月 と オオカミ ちゃん に は 騙 されない 最終 回。 月とオオカミちゃんには騙されない最終回が大炎上!誰がオオカミ!?

月とオオカミちゃんには騙されない最終回のネタバレと感想!オオカミが明らかになる!

月 と オオカミ ちゃん に は 騙 されない 最終 回

AbemaTVが9月29日、オリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』の最終回「運命の最終告白1時間スペシャル」を放送した。 『オオカミちゃんには騙されない』は、真実の恋をしたい男女10人が、恋の駆け引きやデートを繰り返しながら本気の恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー。 それはミチへ宛てたものだった。 カフェ完成後アトリエにミチを呼び出したルード。 しばらくの沈黙のあと、「なんで呼んだかっていうと、かずまのことなんだけど……」と重い口を開き、かずまにとってみんなと過ごせる時間はカフェ完成の今日が最後だったこと、ルードだけにこのことが伝えられたこと、ミチにも伝えたほうがいいと判断して月LINEを送ったことを説明した。 かずまのことと聞いて動揺するミチだが、「今日最後なのかな、実感がないかも……」と言うと、「楽しい夏だった……かずまくんがアメリカいくことって絶対泣いちゃいけないことなのに」と続け、顔を覆って号泣。 それを見たスタジオも「かわいそう……切ない」と涙した。 Dream Amiは、お別れが1番嫌い、と話していたミチに対し「これが最後だってわかりながら、その瞬間を過ごしたくない気持ちはすごく分かる」とミチの気持ちに寄り添った。 直前のオオカミちゃん予想では、横澤はほのばび、松田はほのばびとあいり、Dream Amiはゆうかかいと、飯豊はゆうか、と意見がバラバラに。 いったい誰がオオカミちゃんなのか、最後までスタジオメンバーも明確な答えがでないまま、最終告白を見届ける。 今回は、告白を受ける女性メンバーがオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を手に持っている。 男性メンバーからの告白に対しOKだった場合、風船を相手へ渡し、オオカミちゃんだった場合、風船を手放す。 まず、ゆうかへ最終告白をしにひろむが海辺へ向かう。 ひろむは、ゆうかに向かって「ゆうかちゃんとは最年長と最年少で、すごい年の差があるんだけど、ゆうかちゃんの隣に並んでも大丈夫って言われるくらい立派な男になるので、絶対そうなるので、ゆうかちゃんがオオカミちゃんじゃないって信じてます」といって手を差し出す。 スタジオが固唾を呑んで見守る中、ゆうかは赤い風船を手放し、ひろむへ手紙を渡すとその場を立ち去った。 手紙には、「私はオオカミちゃんでした。 自分がもっと上手くやっていればひろむくんに辛い思いをさせずに済んだんじゃないかと思うこともありました。 でもそれは私自身の問題です」と綴られており、「私たちには5歳の差があったけど、実際には逆だったね。 ひろむくん、もっともっと素敵な大人になってください。 ひろむくんの笑顔が大好きでした」と締められた内容に、横澤は「もう……切ない」と大号泣。 ひろむも「ゆうかちゃんはみんなとはちょっと違う気持ちでみんなと思い出を作り上げてたと思うんですけど、それでもすごいゆうかちゃんと会えてよかったなって思います」とコメント。 視聴者も「オオカミちゃん側もつらかったよね…」、「ゆうかちゃんもひろむもお疲れさま」、「ゆうかちゃんは自分を責めないで」とゆうかを労うコメントが殺到した。 そしてゆいとの下した決断とは? 次にルードがいとへ最終告白を。 「自分のいろんなものを、もっといとちゃんに知って欲しい」と手を差し出したルードに対し、いとは赤い風船を渡し、無事告白成功!風船を渡された瞬間ルードは「え、まじっ!?」と驚くと、「今までで1番可愛いわ、まじかわいい、やばい!」と思わずハグ。 まさかの結末に、横澤も「いとちゃん、結構オオカミ率高いと思ってたよ!」と驚きを隠せない。 また、告白成立後のインタビューにて、「大喧嘩してみたい!」といとが話すと、「絶対無理!怖ぇもん、俺!」とルードが怯えた表情を見せると、スタジオは大爆笑。 視聴者も仲むつまじい二人の様子に、「いとるど最高!嬉し泣きしちゃう」、「お似合いすぎる」、「すでに夫婦感すごい!」と祝福モードだった。 また、Kayaはほのばびへ告白。 「素の自分でいられた気がして、俺はばびちゃんのことが好きです」とストレートに告白したものの、ほのばびは風船を渡さず……。 「本当に楽しかったけど、正直なかなか次の恋に進むことができなくて……」と、ほのばびは涙ながらに伝えた。 最後のゆいとは、あいりがオオカミちゃんだったのかを確かめることを選択し、誰にも告白をしなかった。 海辺に置かれたあいりからの手紙。 そこには、「私はオオカミちゃんではありません。 脱落してしまったけど、私はゆいとくんにいっぱい気持を貰えたから、私にはちゃんと伝わっていたよ。 (略)P. 月LINE届いたよ」と書かれていました。 なんと、第11話でゆいとが月LINEを送った相手はあいりでした。 あいりの手紙をみた飯豊は、「本気で恋愛をしにきただけだったんですね」と涙ぐむと寂しそうに話した。 飯豊「孤独で切なかっただろうな……」 今回の『オオカミちゃんには騙されない』では、ラストメッセージとして、オオカミちゃんだったゆうかが、ミチ・ほのばび・いとのもとへ。 ゆうかは「女子がこのメンバーでよかったってすごく思うし、すごく支えてもらったし、すごく好きなことに嘘はないんだけど……私がオオカミちゃんでした」と、涙ながらに告白すると、飯豊は、「オオカミちゃんという大役を持ちながら、みんな本当に仲がいいのは嘘がないし、孤独で切なかっただろうなって思う」と涙ながらに話すと、松田も「ひろむが最も一途な一人だったじゃないですか。 そのひろむが、ゆうかちゃんに恋をしたっていうのも、ゆうかちゃんにとっては大きかったんじゃないかな」とひろむの一途な気持ちに触れ、横澤も「ひろむにこういうこと言っちゃった、ああいうこと言っちゃったすごく落ち込んだんだろうな」と、メンバーはじめスタジオ陣もゆうかの気持ちを思いやった。 月LINEはミチへ届いており、そこには「ミチちゃんに告白したいので、アメリカに来てくれませんか?」と。 それを見たスタジオは「出張オオカミちゃん!」、「呼び出し告白じゃん!やばい!ドキドキする!」と大興奮!ミチはボストンに向かい、かずまは「最初に出会ったときからいいなと思ってて。 好きだってことを伝えに来ました」と手を差し出すと、ミチは赤い風船をかずまへ渡した。 その瞬間、スタジオは大歓声!!ハイタッチをして喜びを分かち合いつつ、飯豊は「嬉しい……」と涙声に。 今回、シリーズ史上初の男女逆転版だった『オオカミちゃんには騙されない』。 過去の『オオカミ』シリーズは最終回のエンディングシーンで毎回次回作の予告がされてきたが、今回は次回作に関する発表はなく、スタジオも「次回もまた(『オオカミ』シリーズで)会いたい!」と口々にコメント。

次の

『オオカミちゃん』最終回で大波乱! 告白、涙、そしてアメリカロケ!【ネタバレあり】

月 と オオカミ ちゃん に は 騙 されない 最終 回

月とオオカミちゃんには騙されない12話のネタバレ! ヒナの月ライン しょうたろう:ヒナ? ヒナ:ただいま しょうたろう:お帰りです。 ヒナ:ちょっと色々話かったから。 しょうたろうに月ラインを使った理由は、ラインは一回しか使えなかったし あいまいなまま終わらせたくなかったから ずっと悩んでたじゃん私、しんどい時とかにさ大きいじゃん自分の中で コアのことが好きだし気持ちも固まった。 でもしょうたろうのことが気になっちゃう。 しょうたろう:コアにはちゃんと伝えてる?ちゃんと口にしたがいいよ。 報告案件 脱落メンバーの復活に関数重要事項 ここで100着完成したか衣裳チェックが入る。 緒方先生:売れそうかなてあるのはありますので100着あるか検品してください。 りこ:じゃあいきますね、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10 ななか:12,19,20 コア:20でこんだけなくなるんだ しょうたろう:あと10着 あずさ:頼む、99、100、あった~~!! これで復活の権利は得られたね 帰ってきてほしい ルークが太陽ラインを発動 ルーク:わわわわ、ちょ莉音遊び行こうぜ 莉音:え、じゃあかこうか ルークの太陽ライン 莉音:おはよう ルーク:おはよう 莉音:みて、ルークスタイル 今日はつりぼりだ ルーク:釣れるかな? 莉音:ううおおおお、すげえ見て でっかあ 楽しかった ルーク:あとはナナと復活と告白だけだ。 莉音:莉音は今一番いて楽しい、ルークが ルーク:ほんと、やったねえ、嬉しい嬉しい 莉音:楽しいのが一番やねんなあ ルーク:莉音はオオカミちゃんじゃないよね 莉音:オオカミちゃんじゃないです ルーク:信じまーす 「落ちないで投票」結果発表 そこには 白い手紙が 「落ちないで投票」の結果を正面のスクリーンにて発表します 移された月が全て満ちた時脱落メンバーは復活となります。 全員で手を繋ぎ10秒数えた後発表を開始します。 あずさ:(とおるへ)大丈夫? 月は全て満たなかった。 つまり、復活はなかった。 カーテンが開きそこには 赤い手紙が 「落ちないで投票」の結果 脱落メンバーの復活は行われません 最終告白は10人で行います コア:悔しいけど、11人でやってきたことは変わんないし、なくなんないし俺たちが11人て思ってたら11人じゃない とおる:脱落した時もナナもみんなに泣かないでって言ってたし多分この10人が楽しくやったほうがナナも喜ぶと思うから最後まで楽しく終わらせたい 最後のシーン ななか:なんかこの天気であれだね、復活の結果聞くと沈むね ここでラインが鳴る。 しょうたろう:あずさ、、、 ななか:しょうたろうな気がする。 莉音:莉音も浮かんだのはしょうたろう君かとおる君と思った しょうたろうだったどうする? ななか:どうししよう 莉音:ライン二つとも残ってるんでしょ?使いなさい ななか:使います また、ラインが鳴る りょうすけが月ラインを使った、、、 まとめ 今回は 月とオオカミちゃんには騙されない12話についてまとめてきた。 まずヒナの月ラインだ。 しょうたろうに使った理由としてコアとの 太陽ラインで ヒナがスッキリするためにしょうたろうに 月ラインを使ったのだ。 結局はヒナの気持ちとしてはコアにあるが、しょうたろうに使う時点でぶれているのか? コアへの気持ちはあるがしょうたろうに少しでも気持ちがあることをアピールして 間接的にオオカミちゃんということを表現しているのかもしれない。 続いてTGCだがひじょうに素晴らしかったように思える。 衣裳も全て手作りで仕上げいつもとは違うみんながみれた。 今までのメイキング映像が流れたが、かなり頑張っていたと思うと感慨深い。 このブログを通して本当にお疲れさまと言いたい。 そして、TGCの最後に言われた手紙の件だが アトリエで100着数えることが出来た。 これで落ちないで投票が開票することが出来た。 次にルークと莉音の太陽ラインだが、釣りの時の 莉音の様子が巣が出ているように思えたので 二人ともお似合いだ。 続いて落ちないで投票だが、結果は、、、 復活できなかった。 つまり 落ちないで投票よりも オオカミちゃん投票の方が多かった。 私たちも辛いが、何よりメンバーが辛く悲しく悔しいだろう。 この10人で最終回を見ることになるので、来週もしっかり見ときたい。 最後にはラインの連発だったが、 りょうすけが月ラインを使った。 なぜかわからないがおそらくリコのことでの相談なのか、他のメンバーについてのことなのか、、、 最後に曇った表情をしていたので、真相は分からないが 来週は泣いても笑っても最終回だ。 ついにオオカミがわかる。 最後まで目が離せない。 最後に考察だ。 また、ナナの復活がかなわなかった時あずさのの次にとおるを励ましていた。 つまり、いち早く励ましてオオカミちゃんではないことをアピールしている。 また、最後のシーンで少し笑っていた。 この状況で笑える余裕はあまりないはずだ オオカミの可能性あり。 しかし、ルークとのシーンで少しくらい表情をしていた。 さらにルークとはよく遊ぶし楽しうだが、 莉音から気になっているや好きなどの言葉は聞かれていない つまり友達としてはいいが、恋人として意識させると傷つけてしまう可能性あるため、 莉音からは決してそのような言葉は言わない。 つまりオオカミの可能性は高い。 オオカミの可能性高い。 また発表される前もとおるに「大丈夫」などと声をかけていたので、 オオカミがすることではない。 しかし、ラインを一回もつかってないことは不気味だ 性格からなのかわからない、、、 オオカミの可能性は低い。

次の

月とオオカミちゃんには騙されない最終回のネタバレと感想!オオカミが明らかになる!

月 と オオカミ ちゃん に は 騙 されない 最終 回

ですが、オオカミちゃんが潜んでいることは間違いないので、涙が流れる事必至です! 今回は、12話で太陽LINEを使った 菜々花さんと翔大郎さんのデートから始まります。 意外にも、元卓球部だったと言う菜々花さん。 …うまいです! 翔大郎さんも悪くない気がするのですが、菜々花さんが上手でした! 結果、菜々花さんの圧勝。 ふたりで仲良く並んで休憩します。 そこで菜々花さんは、先日発動された梓さんの月LINEの相手は翔大郎さんではないかと探りを入れます。 翔大郎さんには、月LINEは届いていないようでした。 もちろん翔大郎さんは、梓さんの月LINEの相手が気になります。 翔大郎さんを想う菜々花さんは、その場で翔大郎さんに月LINEを送りました。 しょうたろうくんのことが、好きです。 もし梓さんが翔大郎さんに気持ちがあったとしても、菜々花さんは 「自分の方が翔大郎さんの事を好きだ」と言い切りました! 菜々花さんの一途な想いと、その想いの伝え方が可愛いですね。 翔大郎さんも嬉しそうでした。 誰に使ったのか話題になっていましたが、来たのは… やっぱり莉子さんでした! バレンタインの日に、莉子さんが小悪魔サプライズしたのと同じ場所です。 今回、凌介さんが莉子さんを呼び出したのには理由がありました。 それは、バレンタインのお返しを渡すためでした! お返しをもらった莉子さんも、それを見る凌介さんも嬉しそうです。 素敵な二人ですね! 何が何でもカップルになって欲しいです…! この笑顔は嘘偽りのない、2人が思いあってた証だよね?? そう信じたい — 人間の中間 2lAjq2A5bb0RYbZ• 一番最初に振り返った時に、直感で感じた• 遠回りしたけど、これがベストの答えだと思っている• これからも、ヒナさんの事が知りたい• オオカミちゃんじゃないと信じるとかではなく、全部知ってるから安心して 手を差し出すコアさん。 風船は… コアさんの手に渡されました!!! 流れ的に、そろそろオオカミちゃんでは…?と思ったところに3人目は梓さん! 個人的に、一番オオカミであって欲しくない人です… そんな梓さんのもとに向かったのは、 翔大郎さんです。 しかし、梓さんはいませんでした。 替わりに、 赤い風船と手紙が置かれていました。 そこに書かれていたのは、 ずっと、翔大郎さんに支えられていた事、 この告白を迎える前に、やらなければいけないことがあった事、 そして 自分がオオカミであった事が綴られていました。 やらなければいけない事というのは、 脱落してしまったナナさんに、自分がオオカミだと告げる事でした。 最後の最後まで本当にいい子すぎたあずさちゃん。 多分メンバーの中で誰よりもいろんなもの抱えてたよな〜オオカミの役目も、リーダーとしても使命感も、ナナちゃんに対する罪悪感も。 こんないっぱい背負ってたんだなって思ったらほんと胸が痛い。 オオカミである自分ではなく、何の罪もないナナさんが脱落してしなった事に、とても責任を感じていた梓さん。 ナナさんと相思相愛だった亨さんのためにも、ナナさんを復活させるべく、自分の恋愛感情を押し殺してずっと頑張っていました。 ナナさんのドレス作りも、人知れずアトリエで一人、ずっと作業をしていたと言います。 誰にも気づかれないように、みんなが帰った後にななちゃんのドレスを作るのも、ななちゃんに自分がオオカミだって伝えるのも、全部あずさちゃんらしい。 一生推せる。 — think____about. think82765352 本当は、翔大郎さんとも真剣に向き合いたかったのでしょう。 けれど梓さんの決意は固く、結果 「規定違反により失格」となりました。 梓さんを想う翔大郎さんも、この梓さんの気持ちを受け止めたようです。 赤い風船を拾い上げ、「ありがとう」の言葉と共に手放しました。 あずさちゃんは責任感が強いんだろうなぁ。 すっっっっっっごくいい子。 絶対幸せになってほしい。 大抵の安定カップルは、序盤でカップル成立すると思われていただけに、この順番で莉子さんが登場することに少々不安を覚えます…! ま、まさかですよね…! 莉子さんの元に現れたのは、もちろん 凌介さんです! 凌介さんは、それまでの莉子さんへの想いを伝えました。 本来なら私は、あの月LINEの時 失格していたはずだから… あの凌介さんの月LINEデートの日、話しながら莉子さんは泣きました。 莉子さんの涙を見て凌介さんは何かを悟りましたが、気付かないフリをしたのです。 オオカミちゃんってバレてしまうから耐えようとしてたけど、涙が溢れて止まらないりこちゃんと、それを察して気づかないふりをした曽田くん。 ふたりの絆は嘘じゃなかった。 自分の事を「ダメなオオカミちゃん」と言った莉子さんは、きっと本当に凌介さんのことを好きになってしまったのでしょう。 凌介さんも、「本当に好きだった」と泣きました。 オオカミちゃんちょ〜泣いた。 脱落発表の時、ナナさんとシンデレラタイムを過ごしたので、最後に「ナナさんがオオカミだったのか」を知る権利が与えられました。 亨さんは誰にも告白しない代わりに、ナナさんの手紙を受け取りました。 一緒に最後を迎えられず残念だった• 亨さんと過ごした時間が楽しかったから後悔はない• この冬が楽しかったから、誰がオオカミだってことは重要ではない ナナさんは、オオカミちゃんではありませんでした。 そして、本物のオオカミちゃんの事も全く責めませんでした。 それ以上に、この仲間たちと出会えたこと、過ごした時間がかけがえのないものだったのでしょう。 亨さんは、そんなナナさんの強さと明るさに惹かれたと言います。 ナナさん、とても素敵な女の子でしたね! 亨さんは、赤い風船を拾い上げ、その場を後にしました。 正直最初ナナちゃんのこと、可愛いけどちょっと苦手だなって思ってたから、トオルが選んだ時疑問だったけど、明るくて、笑顔が眩しくて、自分は脱落させられたのに、オオカミちゃんを抱きしめて、オオカミちゃんかどうかなんて関係ないとすら思うことが出来る。 トオル見る目ある。 全員素敵だったが — 茉莉 2r3knJXiyLHP46p• カップルになった2組には、今後も仲良く末永く絆を深めてほしいですね。

次の