口唇ヘルペス 市販薬。 ヘルペスに効果のある市販薬

口唇ヘルペスは市販薬で治せる?再発させたくないあなたに

口唇ヘルペス 市販薬

抗ヘルペスウイルス薬は市販されている? 帯状疱疹や口唇ヘルペスなど、ヘルペスウイルスが原因の皮膚疾患には、以下のような抗ヘルペスウイルス薬が投与されます。 初感染、中等症の場合には… アシクロビル、バラシクロビル など 重症、または免疫不全者の場合には… アシクロビル、ビダラビン など ただし、 上記のような抗ヘルペスウイルス薬では、ウイルスそのものを退治することができません。 あくまでウイルスの増殖を抑える目的で使用されるため、症状や状態に合わせ、飲み薬・塗り薬のどちらかを選択、または併用して治療していくことになります。 飲み薬・塗り薬の抗ヘルペスウイルス薬いずれも、基本的には医師から処方してもらうべきものですが、一部の塗り薬は市販薬としても販売されています。 ただし、市販の抗ヘルペスウイルス薬は、 過去に1度以上、医療機関からヘルペスウイルスが原因の疾患と診断されたことのある人のみ入手できるものです。 初めて帯状疱疹や口唇ヘルペスを発症した人が、医師の診断受けずに自己判断で購入・使用することはできませんのでご注意ください。 市販の抗ヘルペスウイルス薬にはどんなものがあるの? 薬局などで購入できる抗ヘルペスウイルス薬3種類の名称・特徴をご紹介します。 患部に1日1~4回塗布することで症状の改善を期待できる薬で、軟膏タイプとクリームタイプから、好みの使い心地の方を選べます。 ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があるので、再発の前兆を感じた段階で塗布しておくことで、帯状疱疹や口唇ヘルペスの再発を防いでくれます。 ヘルペスウイルスに作用し増殖を防ぐ一方で、肌を保護するマクロゴールという成分も含んでいるので、比較的肌への負担が少ないのが特徴です。 市販の抗ヘルペスウイルス薬を使うときの注意点は? 以下に、市販の抗ヘルペスウイルス薬を使用する際の注意点をご紹介します。 1日数回の塗布を10日程度続けるのが、使用の頻度・期間の目安と考える• 使用する際は口の周りと手を良く洗って、患部を清潔にしてから塗布する 薬の塗布は、 以前に口唇ヘルペスを発症したときに感じたかゆみや違和感が皮膚に生じた時点で、早めに開始しましょう。 使っていくうちに患部が乾燥してかさぶたになってきたら、使用を止めてOKです。 また、市販の抗ヘルペスウイルス薬には、帯状疱疹に対しては効果があわられにくい傾向がみられます。 帯状疱疹を再発した場合は、安易に市販薬を使うのではなく、医療機関に行って症状に合った薬を処方してもらいましょう。 おわりに:口唇ヘルペスの市販薬は、再発した場合のみ入手できます ヘルペスウイルスの増殖を抑える作用のある抗ヘルペスウイルス薬のうち、塗り薬タイプのものは市販薬として購入できます。 また、抗ヘルペスウイルスの市販薬は、過去に発症したことがある人だけが購入でき、初めての人は手にすることができません。 また、再発の方であっても、重症の場合や市販薬を使ってもよくならない場合は病院へ行きましょう。

次の

口唇ヘルペスにおすすめの市販薬4選!購入方法と塗り方のポイントも紹介

口唇ヘルペス 市販薬

「ヘルペス」とは「水ぶくれ」という意味です。 医学的用語では、「疱疹(ほうしん)」といいます。 くちびるに水ぶくれが出来る「口唇ヘルペス」は、花粉症の治療と同じく病院を受診することなく 市販薬で病院を受診するのと同じ内容の治療をすることが可能な数少ない病気です。 口唇ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」に感染した場合に発症するのですが、人生で一度でも「単純ヘルペスウイルス」に感染すると桃太郎電鉄の貧乏神みたくずっとお付き合いをしなければいけません。 普段は体の免疫の方が強くて症状が出ないように抑えつけられているのが、風邪などの 体調が悪くなるとウイルスの方が勝ってしまい症状が出てしまう病気です。 ヘルペスウイルスには色々な種類があって、「みずぼうそう」も性病の一種「性器ヘルペス」もヘルペスウイルスが原因の病気です。 この記事ではそんなヘルペスウイルスによって引き起こされる水ぶくれの中で、 「口唇ヘルペス」にのみ使用できる市販薬のオススメ品を紹介すると共に 効果を高く効かせるための秘訣も伝授します。 病院で使う医療用薬でも「アラセナA軟膏」という商品名で全く同じ薬があって、皮膚科医師の多くが口唇ヘルペスには「アラセナA軟膏」で治療するので、 市販薬でも病院に行くのと同じ薬が使えます。 口唇ヘルペスの治療ができる市販薬は、 「アシクロビル」という成分か、アラセナの「ビタラビン」という成分の2つしかありません。 効果は変わらないので正直どっち使ってもらってもいいのですが、ヘルペスウイルスが全身症状を引き起こしてしまう可能性を秘めているので、 市販薬で使用するなら「ビタラビン」にしておくべきです。 ひどいヘルペス症状が出る時は、効果の高い内服薬「バルトレックス」を使います。 バルトレックスは体の中で「アシクロビル」に変化して効果を発揮するので、アシクロビルが効かないウイルスが発生してしまうと大変! 症状の重い イザという時に薬が効きづらいなんてことは避けなければいけません。 これが口唇ヘルペスでは「アシクロビル」ではなくて 「ビタラビン」を使った方がいい理由です。 ヘルペスウイルスは眼に症状が出ることがあって、ひどいと失明の危険があるので、効果的に対応できる手段は取っておいた方が安心ですよね。 また、市販の「アラセナ」には、「軟膏タイプ」と「クリームタイプ」の2種類がありますが 「軟膏タイプ」の方がオススメ。 それは軟膏は油が主成分でクリームは水分が主成分だからです。 クリームはサラサラとしていて塗りやすいのですが、キズがある部分に塗るとしみて痛くなる可能性があります。 また、水分で流れやすくて薬が落ちやすいです。 逆に軟膏はベタベタとしていて使用感はあまりよくありませんが、 しみませんし取れにくいという特徴があります。 飲食で取れてしまわないように、水ぶくれで痛みが出てしまわないように「軟膏タイプ」がオススメです。 アラセナS軟膏を効果的に使用する方法 薬を塗り始めるタイミング アラセナS軟膏はウイルスを殺す薬ではなくて、 増殖を抑制する薬ですので、 ウイルスが増えきってしまうと効果が下がります。 症状初期のヒリヒリする時はウイルス量が少なく、だんだんウイルス量が増えて水ぶくれに症状が発展しますから、ウイルス量が少ない ヒリヒリ期から塗り始めると効果的です。 薬を塗る時間 アラセナS軟膏は、少しくらい口の中に入るのは問題ありません。 でも薬が取れるのは問題ですので 食前より食後に塗る方が効果的です。 薬を塗ってから 30分以上は飲食しないとベストです。 薬を塗る回数 これが一番重要。 薬の説明書には「1日1回から4回塗る」とありますが、必ず4回塗ってください。 それは アラセナS軟膏の効果が長続きしないため。 むしろ1日4回以上になってもいいので、 2~3時間おきくらいにこまめに塗れると良いでしょう。 患部から薬を切らさないよう繰り返し補充し、ウイルスの増殖をずっと抑えつけるイメージで。 薬をやめるタイミング 水ぶくれの後のかさぶたになってしまったら、そこにはほとんどウイルスがいません。 逆にかさぶたになっていない状態では、 症状が何もなくてもウイルスがいますので薬が必要です。 かさぶたになって 完全に乾いたら塗るのをやめても大丈夫なタイミングです。 口唇ヘルペスとはどういった病気? 口唇ヘルペスは、 人生のどこかで「単純ヘルペス」に感染することで引き起こされます。 赤ちゃんの頃に親から感染するのが多いとされています。 キスしたりほおずりしたりしたりした時です。 感染すると顔の奥の「三叉神経」という所に潜んでいて、 疲れがひどいとか体調不良時にウイルスが表面にやってきて発症します。 紫外線とか肌に刺激がある時にも発症することがあります。 ウイルスが表面に出てくると口のところに「水ぶくれ」を引き起こします。 始めはヒリヒリするくらいですが、次に赤くなって水ぶくれができます。 最後に水ぶくれが破裂してかさぶたが出来て治ります。 通常は何も治療しなくても1~2週間で治りますが、 水ぶくれがひどいと傷あとが残ることがあります。 何より口に水ぶくれができるのは、特に女性はイヤですよね。 ウイルスはずっと体に潜んでいるわけですから 何度も口唇ヘルペスになりますし、繰り返すと口唇ヘルペスになりそうな感じが分かってきます。 「アラセナS軟膏」は、繰り返す口唇ヘルペス専用の薬です。 初めて口唇ヘルペスになる方には使えません。 ヘルペスウイルスは複数種類いる 実はヘルペスウイルスは、 たくさんの種類があります。 口唇ヘルペスや性器ヘルペスを引き起こすのは「単純ヘルペス」で、同じ単純ヘルペスでもさらに複数種類があって口唇ヘルペスと性器ヘルペスは厳密には異なるウイルスによって引き起こされます。 みずぼうそうと帯状疱疹は同じウイルスで「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。 ヘルペスウイルスは他にももっとたくさんあります。 アラセナS軟膏が効くウイルスは、「単純ヘルペスウイルス」と「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。 アラセナS軟膏が口唇ヘルペスにしか使えない理由 理論的にはアラセナは、 単純ヘルペスと水痘・帯状疱疹ヘルペスに有効です。 ですが、認可の問題で、アラセナS軟膏は「繰り返す口唇ヘルペス」にしか使ってはいけないことになっています。 初めて口唇ヘルペスになった時も性器ヘルペスの時にも アラセナS軟膏を使えば効果はありますが、完全に自己責任となるので要注意。 素直に皮膚科を受診すべきです。 口の中のヘルペス「口内ヘルペス」に使える市販薬は? 市販のヘルペスの薬は、 多少口に入っても問題がないようにできていますが、積極的に口の中に入れるものではありません。 口の中に多数の水ぶくれがあってヒリヒリとし、口の中のヘルペスが疑われる時は、皮膚科を受診するようにしましょう。 バルトレックスなど内服の薬を服用することになると思います。 参考:意外と知らないウイルスに効く薬って少ない ウイルスはものすごく単純な構造をしていて、「DNAとそれを包むタンパク質だけ」です。 DNAの代わりにRNAという遺伝子を持っているウイルスもいますが、基本的には遺伝子とタンパク質だけで構成されています。 人間の細胞もDNAとそれを包むタンパク質がありますから、 ウイルスに効かす薬はだいたい人間の細胞にも効いてしまって副作用が出まくる超危険な薬となってしまいます。 治療薬を作りたいウイルスがある時は、そのウイルスの構造を研究しまくって、 「人間の細胞には無いけどウイルスだけが持っている部分」を頑張って探します。 運よくそれが見つかれば、 副作用が少なくウイルスにも効くちゃんとした薬になります。 だったら研究しまくればいつかは薬が作れるでしょって思いましたよね?でも、そうは簡単にはいきません。 ウイルスは構造が単純過ぎて、すぐに突然変異して微妙に持っている物を変えてきます。 なので、 「人間の細胞には無いけど、ウイルスだけが持っていて、ほとんど変化しない部分」を見つけ出さなければいけません。 これがウイルスへ効く薬が少ない理由です。 昔はウイルスに効く薬は作れないと考えられていたのですが、ノーベル医学賞を受賞した「ガートルード・ベル・エリオン」というアメリカの方が「アシクロビル」というヘルペスウイルスに効く薬を創ったのがはじまりです。 アシクロビルは現在もヘルペスウイルスの治療に使われる薬です。 現在では、インフルエンザ、HIV(エイズ)、B型肝炎、C型肝炎などでウイルスに効く薬があって、B型肝炎やC型肝炎では今や飲み薬でほぼ治る病気にもなっています。 ちなみに風邪はほんとどウイルスが原因ですが特効薬はありません。 風邪の特効薬を創ったらノーベル賞クラスとも言われています。 ウイルスの病気が市販薬で治療できるなんてスゴイことなんですよ。 セルフメディケーション税制の対象品 市販薬を購入すると税金が安くなる「セルフメディケーション税制」という制度が2017年1月から始まりました。 市販薬によってこの制度が摘要できるかが異なりますので、この記事で オススメした市販薬が、セルフメディケーション税制の対象になるかどうかも紹介しますね。 口唇ヘルペスの治療に使える市販薬は商品はたくさんあるものの 成分としては2種類しかありません。 その内の「アシクロビル」は、飲み薬のヘルペス治療薬として効果が高い「バルトレックス」が効果を発揮する本体ですので、アシクロビルにウイルスが効かなくなってしまったら大変。 もう一つの「ビタラビン」も口唇ヘルペスへの効果は同じくらいありますから、市販薬での治療は まずは「アラセナS軟膏」を使うことをオススメします。 アラセナS軟膏の効果を高めるためには、症状が軽い ヒリヒリ期から1日4回食後に塗ると良いでしょう。 口唇ヘルペス治療薬以外の他の薬効でのおすすめ市販薬は次のリンクか、画面上部のメニューボタンからどうぞ。

次の

口唇ヘルペス市販薬3選!アラセナS、アクチビア、ヘルペシアの違いと選び方

口唇ヘルペス 市販薬

市販の外用薬が使用できるのは、医師の診察により「口唇ヘルペスである」との診断を受けたことがあり、再発したケースに限られます。 口唇ヘルペスの市販薬はすべて【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入することができます。 再発でない場合などは、ドラッグストアの店頭に行っても購入できないケースもあります。 口唇ヘルペスの初期症状は、 唇や口元に「なんとなく違和感を覚える」という段階から、ピリピリ、チクチクしたような痛みに近い感覚、少し重い腫れてきたかな? という感覚があります。 初期レベルで市販の抗ウィルス軟膏を塗れば、発疹にまで至らず、発症しないですむことも少なくありません。 初期レベルを放置した場合、赤いプツプツした発疹から、小さな水ぶくれになり、水ぶくれが合体して大きくなったりします。 発症してしまった場合でも、市販の抗ウィルス軟膏を塗ることによって患部の拡大や症状の悪化を防ぐことができます。 ただ、できるだけ初期段階での治療の方が効果的で、峠を過ぎてからではあまり効果は見られませんが、広めに塗っておくことによって周囲への感染拡大を防ぐことはできます。 使用前には、よく手を洗って清潔にしてください。 1日数回、患部に適量を塗ってください。 こすらず、患部の上に軽くのせるように塗ってください。 使用後も、よく手を洗ってください。 手を洗う前に、他の部位を触らないようにしてください。 万が一、目に入った場合にはすぐに目を洗ってください。 再発を繰り返して慣れた口唇ヘルペスであっても、いつもより症状が悪化していると感じたら、まずは「皮膚科」を受診してください。 風邪をひいていたり、他の病気や体力が落ちている場合などは、合併症もありますので「内科」が良いでしょう。 妊娠中の妊婦であれば、かかっている「産婦人科」で相談してください。 口唇ヘルペス以外の「性器ヘルペス」や「帯状疱疹」なとの場合は、内服治療を受けるために医療機関への受診をおすすめします。 性器ヘルペスの場合は抗ウイルス軟膏ではなく、ヘルペス治療薬のバルトレックスやゾビラックスの服用を行います。 ヘルペス治療に効果のある市販薬の口コミ• 佐藤製薬の「アラセナS」• 大正製薬の「ヘルペシア」• グラクソ・スミスクライン株式会社の「アクチビア」 使用前には、添付の説明書を必ず確認してください。 ヘルペスはヘルペスウィルスの感染症で、一度感染すると体内の神経節にウィルスが隠れ潜み、体調を崩すと再発します。 風邪をひいたり、熱が出たり、疲れが溜まったりすると、口唇ヘルペスを頻繁に繰り返すという人もいます。 以前は、抗ウィルス薬は医療機関でしか処方されませんでしたが、最近は抗ウィルス軟膏が市販されています。 初期段階での口唇ヘルペスの場合は、市販の抗ウィルス軟膏を塗って対応しておけば悪化させずにすみます。 頻繁に再発を繰り返している人は、体調管理とともに市販の抗ウィルス軟膏を常備しておくと良いでしょう。 口唇ヘルペスへの有効成分は、アシクロビル、ビタラビンです。 「アクチビア軟膏」は、マクロゴールというベースのクリームにアシクロビルを混ぜた、至ってシンプルな薬です。 「アラセナS」は、アシクロビルの他に、ビタラビンという抗ウィルス薬が入っていて、有効成分が2種類です。 ビタラビンは少量でもより効果を発揮するので、特におすすめです。 軟膏タイプとクリームタイプもあり、外出時はクリームタイプで薄く塗り、就寝時は軟膏タイプでしっかり塗るという、使い分けが可能なのが便利です。 「ヘルペシア」は、アシクロビルの他に添加物が他の2種類と比べて多いのでメリットもあるのですが、アレルギー等がある方にはおすすめできません。 外用薬には、軟膏タイプやクリームタイプとあります。 一般的に有効成分や配合量は同じでも、ベースとなる基剤と呼ばれるモノが異なっていて、使い勝手やテクスチャアが違います。 クリームタイプは薄く伸びやすいテクスチャアで、軟膏タイプはしっかり厚めに塗ることが出来るという感覚です。 化粧品などの肌触りとか、皮膚に乗せた時の感覚や伸び、吸収の時間差のようなイメージが分かりやすいかもしれません。 口唇ヘルペスの場合、唇や口元にガッツリ薬を塗っている状態は、あまり見栄えの良いものではないですから、外出時は薄く伸びるクリームタイプにしておいて、自宅でのリラックス時や寝る前などには軟膏タイプで、しっかり厚めに塗るという人もいます。 市販されている抗ウィルス剤は、外用薬だけです。 内服薬は医師の処方が必要ですし、点滴治療は医療機関で実施されます。 内服薬で有名なヘルペス治療薬はバルトレックスとゾビラックスです。 性器ヘルペスは、主に抗ウイルス薬 ウイルスの増殖を抑える を用いた治療を行うことが有効です。 外用薬だけの使用は、あまりメリットがありませんので、症状や体質に合わせた専門医の適切な治療をおすすめします。 ヘルペス治療薬のバルトレックス個人輸入.

次の