フィリップ モリス 380 円。 フィリップモリス380円 吸ってみての感想。

フィリップモリスジャパン、19本入り390円の新LARKを発売 (1/3ページ)

フィリップ モリス 380 円

フィリップモリスジャパンは6日、主力ブランド「LARK(ラーク)」シリーズの新製品「ラーク・スマートプラス」を発売した。 レギュラーとメンソールの2銘柄があり、いずれもタール1ミリグラム、ニコチン0.1ミリグラムで、1箱19本入り390円(税込み、以下同)。 現行の同シリーズとしては唯一、400円を切る価格で日本のたばこ市場に参戦する。 同社の高野祐マーケティングアシスタントブランドマネジャーは「今、日本のたばこ市場は値ごろ感のある銘柄が席巻しています。 背景にあるのは、日本の経済を取り巻く環境。 サラリーマンの月々のお小遣いの額が年々下がって、過去30年で最低水準というデータもあります。 弊社の考えとしては、単に安いものを提供するのではなく、消費者ニーズを的確に捉えつつ、品質も提供する。 価格、ニーズ、品質の3つを伴って初めて値ごろ感というものが構成できると考えています。 『ラーク・スマートプラス』は、この値ごろ感を強く意識した製品。 市場を驚かせたい」と力を込める。 「LARKというメジャーなブランドから400円を切る価格で出すということは、ニュース性もありますし、他の銘柄とも差別化できます。 喫煙者の新しい選択肢になるのではないかと感じています」と高野氏は話す。 2つ目の特徴としては機能面。 タール1ミリグラムながらも力強い味わい。 さらに同社のスーパースリム製品に比べて吸い減りが少なく、1本につき味わいが長く楽しめるという。 また、においが少ないという機能も持つ。 3つ目はパッケージデザイン。 価格からくる安さのイメージを払拭するために、高級感、プレミアム感が感じられるような仕上がりで、モダンさを強く意識している。

次の

コンビニのタバコで安いのはこれ!銘柄紹介!

フィリップ モリス 380 円

今回は2月10日(販によっては11日とか)新発売の「」シリーズから、レギュラー煙草の「6ミリ」をレビュー・評価していきます。 価格は380円。 正式名称は「・6・KS・ボックス」です。 SILVERという記載があります。 それでは、パッケージから観ていきましょう。 パッケージはレギュラー煙草を象徴する「青色」です。 そこに、銀色のラインが引かれており、ぱっと見て区別ができます。 タール6ミリ、ニコチン0. 4ミリです。 この「青色」と「銀色?」のバランスが良い感じですね。 封の紙には「PHILIP MORRIS」というエンボス加工されたモノが使用されています。 煙草の写真です。 かなり空気穴が目立っていますね。 フィルターは白色です。 レビュー それではいつものように「1口目」の感想から順に。 14,10ミリと吸ってきましたが、これ以上無いほどにスムース。 青ラークなんかに似ているかな?と思いました。 (タール数も近いからか?) 味としてはとても吸いやすく仕上がっていて、洋モク版みたいな感じ。 ですから、気分でからにしてみてもいいのではないか?と思います。 煙を吐いた後の味と言いますか、それはちょっと酸味と苦み、甘みがミックスされたような味なのですが、なんとも言いがたい味。 (決して悪くは無い) ただ、それ以上でもそれ以下でも無いというか。 思っていたより「軽くは無いかな」といったところでしょうか。 ニオイも14,10ミリに比べたらそこまでキツいと言うわけでもないし。 14ミリは結構匂いが強いです。 まあ、380円だし…って割り切れば「こんなもんだろうね」で終わる話でした。 SeisoSakuya.

次の

【喫煙悲報】タバコまた値上げ! フィリップモリスジャパンが82銘柄の価格改定を申請

フィリップ モリス 380 円

今回は2月10日(販によっては11日とか)新発売の「」シリーズから、レギュラー煙草の「6ミリ」をレビュー・評価していきます。 価格は380円。 正式名称は「・6・KS・ボックス」です。 SILVERという記載があります。 それでは、パッケージから観ていきましょう。 パッケージはレギュラー煙草を象徴する「青色」です。 そこに、銀色のラインが引かれており、ぱっと見て区別ができます。 タール6ミリ、ニコチン0. 4ミリです。 この「青色」と「銀色?」のバランスが良い感じですね。 封の紙には「PHILIP MORRIS」というエンボス加工されたモノが使用されています。 煙草の写真です。 かなり空気穴が目立っていますね。 フィルターは白色です。 レビュー それではいつものように「1口目」の感想から順に。 14,10ミリと吸ってきましたが、これ以上無いほどにスムース。 青ラークなんかに似ているかな?と思いました。 (タール数も近いからか?) 味としてはとても吸いやすく仕上がっていて、洋モク版みたいな感じ。 ですから、気分でからにしてみてもいいのではないか?と思います。 煙を吐いた後の味と言いますか、それはちょっと酸味と苦み、甘みがミックスされたような味なのですが、なんとも言いがたい味。 (決して悪くは無い) ただ、それ以上でもそれ以下でも無いというか。 思っていたより「軽くは無いかな」といったところでしょうか。 ニオイも14,10ミリに比べたらそこまでキツいと言うわけでもないし。 14ミリは結構匂いが強いです。 まあ、380円だし…って割り切れば「こんなもんだろうね」で終わる話でした。 SeisoSakuya.

次の