大麻 エイベックス。 エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》

松浦勝人が大麻使用を告発され逮捕!?クスリをやってた歌姫は誰?

大麻 エイベックス

エイベックス本社ビル(「Wikipedia」より/Kakidai) 4月18日付「文春オンライン」記事は、 エイベックス代表取締役会長の 松浦勝人氏が常習的に大麻を使用している疑いがあると報じた。 記事内では松浦氏と一緒に薬物を使用したという同社元社員の証言や、証拠とされる音声データ、松浦氏と元社員のLINEのやりとりなどが紹介されている。 松浦氏は過去にも『週刊文春』(文藝春秋)などで薬物使用疑惑が報じられてきたが、週刊誌記者は語る。 「最近では芸能人が薬物がらみで逮捕されると、所属事務所は即時に契約を解除するケースが多いなか、昨年、事実上エイベックス所属の沢尻エリカが起訴された直後、同社は『本人を更生するための支援をいたします』という異例のコメントを発表しました。 沢尻は2009年に当時所属していた大手事務所から契約を解除され、その理由が薬物使用だったという情報が当時、業界内では広まりましたが、それを承知の上でエイベックスは11年に沢尻と業務提携契約を結び、その後、沢尻は同社の事実上マネジメント下に置かれました。 その後は、松浦氏と沢尻が一緒に薬物を使用しているという報道が出たこともあった。 沢尻の公判前、エイベックスはマスコミ各社からの問い合わせに対しても『初公判ですべて話すから』という対応で、沢尻本人による謝罪やコメントなどは出しませんでした。 「エイベックスの現取締役には、検察で刑事部長や公安部長を歴任した人物がおり、過去にも警視庁トップである警視総監OBなどを顧問に迎え入れてきましたが、13年に松浦氏や所属アーティストの薬物使用疑惑が報じられるようになって以降、こうした傾向は強くなりました。 警察OB、特に部長職以上の経験者クラスは、辞めた後も現役の元部下たちに指示して動かしたり、情報を提供させたりと、警察に一定の影響力を持っている。 そのため、芸能事務所や大手マスコミなどに限らず、警察OBを役員などとして迎え入れる企業は少なくない。

次の

【CEO退任へ】エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発「毎週末のように一緒に吸っていた」《証拠音声・LINE公開》

大麻 エイベックス

エイベックス・グループ・ホールディングス本社( より/Kanabekobaton) 浜崎あゆみや安室奈美恵ら数多くの人気アーティストを抱え、 EXILEの楽曲の販売を手掛けるレコードレーベル・rhythm zoneなどを擁する エイベックス・グループ(以下、エイベックス)。 その持ち株会社であるエイベックス・グループ・ホールディングの代表取締役社長・松浦勝人氏といえば、貸しレコード屋のアルバイトから始め、1988年にエイベックスを設立し、同社を東証一部上場の一大エンタテインメント企業へ育て上げた経営者として、その立身出世のエピソードや仕事哲学がメディアに取り上げられることも多い。 同誌記事によれば、松浦氏が以前住んでいた南青山の地上3階・地下1階の大豪邸で頻繁にパーティが開催され、松浦氏はいつも地下1階のダンスクラブで酒を飲むと2階のベッドルームの女性を連れ込み、行為が終ると部屋の外に置かれた特等席のソファで大麻を吸うのがパターンだったと語る、元パーティー常連の証言が紹介されている。 これらの情報の真偽は定かではないが、こうした報道が大きくなされた背景について、芸能業界関係者は次のように語る。 「音楽業界におけるエイベックス、ひいては松浦さんの影響力が弱まってきたことがあるのではないでしょうか。 浜崎あゆみや小室ファミリーなど、過去には松浦さん自身が目のつけたアーティストが数多くブレイクしました。 しかしここ数年、松浦さんを中心に同社が大々的に力を入れたgirl next doorやDo As Infinityなどが売れず、同社からブレイクできた新人が出ていない。 松浦さんの目利き力、プロデュース力も、もはや陰りを迎えたという見方が多いのは事実です」 こうした声は、ほかの芸能業界関係者からも聞かれる。 しかし、これほど表立って同社や松浦さんの実力を否定するような話がされるなど、少し前では考えられないことでした。 それほど彼らの影響力が弱まってきたということでしょう」 また、テレビ業界関係者は「男性アイドルを発掘するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の眼力、美少女タレントを発掘するオスカープロモーションの古賀社長の眼力と並び、松浦さんのアーティストを発掘する眼力には定評がありました。 いまだに第一線でその手腕が衰えない前の2人に比べると、ここ数年の松浦さんには力量の衰えを感じざるを得ません」と解説する。 今回の文春の報道に対し、エイベックス、そして松浦氏はどのような対応を取るのか? そして同社は再び、音楽業界における存在感を取り戻すことができるのか? 今後の動向が気になるところである。 (文=編集部).

次の

沢尻エリカの元夫「エイベックスの芸人は全員MDMAやってる。薬物の入手先は松浦社長。」

大麻 エイベックス

この記事の目次• 松浦勝人・大麻使用の証拠まとめ! クラブでの写真 エイベックスのクラブ「X」 出典: 文春に告発した元社員A子によると、松浦氏と一緒にクラブに行くようになったのはA子がエイベックスを退職した2016年9月以降だといいます。 週末になると、よくこのクラブでA子と松浦氏は大麻を吸っていたそうです。 写真右に松浦氏。 その後ろに小さくしゃがんでいる、黒のノースリーヴの女性がA子です。 avex松浦勝人の自宅写真 出典: さらに、A子や松浦氏、その他エイベックス社員らがよく大麻使用していたという松浦氏の自宅。 VRゲームをしたりもして、よく遊んでいたそうです。 ULTRA JAPAN 2016 ドンペリが並んでいる 出典: A子が初めて大麻を摂取したのは、このULTRA JAPAN 2016というクラブフェスでした。 松浦氏から 大麻を凝縮したシートを渡され、舐めたところ強烈な身体の異変を感じたという。 「突然、目がぐるぐる、チカチカして視界が狭くなりました。 広いVVIP席にいるのに、狭いところに閉じ込められたような感覚に陥り、まっすぐに歩けない。 トイレがすぐそばにあるのに、50メートルくらい遠くにあるように見えました。 そしてなぜか『お腹が出てるんじゃないか』というコンプレックスがどんどん大きくなっていって、不安に押しつぶされそうになりました」 引用: サングラスしたA子 出典: 酩酊したA子さんは、ラリッた目を隠すために サングラスをかけられエイベックスの専用車に放り込まれたとのこと。 A子が大麻初使用でメモした内容 エイベックスを退職後はフリーライターとして働いていたため、大麻を使用して感じたことを事細かにメモしていました。 しかし、ラりっていたため文章を読んでも意味が不明。 他にも• 「マリファナ 効き目時間で検索」• 「音の速度は同じなのに、時間が経つのが遅くなる」• 「短時間で皆が優しかったからおもろいたけど」 などのメモが。 これらが全部、写真にも写っている通り松浦氏とULTRA JAPAN 2016でA子が経験したことです。 ハワイの別荘の金庫の中に大麻 文春記事では、年末のハワイ旅行で松浦氏の別荘で大麻や薬を使用したことが明かされています。 そして、この 金庫の中に大麻が入っていることも。 さらに、四六時中ICレコーダーを回していたA子に対し、「お前の弱みも握らせろ」とA子に大麻を吸わせてビデオを回したそうです。 それが後にこんな脅迫に。 avex松浦勝人が逮捕されない理由 出典: 文春から数々の証拠が写真や音声から出ているのに、 エイベックス松浦勝人会長はなぜ逮捕されないのでしょうか。 一番の大きな理由は、 薬物系の犯罪は現行犯でないと逮捕できないからです。 所持しているところか、使用している現場を押さえなければ逮捕できないという日本の法律があります。 そのため、マトリが水面下で捜査を進め、準備を重ねに重ねて、抜き打ちで自宅にガサ入れが入るのです。 また、薬物の検査には「 検出可能期間」というものがあるため、抜き打ちで松浦氏に検査したとしても 摂取から1週間以上経っていれば陽性反応が出る可能性は低いと考えられます。 エイベックスは警察・検察と親しい!? また、エイベックスと警察・検察がズブズブの関係にあることも、松浦氏が逮捕されにくい原因の一つだと言われています。 エイベックスの現在の取締役には• 検察の刑事部長と公安部長を歴任した人物• 警視総監OB といった人物がいるため、よっぽどの証拠がなければ有罪まで持っていくのが厳しい。 そして、有罪にならなければ警察の評判を落とすことになるため、逮捕に踏み切るのが難しいそうです。 逮捕間近?いや文春のせいで遠のいた! 文春砲を受け、エイベックスCEOも退任して「 とうとう逮捕間近か!?」と思われるかもしれませんが、むしろ 松浦勝人氏の逮捕は遠のいたと言えます。 また、文春では「 松浦氏は6月の株式総会までは薬を控えていて、9月から10月の誕生日にかけて羽目を外す。 そこで毎日のようにパーティが行われている」と書かれていました。 つまり、 9月~10月が逮捕する絶好のチャンスなのに、それを文春が潰してしまったと言わざるを得ません。 週刊誌が時々「マトリが狙う、次の逮捕者!」というような見出しでタレントがイニシャルで報じます。 しかし、あれを報じることにより該当のタレントは警戒するため、捜査局からすれば邪魔以外のナニモノでもないのです。 avex松浦勝人は大麻使用を否定 出典: 松浦勝人氏は、文春が報じた内容や大麻の使用を完全に否定。 元社員A子が告発した内容についても「妄想」と切り捨てました。 松浦氏によると、 A子が担当していた松浦氏の自伝本が土壇場で出版されなかったため、お金を巻き上げるために文春に売ったと話しました。 どちらにせよ、A子は警察(マトリ)に密告していれば逮捕間近になったはずが、文春に売ってしまったため逮捕の可能性は遠ざかりました。 それでも、お金を得ることと松浦氏の評判を下げることが目的だったのであれば、A子の目的は達成されたはず。

次の