カササギ 鳴き声。 カササギってどんな鳥?鳴き声は?七夕との関係は?

カササギってどんな鳥?鳴き声は?七夕との関係は?

カササギ 鳴き声

鳥綱スズメ目科の鳥。 アジアの大部分とヨーロッパと北アメリカ西部に分布する全長約45センチメートルの尾の長い鳥で、肩と腹部が白いほかは主として金属光沢のある黒色をしている。 日本では佐賀平野を中心に北九州西部の低地にのみ周年生息するが、これは1600年ごろに大陸から輸入放鳥されたものがすみ着いたとする説がある。 九州では農村の集落などにつがいで狭い縄張りをもって半集団的に樹上に営巣する。 巣はカラス科の他種と異なり径1メートルほどの大きな球形で、出入口は側面にある。 1腹の卵数は5~8個。 成鳥は一年中つがいで生活するが、巣立った若鳥は秋冬の間は群れになって暮らしている。 採食は主として地上か低木で行い、ほかのカラス科の鳥と同じく雑食性である。 また、カチカチと聞こえる鳴き声から、佐賀県を中心に生息するための別名をもつ。 カササギ属にはもう1種キバシカササギ P. nuttalliがあって北アメリカ西岸に生息する。 アメリカでは、カササギがblack-billed magpieといわれるのに対し、本種はyellow-billed magpieとよばれる。 [浦本昌紀] 民俗ヨーロッパでは、カササギはおしゃべりで、前兆を表す鳥とされている。 フィンランドには、カササギは神の意志に逆らって人に翌日死ぬことを告げたので、神はその禁を忘れさせないためにと舌を抜き、長い尾をつけたという由来譚 たん がある。 一般には吉兆を示す鳥とするが、二面性もあり、ドイツなどでは悪魔的な鳥とされる。 フィンランドにはカササギは悪魔が創造した鳥で、その後神が認めたという伝えもある。 イギリスでは2羽で飛んでいると吉兆、1羽で飛ぶと凶兆という。 つがいで生活するところに吉鳥の思想が生まれている。 中国にも「鵲喜 じゃっき 」(良い前兆の意)という語があり、カササギの鳴き声は吉事の前触れとする。 また古代から七夕 たなばた の伝承とも結び付き、1年に一度、7月7日に牽牛 けんぎゅう 星と織女 しょくじょ 星が出会うときには、カササギが2羽で天の川に橋を架けて渡すという伝えもある。 同じ伝えは朝鮮にもあり、この日家の近くでカササギをみつけると、怠け者といって追い回すという。 この七夕の伝説は、日本でも平安時代から知られており、『大和 やまと 物語』に「かささぎの渡せる橋」、『枕草子 まくらのそうし 』に「かささぎの橋」などとみえている。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

カササギ 【中国文化】

カササギ 鳴き声

カササギの生息地を大雑把に示すとだいたい以下の世界地図の赤の範囲ぐらいになるよ。 大雑把な図だから、微妙にずれているところがあるのはご勘弁。 カササギはこのように、 世界の広範囲に生息しています。 日本においては7県で繁殖が確認されており、そのほか9県で生息が確認されています。 一方で、 カササギはもともと日本には生息していなかったと考えられています。 もっとも古くからいると思われる九州のカササギは鍋島直茂、立花宗茂などといった九州の大名によって持ち込まれた、渡り鳥に交じってやってきた、などの説があります。 様々な説があり、日本にどのように定着するようになったかはまだ分かっていないのが実情です。 九州のものは朝鮮半島のものより中国のものに近いようで、 中国のものと同亜種として分類されています。 ほかにも北海道などにもカササギがいますが、 彼らは極東のカササギとDNAが一致するようです。 とはいえ、これらのカササギがどうやって日本に棲むようになったのかは不明な点が多いです。 カササギの鳴き声 カササギは、 人間の文化とのかかわりも強いんだ。 意外と知られていないけど、七夕文化とカササギには深い関係があるし、百人一首の歌にも登場しているよ。 続いてそんなカササギと、人間や文化とのかかわりを見ていこう。 七夕とカササギ 織姫と彦星が1年に1度、七夕の夜 7月7日 だけ会える、といった物語はあなたもご存知かと思います。 この7月7日の夜に雨が降って織姫が彦星のもとに行くことができず、悲しんでいるときにどこからともなくやってきた鳥が翼を広げ、2人を会わせてあげた、という話があります。 この翼を広げた鳥が、まさに当記事で紹介してきたカササギなのです。 この話から 、七夕の夜に架け橋を造る鳥として伝説にもなっています。 中国ではカササギは七夕伝説に登場する鳥として人気があります。 なお、この話は地域によって違いがあり、晴れた日に橋渡しをするなどという話もあるようです。 この話はカササギが日本に知られるきっかけにもなっています。 百人一首 出典: 百人一首の1つにもなっている「 かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける」という歌をご存知ですか。 この歌は中納言家持 大伴家持 が詠んだ歌で、新古今和歌集にも掲載されています。 この歌は先程述べた七夕伝説と関係しており、冬の霜の白さをカササギが七夕の夜に造る架け橋となぞらえて詠まれた歌です。 県鳥 カササギは日本では 佐賀県の県鳥として扱われています。 同時に佐賀県では 天然記念物にもなっているようです。 また、韓国では多くの自治体の鳥となっており、正式にというわけではありませんが国鳥としても扱われています。 佐賀県では天然記念物となっているため、文化財保護法という法律で保護されており、• カササギを捕獲したり、傷つけたりする• 無断でカササギの巣を取り除く などの行為は禁止されています。 佐賀県内の指定の市町村 また、カササギは鳥獣保護法の対象でもあるため、指定圏外であっても鳥獣保護法により保護の対象となっています。 スポンサーリンク 最後に 今回は『 カササギってどんな鳥?鳴き声は?七夕との関係は?』というテーマでお送りしてきました。 当記事で紹介したことを簡単に纏めますね。 カササギは世界の広範囲に生息し、日本でも一部県で生息が確認されている• 鳴き声は「カチカチ」といった感じで、カチガラスとも呼ばれる• 雑食性で、畑の害虫を食べることから益鳥とされることも• 佐賀県では県鳥で、天然記念物にもなっている• 七夕文化や百人一首など、人間の文化とのかかわりも強い 日本で見かけることは少ない鳥ではありますが、日本の文化とのかかわりも強い鳥であり、名前を聞いたことがある方は多いと思います。 野鳥ファンの方であれば、一度は見ておきたい鳥ではないでしょうか。 あなたも見かけることがあれば、是非足を止めてじっくりみてみてくださいね。

次の

バードリサーチ 鳴き声図鑑

カササギ 鳴き声

鳥綱スズメ目科の鳥。 アジアの大部分とヨーロッパと北アメリカ西部に分布する全長約45センチメートルの尾の長い鳥で、肩と腹部が白いほかは主として金属光沢のある黒色をしている。 日本では佐賀平野を中心に北九州西部の低地にのみ周年生息するが、これは1600年ごろに大陸から輸入放鳥されたものがすみ着いたとする説がある。 九州では農村の集落などにつがいで狭い縄張りをもって半集団的に樹上に営巣する。 巣はカラス科の他種と異なり径1メートルほどの大きな球形で、出入口は側面にある。 1腹の卵数は5~8個。 成鳥は一年中つがいで生活するが、巣立った若鳥は秋冬の間は群れになって暮らしている。 採食は主として地上か低木で行い、ほかのカラス科の鳥と同じく雑食性である。 また、カチカチと聞こえる鳴き声から、佐賀県を中心に生息するための別名をもつ。 カササギ属にはもう1種キバシカササギ P. nuttalliがあって北アメリカ西岸に生息する。 アメリカでは、カササギがblack-billed magpieといわれるのに対し、本種はyellow-billed magpieとよばれる。 [浦本昌紀] 民俗ヨーロッパでは、カササギはおしゃべりで、前兆を表す鳥とされている。 フィンランドには、カササギは神の意志に逆らって人に翌日死ぬことを告げたので、神はその禁を忘れさせないためにと舌を抜き、長い尾をつけたという由来譚 たん がある。 一般には吉兆を示す鳥とするが、二面性もあり、ドイツなどでは悪魔的な鳥とされる。 フィンランドにはカササギは悪魔が創造した鳥で、その後神が認めたという伝えもある。 イギリスでは2羽で飛んでいると吉兆、1羽で飛ぶと凶兆という。 つがいで生活するところに吉鳥の思想が生まれている。 中国にも「鵲喜 じゃっき 」(良い前兆の意)という語があり、カササギの鳴き声は吉事の前触れとする。 また古代から七夕 たなばた の伝承とも結び付き、1年に一度、7月7日に牽牛 けんぎゅう 星と織女 しょくじょ 星が出会うときには、カササギが2羽で天の川に橋を架けて渡すという伝えもある。 同じ伝えは朝鮮にもあり、この日家の近くでカササギをみつけると、怠け者といって追い回すという。 この七夕の伝説は、日本でも平安時代から知られており、『大和 やまと 物語』に「かささぎの渡せる橋」、『枕草子 まくらのそうし 』に「かささぎの橋」などとみえている。 [小島瓔 ] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の