シルク スクリーン と は。 シルクスクリーンとは

シルクスクリーン印刷

シルク スクリーン と は

[広告] 店主は、氷見市出身の萩原麻衣子さんと田中祥恵さん。 元保育士の2人は、洋服が好きで意気投合。 約1年前に「FCTRY」を立ち上げ、イベント出店でシルクスクリーンや缶バッジのワークショップを開催するなど、大人から子どもまで幅広い人たちに「ものづくり」の楽しさを伝えてきた。 シルクスクリーンとの出合いは、福井県で開催していた「RENEW(リニュー)」という伝統産業の工房を見学するイベントに参加したこと。 「そこで初めてシルクスクリーンに出合った。 その場ですぐに作れる手作り感が楽しかった。 体験をした工房のオーナーがとても気さくな方で、親身になって話を聞いてくれた」と振り返る。 この体験がきっかけとなり、セレクトした商品を売る店ではなく、ものづくり体験を楽しむ店にすることに決めた。 同店オープン後は、保育士時代に受け持った地元の子どもたちや県内の若者らがシルクスクリーンをする姿が見られている。 萩原さんと田中さんは「シルクスクリーンを通して、お客さんとの交流が生まれるのが楽しい。 今後は、地元や富山の人に『ものづくり』の楽しさを広めたい。 そして、観光客にも氷見や富山の思い出をつくりに来てほしい」と笑顔で話す。 営業時間は13時~18時(土曜・日曜は10時~19時)。 火曜定休。

次の

シルクスクリーン

シルク スクリーン と は

シルクスクリーン印刷とは 孔版印刷の一種 シルクスクリーン印刷とは孔版印刷の一種で穴の事を意味する「孔」の字が示すように目の粗い絹(シルク)の布を張った枠(紗といいます)にインクが通過しない孔(あな)と通過する部分の孔を作ることにより版を製版します。 その版にインキを乗せスクイージやスキージと呼ばれるゴム製のヘラのようなものを使ってインキを押し出すことにより印刷したいものに印刷します。 1色に1つの版が必要で1色1色刷り重ねていきます。 これにより多彩な色使いも表現できます。 最近はナイロンやポリエステルも 最近ではコストが高いシルクではなくインクの通りがいいように改良された網戸の網目のようなメッシュを使う事が多いです。 素材はステンレスのような金属線やナイロンやテトロンなどの合成繊維です。 それにより呼び方も「シルクスクリーン印刷」とは言わず「スクリーン印刷」と呼ぶことが主流となっていて日本以外でもその呼び名が共通となっているようです。 枠に張ってあるメッシュの網目の細かさを変える事により細かなデザインも鮮明に再現できます。 枠も木枠からより強度のあるステンレスの枠へと変化しています。 シルクスクリーンの歴史 ステンシルが元 シルクスクリーンは版画や印刷技法の一種でセリグラフとも呼ばれています。 ステンシル(型紙)を使って印刷する方法で、実はルーツは私たち日本人にはなじみの深い友禅染めの捺染技術で紅型や伊勢型紙や江戸小紋など型紙を使った印刷技術です。 世界ではジャパニーズ・ステンシルと呼ばれていました。 それをヒントにイギリス人がシルクを使って型を作り印刷しそれを「シルクスクリーン・ステンシル」としたのが始まりと言われていて「シルクスクリーン印刷」と呼ばれるようになりました。 日本にはヨーロッパから戦後に伝わってきた印刷技術のようですがそのルーツが日本のものだったとは驚きです。 その後製版技術が進歩して精巧な図柄の印刷もできるようになりました。 アンディ・ウォーホールらによってポップアートにも定着 シルクスクリーンは芸術の表現方法として20世紀初頭に実験的に芸術作品として使われ始めました。 1950年代後半以降アメリカのポップアートの作家のアンディ・ウォーホールとロバート・ラウシェンバーグはシルクスクリーンを使った作品を発表した作家の先駆者として名前をあげられています。 特にアンディ・ウォーホールは1960年代に版を写真のネガフィルムから作成したシルクスクリーン版画作品のポップアートを積極的に次々と発表しました。 それにより芸術の表現方法の1つとしてシルクスクリーン印刷は確立され、世間での認知も広まりました。 日本でも草間弥生や横尾忠則などシルクスクリーンを作品に取り入れている作家が多くみられます。 シルクスクリーン印刷と凸版印刷の仕組みと違い <凸版印刷> 刷版の凸部分へインキを付着させ印刷するため、刷版にくっつくインキしか印刷できない。 また刷版に付着するインキ量に限界があり、インキの転移量を大幅に変えることはできない。 <シルクスクリーン印刷> インキが刷版を通過すれば印刷できるため、多様なインキに対応する。 刷版の厚み・紗の目(スクリーンメッシュ)・刷り回数を変えることでインキの付着量を変えることができる。 (出来上がりは反転しています。 ・インクを印刷したいものに直接乗せるという印刷方法ですので孔を通りさえすればいいので使えるインクの種類は多くあります。 ・版がメッシュで柔らかいので金属やガラスなどの硬いものから布や生地や印刷用紙のような柔らかい物まで印刷することができます。 ・版に柔軟性があるのでどのような形状のものでも密着させることができますので素材やサイズを問わずさらには缶やボトルなどの曲がった面にも印刷できます。 ・印刷する時の圧力が低いので壊れやすいお菓子などの食品やガラス製品などにも印刷可能です。 ・インクを乗せていく方法ですので厚く盛ることもできますので凹凸のある点字の印刷にも利用されていま す。 ・直接インクを落とし何度も刷り重ねるという方法ですのでインクの盛り上がった特殊な印刷も可能です。 ・厚く盛ることができるということは密着性にすぐれ耐候性もありまた鮮明な発色が出来ますので看板やサインなど屋外に設置されるものにも使用されています。 ・比較的安価に版を作ることができますので少量印刷の場合はコストを抑えることが出来ます。 ・厚く盛ることが出来るため下地の影響を受けにくいので色合いも鮮やかに表現できるのが特徴です。 ・1色ごとに印刷しますのでたくさんの色数を使う事ができます。 インクも進化していますので様々な種類ができています。 用途にあわせて幅広く色々なものに印刷することが可能になりました。 T シャツやオリジナルグッズなど広く一般的に用いられている シルクスクリーンプリントは無地のカバンやTシャツに自分でデザインしたイラストや絵を印刷できるのでオリジナルグッズを作ったりチームTシャツを作ったりするなど広く一般のみなさんにも活用されています。 そして、ホームセンターや100均などで購入できる道具や材料(コルクボードやカッティングシートやホチキスやタッカー)などを準備してDIYで自作の印刷機をご家庭で作って世界でひとつだけのまさに唯一無二のオリジナルを作って楽しんでいる方もいらっしゃるようです。 大量注文によって単価を抑えられる 1色ごとに1枚ずつ印刷しますので印刷するのに時間かかかります。 そのため短期間で大量に印刷するのには向きませんが、一度版を制作すると何度でも印刷できますのでプリントする枚数を大量注文することにより1枚あたりのコストを安くすることが出来ます。 洗濯にも強い インクを直接乗せているので密着性が高いです。 お天気などにも強い耐候性にも優れています。 そのため他の印刷方法では何度か洗濯すると取れてしまうTシャツへのプリントなども長持ちしますのでお洗濯にも強いのが特徴です。 オススメの不織布バッグ ・ ・ ・ ・ ・ まとめ いかがでしたでしょう。 シルクスクリーン印刷の歴史やメリットなどおわかりいただけたでしょうか。 シルクスクリーン印刷の歴史に日本の伝統がかかわっていたとは驚きでしたね! 調べてみると印刷機も簡易な物から本格的なものまで材料なども手間なく用意できそうですし、作り方も複雑な作業工程もなく意外と簡単に手づくりできそうな感じですので、みなさんもご自宅で楽しんでみてはいかがでしょうか? 最初は失敗もあるかもしれませんが、何枚か印刷するうちに仕上がりがキレイになると思います。 インターネットで検索すると色々と出てきて楽しいですよ。 そして、オリジナルのデザインのエコバッグなどをたくさん作りたくなったらプロの力も使ってみてください。 このブログが少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

次の

シルクスクリーンは露光の精度が作品の仕上がりを左右する

シルク スクリーン と は

Tシャツプリントにおすすめの印刷方法は? ネットショップでオリジナルプリントのグッズを販売してみたいとお考えの方や、オリジナルTシャツを作成しネット販売してみたいとお考えの方なら、顧客が満足する品質と実際に運営して利益が生まれるコストパフォーマンスを両立させたプリント・印刷方法を利用することはビジネスの成功に必須です。 オリジナルTシャツの作成・販売に利用可能なプリント・印刷方法は多数存在しますが、その中でも最も一般的な印刷方法が今回ご紹介するインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)です。 今回は人気のTシャツプリント方法、インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)の違いをわかりやすくご紹介し、オリジナルグッズのプリント・作成・販売でどちらのプリント方法を選ぶべきかをわかりやすくご紹介します。 ご要望の多かった、昇華プリントも含めたTシャツプリント方法比較記事もご用意。 をわかりやすくご紹介しています。 例えば、オリジナルTシャツを1枚から作成する際にどちらのプリント方法がいいのかなど気になる質問が存在するはずです。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは?:プリントの仕組み シルクスクリーン印刷(シルク印刷、シルクスクリーンプリント)はメッシュ状の製版 (孔版、シルクスクリーン)を利用してインクを直接Tシャツ等の生地に刷り込んでいく印刷方法です。 まずはインクをデザインが決まった製版に流し込むと、メッシュ状の製版の穴の空いている部分(デザインとしてプリントがされる部分)にインクが浸透し、デザインの形を生み出します。 次にメッシュの製版(シルクスクリーン)にインクが浸透したらスキージと呼ばれる窓拭きワイパーのようなゴムのヘラを利用し、メッシュの製版を生地に押し付けながらスライド移動させます。 生地全体に製版を押し付け終わるとメッシュの製版から滲み出たインクが生地に綺麗に押し出されて印刷がされるという仕組みです。 プリント技術が発達する以前はこのシルクスクリーン印刷(シルク印刷)はオリジナルグッズ等にプリントが行える唯一のプリント方法で、ロゴ入りのプリントTシャツを大ロット注文する際などに広く利用されてきました。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)はそれぞれのデザインの要素ごとに、異なる製版を利用する必要があります。 また、一度に一色のプリントに限定されるので、デザインに複数のレイヤーが含まれている場合はレイヤーごとにプリントをする分、プリントが完了するまでの時間が長くかかります。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)におすすめのデザインは? シルクスクリーンプリント(シルク印刷)は多くの場合シンプルなデザインで、使用する色が少ない際に有効なプリント方法です。 手間はかかりますが、細部までディテールにこだわったタイポグラフィーや、ドローイング、シェイプ、シンボル等のデザインをすることも技術的には可能です。 シルクスクリーン印刷(シルク印刷)はネットショップ運営・ネットビジネスに向いている? シルクスクリーン印刷(シルク印刷)は上記でご紹介の通り、シンプルなデザインで単色のソリッドカラーを利用したデザインをプリントする際に適しています。 ただ、複数の色を利用したカラフルなデザインをプリントしたい際などではコストパフォーマンス等を考えると良い選択ではありません。 シルクスクリーンプリント(シルク印刷)のデメリットは事前に多額のプリント用製版への投資が必要で、実際に製版を作成し始めてから商品をプリントできるようになるまでに長い時間がかかる点です。 また日本でオリジナルグッズのプリントを提供している多くのプリント業者では、必要な最低注文枚数(5枚から100枚)が設定されていたり、1枚からプリントOKと謳っているプリント業者でも1枚限りの注文ではかなりの高額料金(3000円から10000円)が設定されているケースがほとんどです。 プリントの1枚あたりの価格を抑えたいからと、大量に注文をする際には、プリントしたオリジナルグッズが不良在庫となるリスクがあり、結果的に家やオフィスに売れ残った商品の在庫が山積みとなる可能性が付きまといます。 この問題は特にネットショップを開業・運営し始めたばかりの方や、新たなデザインを試験販売したい際などに大きなデメリットとなり得ます。 注文したTシャツ等のプリント商品の価格は、デザインをプリントする際に使用する色の数と、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)利用時に使用する製版の必要枚数によって大きく左右されます。 このことから、多くのプリント業者で表示されている価格は最低価格であり、実際の支払い価格はわざわざプリント業者にデザインを入稿し、別途見積もりを出してもらわないといけないケースがほとんどです。 また、いくつかのプリント・印刷業者では、各カラーごとに別々のレイヤーを作成してデザイン入稿をすることを要求されたり、デザインをプリントする際に利用するインクの色コードの詳細を別途求められることも発生します。 このように、注文時にプリント業者との細かいやりとりが発生するので、 デザインを簡単に入稿して商品をプリント・作成したい方にはシルクスクリーン印刷(シルク印刷)は向いていません。 また、環境に配慮したブランドの運営をしている方にも的確な選択とは言えません。 シルクスクリーン印刷は大ロット注文に合わせたプリント方法である為、商品を作りすぎる可能性があります。 仮に売れ残ってしまった場合は、廃棄処分され、焼却や埋め立てでの処分は環境汚染の一因ともなります。 更にシルクスクリーン印刷ではプリント時に大量の水を消費する他、生分解をしないプラチゾールインクが使用されているケースも。 現在大きな社会運動となっているサステナブルなファッションを取り入れている方であれば、シルクスクリーン印刷は避けるのが無難な選択です。 インクジェットプリント(DTG)とは?:プリントの仕組み インクジェットプリント(DTG — ガーメントプリンター)は、名前の通りインクジェットのプリント技術を利用し、Tシャツに直接インクを吹き付ける方式です。 この印刷方式はTシャツに限らず通常の紙媒体の印刷で広く利用されています。 ガーメントプリンター(DTGプリンター)とも呼ばれる衣類専用の特殊なプリンターを利用すると、衣類にデザインを直接プリントすることが可能です。 紙にインクでプリントがされるのと同様の仕組みで、衣類の生地にプリントが施されるという初心者にもわかりやすい大変シンプルなプリント方法と言えます。 インクジェットプリント(DTG)におすすめのデザインは? インクジェットプリント(DTG)は色の選択肢が豊富なプリント方法なので、写真等の風景画像や、細部までディテールにこだわったデザインのプリントも色数の制限なく行うことが可能です。 例えばオリジナルのブランドで新たなデザインで新商品を販売したい際や手軽に新色商品を追加してみたい際などに、このプリント方法は大変便利と言えます。 インクジェットプリント(DTG)はネットショップ運営・ネットビジネスに向いている? インクジェットプリント(DTG)はオリジナルグッズを実際に顧客に販売する際に最も簡単でスムーズな方法と言えます。 (プリント・オン・デマンド)の仕組みを利用すれば、受注生産のシステム、顧客から注文が入った際のみ商品がプリント・製造されるので、事前に大ロット注文をする必要がありません。 インクジェットプリント(DTG)はデザインの全てを一度にまとめてプリントすることが可能です(ただし、暗い色の生地に印刷を施す際は白インクで下地レイヤーをまずプリントする必要があります)。 インクジェットプリント(DTG)で利用されるガーメントプリンターには利用可能な色数に制限がありません。 実際に商品をプリントする際に長い時間をかけてプリント用の製版等を準備する必要がないので、一度すれば、注文した商品がガーメントプリンターですぐにプリントされます。 このプリント方法を利用してオリジナルTシャツ等を作成・販売する場合は、のシステムなので損失のリスクを避け新たなデザイン、新商品を気軽に市場に投入することが可能です。 仮に売上が思わしくなくても、ショップのラインナップから削除するだけでOKなので、手軽に販路の拡大を試すことが出来ます。 次にインクジェットプリントでは環境に更に配慮したサステナブルなビジネスモデルの運営が可能です。 実際に購入者が商品を注文した際のみに商品にプリントがされる為、在庫過多になることがなく、売れ残りの在庫を処分したりする必要がないのは大きなメリットです。 更にインクジェットプリント(DTG)は最新の印刷技術であるゆえ、業界全体の環境面での配慮も進んでいます。 一例としてPrintful(プリントフル)と印刷機器面で協業を行なっている企業のKornit(コーニット)では、販売するプリンター向けにほとんど廃棄用水を出さず、省電力、二酸化炭素排出量を削減した技術を採用しています。 環境保護に向けた運動が活発な現在、こういった環境面に配慮をした「」の流れを取り入れることは、消費者からも好感触を受ける決断と言えます。 インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷): Tシャツプリントに適しているのはどっち? インクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーン印刷(シルク印刷)はどちらも高品質のプリント方法です。 主な違いが冒頭でご紹介したプリント方法の仕組みの違いとコスト面です。 インクジェットプリント(DTG)は紙のプリンターと同じようにインクをスプレーのように吹き付け、シルクスクリーン印刷(シルク印刷)では生地にインクをレイヤーのように押し付ける技術を利用しています。 またインクジェットプリント(DTG)ではオンデマンド印刷が利用出来る為、受注生産方式で商品を1枚からプリント、ドロップシッピングで販売する際に便利、シルクスクリーンプリント(シルク印刷)では大ロット注文でプリントする際に有効なプリント方法です まだどちらのプリント方法を利用するかお悩みなのであれば、こちらの比較チャートをご確認ください。 また、Tシャツをプリントする際の仕上がりは、生地の違いにも大きく左右されます。 も合わせて確認しておきましょう。 Tシャツに合った適切なプリント方法を選択しよう 等のオリジナルグッズの作成・販売にインクジェットプリント(DTG)とシルクスクリーンプリント(シルク印刷)、どちらを利用するかは最終的には読者の皆さんのニーズと好みの問題になってきます。 ただしプリント方法を選択する際には下記の項目に特に気を付けてプリント方法を決めることをおすすめします:• ブランドイメージ• プリントするデザインが複雑なものであるか否か• 必要である商品数(1枚?大ロット?)• 高額な投資をして在庫を確保したいか否か 最も簡単にオリジナルグッズをプリント・販売する方法としておすすめなのは、に対応したインクジェットプリント(DTG)のプリント業者を利用する方法です。 冒頭でご紹介した通り、新商品・デザインをリスクなしで気軽に導入出来、無在庫販売が可能、更に梱包・発送などの手間のかかる作業を全て省くことが出来るので、デザイン作成と宣伝等のマーケティングに専念することができる、ネットビジネスの強い味方です。 また、インクジェットプリント(DTG)を利用し、昨今商品者が敏感な環境面に配慮をした面を強調したマーケティングを行うことも可能です。

次の