フランス ツアー おすすめ。 フランスの新婚旅行・ハネムーン特集|海外旅行のSTW

フランス旅行のベストシーズンは?エリア別・目的別の気候についても解説

フランス ツアー おすすめ

フランス観光情報• モンサンミッシェル 世界中から毎年250万人が訪れる最も人気の観光スポット。 世界遺産でもある、小さな島と一体化した修道院の壮麗な姿は圧巻です。 夜明け・夕暮れ時の神秘的な姿は島に一泊してぜひ見ておきたいところです。 ロワール 緑豊かな谷を流れるロワール川とその支流沿いには多くの古城が点在しています。 ゴシック~ルネッサンス期の栄華を今に伝える美しい城の中には、お姫様が登場する童話のモデルや、バレエ映画のロケ地になったスポットも。 ジヴェルニー 印象派の画家、クロード・モネが晩年を過ごした静かな村。 4~10月にかけて一般公開されているモネの家と庭園では、膨大な浮世絵のコレクションや名画「睡蓮」のモデルとなった池などを鑑賞することができます。 フランスのあいさつ こんにちは Bonjour(ボンジュール) さようなら Au revoir. (オ ルヴォワール) ありがとう Merci. (メルスィ) ごめんなさい Excusez-moi(エクスキューゼ モワ) ~をください ~,S'il vous plait. (~、スィル ヴ プレ)• フランスの気候 四季の移り変わりは日本に近いものの、気温は年によってかなり違い、1日のうちでの気温変化も激しいのが特徴です。 また突然大雨が降るなど、天気も変わりやすく予測しにくいと言われます。 フランスの服装 夏でも朝晩は冷え込むことがあるので、長袖の服を1枚持って。 また、高級品を身に着けた観光客は狙われるので、日中は防犯のためラフな格好がよいでしょう。 ただし男性が観劇やレストランへ行く際はジャケットを。 パリ オシャレなカフェやショップが並ぶサン・ジェルマン・デプレ駅の近くという好立地のホテル。 周辺にはルーヴル美術館やオルセー美術館などの観光スポットも充実しています。 パリ シンプルさと上品さを兼ね備えたデザインの客室には高級感溢れる優雅な時が流れています。 最寄駅のサン・ラザール駅からはパリの各方面への移動も可能とアクセス性も抜群。 パリ パリの伝統を受け継ぐ、格式高いホテルです。 オペラ広場にも面しており、観光スポットも充実。 朝食メニューには日本人旅行者にも嬉しい日本食メニューもあります。 パリ Grands Boulevards駅から徒歩3分、大通りを少し入った場所に位置するホテルです。 リーズナブルな料金で利用できるので、オペラ座近辺のホテルに泊まりたい方にお勧めです。

次の

フランス旅行のモデルコース おすすめ観光スポット [フランス] All About

フランス ツアー おすすめ

写真:Akiko Nilsen フランスに限らず、海外旅行に関する費用で大きな割合を占めるのは「航空券代」と「宿泊費」です。 特に宿泊費は、宿泊場所のグレードはもちろん、宿泊日数によって合計費用が変わってきます。 そこでフランス旅行に必要な日数をまず決める必要がありますが、パリのツアーで検索すると、5日間のツアー 2泊5日 というものも見つかります。 ですが、この日程はかなり慌ただしく現地での滞在時間が限られてしまいますし、フランス国内の他のエリアも見てみたい!という場合には無理があります。 実際、多くのツアーが1週間の旅程で組まれていますので、今回は現地に1週間 5泊7日 のプランを例に考えていきます。 <航空券代(諸税含む)> 日本からフランスへは、パリへは直行便がありますがその他の都市へは経由便で行くことができます。 経由便でも、様々な航空会社がありますので、お好みの時間帯や航空会社から選ぶことができます。 航空券代は、訪れる月がヨーロッパのハイシーズンかどうか、また予約のタイミングによって左右されますが、大体大人1名当たり往復で100,000円台〜が相場です。 <1泊あたりの宿泊代> 宿泊代は泊まる場所やホテルのグレードによって変わりますが、おおよその値段としては以下の通りです。 パリは物価が高いイメージがありますが、ホテルの数が多く予算に合わせたホテル選びがしやすい場所でもあります。 他にも、リーズナブルに宿泊するには民泊などを利用するという手があります。 ツアー代金の相場 航空券やホテル、現地でのアクティビティなどは個人手配でも可能ですが、不安がある方は航空券とホテルがセットになったパッケージツアーがおすすめです。 パッケージツアーの良いところは、旅行会社に全てお任せできるだけでなく、個人手配よりも安く行けることがある点です。 そこで、パッケージツアーでフランスを1週間旅行した場合、大人1名あたりのツアー代金がいくらになるのか見てみましょう。 航空券とホテルのみのフリープランなら、お得な時期だと最安で100,000円台〜で手配することができます。 個人手配での航空券代と同じ金額でホテルまでついてくるとなればかなりお得にフランス旅行ができそうです。 パリ1都市であれば様々なプランがありますが、他の都市と組み合わせようとすれば、思い通りのプランが見つかるかどうかはわかりません。 希望の行き先が含まれたプランを探してみましょう。 フランスの物価は? 写真:Akiko Nilsen 航空券や宿泊費の次に考えるべきなのは、現地での滞在費です。 フランスの大まかな物価を知っていると現地でお買い物する際のヒントにもなりますので、確認しておきましょう。 フランスの物価はヨーロッパの中でも高めになりますが、リーズナブルなものもあります。 フランスの通貨はユーロで、1ユーロあたり約130円 2018年10月現在 の計算でおおよその金額をご紹介します。 <外食> ランチ:15ユーロ(約1950円)〜 ディナー:20〜30ユーロ(約2600〜3900円)〜 <交通・観光> パリ メトロ(地下鉄) 1回券:1. 9ユーロ(約247円)〜 ルーブル美術館 入場券:17ユーロ(約2210円) <食料品(スーパーでの購入価格)> 水 500ml :0. 3〜0. 5ユーロ(約39〜65円) ビール :1. 5ユーロ(約585円) スターバックスコーヒー トールラテ:4. 2ユーロ(約546円) 以上のように、基本的に日本よりはやや高め、ただしスーパーで売られている食料品等については日本より安いものも多くあります。 現地での滞在費について 写真:Akiko Nilsen フランスの大体の物価がわかったところで、現地での滞在費はどれくらいかかるのかを見てみましょう。 ここではパリに3泊、そのうち1日をモンサンミッシェルへの日帰り観光、残り2泊はリヨンを訪れるというモデルプランで計算します。 【滞在費】 <食事代> 朝食:0円 ホテルの朝食 昼食:10〜15ユーロ 約1300〜1950円 ファストフード店やレストランを利用 休憩:2. 5ユーロ 約325円 カフェで休憩 夕食:30ユーロ 約3900円 レストランでディナー <観光入場料> ルーブル美術館:17ユーロ(約2210円) ノートルダム大聖堂:8. 5ユーロ(約1105円) エッフェル塔:16ユーロ(約2080円) 凱旋門:9. 5ユーロ(約1235円) モンサンミッシェル:10ユーロ(約1300円) フルヴィエール 古代ローマ劇場:4ユーロ(約520円) <交通費> メトロ(10枚券):14. 9ユーロ(約1937円) モンサンミッシェル日帰りバスツアー:120ユーロ(約15,600円) パリ〜リヨン交通費:82ユーロ(約10,400円) このモデルプランでは、5日間合計で465. 4ユーロ(約60,502円)かかることがわかりました。 1週間のフランス旅行ではいくらかかるのか これまでの計算で、1週間のフランス旅行にかかる総費用は、パッケージツアーを利用した場合、およそ160,000〜200,000円程度ということがわかりました。 この金額はあくまでもモデルコースですので、観光地を変えることで費用は大きく変わってきます。 この金額にはお土産代などは含まれていませんので、お土産を考えている場合は費用を上乗せして考えておきましょう。 フランス旅行のベストシーズンはいつ? 写真:Akiko Nilsen フランスは年中人気がありますし季節によって様々なイベントがありますので、いつでもベストシーズンといえます。 その中でも最も人気のある時期は6月〜9月です。 ただし、真夏の8月はパリなどの都市部では人々がバカンスに出かけていてお店が閉まっているというケースもありますので注意が必要です。 冬はヨーロッパ旅行の閑散期で全体的に値段が安くなります。 フランスの冬は、昼間の時間が短く、日本同様寒い日々が続きますが、クリスマスシーズン前はイルミネーションが輝いてロマンチックな気分を体験できたり、冬ならではの楽しみ方もあります。 フランス旅行をお得に楽しむには せっかくフランスに行くのに希望の場所に行けなかったり、滞在費を下げようとするあまりに治安の悪いエリアに泊まってしまい事件に巻き込まれる……という事になっては元も子もありません。 そこで、フランス旅行をお得に楽しむための秘訣をご紹介します。 【宿泊費を抑える】 ホテルの数が多いパリ市内は、早めの予約で安いプランが見つかることも多いです。 ホテルの値段は日々変わりますので、こまめにホテル予約サイトなどをチェックしておきましょう。 また、都市中心部で格安ホテルを探すよりは、都市中心部から少し離れたエリアのホテルを選ぶ方が、治安と設備の両面で安心できるホテルが見つかりやすいです。 【食費を抑える】 食費を抑えるのにはファストフード店などで済ませるのも手ですが、自炊もおすすめです。 パリではキッチンが付いたアパートタイプのホテルもありますし、民泊などを利用するのも良いでしょう。 スーパーの食材が安いので、材料を買って夕食を作れば食事代は大幅に節約できます。 また、フォーマルなレストランではコースでの注文が基本とされていますが、カジュアルめのレストランでは前菜かデザートを省略して費用を少し抑えることもできます。 おわりに フランスは、パリなどの都市部では英語が通じやすいですが、地方に行くとフランス語のみの対応のところもあります。 語学に自信のない場合や旅行が初めての場合、パッケージツアーの方が安心できるかもしれません。 世界一の観光大国フランスは、何度訪れても人々を魅了します。 LINEトラベルjpでは、日数や訪問都市など、様々な内容のツアーからお気に入りのプランを選べます。 ぜひ、思い出に残るフランス旅行を計画してみてくださいね。 プランや時期によって費用は変わります。 また、滞在費用はあくまで目安としての一例です。

次の

フランス旅行のモデルコース おすすめ観光スポット [フランス] All About

フランス ツアー おすすめ

フランス観光情報• モンサンミッシェル 世界中から毎年250万人が訪れる最も人気の観光スポット。 世界遺産でもある、小さな島と一体化した修道院の壮麗な姿は圧巻です。 夜明け・夕暮れ時の神秘的な姿は島に一泊してぜひ見ておきたいところです。 ロワール 緑豊かな谷を流れるロワール川とその支流沿いには多くの古城が点在しています。 ゴシック~ルネッサンス期の栄華を今に伝える美しい城の中には、お姫様が登場する童話のモデルや、バレエ映画のロケ地になったスポットも。 ジヴェルニー 印象派の画家、クロード・モネが晩年を過ごした静かな村。 4~10月にかけて一般公開されているモネの家と庭園では、膨大な浮世絵のコレクションや名画「睡蓮」のモデルとなった池などを鑑賞することができます。 フランスのあいさつ こんにちは Bonjour(ボンジュール) さようなら Au revoir. (オ ルヴォワール) ありがとう Merci. (メルスィ) ごめんなさい Excusez-moi(エクスキューゼ モワ) ~をください ~,S'il vous plait. (~、スィル ヴ プレ)• フランスの気候 四季の移り変わりは日本に近いものの、気温は年によってかなり違い、1日のうちでの気温変化も激しいのが特徴です。 また突然大雨が降るなど、天気も変わりやすく予測しにくいと言われます。 フランスの服装 夏でも朝晩は冷え込むことがあるので、長袖の服を1枚持って。 また、高級品を身に着けた観光客は狙われるので、日中は防犯のためラフな格好がよいでしょう。 ただし男性が観劇やレストランへ行く際はジャケットを。 パリ オシャレなカフェやショップが並ぶサン・ジェルマン・デプレ駅の近くという好立地のホテル。 周辺にはルーヴル美術館やオルセー美術館などの観光スポットも充実しています。 パリ シンプルさと上品さを兼ね備えたデザインの客室には高級感溢れる優雅な時が流れています。 最寄駅のサン・ラザール駅からはパリの各方面への移動も可能とアクセス性も抜群。 パリ パリの伝統を受け継ぐ、格式高いホテルです。 オペラ広場にも面しており、観光スポットも充実。 朝食メニューには日本人旅行者にも嬉しい日本食メニューもあります。 パリ Grands Boulevards駅から徒歩3分、大通りを少し入った場所に位置するホテルです。 リーズナブルな料金で利用できるので、オペラ座近辺のホテルに泊まりたい方にお勧めです。

次の