折り紙 手裏剣 折り 方。 折り紙で手裏剣を折ろう!折り紙1枚で簡単に作る方法!

【手裏剣の折り紙】簡単な作り方とコツは?子どもは何歳から折れるの?

折り紙 手裏剣 折り 方

幼稚園屋や保育園などでも 男の子に人気の高そうな手裏剣。 早速折っていきましょう。 折り紙の手裏剣の折り方!2枚で簡単な作り方を紹介 「1」 まず中央を縦に折ります。 「2」 次に左右を中心に向けて折ります。 「3」 同じものをもう1枚用意します。 「4」 そして2枚を左方向に図のように折って ここで両方を左右対称な形に 図のように緑線で折っていきます。 「5」 そして更に緑線で 図のように折ります。 するとこんな形状になるはずです。 ひとまずここまでは問題ないでしょうか。 「6」 左のパーツを裏返し 黄色のパーツを下に、黒のパーツを上に 図のように重ねます。 こんな感じですね。 はい、こんな感じに あっという間に手裏剣の完成です。 「Sponsored link」.

次の

折り紙で手裏剣を簡単に作る方法|2種類の折り方を分かりやすく解説

折り紙 手裏剣 折り 方

この記事の目次• かざぐるま風手裏剣 折り紙を4枚使って作る手裏剣です。 まずユニットを折ります。 この形を4つ作って下さい。 色違いにすると仕上がりがキレイです。 かごを編むようにくぐらせたりして 4つのユニットを組んでいきます。 最後に端を外に向けて引っ張って形を整えます。 詳しい作り方はこちらでご確認下さい。 パッと見ると普通の手裏剣に近いのですが 後ろからもう4本の刃が出ていて シャープな印象の手裏剣です。 このようなユニットを4つ折って用意します。 あとは折るのではなく組み合わせるだけです。 このように組んだ後それぞれの端をひっぱって整形します。 詳しい折り方はこちらの動画を参考にしてみて下さい。 5枚の折り紙を用意します。 それぞれをこのようなユニットに折ります。 ユニット同士をさしこんでいき 全てつなげると星型手裏剣になります。 折り方はこちらのサイトでご確認下さい。 画像だと透けて見える折り紙を使っていますが 普通の折り紙で作っても大丈夫です。 1枚の折り紙をこのように折ります。 これを8つ作ってください。 斜線の部分にのりを付けて もう一枚を貼り合わせていきます。 全てを同じ方法でつなげていき完成です。 折り方はこちらのサイトをご確認下さい。 八方手裏剣のユニットとは全く違う形ですが 1枚ずつをこの形に折ります。 これを7つ作ってください。 一方の端をもう片方のユニットで包みます。 包むとこのような形になります。 これを繰り返すと七方手裏剣の完成です。 折り方はこちらのサイトをご確認下さい。 写真のようにレインボーカラーで作るとキレイです。 8枚の折り紙を用意します。 1ユニットはこんな形にします。 右の画像の解説のように 左は差し込む用のでっぱりになり 右は次につなげるユニットの差し込みポケットとなります。 差し込みを8枚繰り返します。 全てつなげたら完成です。 折り方はこちらのサイトをご確認下さい。 見た目ほど難易度は高くありません。 2枚の折り紙で折った手裏剣を4つ作ります。 最後の差し込み部分をそのまま残した状態にして下さい。 残した部分でもう一つの手裏剣の下のとんがりを包みます。 残した部分を折り込みます。 もう一方の残した部分を下の手裏剣のポケットに差し込んで 連結完成です。 あとはこれを繰り返して4つ繋げれば完成です。 折り方はこちらのサイトをご確認下さい。 複雑そうですが数さえ折ればあとは挟んでいくだけです。 このようなユニットを16個作ります。 ユニットの幅の広い部分にはこのようなポケットがあります。 そのポケットにもう一つのユニットを差し込みます。 この作業をどんどん繰り返してつなげれば完成です。 折り方はこちらのサイトをご確認下さい。 意外と見た目よりも単純な作業で 最後の連結は差し込むだけで完成などの お手軽なものも多いです。 お子様をびっくりさせたい方 ぜひチャレンジしてみて下さいね。

次の

折り紙“手裏剣”がかわいい。簡単な折り方とインテリア活用例まとめ

折り紙 手裏剣 折り 方

折り紙を使った手裏剣の一番簡単な折り方・作り方は「2枚折り手裏剣」です。 この形の手裏剣は、一番作られている形なので、ご存知の方も多いかと思います。 カラフルな折り紙を組み合わせて、たくさん作ってみてくださいね!詳しい折り方・作り方は以下の動画をご覧ください。 折り紙|手裏剣の一番簡単な折り方!2枚折り手裏剣• 折り紙2枚を半分に折り開いて、中心に向かって折り4等分になるように折ります。 折り紙の両端を三角に折ります。 2枚の向きが反対になるようにしてください。 三角に沿わせるように、さらに三角に折ります。 2枚の折り紙を背合わせにして卍になるようにセットします。 基本的な折り方は、一番簡単な手裏剣の折り方・作り方と全く同じです。 折り紙1枚で折れますが、写真の様にカラフルな手裏剣にしたい場合は、両面カラーの折り紙を2枚用意してください。 折り紙を半分にカットします。 色を変えたい場合は、2枚用意してください。 4等分になるように折り広げ、正方形になるように半分に折ったら、一度広げます。 一番簡単な手裏剣と同じ要領で折り、2枚の折り紙を背合わせにして卍になるようにセットします。 基本的な折り方は、一番簡単な手裏剣の折り方・作り方と同じです。 折り紙を半分にカットします。 色を変えたい場合は、2枚用意してください。 4等分になるように折り広げ、正方形になるように半分に折ったら、一度広げます。 一番簡単な手裏剣と同じ要領で折り、2枚の折り紙を背合わせにして卍になるようにセットします。 簡単な折り方の手裏剣に似ていますが、作り方は全く違います。 4枚の同じパーツを作り組み合わせていきます。 カラフルな手裏剣にしたい場合は、折り紙の色を4枚とも変えてみましょう。 三角なるように半分に折り広げ、折り紙を回転してさらに折り三角が4つになるようにします。 中心の線に沿わせ、端を折ります。 反対側は非対称になるように折ります。 反対側も折り、ひし形になるようにします。 同じものを4つ作ります。 写真右上の手裏剣です。 組み合わせ方は市松模様にするので、先程の4枚折りトゲトゲ手裏剣と同じ方法です。 子どもの頃、この折り方で細長い葉っぱを手裏剣にして遊んだのを覚えています。 折り紙2枚をそれぞれ2等分にカットします。 4等分になるように中心に向かって折り、半分だけ広げます。 端を屋根のような形になるように三角に折ります。 4等分のサイズに折り直し、さらに半分に折ります。 同じものを4つ作ります。 4枚の折り紙を挟み込みながら組み合わせていきます。 中心が市松模様になるようにしてください。 グルグルと渦を巻いている、カッコいいデザインの手裏剣です。 中心部分の折り方が難しくコツが必要ですが、慣れれば気持ちよく折れるのでおすすめです。 折り紙のツルを折る要領で、ひし形になる部分まで折ってください。 2枚に割れている方を上にして、下の部分を上に折り上げます。 ツルの首の部分を折る要領で根本をへこませて90度折ります。 4か所とも同様に折ります。 下の部分を半分折ります。 (ツルを折る場合お腹に来る部分です。 向きがうずまきになるように整え折ります。 2枚の折り紙をカットして4枚にしております。 差し込む向きが市松手裏剣とは逆になるので少し難しいですが、ぜひチャレンジしてみてください。 詳しい折り方・作り方は、以下の動画をご覧ください。 折り紙を半分にカットして、1枚折り市松手裏剣と同じようにパーツを作る。 全部で4つ作りますが向きは全部同じです。 2枚の背中同士を合わせずに背中が同じ向きに来るようにして組み合わせます。 かなり難しい折り方になるので、細かい部分動画を見ながら折ってください。 三角なるように半分に折り広げ、折り紙を回転してさらに折り三角が4つになるようにします。 上下の角を中心に合わせて折ります。 鋭角の角を90度折り広げます。 さらに中心の線に沿わせて折って広げます。 中心から1本左の折り目で折って、蛇腹に折り線に沿せてひし形になるように折ります。 左上の出ている部分を折り込んだらパーツの出来上がりです。 折り紙8枚で折るので、大きい手裏剣になります。 ギザギザがカッコいいので、オーナメントやインテリアにしてもいいですね。 折り紙を三角に半分に折ります。 中心の線に沿わせ、端を折ります。 反対側も折り、ひし形になるようにします。 裏返し、ひし形の角度の広い方を支点にし対象に当たる辺が90度になるように折ります。 ツルのくちばしを折る要領で上に折り込みます。 このパーツを8つ作ります。 チャクラムというの輪の形をした武器です。 動画はクリスマスリースとして作っています。 シンプルな手裏剣もクリスマスカラーで作れば星のオーナメントになりますね。 折り紙を三角に半分に折ります。 中心の線に沿わせ、片方の端を折ります。 中心で折り反対側は非対称になるように折ります。 同じもの8つ作ります。 かなり複雑なようですが、パーツの作り方さえできてしまえは組み合わせるのは簡単です。 折り紙を長方形になるように半分に折ります。 片方の端を三角に折り、一度広げます。 これと同じパーツを8つ作ります。 片方のパーツの開いている方に、もう片方のパーツの開いてないほうを入れ込みます。 先端のはみ出た部分を、内側に折り込みます。 8つのパーツを組み合わせると大きな輪になります。 内側にずらしていって、輪の開いている部分を詰めていきます。 輪がなくなるまで詰めたら出来上がり!.

次の