シャボン 玉 石鹸 酸素 系 漂白 剤。 シャボン玉石けん 通販サイト

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤の使用方法

シャボン 玉 石鹸 酸素 系 漂白 剤

シャボン玉石鹸洗濯そうクリーナーの使い方。 【用意するもの】 シャボン玉石けん洗濯槽クリーナー 1袋 500g ゴミ取り用のネット 100均の魚すくい用の網を使用) シャボン玉石けんの洗濯そうクリーナーに書いてある使い方はこのようになっています。 前に洗濯槽の掃除をしたのは半年ほど前だったような気がします。 そろそろしないとだなぁと重い腰をあげ、本日シャボン玉石けんの洗濯そうクリーナーで洗濯機の掃除をしてみました。 洗濯そうについているゴミ取りネットは外しておきます。 汚れで目詰まりするからかどうかよくわかりませんが、念のため外します。 うちの洗濯機はPanasonicの全自動洗濯機を使用しています。 ぬるま湯(30~40度)を使用するとより効果的と書かれていたので、お風呂の残り湯を追い炊きして使いました。 高水位まで給水して洗いのみに設定。 この設定大事です。 テストにでます!って何のテストかは分かりませんが。。 高水位にする理由は、洗濯槽の上の方まで洗ってくれるから。 そして、すすぎ、脱水も設定してしまうと、せっかくの洗浄成分が全部流れて行ってしまいます。 はい、ここ大事! 給水が終わったら洗濯そうクリーナーを洗濯機の中に入れます。 特に匂いもありません、白い粉です。 そして洗濯機を3分間回します。 うちの洗濯機は回っている時は蓋は開けられない仕様になっているの、蓋をしめて3分じっと待ちます。 3分後 うっわー、きったない。 黒いというか黄土色というかなんでしょうね、家の恥をさらすようでみっともないですが、まぁなんともきたない汚れが浮いていました。 洗濯物に時々こびりついていたわかめ状の汚れ。 シャボン玉石けんの洗濯槽クリーナーには界面活性剤も入っているので結構泡立っています。 その泡にまみれ汚れが。 この汚れを網ですくいとるとこんな感じ。 泡が邪魔して見えなかったので水をかけ、泡を流しています。 3分回しただけでこれだけとれるんですね。 シャボン玉石鹸の洗濯槽クリーナーで掃除した結果 それから3時間放置します。 3時間後の写真がこちら。 もう、それはなんというか、閲覧注意画像ですね。 3時間かけて、洗濯槽の内側にこびりついてた汚れが浮き出てきました。 この見事な汚れっぷりを誰かに見せたくてブログにアップしてみました。 汚くてすみません>< この汚れを取り、今度は標準コースで1サイクル洗濯機を回します。 うちのPanasonicの洗濯機の場合はおまかせコースにして、水量をマックスの63リットルにして洗濯機を回します。 洗濯終了のピーピー音がしたので、蓋を開けてみると、洗濯機の内側にまだ汚れが残っています。 ティッシュで拭き取ってみるとちょっとした塊のような汚れもあり、げっそり。 こんな状態で洗濯機を使っていたのか、と洗濯槽の掃除をするたびに思うのです。 もっと掃除の頻度を上げればよいのですがね。 ちなみに、洗濯槽の汚れを拭き取るのが面倒な場合は白いタオル(なぜ白いかって汚れがついているのが良く見えるから)を入れて一緒に回すと、タオルに汚れがついてくるので楽チンです。 シャボン玉石鹸の洗濯槽クリーナーの使い方説明によると、1サイクル洗濯機を回しても汚れが残っているようであれば、汚れがなくなるまで回して下さいとのこと。 というわけでもう1サイクル。 もう汚れの量も少なくなって洗濯槽掃除も佳境に入ってきた頃で、汚れでゴミ取りネットがパンパンになることもなさそうなので、今度は洗濯槽付属のゴミ取りネットを装着してまわしてみます。 1サイクル後、洗濯そうの中にはまだ汚れが少し残っていて、ゴミ取りネットの中にも汚れが、もう1サイクル。 お使いの洗濯機の汚れ具合にもよると思いますが、うちの半年間掃除しなかった洗濯機はそんな感じです。 今回はシャボン玉石けんの洗たく槽クリーナーのパッケージに書いてあるやり方でやってみましたが、3時間放置後もまだ結構汚れが残っていて、標準コースで3回回してようやく汚れがとれたので、標準コースを3回も回すと水がもったいないなと思いました。 こんな感じで洗浄液をそのまま使って洗いのみコース3分、1時間放置を汚れが少なくなるまで何回かやってみるのも水の節約になると思いました。 24時間以上放置は洗濯機の故障の原因になると書かれていたので、あまり長いこと洗浄液で浸しておかない方が良いようです。 次回は水の節約の為この方法でやってみようかな。 【成分】 シャボン玉石けん酸素系漂白剤:過炭酸ナトリウム(酸素系) シャボン玉石けん洗濯そうクリーナー:過炭酸ナトリウム 酸素系 、界面活性剤、重曹 【容量】 シャボン玉石けん酸素系漂白剤:750g シャボン玉石けん洗濯そうクリーナー:500g 【価格】 シャボン玉石けん酸素系漂白剤:459円 シャボン玉石けん洗濯そうクリーナー:415円 成分についてはシャボン玉石けん酸素系漂白剤に界面活性剤、重曹を加えたものがシャボン玉石けん洗濯そうクリーナーです。 界面活性剤が入っているのもちろん泡立ちます。 なので洗濯槽を掃除しているぞ!洗っているぞ!感が強いです。 容量は酸素系漂白剤の方が多いので値段もその分高いですが、グラム単価でみるとシャボン玉石けん酸素系漂白剤の方がシャボン玉石けん洗濯そうクリーナーよりも安いです。 シャボン玉石けん酸素系漂白剤とシャボン玉石けん洗濯そうクリーナーを両方使ってみた感想ですが、同じ条件で洗濯槽の掃除を試したわけではないですが、汚れ落ちはシャボン玉石けん洗濯そうクリーナーの方が良いように思えました。 何ていうんでしょう?ごっそり感?がシャボン玉石けん洗濯そうクリーナーの方が上の様に感じました。 パッケージにもごっそり取れるって書いてあるし。 あと、扱いやすさもシャボン玉石けん酸素系漂白剤は洗濯機に入れる前に洗面器で溶かした方が良いのでひと手間かかるし、洗濯槽クリーナーの勝ちかな?でも、ひとつ難点をあげるならば界面活性剤ゆえの泡が邪魔して汚れを網ですくいずらい。。 とこかな。

次の

シャボン玉石けん酸素系漂白剤で洗濯槽の黒カビ”わかめ”をきれいにお掃除!

シャボン 玉 石鹸 酸素 系 漂白 剤

正しい使い方なら高い漂白力を発揮• 色柄物にも使える• 殺菌、除菌効果がある このようなメリットがあります。 漂白と言うと、良くも悪くもとにかく真っ白になってしまうようなイメージがあるかもしれませんが、そうではないんですね。 そんな便利な酸素系漂白剤をもう少し詳しく見ていきましょう。 酸素系の特徴 前途の通り 漂白効果はもちろんの事、 色柄物にも使えて除菌、殺菌効果があるのがメリット。 効果と使いやすさのバランスがとれた優等生なんですね。 綿、麻、化学繊維など普段着に使われる色んな素材に問題なく対応できます。 粉末と液体 酸素系漂白剤には粉末タイプと液体タイプがあります。 同じ酸素系漂白剤ですが、成分が違うのでその効果にも差があります。 粉末の特徴 粉末タイプの主成分は 過炭酸ナトリウム。 過炭酸ナトリウムは水に溶けると炭酸ナトリウムと過酸化水素に分かれます。 過酸化水素が漂白成分になりますが、炭酸ナトリウムはアルカリを高めてくれるため洗浄力(漂白力)が高いのが特徴。 漬け置きで本格的に漂白するときには、粉末タイプがよいでしょう。 さらに一口に粉末酸素系漂白剤といっても、商品によって少し特徴が異なります。 黄ばみ• 黒ずみ• 洗濯で落としきれなかった汚れ(色素) このような、今まで諦めてしまっていた汚れも、正しい漂白処理なら落とす(もしくは薄くする)ことが可能です。 温度 使い方の前に一番大切なことをお伝えしておきます。 酸素系漂白剤を使うときのポイントは 温度です。 温度が高くなるほど化学反応が促進されて漂白効果も高まります。 実は常温の水に漂白剤を入れても、黄ばみなどの変色は間違いなく白くはなりません。 実際にやってみるとわかるのですが、この位の温度になると洗浄液が発泡してきて、効果が高まっている様子が目に見えてわかるようになります。 ただし、それ以上の温度に上がりすぎると、一気に促進しすぎて効果は半減してしまいますのでご注意ください。 漬け込み漂白 全体的な汚れや変色を落としたいときには、漬け込み方式による漂白が効率的です。 使うタイプは粉末、液体どちらでも構いませんが、前途の通り粉末の方が強力なので、漬け込みでしっかりと漂白していきたいときには粉末タイプを選ぶ方がよいでしょう。 酸素系漂白剤の量は、ご使用になる製品の規定量から始めてみます。 洗濯物を入れて漬け置く 汚れや黄ばみ、黒ずみを落としたい洗濯物を入れて、漬け置きしていきます。 最初の10分ほどはこまめに状態をチェックしましょう。 軽度の汚れでしたら短時間でも白くなってしまう場合があります。 しばらく観察しても落ちていないようでしたら、長時間漬け置いてみましょう。 最初の目安は30分~1時間ほど。 その際には 、汚れの状態をチェックしておくことが大切。 徐々に薄くなっているようでしたら、さらに時間や量を増やしていくことで落とせる可能性が高いです。 ある時点から変化が無い場合には、この方法では落ちない汚れと判断し、クリーニング店に相談しましょう。 濯いで仕上げ洗濯 白くなったら軽く濯いで普段通り洗濯機で洗いましょう。 部分漂白 襟や脇、小さいシミなどは部分的に漂白処理した方が効率的な場合があります。 ただし、一か所を強力に漂白していくと、その部分だけが白けてしまう場合があるので注意が必要。 その力加減はお洋服の素材や色も関係してくる微妙なラインなので、不安な方は漬け込みで全体的に漂白してしまいましょう。 ぬるま湯で濡らす 漂白したい部分をぬるま湯で濡らしておきましょう。 家庭では洗面台で行うと効率的で簡単です。 漂白剤を塗る 汚れ部分に漂白剤の原液を塗っていきます。 (原液を塗り込んでいく方法は製品の使用方法には記載されていませんので一応自己責任で。 ) このような使い方をできるのが、液体タイプのメリットでもあります。 熱を加える スチームアイロンの蒸気やドライヤーで熱を加えていきます。 普段通り洗いましょう。 その他の使い方 さて、ここまでが皆さんがイメージしているであろう酸素系漂白剤の使い方。 黄ばみ、黒ずみを白くする方法ですね。 ここからはちょっと意外かもしれない漂白剤の使い方をご紹介します。 普段の洗濯 毎日のお洗濯に酸素系漂白剤をプラスしていくのもおススメです。 洗浄力のアップ、除菌・消臭効果などが期待できます。 使い方は簡単。 普段使っている洗濯洗剤に加えて、酸素系漂白剤を適量加えて洗うだけです。 汚れた洗濯物が多い時、臭いが気になる夏場などはこの一手間で洗い上がりに差が出てきます。 イヤな臭い対策 梅雨時期など部屋干しの機会が増えるときにも効果的です。 洗濯物の嫌なニオイは、 落としきれていない汚れと雑菌の繁殖が原因。 前途の通り、酸素系漂白剤には洗浄力を高め、除菌効果もあるので、このような臭い対策にもおススメなんです。 前項のように単純に普段のお洗濯にプラスしてもいいですし、漂白処理のように温水を使用していけばさらに効果的。 洗濯槽の掃除 ちょっと意外なところでは、洗濯槽の掃除にも使えます。 塩素系の洗濯槽クリーナーも売られていますが、酸素系漂白剤を使うのもかなりおススメです。 目に見えて汚れが浮き出してくるのがわかるほど効果は絶大。 「こんなに汚れてたの・・・?!」と驚くくらいの洗浄力です。 使い方は漂白処理とほとんど同じ。 お湯をドラムに貯める• 酸素系漂白剤を入れて撹拌する• 一晩放置する そうすると翌朝にはとてつもない量の汚れが浮き出しているはずです。 洗濯槽の掃除についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。 商品ラインナップを見てみる それでは最後に各メーカーが販売している酸素系漂白剤をズラッと見てみましょう。 まずは花王さんからワイドハイター。 もはやその商品名が漂白剤の代名詞にもなっているくらいです。 こちらは粉末タイプ。 さらにワイドハイターの液体タイプ。 やはり漂白力は粉末タイプに劣る印象ですが、その分使い勝手がいいですね。 普段のお洗濯にもガンガン使っていきたい人向けかも。 LIONさんからはブライト。 レビューなんかを見ると「他の漂白剤よりも洗い上がりが鮮やか!」なんていう感想を見かけます。 漂白剤成分としてはどれも一緒だと思うんですが・・・。 配合されている界面活性剤に秘密があるんでしょうか。 こちらは純粋な過炭酸ナトリウム。 自然派洗濯を好まれる方、自分でカスタマイズして洗いたい方などに好まれそうですね。 赤ちゃん用酸素系漂白剤。

次の

シャボン玉酸素系漂白剤が子育てママの味方過ぎる!凄さと使い方をシーン別にご紹介

シャボン 玉 石鹸 酸素 系 漂白 剤

正しい使い方なら高い漂白力を発揮• 色柄物にも使える• 殺菌、除菌効果がある このようなメリットがあります。 漂白と言うと、良くも悪くもとにかく真っ白になってしまうようなイメージがあるかもしれませんが、そうではないんですね。 そんな便利な酸素系漂白剤をもう少し詳しく見ていきましょう。 酸素系の特徴 前途の通り 漂白効果はもちろんの事、 色柄物にも使えて除菌、殺菌効果があるのがメリット。 効果と使いやすさのバランスがとれた優等生なんですね。 綿、麻、化学繊維など普段着に使われる色んな素材に問題なく対応できます。 粉末と液体 酸素系漂白剤には粉末タイプと液体タイプがあります。 同じ酸素系漂白剤ですが、成分が違うのでその効果にも差があります。 粉末の特徴 粉末タイプの主成分は 過炭酸ナトリウム。 過炭酸ナトリウムは水に溶けると炭酸ナトリウムと過酸化水素に分かれます。 過酸化水素が漂白成分になりますが、炭酸ナトリウムはアルカリを高めてくれるため洗浄力(漂白力)が高いのが特徴。 漬け置きで本格的に漂白するときには、粉末タイプがよいでしょう。 さらに一口に粉末酸素系漂白剤といっても、商品によって少し特徴が異なります。 黄ばみ• 黒ずみ• 洗濯で落としきれなかった汚れ(色素) このような、今まで諦めてしまっていた汚れも、正しい漂白処理なら落とす(もしくは薄くする)ことが可能です。 温度 使い方の前に一番大切なことをお伝えしておきます。 酸素系漂白剤を使うときのポイントは 温度です。 温度が高くなるほど化学反応が促進されて漂白効果も高まります。 実は常温の水に漂白剤を入れても、黄ばみなどの変色は間違いなく白くはなりません。 実際にやってみるとわかるのですが、この位の温度になると洗浄液が発泡してきて、効果が高まっている様子が目に見えてわかるようになります。 ただし、それ以上の温度に上がりすぎると、一気に促進しすぎて効果は半減してしまいますのでご注意ください。 漬け込み漂白 全体的な汚れや変色を落としたいときには、漬け込み方式による漂白が効率的です。 使うタイプは粉末、液体どちらでも構いませんが、前途の通り粉末の方が強力なので、漬け込みでしっかりと漂白していきたいときには粉末タイプを選ぶ方がよいでしょう。 酸素系漂白剤の量は、ご使用になる製品の規定量から始めてみます。 洗濯物を入れて漬け置く 汚れや黄ばみ、黒ずみを落としたい洗濯物を入れて、漬け置きしていきます。 最初の10分ほどはこまめに状態をチェックしましょう。 軽度の汚れでしたら短時間でも白くなってしまう場合があります。 しばらく観察しても落ちていないようでしたら、長時間漬け置いてみましょう。 最初の目安は30分~1時間ほど。 その際には 、汚れの状態をチェックしておくことが大切。 徐々に薄くなっているようでしたら、さらに時間や量を増やしていくことで落とせる可能性が高いです。 ある時点から変化が無い場合には、この方法では落ちない汚れと判断し、クリーニング店に相談しましょう。 濯いで仕上げ洗濯 白くなったら軽く濯いで普段通り洗濯機で洗いましょう。 部分漂白 襟や脇、小さいシミなどは部分的に漂白処理した方が効率的な場合があります。 ただし、一か所を強力に漂白していくと、その部分だけが白けてしまう場合があるので注意が必要。 その力加減はお洋服の素材や色も関係してくる微妙なラインなので、不安な方は漬け込みで全体的に漂白してしまいましょう。 ぬるま湯で濡らす 漂白したい部分をぬるま湯で濡らしておきましょう。 家庭では洗面台で行うと効率的で簡単です。 漂白剤を塗る 汚れ部分に漂白剤の原液を塗っていきます。 (原液を塗り込んでいく方法は製品の使用方法には記載されていませんので一応自己責任で。 ) このような使い方をできるのが、液体タイプのメリットでもあります。 熱を加える スチームアイロンの蒸気やドライヤーで熱を加えていきます。 普段通り洗いましょう。 その他の使い方 さて、ここまでが皆さんがイメージしているであろう酸素系漂白剤の使い方。 黄ばみ、黒ずみを白くする方法ですね。 ここからはちょっと意外かもしれない漂白剤の使い方をご紹介します。 普段の洗濯 毎日のお洗濯に酸素系漂白剤をプラスしていくのもおススメです。 洗浄力のアップ、除菌・消臭効果などが期待できます。 使い方は簡単。 普段使っている洗濯洗剤に加えて、酸素系漂白剤を適量加えて洗うだけです。 汚れた洗濯物が多い時、臭いが気になる夏場などはこの一手間で洗い上がりに差が出てきます。 イヤな臭い対策 梅雨時期など部屋干しの機会が増えるときにも効果的です。 洗濯物の嫌なニオイは、 落としきれていない汚れと雑菌の繁殖が原因。 前途の通り、酸素系漂白剤には洗浄力を高め、除菌効果もあるので、このような臭い対策にもおススメなんです。 前項のように単純に普段のお洗濯にプラスしてもいいですし、漂白処理のように温水を使用していけばさらに効果的。 洗濯槽の掃除 ちょっと意外なところでは、洗濯槽の掃除にも使えます。 塩素系の洗濯槽クリーナーも売られていますが、酸素系漂白剤を使うのもかなりおススメです。 目に見えて汚れが浮き出してくるのがわかるほど効果は絶大。 「こんなに汚れてたの・・・?!」と驚くくらいの洗浄力です。 使い方は漂白処理とほとんど同じ。 お湯をドラムに貯める• 酸素系漂白剤を入れて撹拌する• 一晩放置する そうすると翌朝にはとてつもない量の汚れが浮き出しているはずです。 洗濯槽の掃除についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。 商品ラインナップを見てみる それでは最後に各メーカーが販売している酸素系漂白剤をズラッと見てみましょう。 まずは花王さんからワイドハイター。 もはやその商品名が漂白剤の代名詞にもなっているくらいです。 こちらは粉末タイプ。 さらにワイドハイターの液体タイプ。 やはり漂白力は粉末タイプに劣る印象ですが、その分使い勝手がいいですね。 普段のお洗濯にもガンガン使っていきたい人向けかも。 LIONさんからはブライト。 レビューなんかを見ると「他の漂白剤よりも洗い上がりが鮮やか!」なんていう感想を見かけます。 漂白剤成分としてはどれも一緒だと思うんですが・・・。 配合されている界面活性剤に秘密があるんでしょうか。 こちらは純粋な過炭酸ナトリウム。 自然派洗濯を好まれる方、自分でカスタマイズして洗いたい方などに好まれそうですね。 赤ちゃん用酸素系漂白剤。

次の