ダイエット プロテイン おすすめ。 美肌・ダイエットに良いソイプロテインおすすめランキング7選

【最新】女性向けプロテインおすすめランキング12選!ダイエット・美容効果が期待できる商品を厳選してご紹介!

ダイエット プロテイン おすすめ

ダイエットや減量に向いたプロテインを選ぶポイント ダイエットや減量に向いたプロテインを選ぶときには、最初に主原料を確認します。 体重を減らすのに向いているのはソイなので、ダイエットや減量を目的とするならば、 ソイプロテインが無難です。 もう一つは、含まれている成分です。 ソイプロテインにはもともと、肥満の改善に役立つといわれる アルギニンが多く含まれています。 しかし、それ以外にも肥満に効果的な成分はたくさん存在します。 例えば ガルシニアエキス、ヒスチジン、カルニチンなどがそうです。 ダイエットや減量が目的でプロテインを選ぶときには、体重を減らすのに効果的な成分が含まれているかを確認しましょう。 11種類のビタミンと3種類のミネラルが含まれており、栄養補給にも優れています。 ガルシニアエキスは、 コレステロール値の減少や肥満予防に効果があるため、ダイエットや減量をする人には、おすすめのプロテインです。 ユーザー評価もダントツで良く、ガルシニアエキスにより ダイエットや減量をスムーズに行えることから、ダイエット向け部門で堂々の第1位です。 7種類のビタミンB群とビタミンCが含まれているため、ダイエットや減量時の栄養補給にうってつけです。 脂質と糖質の分解をサポートしてくれる ナイアシンを含むことから、ダイエットや減量を成功させたいという人には、おすすめのプロテインです。 口コミ評価もとても良く、 プロテイン界でも人気のザバス製品でもあることから、第2位は揺らぎません。 ビタミンは11種類、ミネラルは3種類含まれており、ダイエットや減量時にも安心して栄養補給できます。 kentaiのウエイトダインは 安価で購入できるので、普段からプロテインをたくさん飲んでいる人にはおすすめです。 飲みやすくて美味しいと好評で、なおかつ 体重を減らすのに特化しているため、ダイエット向け部門で第3位に輝きました。 減量をサポートする大豆たんぱくに加え、筋肉の維持を向上してくれるホエイたんぱくも含まれています。 そのため、 ダイエットや減量をしながら筋肉を付けたい人には、おすすめのプロテインです。 トレーニング時に 体脂肪をエネルギーに変える役割を持つカルニチンのほか、ビタミンやミネラルもバランス良く配合されています。 このことから、ダイエットや減量には向くと考えられ、第4位にランクインです。 フィッシュコラーゲンは、身体の内側から綺麗になるのをサポートしてくれます。 11種類のビタミンとミネラル、大豆プロテイン、フィッシュコラーゲンを配合しているため、 健康的に綺麗になりたい人には、おすすめのプロテインです。 たくさんの栄養素のほか、フィッシュコラーゲンを含むところがポイントです。 このような 女性向けのプロテインは少ないことから、第5位にふさわしいでしょう。 大豆臭をおさえて溶けやすくしているため、とても飲みやすくなっているのが特徴です。 糖類や人工甘味料を入れておらず、さらに ダイエットにも効果的な成分でもあるヒスチジンを含んでいます。 このため、甘いのが苦手な人や、ダイエットをしようと考えている人には、おすすめのプロテインです。 評判も良く、 アンチエイジング効果のあるアルギニンや、ダイエット効果のあるヒスチジンを含んでいることも考慮して、第6位にランクインです。 たんぱく質、鉄分、ビタミンCを配合しており、栄養補給に関しても抜かりがありません。 ホエイプロテインですが、必ずしもダイエットに向いていないわけではありません。 筋肉を付けて代謝を上げ、太りにくい身体を作りたい人には、おすすめのプロテインです。 数少ない女性専用プロテインであることと、 筋肉を付けてダイエットができる理想的なプロテインということで、第7位にランクインです。 たんぱく質含有量とビタミン類も豊富に含まれているのが特徴です。 アルギニンは免疫力向上やアンチエイジング効果が期待できます。 そのため、ダイエットや筋力アップだけではなく、 健康のことも考えている人には、おすすめのプロテインです。 たんぱく質、BCAA、ビタミンと多くの栄養素が含まれ、脂肪が落ちたといった口コミも多いメガバリューは、信頼できるプロテインということもあり第8位です。 ダイエットに有効な成分でもある アルギニンとヒスチジンが配合されており、ダイエットや減量にピッタリです。 また、カルシウムや亜鉛などのミネラルも含まれているので、 ダイエットや減量で失われる栄養素を補給したい人には、おすすめのプロテインです。 安くて飲みやすいといった口コミが多く、アルギニンとヒスチジンも含まれています。 そのため、 ダイエットにも有効なプロテインだと判断し、第9位にランクインです。 食物繊維が多く含まれており、 お腹の調子も整えつつ血糖値の上昇も防いでくれる効果が期待できます。 脂肪燃焼効果の期待できる L-カルニチンやクエン酸が含まれているため、純粋に体重を落としたい人には、おすすめのプロテインです。 L-カルニチンやクエン酸のほかにも、11種類のビタミンと3種類のミネラルが配合されています。 このことから、ダイエットや減量をする人のために、 栄養のこともきちんと考えて開発されたプロテインと判断し、第10位にランクインです。

次の

ダイエットに最適!減量向けプロテインおすすめランキング

ダイエット プロテイン おすすめ

プロテインを飲むとなぜダイエットにつながるのか プロテインはタンパク質の摂取に理想的 牛乳由来のホエイプロテインやカゼインプロテイン、大豆由来のソイプロテインなど、プロテインには原料別に幾つかの種類がありますが、基本的にはどれもタンパク質を凝縮した食品です。 その為、プロテインを上手に飲むことで、普段の食生活ではなかなか十分量を摂取できないタンパク質をしっかりと補給することができます。 タンパク質は人の体の原材料 人間の体はおよそ70%が水分、20%がタンパク質からできており、筋肉や内臓、髪、血液、皮膚など水分を除いた人の肉体は、その大部分が、タンパク質によって作られているともいえるでしょう。 また、タンパク質は数多くのアミノ酸がつながって構成されていますが、「生命の地図」とも呼ばれる遺伝子やDNAの正体は、「どのような順番で、どのアミノ酸をつなげるか」という情報を伝える物質です。 要するに、人は親から子、子から孫へ、「タンパク質の作り方」を伝え続ける生き物だといえます。 プロテインで筋肉量を維持 プロテインを飲んで筋肉を増やすというと、いかにもボディビルダーのような姿を連想する人もいますが、それはあくまでも専門的なトレーニングを積んだ人々に限られた話であり、普通の人がプロテインを飲んだだけでボディビルダーのような肉体を手に入れることはできません。 しかし、プロテインを定期的に飲むことで、体内のタンパク質が不足することを予防することは誰にでも可能です。 タンパク質が人間の生命活動を維持する上で非常に重要な成分だからこそ、体はタンパク質が不足すると、全身の筋肉などを分解して、そこから取り出したタンパク質を再利用します。 そうなると当然ながら、どれだけ運動を頑張っても、全身の筋肉量は減っていくことになります。 筋肉量を適正に保つ為にも、運動で筋肉量を増やす為にも、プロテインは有効です。 筋肉量が増えれば代謝もアップ 筋肉は脳と並んで多くのエネルギーを消費する組織です。 つまり、極端な言い方をすれば、筋肉量が多ければ、普通に生活をしているだけでも常にある程度の運動をして、カロリーを消費し続けているようなものです。 このように、ただ生きるだけで消費されるエネルギーを基礎代謝と呼びます。 加えて、筋肉は同時に、心臓のような血液のポンプとしても働く為、筋肉が増えると全身の血流が活性化されて、さらに代謝が良くなります。 これが「痩せやすい体」です。 逆に代謝が悪くなると、エネルギーの消費量が減るので摂取したカロリーも余りやすくなり、「痩せにくい体質」ができあがってしまいます。 ダイエットの鍵は摂取カロリーを減らすのでなく消費カロリーを増やすこと 体が痩せにくい状態になってしまうと、体重を減らすにはさらに摂取カロリーを制限する必要がありますが、そうなると人間の生命活動に関わる栄養も不足してしまい、体には様々な不具合や異常が発生します。 また、そのような状態にある体は、次に栄養が補給された時に少しでも多く体へ取り込もうとする為、簡単な食事で急激にリバウンドしてしまうかも知れません。 その為、ダイエットには代謝を上げて消費カロリーを増やすことが先決です。 どういった成分が作用するのか タンパク質 プロテインで最も重要な成分はタンパク質です。 プロテインには必ず「タンパク質含有量」が記載されており、1回分でどれだけのタンパク質を摂取できるのかは大切な情報です。 また、特に筋肉の生成に関与するアミノ酸群「BCAA」などは、人間が体内で作ることができず、外から補給するしかない必須アミノ酸の仲間であり、プロテイン選びの際には注目したいポイントです。 ビタミン・ミネラルなど プロテインにはタンパク質の他にも、ビタミンやミネラルなど多くの栄養が含まれています。 ビタミンやミネラルは、タンパク質と共に美しい体を作る成分なので、ダイエットの際には一緒に摂取しておきたいところです。 イソフラボン ソイプロテイン 大豆由来のソイプロテインには、女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンが含まれており、ホルモンバランスを整えて精神的に安定した状態を保つサポートとして働きます。 プロテインのカロリーは高いのか? 高タンパク低カロリー プロテインは基本的に、大半がタンパク質である為、糖分 炭水化物 や脂質に比べるとカロリーは高くありません。 ただし、過剰に摂取すれば総カロリーは高くなってしまうので注意が必要です。 甘いプロテインは糖質が多い? 現代のプロテインには飲みやすさを重視して、甘い味付けがされているものも多いですが、中にはその為に砂糖が大量に添加されているものもあります。 同じメーカーのプロテインでも、味によってカロリーの数値が異なることは珍しくないので、まずは自分がどのようなプロテインを飲んでいるのか、成分表示を見て把握する習慣を付けましょう。 プロテインを効果的に摂るには プロテインの効果を引き出すためには、摂取タイミングが重要です。 タイミングによって筋肉の修復や合成を促進させますし、腹持ちをよくすることで食欲を抑える働きも期待できます。 食事前後や就寝前に摂取 栄養バランスを改善をしたい場合は、食事の前後や就寝前にプロテインを飲みましょう。 健康維持のためには、血中アミノ酸濃度を保っておく必要があります。 バランスよく食事をしているつもりでも、タンパク質は不足しがち。 アミノ酸の材料となるタンパク質が不足すると、血中アミノ酸濃度が低下します。 食事でタンパク質が少ないというときに補助的に飲んでください。 また、就寝前に飲むと成長ホルモンの働きを助けてくれるため、疲労回復も期待できます。 運動後30分以内に摂取 運動やトレーニング後の30分以内はタンパク質を効率的に吸収できるゴールデンタイム。 筋肉に負荷がかかって傷ついた筋繊維を修復するために吸収率が高まっているといわれています。 筋繊維の修復にはアミノ酸が必要で、不足した状態が続くと筋肉を分解してエネルギーへと変換してしまします。 苦しい思いをしてトレーニングしたのに筋肉が減少してしまっては元も子もありません。 ゴールデンタイムにプロテインを飲むことで、効率よく筋肉の修復・合成を促せます。 ダイエット中の落とし穴 ダイエットと聞いてまず思い浮かぶのは食事制限ではないでしょうか。 炭水化物の量を減らす、食事量を減らす、野菜をたくさん食べる、1日2食にするなどが一般的に行なわれている方法です。 しかし、これらの方法には落とし穴があるのをご存知でしょうか。 炭水化物を減らすと満腹感が得られず、主菜を食べる量が増して脂質の摂取量が増加します。 また、全体的な食事量を減らしたり、1日2食にしたりすると一時的に体重は減るもののタンパク質不足で筋肉が分解されてしまうのです。 そうなると基礎代謝が低下し、「太りやすい体」になってしまいます。 また、野菜を食べる際にドレッシングを多く使うとカロリー量が増加。 結局、栄養バランスが崩れてしまいダイエットに失敗してしまいます。 ダイエット中こそ食事をコントロールし、栄養バランスを整えてあげることが必要です。 しかし、毎日の食事を完璧にするのは難しでしょう。 食事に気を使いながら、プロテインやアミノ酸サプリメントで必要な栄養を補うことが落とし穴にはまらない秘訣です。 気を付けるべきポイント プロテインはタイミング良く利用すればダイエットはもちろん、健康や美容をサポートしてくれます。 しかし、摂りすぎてしまうと内臓に負担をかけてしまいますし、余ってしまったタンパク質は腸内で悪玉菌の栄養となり腸内環境を悪化させる原因になってしまうのです。 低カロリーとはいえ、まったくカロリーがないわけではありません。 過剰摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまいます。 また、動物性タンパクを摂りすぎると尿路結石の原因となる場合もあるので、注意が必要です。 肝臓や腎臓に疾患のある方は、タンパク質の摂取に制限があることも。 プロテインを摂取する前に医師に相談することをおすすめします。

次の

マイプロテインおすすめダイエット効果

ダイエット プロテイン おすすめ

この記事のもくじ• プロテインダイエットの効果は口コミで実際どう? プロテインと聞くと筋トレが大好きな人や、アスリートが飲んでいるイメージがありませんか? プロテインとは、タンパク質のことです。 タンパク質は、体を構成するすべてのものに関わる成分ですが、特に筋肉を作るのに役立つものとして知っている方も多いですよね。 脂肪を燃焼させるには、筋肉量を保ったり増やすことはとても重要で、ダイエット用のメニューも低カロリー高タンパクのものを心がけることは基本となっています。 その基本のメニューを気軽に続けられるように手助けしてくれるのがこのプロテインダイエットです。 2ヶ月続けたが効果なし• 2週間やってみたけど全く痩せない という方もいらっしゃいました。 プロテインダイエットおすすめの方法と飲み方はコレ! プロテインダイエットでおすすめの方法を順番にみていきましょう。 朝、昼、夜の食事のどれかをプロテインに変える方法 3食のうち、どれかをプロテインダイエットに置き換えて1日の総カロリーを減らしてダイエットする方法です。 体型や活動内容によって変わりますが、成人女性が1日に摂りたい摂取カロリーの1800kcalですのでそれに合わせて考えていきます。 朝400kcal 昼800kcal 夜600kcal 合計1800kcal 夜だけ置き換えダイエットをすると、 朝500kcal 昼800kcal 夜200kcal 合計1500kcal になるので、300kcal分の摂取カロリーが減らせるようになります。 「3食」をバランスよくとりながらプロテインを上手に取り入れていく方法 もうひとつの方法として、食事前に飲んでお腹を満たしてから食事をする方法があります。 夜は、シェイクでタンパク質をとるので、野菜中心の内容にすることがコツです。 プロテインシェイクは、低カロリーですが栄養はしっかりと摂取できますから、カロリーを押さえるだけのダイエットとは違い、栄養不足の心配をしすぎる必要はありません。 筋肉をより意識したい場合の方法 筋トレをして筋肉量を確実に増やしながらダイエットをしたいと考える人もいると思います。 その場合はまた少し飲み方が変わります。 ジムや、自宅での筋トレ後30分たってからプロテインを飲んだ方がよく、寝る30分前にもう一回飲むとなお良いそうです。 運動前に補給した方が、よりタンパク質が吸収できそうですが、その場合脂肪に変化しやすくなってしまうようなので、おすすめはできません。 プロテインを美味しく飲む方法 口コミでも感想がありましたが、味に抵抗がある方が多くみうけられました。 味が工夫されていて美味しくなっているとはいえ、長くプロテインダイエットを続けるには、まずそこをクリアする必要がありそうです。 メーカーがおすすめしているのは、牛乳で、一番無難に飲めるようです。 口コミのなかには、濃いめの牛乳じゃないと飲めなかったとの意見もありましたが、牛乳にはカロリーがありますから注意しましょう。 シェイカーで振るのではなく、ミキサーでシェイクするだけで飲みやすくなったという意見もありました。 はじめはなかなか慣れないようですが、初めはカロリーを気にしすぎず、好きなジュースなどを利用するといいかもしれません。 女性のプロテインの飲み方は求める効果によって変わる! プロテインというと、筋肉を作るイメージでムキムキになってしまうのではないかという不安があると思います。 女性ならば、ムキムキではなくしなやかな筋肉を身に付けたいですよね! 実は、タンパク質には植物性と動物性があり、それぞれなには特徴があります。 植物性プロテインの効果と特徴 植物性タンパク質とは、大豆などの植物から作られているものです。 植物性のタンパク質は、アミノ酸が動物性に比べて少ないが、脂肪を燃焼する効果が高い特徴があります。 運動しながらまずは脂肪を減らしたいという方、肥満体型で激しい運動は体に負担がかかりすぎる状態の方にはおすすめです。 また、大豆由来ということですから、女性には嬉しいイソフラボンも豊富ですから、ホルモンバランスの崩れによる体調不良にも効果が期待できます。 パッケージの裏には、大豆プロテインまたはソイプロテインとかかれているので分かりやすいと思います。 動物性プロテインの効果と特徴 動物性プロテインは牛乳由来で作られていて、とても栄養かが高く吸収が早いです。 脂肪になりやすいというデメリットがあるようですが、筋肉になりやすい性質を持っていることもあり、普段から運動になれていて、激しい筋トレでも大丈夫だという人におすすめです。 また、デメリットを利用して、逆に太りたいという方にも好まれています。 プロテインダイエットはリバウンドするの? できるだけ早く痩せたいと思うのは誰も同じですが、結果を急ぐあまり 3食すべてをプロテインダイエットに切り替えたりと無理しすぎてしまうのは良くありません。 結果が出ても普通の食生活に戻した瞬間にリバウンドをしてしまいます。 体に負担のかからない目安は1ヶ月に今の体重の2~3%分の体重を落とすようにすることです。 それ以上の結果が見えてきたときは、負担がかかりすぎていると認識しペースダウンしましょう。 プロテインの比較【DHCと明治のザバス(SAVAS)】 プロテインダイエットとしてプロテインを販売しているメーカーはたくさんありますが、一般的に知られていて気軽に購入できるのはDHCとザバス(SAVAS)です。 両者にはどのような特徴があるのでしょうか。 わずか10年ほどで2億食販売している実力派です。 生理学、栄養学の面を考えられて開発されています。 1食分のカロリーは178kcalと抑えられていながら、植物性タンパク質、動物性タンパク質、美容系から燃焼系の栄養素を配合した、トータルでサポートしてくれるプロテインドリンクです。 明治ザバス(SAVAS)プロテインの特徴 株式会社明治が販売しているプロテインドリンクで、その種類はプロのアスリートが使うようなものから、ダイエット用までとても豊富です。 ザバス(SAVAS)プロテインのプロテインには、ダイエットに関係するものだけで4種類あります。

次の