国民 休暇 村 奥 武蔵。 休暇村奥武蔵|プラン一覧

休暇村奥武蔵|プラン一覧

国民 休暇 村 奥 武蔵

今回は、吉方位の神社ではなく、 夏が終わる前に海の浄化のエネルギーを浴びてこようと、 南伊豆にある「ヒリゾ浜」という小さな浜辺で、 シュノーケリングをやってきました。 「ヒリゾ浜」は船着き場から渡し船で5分のところにある浜なのですが、 熱帯魚がそこらじゅうにウヨウヨといて、 沖縄やグアムまで行かなくとも気軽にシュノーケリングを楽しめるスポットです。 [スポンサーリンク] サンゴ礁とまではいかなくとも、水深5mほどの岩場の間に 色とりどりの大小さまざまなお魚さんたちが群れを成して泳いでいます。 渡し船近くの民宿・飲食店で、有料シャワー、着替えもできます。 ヒリゾ浜近くには、採れたての海鮮を自慢にする民宿もいろいろあったのですが、 なにせ、直前(というか、当日)だったことと、 外食予定で食事付の宿は不要だったため、 素泊まりできる、「国民休暇村南伊豆」に宿泊しました。 入口からの様子 左側が洗面台、トイレ&バスです。 お一人様でしたが、セミダブルのベッドが二つあります。 窓際には、6畳ほどの和室にテーブル&椅子 和室から見た様子 部屋は一人で使うには広すぎるほどの大きさです。 リニューアルしてからまだ数年しか経っておりませんので、 畳も新しいにおいがして、居心地が良かったです。 休暇村は国営?みたいなものなので、 トイレもバスも、バリアフリーと、ホテルの施設としては完璧なほどです。 口コミを見ていると、料理もサービスも、かなり満足のいく宿のようです。 お風呂の写真は撮れませんでしたが、 庭園露天風呂とジャグジー付の壺湯があります。 残念ながら、自家源泉ではありませんし、掛け流しでもございません。 南伊豆には、源泉掛け流しの日帰り温泉はたくさんありますので、 お風呂はそちらを利用するのもアリです。 すぐ目の前には、「南伊豆町営弓ヶ浜温泉公衆浴場 みなと湯」、 歩いて10分くらいのところには、「銀の湯会館」という公共浴場があります。 伊豆の景色を満喫できるホテルの展望露天風呂でしたら、 少し下田まで足を延ばして、 下田プリンスホテルや、黒船ホテルなんかが良いかと思います。 源泉掛け流し100%でないのですが、 祐気取りとしては海水浴で十分なので、 夏場は温泉メインでなくともいいかなぁと思います。 翌朝、部屋の窓からの眺め。 左の奥にはプールがあります(8月末まで) 正面は砂防林がありますが、すぐ目の前が弓ヶ浜です。 杉林の間に青い海が見えるでしょうか? こちらは、右側の駐車場です。 道路向かいには、サザエや磯料理の美味しいお店があります。 翌朝の弓ヶ浜です。 ほとんど人はいませんが、伊豆にいるからには泳ぎます^^ ヒリゾ浜の透明度を知った後ですと、 砂が舞った何も見えない水中はちょっと残念な感じがしますが、 それでも、都内から手軽に行ける見の中ではきれいだと思います^^ 足が立つところでも、目の前をピョンピョンお魚が跳ねてました。 真っ青な空と白い砂浜。

次の

休暇村奥武蔵|プラン一覧

国民 休暇 村 奥 武蔵

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. travel. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. rakuten.

次の

休暇村奥武蔵|プラン一覧

国民 休暇 村 奥 武蔵

今回は、吉方位の神社ではなく、 夏が終わる前に海の浄化のエネルギーを浴びてこようと、 南伊豆にある「ヒリゾ浜」という小さな浜辺で、 シュノーケリングをやってきました。 「ヒリゾ浜」は船着き場から渡し船で5分のところにある浜なのですが、 熱帯魚がそこらじゅうにウヨウヨといて、 沖縄やグアムまで行かなくとも気軽にシュノーケリングを楽しめるスポットです。 [スポンサーリンク] サンゴ礁とまではいかなくとも、水深5mほどの岩場の間に 色とりどりの大小さまざまなお魚さんたちが群れを成して泳いでいます。 渡し船近くの民宿・飲食店で、有料シャワー、着替えもできます。 ヒリゾ浜近くには、採れたての海鮮を自慢にする民宿もいろいろあったのですが、 なにせ、直前(というか、当日)だったことと、 外食予定で食事付の宿は不要だったため、 素泊まりできる、「国民休暇村南伊豆」に宿泊しました。 入口からの様子 左側が洗面台、トイレ&バスです。 お一人様でしたが、セミダブルのベッドが二つあります。 窓際には、6畳ほどの和室にテーブル&椅子 和室から見た様子 部屋は一人で使うには広すぎるほどの大きさです。 リニューアルしてからまだ数年しか経っておりませんので、 畳も新しいにおいがして、居心地が良かったです。 休暇村は国営?みたいなものなので、 トイレもバスも、バリアフリーと、ホテルの施設としては完璧なほどです。 口コミを見ていると、料理もサービスも、かなり満足のいく宿のようです。 お風呂の写真は撮れませんでしたが、 庭園露天風呂とジャグジー付の壺湯があります。 残念ながら、自家源泉ではありませんし、掛け流しでもございません。 南伊豆には、源泉掛け流しの日帰り温泉はたくさんありますので、 お風呂はそちらを利用するのもアリです。 すぐ目の前には、「南伊豆町営弓ヶ浜温泉公衆浴場 みなと湯」、 歩いて10分くらいのところには、「銀の湯会館」という公共浴場があります。 伊豆の景色を満喫できるホテルの展望露天風呂でしたら、 少し下田まで足を延ばして、 下田プリンスホテルや、黒船ホテルなんかが良いかと思います。 源泉掛け流し100%でないのですが、 祐気取りとしては海水浴で十分なので、 夏場は温泉メインでなくともいいかなぁと思います。 翌朝、部屋の窓からの眺め。 左の奥にはプールがあります(8月末まで) 正面は砂防林がありますが、すぐ目の前が弓ヶ浜です。 杉林の間に青い海が見えるでしょうか? こちらは、右側の駐車場です。 道路向かいには、サザエや磯料理の美味しいお店があります。 翌朝の弓ヶ浜です。 ほとんど人はいませんが、伊豆にいるからには泳ぎます^^ ヒリゾ浜の透明度を知った後ですと、 砂が舞った何も見えない水中はちょっと残念な感じがしますが、 それでも、都内から手軽に行ける見の中ではきれいだと思います^^ 足が立つところでも、目の前をピョンピョンお魚が跳ねてました。 真っ青な空と白い砂浜。

次の