首 の しこり。 首のリンパ、場所によって腫れやしこりの原因が違うってほんと?

悪性の可能性のあるしこりの特徴。「○○だから良性」とは限らない

首 の しこり

急性リンパ節炎 急性リンパ節炎は、細菌やウイルス感染により、リンパ節が腫れている状態です。 リンパ節は、首や脇、鼠径部など全身の様々な場所にありますが、特に急性リンパ節炎は、首の付根にあるリンパ節に発症することが多くみられます。 首のしこりを押すと痛い。 悪化すると発熱がある。 首のしこりが化膿に至る場合もある。 リンパ節には、古い細胞や老廃物など組織液をろ過する役目を担う「リンパ液」と、細菌やウイルスに対抗するための抗体を生成する役目のなる「リンパ球」があります。 リンパ球が病原菌を排除するために活発に働いているために、炎症や腫れが生じて、なかなか消えない首のしこりや痛みが発症しています。 症状が悪化している場合は、リンパ節を切開して膿を排除する場合もあります。 首のしこりには、悪性リンパ腫の場合もあり、専門医による治療が必要となります。 悪性リンパ腫 悪性リンパ腫は、リンパ節に存在するリンパ球が、がんに変異する病気です。 リンパ球は全身を巡っているものなので、リンパ節の腫れ・しこり以外でも全身に様々な症状が現れます。 悪性リンパ腫の腫れやしこりは、痛くないことが特徴ですが、腫れが急激に大きくなることによって、痛みや発熱を伴う場合があります。 がんに変異したリンパ球が全身を巡るため、全身のだるさや体重の減少、寝汗、かゆみなどが生じる。 ただし、例外があって、特定部位の症状を緩和させるために、部分的に手術を行うケースもあります。 甲状腺腫瘍 甲状腺腫瘍は、のどぼとけを下から包み込むように存在する甲状腺に腫瘍ができる病気です。 良性のものと悪性のものがあり、多くは触診とエコーで判断がつきますが、最終的に良性か悪性の判断は、手術でとってみて組織検査を行って確定診断となります。 自分で首のしこりに気付く他に、風邪をひいた時や健康診断などで医師に診てもらった時に偶然に見付かることもあるようです。 甲状腺髄様がんの一部を除いて、甲状腺にしこりができる原因はまだわかっていません。 良性で、とくに甲状腺腫が気にならなければ、そのまま経過を見る場合もあります。 悪性の場合は手術や抗がん薬、放射線治療などが行われます。 耳下腺腫瘍 耳下腺腫瘍は、左右の耳の前方に位置する耳下腺になかなか消えない腫れやしこりができる病気です。 耳下腺とは、唾液を作る臓器の1つです。 耳下腺に発症する腫瘍の約8割は良性のものと言われています。 悪性の首のしこりの場合は、腫れが大きくなるスピードが速く、しこりが痛い・顔面神経麻痺などの症状が現れます。 耳下腺腫瘍になる原因は医学的に解明されていません。 ただし、顔面神経が耳下腺のなかを通っているので、万が一、手術がうまくいかずに神経を切除することがあると、顔面神経麻痺の後遺症がでる場合もあります。 脂肪腫 脂肪腫は、脂肪細胞からできた良性腫瘍です。 首や肩、背中などにできやすい脂肪のかたまりです。 痛いと感じたり運動障害がなどの原因になることはほとんどありません。 大きな首のしこりなど、見た目が気になる場合は手術で取り除きます。 首にしこりができたら何科を受診すれば良いか? なかなか消えない首のしこり・腫れといっても、その原因となる病気は様々です。 そのため、受診する専門もいろいろです。 たとえば、リンパの腫れが原因の場合は耳鼻咽喉科で脂肪腫は皮膚科、甲状腺腫瘍は外科などです。 そして、首のしこりが原因となる病気を自己判断できません。 そのため、様々な専門医が集まる総合病院で診てもらうことが望ましいと言えます。 首にできた腫れが痛い場合や発熱を伴う場合は、早急に病院を受診することをお勧めします。 たとえ首のしこりが痛くない状態でも悪性のものでないか専門医に診てもらうようにしましょう。 不眠や憂鬱などのメンタルケアに、セロトニン対策サプリメントはこちらです。

次の

首のしこり:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

首 の しこり

首は手で触ったり鏡で目にしたりすることの多い部位です。 もし、首にしこりができていれば、自分で気づくことが多いかもしれません。 体調不良が続くと思っていたら、首にしこりを見つけた• 首の片側にだけしこりがあるのを発見…体調は普通だけど• ずっと首にしこりがあるが、特に他の症状もないので放置している など、首のしこりに関する不安を抱える方も多いでしょう。 実は首のしこりにはさまざまな原因があり、中には病院での治療が必要な病気が潜んでいることもあります。 首のしこりが現れる病気 首は、甲状腺などの臓器、神経や血管、筋肉、多数のリンパ節など、さまざまな器官や組織が集まって複雑な構造をしている場所です。 そんな複雑な部位である首にしこりが現れた場合、一口に首のしこりと言っても、これらのうちのどの部位が腫れているかをまず知る必要があります。 首のしこりの原因の中で最も多いのは、リンパ節の腫れです。 リンパ節の腫れによる首のしこり 急性リンパ節炎 細菌やウイルス、真菌などがリンパ節に感染して生じる病気で、リンパ節が腫れる原因としては頻度が高いようです。 やなど近くの組織で起きている感染症がリンパ節に拡大して起こり、しこりを押した時に痛みを伴うことがある点が特徴です。 喉の痛み、鼻水、発熱などの風邪のような症状を伴うこともあります。 伝染性単核球症やネコひっかき病など、特徴的な経路で感染する病気によって引き起こされる場合もあります。 リンパ節の腫れが起こる他の病気 悪性リンパ腫 は、白血球の一種であるリンパ球ががん化した病気です。 首をはじめとするリンパ節の多いところに、通常は痛みのないしこりとして現れます。 発熱や体重減少などを伴うことが多く、首だけではなく腋の下や足の付け根など体の他の部分にもしこりが生じることがあります。 気になる症状がありましたら内科などで相談してみましょう。 がんの転移 がん細胞は、血管やリンパに入り込み、血液やリンパの流れに乗って別の臓器や器官に移動します。 そのため、リンパの流れが集まるリンパ節への転移は非常に起こりやすくなります。 菊地病 壊死性リンパ節炎 原因不明の良性ので若年に多く、発熱が数週間持続することもありとの鑑別が困難な場合もあります。 診断には組織の検査が有用です。 予後は良好で2週間から2か月で自然治癒することがほとんどですが再発することもあります。 しこりが大きくなり、自分で触れるようになっても他には何も自覚症状がないのが特徴です。 唾液腺腫脹をきたす疾患は、一般的な疾患から非常に稀な疾患まで様々ですが、腫瘍によるものとそうでないものに大きく分けられます。 腫瘍によらない唾液腺腫脹は、ウイルスや細菌の感染によるもの、、結石などによります。 は、腫れが生じる部位によって耳下腺腫瘍と顎下腺腫瘍に分けられます。 耳の下に症状が現れる場合は耳下腺腫瘍、顎の下の場合は顎下腫瘍と呼ばれています。 良性腫瘍と悪性腫瘍があり、腫瘍が良性の場合は主な症状はしこりのみですが、悪性の場合はしこりに加え顔面神経の麻痺や痛みを伴うことがあります。 受診の目安とポイント 通常、元々の病気が良くなるとしこりは小さくなり、痛みも治まって来ることがほとんどです。 しかし、腫れたリンパ節が硬くなってしこりが慢性化し、その場合は外科的にしこりを切除する場合もあります。 首のしこりでもっとも多いのはリンパ節の腫れですが、腫れているのがリンパ節かどうかを自分で判断することは難しいとされています。 原因がはっきりわからないまま自然に改善する場合もありますが、しこりが消えない場合には医師の診察を受けましょう。 また、しこり以外の他の症状が強い場合やしこりが大きい・強い痛みがあるような場合には、放置せず、早めに耳鼻咽喉科、内科などでまずは医師の診察を受けましょう。 その際、しこりに気付いた時期や他の症状、思い当たることなどを医師に伝えましょう。 いつからしこりがあるのか、他にどんな症状があるのかなど、心当たりのある情報をまとめていくと医師の参考になるでしょう。

次の

首にコリコリのしこりができる原因と解消法について解説

首 の しこり

【石灰化上皮腫】• 皮膚の一部が石灰のように硬くなる• 首のほかにも、顔(まぶた)、腕などに好発する• 少し黒っぽい色で粉瘤よりも硬め• 無症状が多いが、かゆみや痛みが出ることも• 周囲との境界が明確• 皮膚の下で移動する(皮膚と癒着せず触ると動く)• 患部を除去する手術が適応• 手術後、悪性との鑑別のため病理検査が行われる これらの皮膚腫瘍で 可動性が見られる場合は良性と言われることが多いようです。 しかし 3cmを超えるものでは悪性の場合もあることが指摘されているので注意が必要です。 また一般的に、腫瘍の 境界の辺縁が、良性なら明瞭で整い、悪性なら不明瞭でギザギザしていると言われ、 表面の形も良性なら単純で、悪性なら複雑で潰瘍形成なども見られるとされています。 【メラノーマ】• メラノーマ:ほくろのがんとも呼ばれ、メラニン色素を産生する細胞(色素細胞)ががん化したもの• がん細胞がメラニン色素を大量に産出するので黒色のことが多い• 末端黒子型:足の裏や手のひら、手足の爪に多い• 表在拡大型:身体の中心部(胸、背中、腹)と手足の付け根に多い• 結節型:場所に関係なく、色のない結節(しこり)が大きくなっていく• 悪性黒子型:高齢者の顔面にできることが多く、結節化する このメラノーマの特徴として、 6mm以上(大きくなっていく)、境界線が不明瞭(ギザギザ)、左右非対称、色の濃淡があるなどが挙げられています。 これらに当てはまるようなら、早めに皮膚科を受診しましょう。 治療法は、手術による摘出、リンパ節郭清などが行われます。 また 予防法として、紫外線を避ける(日焼け止めなど)、ほくろを傷つけたりいじったりしないことが必要とされています。 次にその他のものを見ていきましょう。 【その他の皮膚悪性腫瘍】• Bowen(ボーエン)病:湿疹に似た病変で、放置すると有棘細胞がんに進行することがある• 有棘細胞がん:イボ状のもので赤みのる腫瘤が発生する• 基底細胞がん:ほくろに似ているが、青黒く光沢がある• バジェット病:外陰部に多く発生(湿疹に似ている)し、進行すると腫瘤を生じる これらメラノーマ以外のものも、同じく 紫外線や傷などの刺激から発生する可能性があると言われていますので注意が必要です。 治療は、一般に病変の切除が行われますが、リンパ節の転移がある場合、その他の治療法(リンパ節郭清、化学療法)が必要になることがあります。 いかがでしたか? 皮膚の腫瘍には様々なものがあり、首に好発するものがあります。 また良性や悪性の区別も難しく、治療には手術が必要です。 早めに受診し、医師に相談しょう。 ではあなたの症状が1日でも早く回復されることを願い、この稿を終わります。

次の