ヤロウ。 ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)の種

【アロマ】ヤロウ|特徴・精油に期待される効果とは

ヤロウ

ヤロウはヨーロッパ原産のハーブで、ヤロウの仲間には赤やピンク、 イエローなど、さまざまな花の色があります。 観賞用に栽培されていたものが日本でも各地に野生化しています。 ヤロウは全体が綿毛に覆われ、茎は直立し、 葉は長楕円形または線状梢円形で、2〜3回羽状に深裂しています。 茎先端に散房状に、白または淡紅色、紅色の頭花が多数集まって咲きます。 地下茎が横に広がって伸び、冬の間も根出葉が残ります。 仲間の花の色が黄色のイエローヤロウは、全草に芳香があって背が高く、 葉もヤロウほど絹かくなくて大きめです。 黄色の頭状花が多数集まって咲きます。 俗称「ノーズ・ブリード」といい、止血剤として古代ギリシャ時代から利用され、 傷の治療に重宝されてきました。 ギリシャ神話の英雄アキレスが、トロイ戦争のときに、 傷ついた兵士を救うために、止血剤として用いたのがこのハーブです。 学名のAchilleaもギリシャ神話の英雄アキレスから名付けられています。 【ヤロウの効能】 ヤロウには止血効果や発汗作用、強壮作用、 風邪やインフルエンザの症状の緩和に効果があります。 その他に栄養補給、血液浄化、血圧降下作用、利尿作用、 消化促進、生理痛の緩和などの効果も認められています。 【ヤロウの利用法】 ドイツでは、女性の健康維持のためにヤロウの ハーブティーが飲まれています。 葉や茎はハーブティーに利用し、若葉はサラダ、 花はドライフラワーに利用します。 夏の終わりまで咲くヤロウの花は、乾燥させてポプリや香りの花束、 リースの彩りに利用されます。 押し花は、しおりやカードにおすすめです。 茎葉を細かくしてコンポストに加えると、堆肥の分解を助ける効果があります。 イエローコモンは食用にはせず、ドライフラワーの素材に適しています。 ヤロウは充分湿らせた種子を筋まきにし、本葉3〜5枚で 一度ポリポットに仮植えするか、株間30cm程で定植するようにします。 株が込んできたら、株分けや間引きをしてください。 ヤロウはむれに弱いので、葉の刈り込み、間引きなどを行い、 通気性を保つようにしましょう。 【植える時期】 ヤロウの植え付けは4〜6月、9〜10月が適期になります。 株分けも4〜6月、9〜10月が適期です。 【植える場所】 ヤロウは日当たりのよい場所に植えます。 しかし、夏場の強すぎる直射日光は、葉焼けを起こす原因になりますので、 夏には半日陰になる場所がおすすめです。 【植え方】 ヤロウは地下茎でどんどん増えますので、 植え付けの株間は十分にとるようにしてください。 【収穫時期】 ヤロウの収穫は5〜8月に行うことができます。 【収穫方法】 ヤロウを収穫して、ドライフラワーにする場合は、 開花期の晴れた日の午前中に、茎から刈り取り 、束ねて風通しのよい日陰に逆さに吊るして乾燥させてください。 PCサイト Copyright(c)2007-2016子育ての階段 All rights reserved. Illustration by. Base template by.

次の

【家事ヤロウ】USB耳スコープの紹介、カメラ付き耳かき!開封ヤロウで紹介された家事アイテム・便利家電(5月20日)

ヤロウ

特徴 [ ] ヨーロッパ原産。 空地、道端、野原などに自生しているのが見かけられる。 花期は7-9月頃で、灰色がかった白色、または薄ピンクの小さな花が固まって咲く。 草丈は20cmから70cm程度。 草は直立し木質のように硬い。 は細かい羽状複葉で、ノコギリのように見える。 そのためミルフォイル millfoil 、サウザンド・ウィード(Thousand weed「たくさんのギザギザのある葉を持つ草」)の名前でも呼ばれることがある。 株分けで容易に栽培でき、土質も選ばず根が広がるため、庭に生えると増えすぎて困るほどである。 ヤローという英名は、"gearwe"、"yerw"の訛りである。 、、に帰化している。 繁殖力が強く、本州と北海道の一部で野生化している。 その生命力の強さは、堆肥用の生ゴミに一枚の葉を入れるだけで急速にゴミを分解していく。 また、根から出る分泌液は、そばに生えている植物の病気を治し害虫から守る力があり、のひとつといわれている。 紅色や深紅色の園芸品種があり、「アカバナセイヨウノコギリソウ」の名で流通している。 また、同じ仲間で草丈1メートルに育ち、黄色の花をつけるイエローヤロウ(キバナノコギリソウ)、草丈20センチで黄色の花をつけるウーリーヤロウ(ヒメノコギリソウ)がある。 歴史 [ ] 先史時代から薬草として知られていた。 の墓地のあるからセイヨウノコギリソウの花粉が大量に発見されている。 「兵士の傷薬」という古い呼び名がある。 属名であるアキレア(Achillea は、古代ギリシャの英雄に由来し、アキレスがミュシア王テレフォスの傷を治すのに利用したという。 薬草学の父と呼ばれるも薬効を説いている。 ではが、5世紀頃から薬草として栽培していた。 家で育てたものを乾燥させ、家族のために火傷や切り傷に効く軟膏を作っていた。 古くはのが、この草の茎を使って天候を占っていた。 また、中世では、悪魔を遠ざける強い魔力があると信じられ、結婚式の花束に盛り込まれた。 イギリスでは恋占いにも使われ、アメリカに渡った開拓者たちもこれを栽培し、外傷薬として用いた。 19世紀には、乾燥させた葉をタバコの代用として用いていた。 日本には1887年 明治20年 に渡来した。 利用 [ ] セイヨウノコギリソウの園芸品種 薬効 [ ] 内用にも外用にも使用される。 内用には茎の先端の花部を用いるのが一般的である。 花、葉は強壮効果、食欲増進、発汗、解熱作用があるとされとして飲まれる。 外用には葉の汁を用いるほか、煎剤やワイン剤(ワインで煮出したもの)が用いられる。 冷やして傷口の消毒にも用いる。 また、傷を治すハーブとして、葉をそのまま傷口にあてがったり、粉末にして軟膏にしたものを用いる。 そのほか生の葉を噛むと歯痛を鎮めるといわれている。 の治療にも使われている。 料理 [ ] 若葉は刻んでサラダの材料となる。 では湯がいてからバター炒めで食べられていた。 では、の醸造にフィールド・と呼ばれて用いられていた。 脚注 [ ] []• 暮らしのハーブ150 主婦の友社 2013年P120• ハーブティー大事典 ナツメ社 榊田千佳子 渡辺肇子 2011年P100• コモンズで() ウィキデータの ウィキスピーシーズの•

次の

ヤロウの精油の効果効能 | アロマオイル効能ガイド

ヤロウ

ヤロウはヨーロッパ原産のハーブで、ヤロウの仲間には赤やピンク、 イエローなど、さまざまな花の色があります。 観賞用に栽培されていたものが日本でも各地に野生化しています。 ヤロウは全体が綿毛に覆われ、茎は直立し、 葉は長楕円形または線状梢円形で、2〜3回羽状に深裂しています。 茎先端に散房状に、白または淡紅色、紅色の頭花が多数集まって咲きます。 地下茎が横に広がって伸び、冬の間も根出葉が残ります。 仲間の花の色が黄色のイエローヤロウは、全草に芳香があって背が高く、 葉もヤロウほど絹かくなくて大きめです。 黄色の頭状花が多数集まって咲きます。 俗称「ノーズ・ブリード」といい、止血剤として古代ギリシャ時代から利用され、 傷の治療に重宝されてきました。 ギリシャ神話の英雄アキレスが、トロイ戦争のときに、 傷ついた兵士を救うために、止血剤として用いたのがこのハーブです。 学名のAchilleaもギリシャ神話の英雄アキレスから名付けられています。 【ヤロウの効能】 ヤロウには止血効果や発汗作用、強壮作用、 風邪やインフルエンザの症状の緩和に効果があります。 その他に栄養補給、血液浄化、血圧降下作用、利尿作用、 消化促進、生理痛の緩和などの効果も認められています。 【ヤロウの利用法】 ドイツでは、女性の健康維持のためにヤロウの ハーブティーが飲まれています。 葉や茎はハーブティーに利用し、若葉はサラダ、 花はドライフラワーに利用します。 夏の終わりまで咲くヤロウの花は、乾燥させてポプリや香りの花束、 リースの彩りに利用されます。 押し花は、しおりやカードにおすすめです。 茎葉を細かくしてコンポストに加えると、堆肥の分解を助ける効果があります。 イエローコモンは食用にはせず、ドライフラワーの素材に適しています。 ヤロウは充分湿らせた種子を筋まきにし、本葉3〜5枚で 一度ポリポットに仮植えするか、株間30cm程で定植するようにします。 株が込んできたら、株分けや間引きをしてください。 ヤロウはむれに弱いので、葉の刈り込み、間引きなどを行い、 通気性を保つようにしましょう。 【植える時期】 ヤロウの植え付けは4〜6月、9〜10月が適期になります。 株分けも4〜6月、9〜10月が適期です。 【植える場所】 ヤロウは日当たりのよい場所に植えます。 しかし、夏場の強すぎる直射日光は、葉焼けを起こす原因になりますので、 夏には半日陰になる場所がおすすめです。 【植え方】 ヤロウは地下茎でどんどん増えますので、 植え付けの株間は十分にとるようにしてください。 【収穫時期】 ヤロウの収穫は5〜8月に行うことができます。 【収穫方法】 ヤロウを収穫して、ドライフラワーにする場合は、 開花期の晴れた日の午前中に、茎から刈り取り 、束ねて風通しのよい日陰に逆さに吊るして乾燥させてください。 PCサイト Copyright(c)2007-2016子育ての階段 All rights reserved. Illustration by. Base template by.

次の