アゴダ 評判。 agodaで身に覚えのない二重請求。。。そんなことありますか???

Agoda Travel Operations Japan 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

アゴダ 評判

agodaは他のサイトと少し違い、 クーポンコードを入力すれば割り引かれるという単純な仕組みだけではありません。 大きく分けて以下の2種類があり、それぞれを順にご紹介いたします。 これはagoda公式で行われている セールとは違い、知っているか否かにより同じagodaで予約する場合であっても最終的な予約金額に差が出る事があります。 経由サイトによる価格変動の例 他サイトではあまり見られない仕組みなので、まずは簡単にご紹介したいと思います。 以下3枚の画像は「大阪新阪急ホテル」の同日・同人数・同部屋の検索結果です。 何度か価格を確認しているので、 時間経過により空室状況が変わった事による価格変化ではありません。 全く同条件で検索しても Agodaへどのサイト経由で訪れるか変えるだけで価格が全然違ってきてしまいます。 このようにクーポンコードを入力しなくても経由するURLや支払方法によって自動で適用される割引を自動割引きと勝手に呼んでいますが、これらをご紹介したいと思います。 デイリープラス ベネフィットステーション提携サービス Yahoo! tabiwaza. tabiwaza. agodaのクーポンコード一覧 agodaは他のサイトと少し違い、クーポンコードを入力すれば割り引かれるという単純な仕組みだけではありません。 大きく分けて以下の2種類があり、それぞれを順にご紹介いたします... 旅技 編集部 編集部 旅技 Author タビワザ.

次の

宿泊予約のアゴダ(agoda)のレビューと評判

アゴダ 評判

回答者 3. 5 若い方が多く、人間関係のしがらみで悩むことはありませんでした。 社員同士仲良くしたい方は、社内にて行われるイベントに積極的に参加するなどして、仲を深める機会は多くありました。 逆に、仕事とプライベートをはっきりと分けたい方は、参加の無理強いされることは一切ないので、オンとオフの切り替えがつけやすい文化があるかなと思います。 また、上司とミーティングも定期的に行われるので、自分が持っている不安要素を相談をしたり、業務に関してどのように自身のパフォーマンスを伸ばすことが出来るのかアドバイスをもらうことができ、風通しがいいとも思います。 マイナスなところを上げるとすると、評価は完全なる数字ベースです。 要領のいい方は、すぐに順応ができるかと思いますが、Fast learner ではない方、速さではなく一件一件、丁寧に仕事を行いたい方には向いていない(評価を受けずらい)職場であるかと思います。 たまに、数字上のデータでしか個人は見られていないと、感じることが多々ありました。 ただ、外資というところも加味すると、あまり珍しいことではないのかもしれません。 また、会社自体まだなだ発展途中のため、システムが途中で大きく変わったり、社内ルールが変わってしまうことが多々ありました。 一度覚えたことを覚え直さなくてはいけないことが多かったので、そこをストレスに感じでしまう方は、ある程度いらっしゃると思います。

次の

宿泊予約のアゴダ(agoda)のレビューと評判

アゴダ 評判

「Agodaって何?」 先日、知り合いに海外のホテルをネット予約している話をしたら、こんなことを言われました。 海外、しかも個人でホテルを予約しない人にとっては馴染みのないサービスですし、名前も変ですからね(笑 読み方は、「アゴダ」です。 「詐欺とかに合わない?」 なんていう心配までされる始末・・・。 少し前に、てるみくらぶという格安旅行会社が倒産したのもあって、 こういう系の会社は「怪しい、危ない」という目で見られてるんですかね。 私もはじめてを利用したときは大丈夫かなと思いましたが、今まで10回以上利用していて、トラブルのようなものは皆無です。 それと、ネット上ではトラベルコやトリバゴなどの比較サイトでは料金が安いのに、 いざ予約になると高くなる!というような意見がちょくちょく見受けられます。 こういったことも含めて、Agodaに関する評価をまとめましたので、利用を検討されている方は参考にしてみてください。 Agodaってなんだ? Agodaを熟知している方は飛ばしてください(笑 Agodaはオンラインで世界中のホテルを予約できるサービスで、シンガポールを拠点とした企業が運営しています。 従業員数はなんと2000人以上という、日本の基準でいくと大企業ですね。 別に大企業だから大丈夫と短絡的に判断するつもりはありませんが、やはり数人のベンチャーと比べると相対的にリスクは減ります。 さらに日本にも東京、大阪など5カ所に拠点があります。 日本語対応のカスタマーサポート(コールセンター)が横浜ランドマークタワー内に設けられていて、日本時間の朝9時から24時まで電話対応をやっているそうです。 この事実はつい最近知ったのですが・・・。 以前、領収書の件で電話したことがあるのですが、(声からして)綺麗なお姉さんが丁寧に対応してくれました。 Agodaの予約方法と料金表記について 私の場合は直接Agodaのサイトで予約することはなく、トラベルコやトリバゴ経由です。 ただ、 Agodaは同条件のホテル予約が最安値であることが多いですね。 試しにトラベルコで台北のホテルを検索してみました。 ぶっちゃけ、上のようにそう大差ない場合も多いんですが、様々な理由により数千円安かったりもします。 Agodaでちょくちょくあるのが、メンバー限定の割引です。 この予約でもログインで1,133円割引されます(プランの右端) 予約画面に進むとさらにメンバー限定という値引きが5,559円ほど追加されますが、サービス料も4,740円加算されます。 さらにギフトカードで畳み掛けてきます(笑 トータルで35,314円というのが支払総額ですので、なぜかトラベルコで表示されている料金(39,237円)よりもずっと安いです。 ネットで言われている値段が高くなるとは逆のケースもあります。 でも、これは 海外のホテル比較サイトでは普通にあることですからね。 Agodaだけがそうというわけではなく、エクスペディアや日本のDeNAでも似たようなものです。 褒められたものではありませんが、安い値段を見せておいて客を呼び込むというのは、商売の常套手段ですから。 予約に話を戻すと、宿泊者の情報を入力したら、あとは支払の画面です。 Agodaの決済方法はほぼクレジットカードとなりますが、PayPalもあります。 予約が完了すると、確認メールが飛んできます。 海外ホテルでチェックインするときのバウチャーなんですが、私はスマホの画面を見せますね。 日本の会社だと、予約したときに「必ずバウチャーを印刷して」みたいなことを言われますが、今までスマホの画面を見せて何か言われたことはありません。 紙がよくて画面は駄目なんていう理屈が理解不能です。 Agodaに関しては、印刷しろなんてどこにも書いてないと思いますが、見逃しているだけかも(笑 まあ、これは私の経験談ですので、心配な人は印刷しておいたほうがいいですね。 Agodaへの評価 私はこういう海外ホテルのオンライン予約サービスでを最も評価しています。 エクスペディアも使ったことがありますが、Agodaのほうが好きです。 その理由は単純に Agodaのほうが安いことが多いのと、サポート体制です。 エクスペディアも今は充実してきているのかもしれませんが、Agodaは日本にサポートセンターの拠点があって、 日本人がサポートを担当しています。 それに海外からサポートセンターに電話した場合でも、通話料金をAgodaが持ってくれたりもします。 これに関しては公式サイトには載っておらず、 私の場合がたまたまそうだっただけかもしれません。 いずれにしても、 ホテル予約で一番のリスクは予約が取れていないことです。 その場合に、日本語で相手と話ができるというのは海外系のオンライン予約サービスの中でもそう多くないと思います。 もちろん、私が たまたまトラブルに巻き込まれたことがないという見方もできます。 Agodaでトラブルに巻き込まれた人は、二度とAgodaでは予約しないと心に決めているかもしれません。 しかし、こういうことは確率論でもありますので。 いくらJTBでも予約が取れていなかったり、ミスも必ず起こります。 JTBのほうがよりもトラブルに遭遇する確率は低いかもしれませんが、ある程度の割り切りも含めて、便利で安いをこれからも利用し続ける気でいます。 また、ホテルのトラブルもそうですが、海外旅行のリスクの一つである怪我や病気についても気をつけておいた方がいいでしょう。 それについてはこちら。 海外のホテルを少しでも安く予約したい場合はこちらの記事が参考になるかと。 メジャーなホテル予約サイトをまとめて比較しましたので、よければこちらも参考にしてください。

次の