歌 が 上手く なる コツ。 歌が上手くなるための練習方法まとめ

【自宅で簡単】歌が上手くなるための練習方法【継続のコツも解説】

歌 が 上手く なる コツ

高音が出せない4つの理由 「さっさと高音を出すコツを教えて!」 と思うかもしれませんが、少しお待ちください。 高音の出し方を知る前に、 なぜ高音が出せないかを知ることが重要です。 なぜなら、 高音が出せない理由を知らないままでは、 あなたが高音を出せるようにはならないからです。 これから順番にお話していきますので、 このままお読みくださいね。 ここでひとつ質問です。 「あなたは高音をどうやって出していますか?」 ・・・・・ ・高音は頑張って出している ・ノドに力を入れて歌っている ・息を思いっきり押し出している なんて思いませんでしたか? 上記のような高音の出し方は すべて間違いです! 特に、ハードロックなどの激しい曲が 好きな男性に多い間違いですね。 または 「そもそも高音なんて1mmも出ないよ!!」 なんて方もいるでしょう。 でも大丈夫です。 冒頭でも申し上げましたが、 高音は「 誰でも」出せるようになります。 そのためには、 高音を出せない理由を 知ることが欠かせません。 お気づきでしょうか? あなたのその 「高音なんて出ない!」という思いも 高音が出せない理由の一つなのです。 つまり、あなたが高音を出せない理由は以下の4つ。 体に力が入りすぎている• ノドがしまっている• 息を吐きすぎている• 高音なんて出ないと思っている まずはこの4つを改善しないことには 歌が上手くなることはむずかしいのです。 これからひとつずつ、 改善方法を解説していきますね。 ここで勘違いがひとつ。 あなたは頑張ってはダメなんです! 頑張ると体に力が入ってしまい、 高音を出すには逆効果。 リラックスしましょう! たとえば、よくある間違いのひとつとして 「腹筋に力を入れてしまう」というクセのある方がいます。 腹筋に力を入れても高音を出すことはできません。 腹筋に力が入ると呼吸がしずらくなるんですね。 呼吸がしずらくなると、苦しくて 歌い続けることが難しくなってしまいます。 さらに、次に説明します「ノドがしまっている」状態にも なりやすいので、 「頑張らない!」というのは 最大限に注意を払うべきポイントですね。 つまり、力任せに歌っている状態です。 力任せにノドをしめている状態で高音を出し続けることは、 声帯に対して非常に負担になります。 声帯に負担のかかる歌い方では、 キレイな高音を出すことはできません。 後述の 「あくび」を実践して、 いますぐにノドを解放してあげてください。 とっても気持ちがいいかもしれませんね。 一時的には高音も出るようになるでしょう。 しかし、 その高音は長続きしません。 あなたもこんなこと経験ありませんか? 「1番は歌えるけど、2番になると出なくなる!」 私も同じ経験があるので よくわかります(笑) まず、なぜ息をたくさん吐くと 高音が出るようになるかを説明しますね。 声というのは 声帯がふれあうことで音を出しています。 ほとんどの人は、声帯のふれあいが不十分なまま、 首の筋肉でノドを締めつけることで むりやり声帯をこすり合わせています。 そのこすり合わせた声帯に 大量の息をあてることで 無理やり高音を出しているのです。 声帯のふれあいが不十分なまま、 大量の息を声帯にぶつけてむりやり高声を 出そうとすると、声帯に大きな負担がかかります。 最悪の場合は ノドを壊す原因にもなりかねません。 息を大量に吐くことで高音を出そうとすることは いますぐにやめてください。 ずっと高音が出せない状態が続いていると、 高音を出せないことがあなたにとっての 「普通」になってしまうのです。 この「普通」を変えなければいけません。 まずは「 自分にも高音が出せる!」 と思いこみましょう! ・・・といってもどうすればいいの? って思いますよね?(笑) 自分にとっての「普通」を変えるには、 小さな成功体験を繰り返すしかありません。 小さな成功体験とはなにか? 「 正しい方法で高音を出している」 という感覚をつかみ、 その感覚を少しずつ覚えていくこと。 これに尽きます。 正しい方法で高音を出す感覚をつかむための3つのステップは• 口を閉じたハミングで野球のサイレンの音をマネしてみる• 口から声が出ていない感覚をつかむ 以上の3ステップなのですが、 詳しいステップのやり方は、 を参考にしてみてください。 高音の出し方と4つのコツとは? これまで、高音を出せない理由から、 その改善方法として4つのポイントを上げました。 常にリラックスを心がけましょう!• ノドを開放する!• 大量の息にたよって高音を出そうとしない。 「自分には高音が出せる!」と信じる。 何を隠そう この4つが高音を出すためのコツなのです。 歌う前に、鼻で吸って口で吐く• 鼻の穴を広げる• 「そんな恥ずかしい・・・」 と思うかもしれませんが、 やってみると意外とみんな無反応で むしろ拍子抜けしますよ(笑) その上、 効果は抜群ですので是非お試しください。 ただ、 口を大きくあけると 「力が入ってしまう」方が多いので ためしてみる価値はあると思いますよ。 ちなみに、 次にお話する 「あくび」の状態も ノドをリラックスさせることができますので おすすめです。 あくびのノドの状態なんて 意識したことがないかもしれませんね。 これからあくびをするときには、 ノドがどんな状態になっているかを 確認してみてください。 意識するポイントは、2つ。 ・ 「喉仏」が下がっているか ・ 「軟口蓋」があがっているか むずかしい言葉が出てきましたね。 この「硬口蓋」のうしろ側にあるのが 「軟口蓋」です。 あくびをすると「喉仏」が下がり、 「軟口蓋」が上がっている感覚があると思います。 この感覚を あくびをしていない状態でも できるようになってください。 ここでひとつ注意していただきたいのは、 「 息を止めないこと」です。 なぜかというと、 息を止めた状態で歌を歌うことはできないからです(笑) あくびの状態を意識しすぎるあまり、 呼吸を止めてしまっては効果が半減してしまいます。 さらに言うと「 息を吐くとき」に あくびの状態を作れるように意識してみてください。 まずは、 「 大量の息を吐くこと=危険」 ということを肝に命じてください。 少しでも高音が出せるようになればしめたものです。 「高音が出せる!」ということが あなたの脳にインプットされれば、 そこからはあなたのやる気もうなぎのぼりでしょう(笑) 高音の出し方と4つのコツまとめ 高音の出し方と4つのコツをお話してきました。 常にリラックスを心がけましょう!• ノドを開放する!• 大量の息にたよって高音を出そうとしない。 「自分には高音が出せる!」と信じる この4つを実践すると、 最初の頃はヘロヘロな声で 気持ちよく歌えないかもしれません。 それでも 「あくび」の状態を意識して歌い続ければ、 すこしずつ迫力のある声になっていきます。 そのために必要なことを 最後にひとつだけ言わせてください。 毎日少しずつでも意識すること! 高音が出せるための 「筋トレ」みたいなものだと思ってください。 毎日の積み重ねがあなたを少しずつ 「高音が出せる」人間に変えていきます。 この記事を閉じたらすぐに 「あくび」のノドを意識をしてみましょう! 高音をもっと本格的に学びたい! と考えているならの教材がおすすめです。 それでは、 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

高音を出すトレーニングでカラオケで歌が上手くなる方法

歌 が 上手く なる コツ

Contents• 歌が上手い人の特徴 世の中には歌手やミュージシャンがいる傍ら、バラエティ番組に出るような歌下手芸人もいます。 歌が上手な人もいれば、あまり得意ではないという人もいるのです。 そこで、 歌が上手な人にはどんな特徴があるのかまとめてみました。 この音程があってはじめてメロディーが生まれ、歌になっていくのです。 歌が上手な人は、 この音程を外さずに正確に取ることで、聴き慣れたメロディーを歌うことができるのですね。 リズム感がある どの音楽にもテンポというものがあり、そのテンポの中にリズムが存在しています。 テンポの中にリズムが存在しているということは、 まず曲のテンポをとることが大切になってきます。 手のひらを一定のタイミングで曲に合わせて叩いてみましょう。 そうすると、手を叩くタイミングと歌のタイミングが一緒になりませんか? それがリズムになります。 このリズム感があると、聴いていて思わず乗ってしまいたくなるような気持ち良さが生まれるわけです。 マイクの使い方が上手 マイクは音を拾うもので、歌を歌うにあたって私たちの声を惹き立たせてくれる道具です。 マイクといえば、カラオケボックスやライブハウス、スタジオ、学校などでも一般的に使用されている ダイナミックマイクが代表的ですが、 マイクにも適切な使い方があります。 それぞれマイクには音を拾える範囲があり、 ダイナミックマイクの場合だと マイクの上部の網目の部分(グリルボール)全体が音を拾えます。 全体が音を拾うとはいえ、一番音を拾う場所はマイクの頂上部分なので、垂直にマイクを使うことでより大きく鮮明に音を拾うことができます。 ひとつ注意なのが、このグリルボール全体を握ってしまうと、キーンと音がハウリングしていまい上手く歌が拾われませんのでお気をつけください。 ミックスボイスは 「地声と裏声の中間」という意味合いをもっており、 地声のような強さを保ちつつ、裏声のような高音域の歌声を出すことです。 つまり 裏声と地声をうまく使い分けられるようになると、上手に歌が歌えるということですね。 ミックスボイスを出している間の声帯は締まっています。 口を閉じた状態で歌を歌ってみましょう。 こちらも、喉を強く締めてしまうと響きの美しい裏声を出すことができなくなります。 自分のミックスボイスが出せる音域を理解し、 ファルセットとミックスボイスをうまく使い分けることが、歌が上手くなるための第一歩になるということですね。 ボイストレーニングで基礎を作ろう 歌の上手な人の特徴を挙げてきましたが、ここで歌を歌うにあたって一番重要になってくる基礎のお話をします。 基礎を身につけていれば、練習次第では応用が必要な歌もこなせるようになるはずです。 「専門のボイストレーニングに通う時間はないけど、歌は上手になりたい!」という人必見です。 ボイストレーナーがいなくても、 自宅にてひとりで簡単にできる練習方法を紹介します。 小さな子供が遊びやいたずらなどでやるものですね。 リップロールの代表的な効果としては• 唇のリラックス• 裏声が綺麗に出るようになる• 正しく音程が取れるようになる• 声帯を開く練習になる などがあります。 やり方としては、 唇の力を抜き、息をまっすぐに細く出すのがコツです。 やる前に少し唇を濡らしてみるのもひとつの手になります。 さて、早速ですがリップロールをしながら最大まで高い音を出してみてください。 普段よりもずっと高い音が出ませんか?実は、 それがあなたの出せる本来の最大の高音なのです。 この練習をすれば、出し切れなかった高音も出せるようになるはずです。 「寝ているときと普段起きているときの呼吸って違うの?」と思った人もいるでしょう。 違います! 普段起きているときの呼吸は、息を吸ったときに肺が膨らんでおなかがへこみます。 一方 寝ているときの呼吸は、息を吐いたときに肺が膨らみ、おなかはへこみます。 この息を吐いたときに肺が膨らむ呼吸法は、 肺を動かす筋肉である横隔膜を使い、肩や首、喉などの余計な筋肉を使うことが歌うときには最適であるといわれているのです。 【腹式呼吸のやり方】 まず背筋を伸ばした状態で鼻からゆっくりと息を吸い込み、おへその下に空気をためていくイメージでおなかをふくらませます。 次に鼻から吸った息を、おなかをへこませながらゆっくりと口から吐き出します。 吸ったときの倍ほどの時間をかけることを意識してください。 最初は1日5回程度からはじめていき、慣れてきたら体調に合わせて10〜20回と増やしていきましょう。 腹式呼吸は発声の手助けをするだけではなく、• ダイエットのサポート• 脂肪燃焼• 免疫力を上げる• 内臓機能の向上• 冷え性対策 といった嬉しい効果があるので、おすすめの呼吸方法です。 きれいなビブラートの基本は、 声の揺れ幅・速さが一定で途切れないということです。 【横隔膜でかけるビブラート】 先ほどお話した腹式呼吸を使い、横隔膜を上下に揺らすことでかけるビブラートです。 しっかりした発声をすることが前提で、ゆったりとした曲におすすめです。 練習の手順としては、• ドギーブレスをしながら横隔膜が揺れているか確かめる• 「あーー」と声を出しながらドギーブレスを続け、声が途切れないように意識する 以上に気をつけて練習を続ければ、理想的なビブラートを手に入れることができます。 ビブラートの習得まである程度時間はかかりますが、喉を傷めにくい方法なのでぜひ練習してみてください! 歌が上達する練習方法 いくつか発声の基礎を紹介してきましたが、さらに上達するためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか? 基礎の練習を重ねたうえで、 よりよい歌声になるためのテクニックを紹介します。 自分の声を録音する 自分の声を録音するとどんなメリットがあるのかというと、 自分の声や歌の癖を理解することができます。 冒頭で「音程に限らず、声質も深く関係している」というように書きましたが、覚えていますか? 人は誰しも生まれ持った声質というものがあります。 自分の歌声を第三者の視点で聴いてみることにより、自分の歌声の直すべきところや、自分に合った歌を歌うための改善点を見つけることができるのです。 そこで自分の歌声を録音した際には、以下の4つのポイントに気をつけながら聴きましょう。 全体を通して抑揚がついているか。 息遣いのタイミングや、曲のリズムと合っているか。 力みすぎていたりなど、自分の声の質を潰してしまっていないか。 音程がしっかり取れているか いざ録音して聴いてみると、正確に歌っていたつもりでも意外とそうでもなかったりします。 歌う曲を聴き込む 歌いたい曲は何度も聴き込むことによって、メロディーと歌詞を自然に覚えます。 そうすると、どこにアクセントをつけて歌ったらよいのか、どこに抑揚をつけるべきなのかなど、 歌をより上手に歌うためにするべきことが見つかるのです。 早い上達を望んで難しい曲に片端から挑戦していくよりも、簡単なものでもよいのでひとつ課題曲を決めましょう。 少しずつ自分の改善するべき歌の癖を直していくことが大切です。 体全体で歌う 歌にはリズムとテンポが存在するというお話をしました。 そのテンポに口先から出る自分の歌声だけで乗ろうとするのは少々無謀ですので、 体を揺らしたり手を叩いたりと体全体で音楽に乗ることが大切になります。 そのほかにも背筋を使って歌うことにより発声の手助けにもなるので、 体全体で歌うということは歌の上達には欠かせないものです。 声帯のコントロールや息遣いのタイミングのコントロールに背筋は深く関わっているので、その背筋を鍛えることにより、より上手に歌えるようになります。 普段の歌の練習のついでに片足立ちをするだけで、声に張り、力強さが加わります。 片足立ちをすることにより崩れるバランスを整えるため、体は余計な力を抜く必要があるので、 必要のない力みをなくさせてくれるのです。 歌の練習頻度のポイント それでは、歌の練習にあたって 最適な頻度をみていきましょう。 1日1回がベスト 「何事も練習だ!」という言葉はよく目にしますが、練習しすぎることで喉に負担がかかってしまいます。 1日に短時間でも練習時間を決め、その練習時間はしっかりと集中し、それ以降は次の日にやる、ということが大切です。 なぜなら歌うことにも筋肉を使い、その筋肉を酷使してしまうと喉を傷め、最悪の場合病気になってしまう可能性があるのです。 歌を練習したあとは、そのときに使った筋肉や喉を十分に休ませ、無理のない範囲で継続して歌えるように喉を管理しましょう。 声が枯れる直前でやめる 喉が枯れてしまっては歌を歌うことができません。 人により適切な練習時間は違いますが、どのくらいまで練習を続けてよいのかというと「声が枯れる寸前まで」です。 最初は無理のない程度で練習し、声帯や筋肉が鍛えられてきたら徐々に時間を伸ばしていきましょう。 何事にも無理は禁物になります。 朝に声が枯れていたらやらない 先ほど「声が枯れる直前でやめる」とお伝えしましたが、朝に声が枯れていたら無理して練習をしたところですぐに枯れてしまいます。 ですが、歌うだけが練習ではありません。 普段の練習から自分の歌声を録音し、聴き返し改善点を見つけることは歌えなくてもできることです。 ほかにも筋トレをしたり、上手な人の歌を聴いて勉強したり、十分に喉を労ったりと喉に負担をかけずにさまざまな方法で練習できる環境を作りましょう。 歌の練習に使えるおすすめアプリ 現在のスマートフォンの性能は非常に優れていますので、 練習するときに使えるおすすめのスマートフォンアプリを紹介します。 気軽に練習ができる、歌が上手くなりたい人必見のアプリです。 apple. カラオケボックス JOYSOUNDの公式音源で歌えます。 採点機能もついており、自分の点数の変化がわかるグラフも表示され録音もできるので、楽しみながら練習がしたい人に最適です。 apple. 音の調整もでき、自分の歌声に合わせることができます。 PCなどに繋げて大画面で表示することも可能なので、友達や仲間と楽しくカラオケをして遊べます。 大勢で楽しむのはもちろん、ひとりで練習するのにもおすすめです。 apple. ボーカルを消すこともでき、 録音機能もついています。 イヤホンなどに付属しているマイクを使えば声にエコーもかかるので、気持ちよく歌えること間違いなしです。 簡易的な採点機能もついているので、自分の歌声を復習しながら練習したい人におすすめです。 カラオケでおすすめの練習曲 一番身近で大きな声をだして練習ができる場所といえばカラオケボックスですよね。 そこで 歌の練習におすすめの練習曲を紹介いたします。 必ずしも原曲キーである必要はないので、出しやすいキーに設定してトライしましょう。 【また逢う日まで】 尾崎紀世彦 恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや全てを おかしいでしょう?そう言って笑ってよ 別れているのにあなたの事ばかり ドラマ「赤い糸」の主題歌に起用された有名曲です。 ファンから「失恋した」という内容の手紙が届き、それをHYのメンバーが読んだのがこの曲を作るきっかけでした。 曲を作る際にボーカルの仲宗根泉さんは、 なんと当時付き合っていた彼氏に別れを告げ、失恋の気持ちを実際に体験して作曲に打ち込んだそうです。 この曲は全体を通してスローテンポで、低音域から高音域までの振り幅が広いので、 音程とリズムをより意識しながら裏声をうまく活用するのがコツです。 上手くなった歌声で周囲を驚かそう! 今回は 歌が上手くなる方法を紹介しました。 練習方法やマイクの使い方、用語などの説明はお役にたちましたか? 練習を重ねて歌が上手くなったら、アーティストを目指している人や、人前で歌うのが恥ずかしかった人が、 今までよりももっと自信をもって歌を歌えるようになることでしょう。 人前で歌ってみたいという人は、路上ライブに挑戦してみるのもいいかもしれません。 日常で欠くことのない音楽をより楽しむために、 たくさん練習して素敵な歌を歌えるようになりましょう!.

次の

歌は練習すれば上手くなる!私が試した上達法やおすすめの練習場所!

歌 が 上手く なる コツ

発声・カツゼツ• 息継ぎ・ブレス• タイミング・歌の間・グルーブ• 歌を録音して聴く重要性• 歌う上での心得• ニュアンス・表情• ハモリ・コーラス• カラオケ• 闇雲にボイストレーニングを続けても上達しない訳とは? 「あんなに 【音程や高音】で悩んでいた私が嘘みたい。 自信を持って歌えるようになった。 」 レコーディングしてハッキリ分かったんです。 歌のウィークポイントが。 録音した歌を聞くと、問題点が手に取るように分かります。 間違いに気づかないままでは、いくら練習しても 上達は望めません。

次の