税の作文 パクリ。 【税についての作文】税金に詳しくない中学生のための文章作成法

著作権フリー!! 自由に使える税金作文

税の作文 パクリ

税の作文のパクリがバレないと考えるのは『大間違い』 税の作文は「国税庁」が直々に行っている、いわば国の行事です。 民間企業が協賛してお金を出している読書感想文と違い、 非常に厳しい審査基準が課せられています。 あなたの作品を何人もの添削者が読み、採点を重ねていきますから、パクリがバレないと思うのは大間違いです。 パクリがバレたらどうなる? 税の作文でパクリがバレた場合、 その事実が提出元の学校に伝えられ、内申点や進学先に響きます。 特に過去作品やネットから丸々コピペしたり、ちょっとだけ変えた文章だと重罪で、提出した人の名前・学校名をリストとして控えます。 「少しだけなら大丈夫でしょ」 「ちょっと文章を変えちゃえばバレない」 こんなズルい考えで提出してくる人もいますけど、一日に何百・何千と読んでいる身としては、そんなのお見通しです。 パクリで出してくる人の割合は、体感的に Yahoo!知恵袋の質問&回答が7割 過去作品から3割 くらいかなぁ……と思いますね。 審査基準について 「どうせそこまでチェックしないでしょ?」と思う人もいるかもしれませんから、審査基準も載せておきましょう。 指定の原稿用紙の右下にある、こちらの4つの空白ボックス。 これは 「採点欄」として使われる部分であり、それぞれの合計点で評価が下されます。 文章の組み立て方や説得力などを総合的に判断し、25点ずつで割り振っていって合計で100点満点となるイメージですね。 どんなにヒドイ文章だったとしても、それが「自分の言葉」で書かれている文章でさえあれば、最低でも1点は加算されます。 この違い、どれだけ大きいのか分かりますか? 個人の採点結果は、数年間国に保存されることになっています。 数字と記号の違いによって、あなたが盗作した事実はずっと残るんです。 この採点結果とブラックリスト入りが学校に伝えられ、あとは上記のとおり。 たとえ先生に聞いたとしても、税の作文の結果については教えてくれないでしょう。 あなたの知らないところで、客観的な学校の評価が伝えられているんですから。 税の作文が返却されないのは「パクリ防止」のため また、提出された作品が基本的に返却されない理由の1つに 「既存の作品からのパクリ防止」の意味もあります。 入賞した作品やネットからコピペされているのを見破るのは簡単ですが、アナログな方法で盗作して提出されると、さすがにパクリを見抜くことはできません。 例えば、 兄や姉の作品をそのまま使って提出するような人。 作品を知っているのは身内しかいません。 そういった手の込んだズルを防止するために回収しているんです。 国税庁の募集規定には書かれてませんけどね。 あとは、採点基準を学校や生徒に知らせない意味もあります。 バツって何なんだろう……?と疑問に思われることで、ネットや学校で話題になることを防止しています。 クラスで5人くらいバツの人がいれば、それだけ学校の信頼も落ちてしまいますから、なるべく表には出さないようにしているんです。 税の作文のパクリはバレるよって話 税の作文をパクったらこういうことになるよ!という内容をまとめていきました。

次の

税の作文のパクリがばれた!バレないと思っているヤツはココを読め

税の作文 パクリ

著作権フリー!! 自由に使える税金作文 自由に使える使える税金作文〜「税金は大切です」と提灯作文を書かなきゃ認められない税金作文なんて、コピペ・パクって済まして、夏休みをエンジョイしよう!! このまま パクるもよし。 少しアレンジしてオリジナルの「 税金作文」に仕上げるもよし。 夏休み、「 税金作文」から解放されたい君たちのために、 学校提出用に限り著作権フリー(つまり パクリ・ コピペOK)、自由に使える「 税金作文」を大公開! 今年の夏は思いっきり遊ぼう! 関連サイト「 」もよろしく!! 学校提出に限り著作権フリー、そのまま使ってもいいし、手を加えるのもOKとします。 パクリ・コピペがばれても、自己責任(悪いのは自分)とし、センセイに思いっきりしかられること。 パクリ・コピペがばれるかどうか不安ならば使用しないこと。 もしくは適当に手を加えて、オリジナル風に仕上げて提出し、あくまでオリジナルだと最後まで言い張る根性を見せること。 ほかのホームページに絶対に転載しないこと。 ほかのホームページから作文へ直リンしないこと。 「税金作文」から開放された時間で夏休みのすてきな思い出を作ること。 閲覧できないのは「Adobe Reader」がインストールされていないことが原因と考えられます。 以下のサイトにで最新版の「Adobe Reader」のインストールをお願いします。

次の

【税についての作文】税金に詳しくない中学生のための文章作成法

税の作文 パクリ

国税庁では、全国納税貯蓄組合連合会との共催により、全国の中学生の皆さんから「税についての作文」を募集しています。 これは、将来を担う中学生の皆さんが、税に関することをテーマとして作文を書くことを通じて、税について関心を持っていただき、また、税について正しい理解を深めていただくことを目的としているものです。 平成30年度には、7,511校から593,795編という多数の作品が寄せられました。 優秀な作品には、内閣総理大臣賞をはじめ総務大臣賞、財務大臣賞、文部科学大臣賞などを授与し、賞状及び記念品を贈呈します。 全国の中学生の皆さんからのご応募をお待ちしています。 例えば、• ・税のしくみや使われ方について家庭などで見聞きしたこと• ・税の申告や納付に関して思ったこと• なお、応募された作品はお返しできません。 入選作品については、[全納連ニュース]、[作品集]、[]、[国税庁ホームページ]及び[税のしるべ]などで紹介します。 (中学校名、学年、氏名とあわせて顔写真を掲載する場合があります。 なお、応募された作品については、 入選作品の発表のため、各納税貯蓄組合連合会の会報誌、各種新聞、国税関係機関の広報誌及び地方公共団体の広報誌に掲載すること、 本事業を広報するための印刷物やホームページに利用すること、 この他、税に対する理解を深めるため必要な広報活動に利用することがありますので、その点をご理解の上ご応募ください。 【主催】 、国税庁 【後援】 、 、 個人情報の使用について.

次の