしてるとは思えないので一花な線は薄いと思います。 一花という決定打はないが違うとも言い切れないそんな感じの立ち位置です。 二乃説 一番ないと思いますが二乃説。 序盤二乃は一番上杉のことを嫌っていて彼女が零奈という線は一番薄いと思います。 しかし上杉の子供の時の写真を見た二乃の見たことある気がするという反応からするとゼロとも言い切れないようななんとも言えない感じです。 ちなみに、零奈が消えて上杉が落ち込んでる時に上杉を慰めたのが二乃なのを考えると相当な演技派じゃない限り二乃が零奈だと考えるのは無理がありますね。 スポンサーリンク 三玖説 三玖説ですがこれも微妙な感じがします。 が、髪型が似てるのでもしかしたらもしかするかもしれません。 三玖は五つ子のモノマネがうまいというのもありますので演技も上手いのかもしれません。 三玖説は肯定する要素もなければ否定する要素もないですね。 強いて言うなら序盤の塩対応は否定要素のような気もしますね。 四葉が最初から上杉に懐いてたところなどからありえそうな気がしていました。 一番四葉が姉妹の中で謎が多いって言うのも四葉説の根拠になっていました。 と言うことからちょっと前まで四葉説が一番あり得るのではないかと考えていましたが、零奈が消えた後に上杉の前に四葉が走ってきたことからほぼ確実に四葉が零奈であることは否定されたのではないでしょうか。 とおもっていましたが、まさかの五月とグルだったようで、写真の女の子の正体は四葉でした。 嫁ルート確定か? 五月説 一番ありえそうなのが五月説。 一番最初に上杉の前に現れたこと、結構真面目で姉妹のこと色々考えているとこなどそれっぽい要素が一番あるのが五月です。 性格的にも五月と零奈は重なるところがあります。 五月が零奈説は妥当な気がしますが懸念点として、五月と上杉が月を見に行った時物音を感じたシーンがありました。 一番可能性がある人間として一花二乃五月があげられますが一花説はあまり否定する要素がないと思います。 二乃説を考えて見るとキンタローキンタロー言っていて変装して上杉に会いに来るってちょっとわけのわからない女になってしまうのでちょっと考えられないですよね。 流石にサイコ過ぎます。 キンタローネタがなければまだ候補として考えられるのですが・・・・ 五月説ですが、こちらもあまり否定する要素はありませんが、第41話で物陰に隠れていた人が零奈の可能性が高いのでその時一緒にいた五月は候補から外れると思います。 まとめ 零奈の正体は四葉でした。 最初からなついていたのでそんな気はしていましたが、ようやく公式で結論が出ました。 今前のエピソード見てると結構なピエロちゃんですね。 こういう子には幸せになってもらいたいです。 想いでの「あの子」と41話に現れた思いっきり当時に近づけて演出している私「零奈」が5つ後の中の別人ということはありえませんか?たとえば、当時のあの子は二乃だから、金髪君を見て昔の体験に基づいて大きく惹かれてしまった。 でも、その当時のことが原因で何かを隠しているということは手帳をめぐって5人はみんな知っているわけだし、ひょっとしたらその時の迷子から始まる男のことの出会い事件は、その日の夕飯時に家族で団らんの話題されて盛り上がってたのかもしれません。 で、演技で働きかけるなら一花が怪しいし、あとからやってきて場を作ろうというスーパーマンの退場後パターンとしては四葉ですが、演技できそうにないからちがうかな? いや、四葉説は濃厚ですよ。 みんな誤解してますけども、 某和風死神的に言うなら 『いつから四葉がずっと走っていたと錯覚した?』って感じです。 フータロと零奈がボートデートしている間、同時平行で四葉も陸上部とずっと走っていたと思われがちですが、実は練習が「始まった」のは零奈が別れを告げ、フータロが池に落ちた後だという考えもできます。 あの時の零奈の服装なら、仮に下にジャージを着ていてもバレないだろうし、ウィッグと帽子とコートを脱いで靴を履き替えれば例え待ち合わせギリギリでも充分間に合うでしょう。 そう、あの時四葉はずっと陸上部と一緒に走って「いた」のではなく、フータロと別れた後に変装を解いて陸上部と合流して練習を「開始」したんです! 多少強引な推理かもしれないけど、これなら四葉が零奈の可能性も充分にあります!.

次の