村主 章枝 社交 ダンス 結果。 {{ keyword }}

金スマ|村主章枝社交ダンス動画はこちら!日本代表決定戦結果は?|おさこ屋

村主 章枝 社交 ダンス 結果

村主章枝すぐりん&ロペスペアは、キンタロー&ロペスペアが果たせなかった世界選手権決勝進出の夢を叶えるべく、新たに結成されました。 すぐりんが3月から社交ダンスを初めてたった4か月でいきなり全日本選手権(熊本)に出場するとまさかの決勝進出を果たし結果は6位の快挙。 山本英美総監督もびっくりの能力の高さを見せたすぐりんでした。 しかし村主章枝すぐりん&ロペスペアの目標は2020世界選手権に出場するために日本代表になること。 5月の全日本選手権(熊本)では山本哲郎&工藤由美子ペアが優勝して第一代表枠を獲得。 果たして結果は・・・ 最後に村主章枝すぐりんの練習動画もあるのでよかったらご覧ください。 その後ペアを解消し、キンタローさんが組んだのがロペスことお笑い芸人の岸英明さん。 千葉大学時代にダンス部で関東大会で優勝した実力があり申し分ない。 顔がプロ野球DeNAのホセ・ロペス選手に似ているので中居正広さんが「ロペス」と愛称をつけました。 ロペス&キンタローペアは、世界選手権の決勝進出を目指して社交ダンスに挑戦。 2017年に初出場を果たすといきなり7位の快挙を成し遂げ「マイアミの奇跡」と呼ばれましたが、2018年の世界選手権では惜しくも準決勝敗退という結果で目標達成できず・・・。 キンタローさんは妊活を始める期限を決めていたのでここでペア解消となりました。 しかしロペスさんは目標を諦めきれず、山本英美総監督の後押しもあって、新パートナー探しが始まりました。 村主章枝さんは全日本選手権を5度制覇、オリンピック2大会連続出場を果たし、ソルトレーク五輪で5位、トリノ五輪で4位という結果を残しています。 2014年に引退後、2017年にヌー〇写真集を発売して話題に。 現在はアメリカ・ラスベガスを拠点にフィギュアスケートの振付師として活動中。 ロペスさんも元オリンピック選手と踊ることになってびっくり。 ちなみに愛称「すぐりん」は村主さんだと呼びづらいのでロペスが名付けました。 高いレベルの大会に出ることですぐりんのポテンシャルを引き出す思惑がありましたがまさかの決勝進出という結果でびっくり。 観客・選手・ダンス教室の面々が、素人のすぐりんが4か月でどれだけ踊れるか注目したのでした。 ダンス初めて4カ月というのは普通、基礎練習の段階ですが、すぐりんは表情もつけて踊れたのでした。 すぐりん&ロペスペアの目標は、2020年世界選手権出場を目指すべく2019年中に日本代表入りすること!そのためには9月のグランプリ大会で優勝する必要があります。 A post shared by fumie. 決勝の詳しい順位は サンバ チャチャチャ ルンバ パンドプレ ジャイブ すべて7位でした。 すぐりん&ロペスペアの必殺技は中盤、複雑に絡んでポーズを決める難易度MAX『スグリロール』 すぐりん村主章枝さんは、3月から5種目を覚え始めましたが、監督も「覚えるのが早い」と驚くほどで、1種目1時間の脅威のペースで、振り付けを次々に覚えていきました。 その結果、経験者でも1か月かかる5種目分の振り付けをたった1週間で覚えてしまったのでした。 5才でフィギュアスケートを始めて以来30年以上続けてきたから、振り付けを覚えることは日常的なことだったのです。 それは観察眼です。 普段から世界の一流選手たちの社交ダンス動画を見ていたすぐりんは、外国人と日本人の筋肉の使い方の違いに気付いたのです。 これには監督もびっくり。 見た動きを次々に吸収する観察眼がスゴイのでした。 5月の全日本選手権でいきなり決勝6位という結果だったので、勢いに乗って優勝できそうな感じもありましたが、ほかの選手も日本代表をかけて必死ですからそう簡単にはいきませんでした。 すぐりん&ロペスペアの登場でライバルたちに火をつけてしまったかもしれないです。

次の

金スマ社交ダンス2019|ロペス・村主章枝の全日本選手権の結果は?仙台ネタバレ注意

村主 章枝 社交 ダンス 結果

Contents• 村主章枝の社交ダンスが下手とは?動画で検証! 現在38歳になる村主章枝さんは、フィギュアスケーターとして、2度のオリンピック出場を果たした選手でもあります。 全日本選手権での優勝経験も5度あるほど、実績のある選手でした。 若くして引退する選手が多い中、3度目のオリンピック出場を目指して33歳まで現役選手を続けていましたが、2014年11月13日に引退会見を開き、振付師への移行を示しました。 その後の村主章枝さんは、フィギュアスケート関係の仕事以外にもバラエティ番組に出演したり、グラビア系の仕事もしているようです。 そして、 2019年3月15日にTBSで放送されている金スマに出演し、社交ダンスで年内日本代表になることを目標としている旨を語りました! 番組内で人気のあるダンス企画に参加した形となります。 社交ダンスで世界一を目指して下さい 村主章枝さん — キュベちゃん kyubetyan3 フィギュアスケートでのしなやかな体の動きと共通する部分もありそうですし、素人感はなさそうですよね。 お2人が社交ダンスの練習をしている様子がTik Tokで動画アップされていたので紹介します! 素人目にはよくわかりませんが、全く下手には見えません・・・。 むしろ始めたばかりですごい上手! と感動してしまいました。 表情も良いですよね~。 全日本選手権の結果は? 村主章枝さんとロペスさんのダンスペア誕生が発表されたのは2019年3月でした。 翌4月には、村主章枝さんにとってデビュー戦となる埼玉での社交ダンス大会では見事優勝したお2人! 続いて5月に熊本で開催された「シニア I ラテン日本代表選考会」での結果は、6位でした。 ペアを組んで数か月でこの6位という結果は素晴らしいものなんだそうです! さすが元フィギュアスケート選手ですよね~。 村主章枝さんの社交ダンスが下手と言われているようですが、ダンスも出来ているうえに既に表情も作れるほどなので、やはり実力は大いにあるということがわかりますね。 結果として出ていますからね・・・。 そして、 9月には仙台で全日本選手権が開催されました。 お2人の目標である、年内に日本代表に選ばれるためにはこの大会で優勝しなければなりません。 しかし 結果は、 7位(条件に満たない3ペアが上位にいるため実質4位)。 目標には届きませんでしたが、素晴らしい結果だったと思います。 今後の成長が楽しみですよね! 村主章枝とロペスの相性は良い?悪い? 村主章枝さんが社交ダンスのパートナーとしてペアを組んでいるお相手、ロペスさん。 顔が野球選手のホセ・ロペス選手に似ていることから、ロペスと呼ばれるようになりました。 ロペスさんの本業はお笑い芸人で、2014年に結成された漫才コンビ・ぱいんはうすの突っ込みを担当しています。 はっきり言ってまだあまり売れていない芸人さんで、どちらかと言えば社交ダンスの才能の方が開花している気がします 笑 大学時代に社交ダンス部に所属していたこともあり、金スマの番組企画で社交ダンス経験者の女芸人・キンタロー。 さんとパートナーを組み、社交ダンスを始めたことがきっかけで、ブレイクしました。 キンタロー。 さんが妊娠をきっかけにダンスを辞めた為、パートナー解消となったロペスさんが、新しく組んだパートナーが村主章枝さんということなのです。 すぐりん&ロペスペアとして注目されています。 スケート愛が強く、努力家、それでいて引退後は不思議ちゃんオーラ全開のほんわかした女性であることがわかりました。 一方 ロペスさんは、スポーツが得意で筋肉質、番組企画とは言え社交ダンスにかける情熱は熱すぎるほどです。

次の

キンタローの2018社交ダンスオーストリアの順位結果や優勝は?(金スマ)

村主 章枝 社交 ダンス 結果

どうも、ぶんくもです。 金スマの社交ダンス部に新たな動きがありましたね。 キンタロー。 の引退から数ヶ月経ちました。 ロペスはどうなるんだろう?という思いと、もう企画自体やらないのかな?とちょっとだけ寂しい気持ちになっていました。 そして、新パートナーにあの元フィギュア選手の村主章枝さんが選ばれましたね。 パートナーにも驚きでしたが、目標が日本代表です! 開いた口が塞がらないとはこのことです。 ちなみに、パートナーを発表したのが3月です。 2019年の9月の大会で優勝して日本代表になる必要があります。 約半年で日本を代表する選手ですよ? 才能がものを言う世界なのはわかります。 しかし、何年も頑張ってきた選手たちもいるわけで・・・ そんな方々はどんな気持ちで見ているんでしょうか? 目次• A級〜D級までランクが分かれている大会です。 今回ペアが参加したのは、その一番下のD級ですね。 ロペスはすでに世界クラス(少なくとも日本ではトップレベル)の社交ダンサーです。 村主章枝さんを大会に慣らすという意味合いもあったと思います。 それか規定でパートナーの低い方に合わせると言った感じですね。 大会の結果はこんな感じです。 ロペスってあんなに活躍してたのに、またD級からなんですかね? あくまでペアとしての階級ってことでしょうか。 D級の大会なので、おなじみの名越ペアの名前はありません! 金スマの芸能人企画に隠れていますが、ぶっちゃけ日本の本命は名越ペアの気がします。 ここからは、各種目と総合結果をまとめていきます。 今回の種目はチャチャチャとルンバです。 背番号A〜Gは審判員ですね。 審判員の点数の評価は「1」が最も高く「6」が最低点です。 Chachachaの採点結果はこんな感じです。 これは、圧勝です。 すべての審判員が「1」の評価です。 他の採点を見ていると結構ばらつきがあるイメージがありますが、全員が「1」をつけてますね。 これはもう圧倒的と言ってもいい! D級とは言え、Chachachaの完成度はかなり高かったと言えますね! Rumbaの採点結果 Chachachaはぶっちぎりの一位でした。 Rumbaはどうなんでしょうか? 練習時間が限られていて、期間が短いだけに心配なところです。 Rumbaの採点結果はこんな感じです。 もはや、デジャビュを見ているようです。 Chachachaと同じような結果ですね。 結成して一ヶ月弱でこんなに完璧に近い演技ができるんでしょうか? ロペスはともかく・・・ 金スマを見ていたら薄々気づいてましたが・・・ 村主章枝さんってまさか超絶天才なんですか? キンタロー。 とロペスの時ってこんなにうまく行ってましたっけ? 順調すぎて怖すぎる! と言うことで、総合結果です。 決勝戦の総合結果 一位なのは、元々お伝えしています。 それは、初めからわかっているんです。 見て頂きたいのは、その採点結果です。 総合の結果はこんな感じです。 決勝の採点はオール1です! 通信簿なら親に見せられずに、隠して破り捨てるレベルの通信簿です。 しかし、今回の大会の点数は「1」が一番高い点数です。 と言うことは、これ以上ない優勝というわけです。 ロペスはいいんです・・・試合経験も豊富ですから! 問題は、村主章枝さんです。 才能しか感じられない・・・こんなライバル出てきたらやる気がなくなるレベルですね。 社交ダンス界のトップランカーが、ブルブル震えているのは間違いない! 続いては、5月に行われた熊本の大会の結果です。 大会名は「 2019 ダンススポーツ グランプリ in 熊本」です。 大津町総合体育館で開催されました。 競う種目は5種目です。 Samba• Chachacha• Rumba• Paso Doble• Jive 埼玉大会からサンバ、パソダブル、ジャイブが追加されていますね。 前回の大会から、一ヶ月弱しか期間がありません。 これで三種目の追加は無理ゲーです。 これが全日本選手権ですかね? 大会名は若干違いますが、金スマではそういう風に放送されていました。 しかし、よく点数表を見てください! RumbaとPaso double で「1」の評価をしている審判員もいます! 光るものはあるけど、総合的な実力はまだまだということですね。 このままの伸び代で行くと、ひょっとすると・・・期待しちゃいますね! ここからは、各種目毎の採点結果を見ていきます。 Sambaの採点結果 全体的に「6」の評価が目立ちますね。 審判員によってばらつきはあるものの総じて低い評価です。 サンバは大会では初挑戦でした。 Hの審査員が「2」の評価をしています。 初めての種目としての評価なら悪くはないのではないでしょうか? Chachachaの採点結果 これは、前回大会でも評価されている種目なだけに自信もあったのでは? しかし、評価はすべて低い評価です。 決勝なので厳しくなってきていますが、これは悔しいですね。 Rumbaの採点結果 ルンバも前回大会では高評価でした。 しかし、ほとんどの審査員が4〜6の点数です。 Bの審査員だけ「1」の評価です。 これってすごくないですか? 1人だけでも、出場選手の中で一番だと評価しています。 Paso Dobleの採点結果 これも、ルンバと同じような評価ですね。 Bの審査員には気に入られているみたいです。 総合としてはかなり低い評価ですね。 Jiveの採点結果 ジャイブの点数が一番ひどいかもしれません。 調整が間に合わなかったレベルでしょうか。 審査員の半分以上が最下位の「6」の評価です。 今後の大会でもネックになるかもしれません。 ロペスが浮気されるの巻 アメリカで離れている時の練習相手ですかね(笑) なんで、Tiktokなんだろ? 金スマを視聴している世代ってどちらかと言えば YouTube ですよね? スポンサーとか関係しているんでしょうか・・・ YouTubeで流したら、再生数が半端ないことになりそうですがねぇ。 まとめ ロペスとすぐりんペアを見れるのは、いつまでなんでしょうか? 今回の9月の大会で日本代表になれなかったら、やめちゃうんでしょうか? ロペスはともかく・・・ 村主章枝さんは、活動の拠点がアメリカですよね。 正直、遠距離恋愛はそこまで続きそうにありません。 本業の振り付けのお仕事も忙しそうですからねぇ。 日本のテレビの仕事がもっと増えればいい! アウトデラックスみたいなバラエティでも見たいですよね! 本当は、もっと面白い人なのに金スマでは真剣モードばっかりです(笑) ではでは、この辺で! 最後まで読んで頂き、ありがとうございました!.

次の