こうがい バッタ。 中国に新型コロナ以上の被害!200兆匹バッタが日本に来る!?

サバクトビバッタは食用で食べるのは無理?食べられない理由を調査!

こうがい バッタ

大量発生したバッタは日本に来るのか? 中国人まじでヤバいやん! ;゜0゜ — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH 2020年の2月17日にケニアに来襲したバッタの群れの大きさは <2月17日のバッタの群れの大きさ> 縦:60キロ 横:40キロ 1日で100万食を食べてしまうと言われています。 もしこのまま行くと6月には500倍にもなると言われています。 そのバッタは日本に来るのでしょうか? その可能性は低いと考えれます。 その理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない 砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本は耐えれない すでにインドやパキスタンにまで到着しているやんけ!!!!!! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH サバクトビバッタの主な生息地はサハラ砂漠やアラビア砂漠、インド北部と言われています。 これらは砂漠気候の地域です。 しかし 日本は殆どの地方が温帯に属していて、その中でも温暖湿潤気候です。 あまりにも生まれた環境と湿度などが違いすぎます。 サバクトビバッタは生息地が砂漠気候の生物なので日本まで来ることは、殆どないと考えられます。 また2007年には関西国際空港の第2滑走路で大量のバッタが発生しましたがこれは、カビの力によって終息しています。 人間にとっては小さな問題の湿度でもバッタにとっては重要な問題です。 上海ー熊本間の距離887キロを飛べない 中国の西側に当たる都市の上海から日本の九州の熊本県まででも直線距離にして887キロあります。 サバクトビバッタは一日に100キロ~200キロ移動できると言われていますが、そのサバクトビバッタでも飛びっぱなしで5日~8日かかります。 その間、休むことも餌を食べることもできません。 サバクトビバッタはこうした長距離を移動する環境で生息していないためにこれほどの期間飛び続けることはできないとかんがえれるので、日本にくることはできないでしょう。 日本をどうやって認識するのか? 海を見てその先に大陸があるとどうやって認識するのでしょうか・・・ そのために 生命をかけて900キロ弱を飛ぶくらいなら北や南に移動して餌を取るほうが虫の習性にあっていると考えられます。 サバクトビバッタは地磁気センサーをもっていない 渡り鳥があれほど性格に自分の位置を把握したり、迷わずに目的地にいけるのには理由があります。 それを可能にしているのは渡り鳥がもっているナビゲーションシステムです。 地球には惑星全体を覆う磁場(地磁気)が存在します。 渡り鳥は精密な地磁気センサーをもっているために方位と自分がいまいる場所の緯度を割りだすことができます。 なので全く別の地に連れて行かれてもすぐに自分場所を特定して元の場所に戻ることができるのです。 クジラや鮭もこのような地磁気センサーを脳にもっているといわれています。 しかしサバクトビバッタはそのようなシステムをもってません。 突然変異ですぐに生まれるようなものでもないので988キロ弱を渡ってくるのは無理だと考えられます。 大量発生したバッタが日本に及ぼす影響・被害は? 大量発生したバッタは中国にまで被害を及ぼすかは関係なく日本に影響を与えると考えられます。 主に考えられるのは <日本に与える影響> ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 が考えられます。 ひとつづつ補足していきます。 食料の全体的な値上がり サバクトビバッタはケニアやエチオピアですでにひどい被害を作っています。 ケニアでは70年に一度と言われているくらいの規模を記録していて、エチオピアでは25年に一度の規模を記録しています。 それらの地方では豆やコーンなどの穀物を中心に作っていました。 コーンなどは家畜の肥料にもなります。 加工しやすい食料になればなるほど、人間の食べ物全体に影響を与えることになります。 なのでコーンや豆と直接関係のない家畜などの値段も上がると考えられます。 また 代替え用品として小麦などの値段も上がると考えれます。 砂漠化・黄砂の恐れ サバクトビバッタが通過した後は何も残らないと言われています。 小さな群れでも一日300万人分の食料を食い荒らします。 それが毎日、こうしている今も人間の食料を食い減らしています。 サバクトビバッタは聖書やコーランにも登場してくるほど昔から恐れられていました。 なので サバクトビバッタが通過したあとは何も残らないために一時的でも砂漠化が進む可能性もあります。 またそうなれば、日本に飛んでくる黄砂の量も増える可能性があります。 中国人の来日 サバクトビバッタが中国にまで来て、中国が被害にあえば、中国人は日本に避難してくることが考えられます。 コロナウィルスでもこれだけ規制していても毎日大量の中国人が来日しています。 また中国と日本の物価の差はどんどん小さくなっています。 日本でカプセルホテルに止まって300円の牛丼でも食べていれば良いのでしたら中国人にとっては昔ほど負担ではありません。 まとめ 中国に大量のバッタが来るかは分かりませんが、来たとしても日本にまで飛んでくる可能性は極めて低いと考えられます。 理由は ・砂漠が主な生息地なので温暖湿潤気候の日本には耐えれない ・上海ー熊本の距離887キロ ・日本という土地を認識できない? ・サバクトビバッタは磁気センサーを持っていない などが理由になっています。 また今回のバッタの大量発生による日本に及ぼす被害は ・食料の全体的な値上がり ・砂漠化・黄砂の恐れ ・中国人の来日 などが考えられます。 最後までお読みいただきましてありがとうございました!.

次の

バッタの大群は日本に来るのか⁈なぜ巨大化した⁈大きさや現在位置が気になる!

こうがい バッタ

今、東アフリカを恐怖のどん底に突き落としているのは「サバクトビバッタ」という種類のバッタだ。 日本で言うところの「トノサマバッタ」とよく似たバッタだ。 群れをなして飛び、視界一面を覆い尽くすこのサバクトビバッタは、現地では「黒い悪魔」とも呼ばれている。 (鈴木傾城) プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。 まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。 「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。 (連絡先:bllackz gmail. com) 目次• 2020年6月までにバッタの数が500倍に増大する 今、私たちは中国発の異常な伝染病である新型コロナウイルスの問題に焦点がいっているのだが、アフリカではそれどころではない。 今、目の前にもっと深刻な脅威が襲いかかっている。 それが「蝗害(こうがい)」である。 いったい、蝗害とは何なのか。 「蝗」というのは「イナゴ(バッタ)」のことなのだが、要するにバッタが想像を絶するほど大量発生して、農作物をすべて食い尽くしてしまう現象である。 被害に遭っているのはアフリカの一国ではない。 エチオピア、ケニア、ソマリア、ウガンダ、南スーダンの農作物が壊滅的ダメージの危機にある。 バッタくらい、大きな網で捕まえて処分すればいいと日本人は何となく思ってしまうのだが、アフリカで大量発生しているバッタはそんなレベルではない。 地を覆い尽くし、空を覆い尽くし、広大な草原を覆い尽くし、山や川を覆い尽くし、もはやホラー映画を凌駕するほどの群れとなって空間をすべて埋め尽くす。 私たちの日本人が想像する「バッタの群れ」を超えるものである。 今、アフリカ東部で発生している蝗害は、ここ数十年で最悪レベルの現象になっている。 国連はこのように述べる。 『何らかの対処をしなければ、2020年6月までにバッタの数が500倍に増大する』 今は2月だから、これから4ヶ月間に蝗害は500倍の規模になってより深刻なことになるというのである。 今、アフリカで起きている蝗害(こうがい) イナゴは温暖化の世界では「勝者」になる生物 今、東アフリカを恐怖のどん底に突き落としているのは「サバクトビバッタ」という種類のバッタだ。 日本で言うところの「トノサマバッタ」とよく似たバッタだ。 このバッタは大型で移動距離も大きく、アフリカではしばしば大量発生してアフリカを悩ませている。 旧約聖書『出エジプト記』にも、アフリカからやってきたイナゴの大群がエジプトを襲う場面が描かれているというのだが、そのイナゴというのもこの「サバクトビバッタ」だった。 そして、新約聖書のヨハネの黙示録では、「アバドン」という名で登場する堕天使がイナゴの大群を率いて「人々に死さえ許されない5ヶ月間の苦しみを与える」と書かれている。 聖書以後も、しばしばアフリカ、エジプト、アラブ諸国にはサバクトビバッタの大量発生が農作物を全滅させている。 群れをなして飛び、視界一面を覆い尽くすこのサバクトビバッタは、現地では「黒い悪魔」とも呼ばれている。 興味深いことに、サバクトビバッタは仲間が増えると身体の色が「黒くなる」ことで知られている。 サバクトビバッタの身体が黒くなっているというのは、不吉の兆候だったのである。 2020年の東アフリカで起きている黒い悪魔は、過去数十年の中でも類を見ないほど巨大なものであると各国政府が発表している。 ソマリア政府はすでに蝗害(こうがい)で国家非常事態を宣言している。 しかし、上空から薬を散布しても間に合わないほどの大量発生が現地で起きており、被害の中心になっているソマリアから周辺国にどんどん広がって収拾がつかない様相になっている。 2020年は人類にとって災厄の時代となっているようだ アフリカでは2014年もマダガスカルで蝗害(こうがい)が起きているのだが、それにしても、なぜここ数年で「最悪」の度合いが深まっているのか。 科学者は「温暖化の影響である」と述べている。 イナゴ科の生物は温暖化の世界では「勝者」になる生物であり、温暖化になればなるほどイナゴの発生は増えていく。 かつて中国の毛沢東時代、スズメが畑を食い荒らすというのでスズメ狩りをして撲滅したら、今度はイナゴが大量発生して、結局は畑が壊滅状態になったという例があった。 自然環境は食物連鎖と自然環境の中で巧妙な均衡の中で成り立っている。 この均衡が崩れると、ある生物が大量繁殖して問題を引き起こすことになる。 イナゴの大群はかつての日本でも報告されている。 どこの国でもイナゴの大量発生は必ず起きる。 しかし、日本や西欧ではあまりイナゴの大量発生は一般的ではないし、国を破壊するレベルまで悪化することもほとんどない。 イナゴ科は繁殖するためには「背の低い草と砂と水」が必要なのだが、アフリカは背の低い草と砂はあるのだが、水がない。 通常、砂漠地帯はほとんど雨が降らないからである。 しかし、近年になって地球温暖化が進むようになってアフリカでは雨が降りやすくなってきている。 すると、足りなかった水が確保できるようになる。 自然環境の微妙な均衡がここで崩れるのである。 水が確保できると草が枯れないでどんどん増えていくのだが、草が増えていくとイナゴ科は繁殖しやすい環境になる。 「イナゴ科の生物は温暖化の世界では勝者」というのはそういう理由からである。 アフリカがバッタの数が500倍に増大する前に、この問題を解決できるのかどうかはまだ分からない。 もし解決できなければ、東アフリカの農作物は壊滅して今年は飢饉が発生するのは確実な状態になる。 アジアでは新型コロナウイルス。 アフリカでは蝗害(こうがい)。 2020年は人類にとって災厄の時代となっているようだ。 作家、アルファブロガー。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。 「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。 関連する記事• 2020. 24 今、私たちは中国発のコロナウイルスで大騒ぎしているのだが、今後はコロナウイルスではない別の「新種ウイルス」や「未知のウイルス」が必ず発生して人類をパニ[…]• 2019. 29 これからも巨大災害は次々と引き起こされるが、この気候の変化は地球の活動が自律的に変化しているものなのか、それとも人間の経済活動が引き起こしている人災な[…]• 2020. 11 人類は「見えない脅威」に何度も苦しめられてきたし、これからも苦しめられることになる。 「見えない脅威」と言えば、ウイルス・細菌による脅威ばかりが思い浮か[…]• 2019. 28 シンクタンクの報告書に拠らなくても、自然が破壊され続けると、いずれかの地点で、人間は自然に復讐されると私たちは誰でも常識的に考えて思うはずだ。 世界のど[…]• 2019. 15 ティッピングポイントというのは『物事がある一定の閾値を超えると一気に全体に広まっていく際の閾値やその時期、時点のこと』と説明されている。 人間は自然破[…] コメント (1件)• 恐ろしいこと!ケニアでは東京23区の四倍の面積範囲で農作物を襲っているとかで!食っちゃあ移動食っちゃあ移動で奴らの通ったあとには何も残らない、そうして食い尽くしたならば奴らも滅するのだろうけれど、縦のサイズ的にはセミぐらいあるそうだし硬いし。 わが国にもカメムシやカゲロウの大量発生はたまにありますがそれどころではない規模と凶悪さ。 昔、アルジェリア系フランス人の友人が話したところによると、彼女が子供のとき庭にいたら、真っ青になったお母さんが家に入りなさい!と叫んでいる。 走ったけど間に合わずバッタにまみれたと。 今でも夢にみてうなされることがあると。 あっと思ってから…すごく早いらしいんです、群れが到達するの。 人を襲って食わないのがせめてもの救い?ですが…恐ろしいです。 野良犬の女たち(ジャパン・ディープナイト):電子書籍化しました。 日本列島性病汚染。 日本の女たちは性病まみれになっていくのか? 売春地帯をさまよい歩いた日々。 これがブラックアジアの原点! ブラックアジア:ストリート漂流。 鈴木傾城がストリートをさまよう 最近の投稿• 最新のコメント• ゆう on 現代で合法的に大金を儲けるには労働を必死にするのではなく多国籍企業の…• aurore on CVDで引き起こされた社会や経済の大混乱で、ある意味「整備された」こ…• 匿名 on ドラック漬けの状態から立ち直ったこの人は、すごく立派だと思いますし、…• oyr on 最初の訪タイが2010年なのでまだまだ初心者な私ですが 当時観光の1…• ACE on 南海キッチンには行った事がありませんが、ネットで調べると入っているビ…• 匿名 on 神保町は何度も訪れているのですが、このカレー屋さんは知りませんでした…• 大志 on 学生時代よくいきました。 5年前に久しぶりに行ったきりです。 居酒屋の…• YOSHI on 神保町。 強烈な郷愁を感じます。 写真を拝見し、古本屋独特の匂いを思い… よく読まれている記事•

次の

コロナの裏で、中国に「ヤバすぎる数」のバッタの大群が襲ってきた…!(夫馬 賢治)

こうがい バッタ

アラビア半島・アフリカ・西アジアで「サバクトビバッタの大発生」という新たな危機が生じている。 おびただしいバッタが大地や空、田畑を埋め尽くし、農作物や牧草などすべてを食べ尽くす「蝗害(こうがい)」だ。 巨大な群れ(スワーム)は、東京ドーム386個分に1120億匹。 その密度は「4畳半に4万超」というすさまじさ。 大発生の起点は2年前のサイクロン豪雨 今回のサバクトビバッタの発生の始まりは、2年前にさかのぼる。 2018年にアラビア半島南部に発生したサイクロン豪雨が引き金となり、イエメンとオマーンの国境辺りにバッタが大発生した。 翌年夏に、バッタの群れはサウジアラビアと紅海を超えてスワームを形成し、アフリカのエチオピアやソマリアに飛んだ。 あとには広大な草原が現れ、豊富な草を食べたバッタがどんどん増えた。 そして大発生が生じ、今年になってそのバッタのスワームが西はアフリカ内陸部へ、東はパキスタンとインド方面へと飛来し、拡散している。 スワームの大きさは1806ヘクタール(18. 06平方キロメートル)を超えるという記録もある。 今回の大発生はこれに匹敵する規模だともいわれている。 この規模は東京ドーム384個分、渋谷区や目黒区ならすっぽり包まれる。 そこに1120億匹の黒いバッタが襲来する様子を想像してみてほしい。 平方メートルあたりに6202匹、4畳半だと4万を超えるバッタがうようよと群れる計算になる。 サバクトビバッタの大発生は、いまに始まったことでない。 大昔より、数年から数十年単位で大発生を繰り返している。 文字として残されたもっとも古い記録は紀元前1000年ころに編纂された旧約聖書「出エジプト記」までさかのぼる。 1931年にアメリカの小説家、パール・バックが書いた『』にもイナゴの大群が飛来して、またたく間に田畑を食い尽くしてしまう情景の描写がある。

次の