年金 生活 者 支援 給付 金 制度 と は。 10月1日から始まる「年金生活者支援給付金制度」って何?

10月1日から『年金生活者支援給付金制度』がはじまります

年金 生活 者 支援 給付 金 制度 と は

1級の障害基礎年金受給者は、月額6. 支給時期 年金生活者支援給付金は、年金を受給している低所得の高齢者や障害者を対象に最大月5000円(年6万円)を恒久的に支給されます。 開始時期がいつかというと時期はまだはっきり決まってません。 下のニュースでも紹介しますが、消費税増税10%が2019年10月で、その前に1~2ヶ月前倒してもらえるということです。 申請方法 分かり次第追記します。 対象者にはハガキ等で連絡があるとおもわれます。 今後のスケジュールは前倒してもらえる? 2019年10月に予定する消費税率10%への増税時の景気対策として、政府が予定している低年金者に配る「年金生活者支援給付金」や介護保険料の軽減拡大の実施を前倒しする検討に着手したことが分かった。 年金生活者支援給付金は、年金を受給している低所得の高齢者や障害者を対象に最大月5000円(年6万円)を恒久的に支給。 対象は約790万人で、年金収入を含む年間所得が77万円以下の500万人には月5000円を配る。 これらの制度は消費税率10%への増税と引き換えに導入が予定されているが、増税前に買い物などを済ませたい低年金者も多いことから、政府は前倒しを検討する。 前倒しは1、2カ月を想定。 前倒しに必要な財源については、補正予算や年金の積立金をつなぎ的に活用する案などが検討されている。 yahoo. 消費税10%への増税まであと1年ちょっととなりました。 今後も様々な変化がありそうですので追記していきます。 詳しくはへ.

次の

年金生活者支援給付金の手続き|日本年金機構

年金 生活 者 支援 給付 金 制度 と は

「貯金もあまり無いし、国民年金だけだとこれからの老後生活が満足に生きていけない!」 そんな悩みを抱いている方も多いでしょう。 多くの方にとって老後資金のメインは、現役時代に貯めた貯金と引退後に受け取る公的年金ですよね。 しかし、最近のはおおよそ女性87歳・男性80歳となっており、昔と比べると非常に長くなっています。 その結果、 「贅沢をしなくても現役時代に貯めた貯金は次第に減っていき、どこかのタイミングで生活が苦しくなってしまう」、という高齢者が多いようです。 サラリーマンとして定年まで勤め上げた方は、厚生年金もあるのでそれほど心配はないかもしれません。 しかし、自営業の方や病気等で収入がなかった方などの年金額はそれほど多くないでしょうからね・・・。 放っておくと、所得の少ない年金受給者は老後を平穏に過ごすことが出来ないかもしれません! そこで、国は 年金生活者支援給付金と称して、所得の少ない年金受給者に対して給付金を支給しようと進めています。 ここでは年金生活者支援給付金が一体どういうものなのか、 「誰が・いつから・いくらくらい貰えるのか」などについて見ていきましょう。 老齢年金生活者支援給付金• 障害基礎年金生活者支援給付金• 以下で、給付金の支給対象者や条件などについて見ていきましょう。 年金生活者支援給付金の対象者・要件は? 年金生活者支援給付金は誰でも貰えるという訳ではありません。 主に低所得者等に対する生活支援が目的なので、貰うには一定の条件を満たす必要があります。 まず、大前提として以下の2点を満たしている事が必要で、 生活保護の受給者には原則として給付金は支給されません。 3月31日時点で65歳以上• その結果、納付済期間、免除期間、合算対象期間の合計が10年になれば年金を貰う事が可能です。 (参照元:) この大前提をクリアした上で、各給付金を貰うために以下の所得要件を満たす必要があります。 ただし、いずれの給付金も、以下の事項に該当する方には支給されませんので注意が必要です(同法第10条第2項)。 日本国内に住所を有しない• 老齢基礎年金全額の支給が停止されている• 刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されている 不公平感を無くすための「補足的老齢年金生活者支援給付金」とは? 年金生活者支援給付金は、上で紹介した所得要件を満たす必要があり、要件を1円でも超えてしまうと何も支給されません。 しかし、それだと基準をギリギリ満たした方が給付金を貰った結果、ギリギリ要件を満たさなかった方よりも所得が多くなるという逆転現象が発生してしまい、 不公平ですよね。 そこで、逆転現象が起きない様に所得が一定の範囲内の方には、 補足的老齢年金生活者支援給付金が支給される様になっているのです。 補足的老齢年金生活者支援給付金については、法第10条で以下の様に規定されています。 第十条 国は、老齢基礎年金受給権者が、その者の前年所得額が所得基準額を超え、かつ、所得基準額を勘案して政令で定める額以下であることその他その者及びその者と同一の世帯に属する者の所得の状況を勘案して政令で定める要件に該当するときは、当該老齢基礎年金受給権者に対し、補足的老齢年金生活者支援給付金を支給する。 具体的な支給金額については、政令で定められる事になるでしょう。 参考までに、補足的給付金のイメージ図を載せておきますね。 (画像参照元:) 年金生活者支援給付金で貰えるのは年間6万円(月5千円)が基準! 年金生活者支援給付金は月単位で支給される(実際の支給は2ヶ月に1回毎)のですが、貰えるのは 以下の2つを合算した額です(年金生活者支援給付金法第3条)。 参考:給付基準額は総務省が発表する物価指数によって改定されることになっています。 ちょっと計算式がややこしいですが、 国民年金を免除されることなく全額納付して来た方は毎月5,000円、年間で60,000円貰えるという事です。 そして、未納の期間や免除期間がある方は、その期間に応じて加減算される事になります。 簡単な計算例として、「納付済期間が420ヶ月、全額免除期間が60ヶ月」だった方の場合に貰える給付金を考えてみましょう(平成30年4月分から年金をもらうケース)。 上記計算式にこれらの数値を当てはめていきますね。 なお、障害年金生活者支援給付金と遺族年金生活者支援給付金については、以下の通りとなっておりいずれも満額支給されます(参照元:法第16条・21条第1項。 障害年金生活者支援給付金・・・月5,000円(障害等級1級の場合は6,250円)• 遺族年金生活者支援給付金・・・月5,000円 注:計算例に関しては編集部が現在の情報をもとに表示しています。 まだ確定的な情報が出ていないこともあり、計算例が間違えている場合もあるのでその点はご注意ください。 さらなる詳細が発表された場合で、計算例が間違っていた場合には速やかに修正します。 年金生活者支援給付金を貰う為の手続き 年金生活者支援給付金は、現時点でまだ支給が開始されていないので、給付金を貰う為の手続きもまだ公式な説明はありません。 しかし、過去に支給された給付金と同じ様な手続きが必要となると考えられます。 従って、以下の様な手続きになる可能性が高いでしょうね。 支給対象者と思われる方の自宅に郵送で通知書が届く• 申請期間中に市区町村役場で申請する• 支給決定通知書が自宅に届く• 申請の翌月から受給可能となり、2ヶ月に1度年金とセットで振込される 給付金を貰う為の正式な手続きは、公式発表があり次第各自チェックする様にしてください。 年金生活者支援給付金はいつから貰える?延期になっている理由は消費税! もともと年金生活者支援給付金法自体は、2012年に制定されており、当初は2015年10月1日から施行される予定でしたが、 実際には2018年4月時点で未だ施行されていません。 これはなぜかというと、年金生活者支援給付金の制度が、「社会保障・税一体改革」の一環として行われるもので、 財源が消費税となっているからです。 年金生活者支援給付金法の附則第1条には、以下の記載があります。 第一条 この法律は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための 消費税法の一部を改正する等の法律(平成二十四年法律第六十八号)附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日から施行する。 ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日から施行する。 また、同法附則第4条では、その財源についての記載があります。 第四条 年金生活者支援給付金の支給に要する費用の財源は、 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律の施行により増加する消費税の収入を活用して、確保するものとする。 つまり、消費税の増税によって増えた税収を財源にして給付金を支給しようとしているので、消費税が増税されないと支給も開始されないのです。 消費税は2014年4月に5%から8%に上がったものの、10%にはまだなっていません。 今の所、消費税が10%に上がるのは2019年(平成31年)10月とされているので、年金生活者支援給付金が支給されるのは、2019年10月よりは後という事になりますね(同じタイミングだと支給財源がないので、消費税アップよりは後になる)。 参考:もともと施行日は「消費税が10%になったとき」とされているので、施行日が当初の見込みより遅れたとしても法改正は特に必要ありません。 支給対象者はお金が貰えるから嬉しいけど、制度導入時には消費税も上がるっているのでその人の生活はちゃんと改善されるのかな・・・という心配はありますよね。 なお、支給が開始されると年金と同様に 2ヶ月ごとに支給されます(同法第6条第3項)。 現時点では、2019年10月から給付金が支給される方向となっている様です(当初の2019年12月予定からは2ヶ月前倒し)。 これは、消費税増税のタイミングに合わせる事で低所得者の負担軽減を図るためですね。 ただし、財源が無いのに前倒しで支給しようとすると、約1,000億円を別のところから持って来る必要があります。 そこで、年金の積立金がつなぎ資金として活用される可能性もある様ですよ。 【参考】前倒しで登場した「年金生活者等支援臨時福祉給付金」とは? 年金生活者支援給付金に似た名前の給付金として「年金生活者等支援臨時福祉給付金」が平成28年度(2016年)に登場したのを覚えていますか? これは、年金生活者支援給付金の前倒し的な位置付けで登場した給付金です (参照元:厚生労働省「」)。 条件を満たした低所得の老齢年金受給者には、一回きりですが1人につき3万円が支給される、というものでした。 参考:似た様な給付金は過去にも何度か実施されています。 まとめ 所得の少ない年金受給者に対して支給される「年金生活者支援給付金」の概要について見て来ました。 簡単にまとめると以下の様な感じです。 給付金には「低所得者用・障害年金受給者用・遺族年金受給者用」の3種類がある。 住民税非課税世帯で、前年所得が国民年金の満額に満たない方や、障害年金・遺族年金受給者が支給対象。 基本支給額は月5,000円(年額60,000円)で、年金納付期間や障害等級等によって増減する。 施行が延期されており、消費税が10%になる2019年から制度がスタートする予定。 消費税が10%になるまでスタートしない制度なので、現時点ではまだもらう事は出来ない給付金ですが、請求しないともらえないものなので、条件に該当する方はいつ制度が始まってもいい様に、しっかりと制度内容を把握しておく様にしたいですね。

次の

10月1日から『年金生活者支援給付金制度』がはじまります

年金 生活 者 支援 給付 金 制度 と は

保険料納付済期間に基づく給付額の5,000円は、毎年物価に応じて見直されるため、年度によって変動します• 保険料免除期間に基づく給付額は、保険料全額免除、4分の3免除、および半額免除の場合は約10,800円、保険料4分の1免除の場合は約5,400円で計算します 給付額の計算式で注意したいのが、保険料納付済期間に基づく給付額における5,000円と、保険料免除期間に基づく給付額の約10,800円です。 ただし、保険料納付済期間に基づく給付額における5,000円は、毎年物価に応じて見直されるため、年度によって変動します。 また、保険料免除期間に基づく給付額における約10,800円は保険料全額免除、4分の3免除、半額免除の期間が対象で、保険料4分の1免除期間の場合には、約5,400円になります。 老齢基礎年金の満額相当の金額も毎年改定され、給付額が変動する点に注意しましょう。 この式をもとに、いくつかのケースで毎月の老齢年金生活者支援給付金と老齢基礎年金の合計額を計算すると、以下の表のようになります。 ・補足的老齢年金生活者支援給付金について 老齢年金生活者支援給付金の所得要件を満たしていない人でも、年金収入と所得の合計額が約88万円(2019年度は87万9,300円)以内であれば、補足的に給付金を受け取ることができます。 たとえば、老齢基礎年金を年78万円(年)、老齢年金生活者支援給付金を年6万円(年)受け取っている人の収入は、年額84万円になります。 これは、老齢年金生活者支援給付金の対象にならない年収80万円の人よりも多い額です。 この所得の逆転をなくすため、補足的老齢年金生活者支援給付金があり、前年の年金やその他の所得を合計した金額によって給付額が逓減します。 補足的老齢年金生活者支援給付金の対象者数は、全国に約160万人 (*)います。 年間の収入が約88万円以内の人は、この給付金の対象になっていないか確認してみましょう。 2019年度の場合 <ミニコラム>子どもの扶養に入っていても、年金生活者支援給付金は受け取れる? 子どもの扶養に入っている高齢者でも、支給要件を満たしていれば、老齢年金生活者支援給付金を受け取ることができます。 ただし、支給要件にある通り、「同一世帯の全員が市町村民税非課税」でなければなりません。 同一世帯とは、同じ家で暮らし、生計を共にしている世帯を指します (*)。 子どもの扶養に親が入る場合、同一世帯のケースもあれば、別世帯のケースもあります。 別世帯であれば、年金を受給している親は年金生活者支援給付金を受け取ることができますが、同一世帯であれば、「同一世帯の全員が市町村民税非課税」という要件を満たさないと年金生活者支援給付金を受給することはできません。 同居していても、生計を別にしている場合は別世帯(同住所世帯)になります。 ・障害年金生活者支援給付金の支給要件 障害年金生活者支援給付金の支給要件を見ていきましょう。 障害基礎年金を受給していること• 特定扶養親族(その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満の扶養親族)、または16歳以上19歳未満の扶養親族がいる場合には63万円となります。 障害年金生活者支援給付金の所得要件 ・年金受給のタイミングで異なる手続きの流れ 「2019年4月1日の時点ですでに年金を受け取っている人」と、「2019年4月2日以降に年金の受給を始める人」で手続きの流れが異なります。 受け取った案内に沿って、手続きを済ませましょう。 2019年4月1日時点で老齢・障害・遺族基礎年金を受給している方 2019年4月1日時点ですでに年金を受給しており、年金生活者支援給付金の給付対象となる人は、日本年金機構から手続きの案内の封書が届いたら、同封されている請求書に氏名などの必要情報を記入・捺印し、返送して手続きは終了です。 日本年金機構は、市町村から所得情報を取得して、支給要件を満たしているかを判断したうえで案内の封書を送付しますが、所得情報を確認できないなど、日本年金機構が支給要件を満たしているか確認できない人もいます。 この場合にも、年金生活者支援給付金の案内と請求書が送られてきますので、必要事項を記入・捺印の上、請求書を返送し、支給要件に該当するかの判定を待ちましょう。 2019年4月2日以降に老齢・障害・遺族基礎年金の受給を始める人 2019年4月2日以降に各年金の受給を開始する人は、年金の裁定請求手続きのタイミングで、給付金の認定請求手続きも行います。 裁定請求手続きとは、年金の受給権を持つ人が年金の支払いを請求する手続きのことです。 老齢基礎年金の場合は、支給開始年齢が近づくと、裁定手続きの案内と給付金の請求書が送られてきますので、受け取ったら手続きを済ませましょう。 障害基礎年金や遺族基礎年金を新規で受け取るために手続きをする場合は、年金の裁定手続きを行う際に、年金生活者支援給付金の請求書を提出する必要があります。 また、このページの内容については楽天保険の総合窓口(0120-849-019)お問い合わせください。 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。 将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。 なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。 (掲載開始日:2019年9月3日).

次の